2010年3月26日

デザインの理念と実践

デザインの理念と実践 深澤直人 表紙画像

力を入れ過ぎて
壊さないようにする

  • 著者 日本デザインコミッティー
  • 編集 平野敬子

記念展の内容を書籍化。

プロダクトデザイナー、深澤直人さんの言葉からは、
個性を全面に出し過ぎないように、注意する指針が得られる。

つくり出すというより、環境のなかに見出す
という感覚が強い。

できれば現象に留まりたい
無意識のなかの見えない繋がりをデザインしたいと思っている。

人とものと環境の折り合いをつけることが
デザインである。 それはシャボン玉のように柔軟で薄い空気の輪郭である。

氏のデザイン物や商品への好き嫌い、売れる売れないはあるだろうけど、
自分自身のスタイルを、客観的に傍観するための1つの視点として追加しておきたい。

照明デザイナー、面出薫 (めんで かおる)さんの言葉。

建築照明デザインとは、このような
"巧妙な気配を作り出すための光の罠"を仕掛ける仕事である。

明る過ぎず、暗過ぎず、光の焦点についての話は、
黒背景を使用する際のウェブデザインにも活用できる。

建築家、プロダクトデザイナーである黒川雅之さんの言葉。

"人のためにつくる"という思想がデザインを狂わせた、

             (~中略~)

他者のためにデザインするという考えが不遜なのである。

自分が誰のためにデザインしたり、物創りをおこなっているのか?
今一度見直す切っ掛けになる。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。