2010年3月18日

人間というもの

人間というもの 司馬遼太郎 表紙画像

司馬データベースで
自分を創る

司馬遼太郎先生の作品の中から、道標となるフレーズを集めたもの。

出典の書名と巻数が記されているので、
未読の作品を読み始める切っ掛けにもなる。
イイとこ取りでこの値段は安すぎる。

内容は以下の流れ。

  1. 人間とは何か
  2. 組織から社会へ
  3. 夢と生きがい
  4. 日本と日本人
  5. 等身大の英雄たち
  6. 男と女

世間歩きという表現には、唸らされた。

人は、その才質や技能という
ほんのわずかな突起物にひきずられて
思わぬ世間歩きをさせられてしまう。

司馬遼太郎さんが描く人物像には、人間愛が詰まっている。
これは、氏が生涯、対面できなかった理想像や人間臭さが
表現されているのかもしれないし、その真逆だったかもしれない。

こんな処世術も学べる。

  • 他人の裏側に潜む闇を、機敏に把握するための技
  • 嘘っぱちの大人と、理想の大人

下記、各章から得られるコトを、自分なりにまとめた。

人間とは何か

  • 思い上がりの利点
  • 気合い、胆力、格調の姿
  • 遊戯の理屈
  • 基準を持たない者はどうなるか
  • 人との距離、刺激
  • 好意に対する返答
  • 利害の使い方
  • 分不相応の罠

組織から社会へ

  • 喧嘩をするための状況整備
  • 権力現象という化け物
  • 名将になる

名将とは、人一倍、臆病でなければならない。

『韃靼疾風録』(下)

夢と生きがい

昨今のワイドショーめいた情報過多を疑う。

認識は、わけ知りをつくるだけであった。
わけ知りには、志がない。
志がないところに、社会の前進はないのである。

『菜の花の沖』(3)

日本と日本人

ビジネスにも活かす

歴史は、戦術転換を断行した軍人が必ず勝つことを示している。

『国盗り物語』(1)

能力主義が必要とされる時代は、何度も繰り返す。
例えば、戦国時代、明治時代、そして2000年代

等身大の英雄たち

  • 戦国武将、信長、秀吉、家康から滴るエキス。
  • 自己愛を捨てて、澄んだ眼になる。
  • 正義という言葉に隠された陳腐さ。
  • 愛嬌は役立つ。

男と女

  • 女に溺れる恐怖

余白に 谷沢永一

竜馬は、議論しない。
議論などは、よほど重大なときでないかぎり、
してはならぬ。 と自分にいいきかせている。

もし議論に勝ったとせよ。
相手の名誉をうばうだけのことである。
通常、人間は議論に負けても
自分の所論や生き方は変えぬ
生きものだし、
負けたあと、持つのは、負けた恨みだけである。

『竜馬がゆく』

強制される思想や仕組み、胡散臭いルールについて。

ほとんどの体系は
うそっぱちをひそかな基礎とし、
それがうそっぱちとは思えなくするために
その基礎の上に構築される体系は
できるだけ精密であることを必要とし、
そのことに人智の限りが尽くされた。

『項羽と劉邦』

生きるには、時間はあまりにも短い。
やりたくないコトに囚われている場合ではない。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。