2010年4月23日

アランの幸福論

アランの幸福論 表紙画像

自主的人生

  • 著者 アラン (エミール=オーギュスト・シャルティエ)
  • 翻訳 齋藤慎子

ディスカヴァー・トゥエンティワンの"賢く見える風シリーズ"

胡散臭い新興宗教っぽいタイトルと装幀の印象、
真っ先に、「アランて誰ヨ?」ってなる。

(フランスの高校教師で、哲学のコラムニストだった人らしい)

感情ではなく、態度をコントロールする。

悲観主義は感情からくるもの、
楽観主義は意思からくるもの。

いらいらしないようにしよう。
人生のこの瞬間を台なしにしないようにしよう。

あれがない、これがないとこぼす人は多いが、
その原因はきまって、その人たちが
本気で手に入れたいと思わなかったからである。

運命は不変ではない。
指をパチンとならした瞬間にも、新しい世界が生まれる。

人生の山登りと、その痕跡、自主性を持つためのアドバイス本。

読むなら、下記のお薦め順を参考に。

  1. 『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚』
  2. 『賢く生きる智恵』 (イーストプレス)
  3. 『賢人の知恵』
  4. 『超訳 ニーチェの言葉』
  5. 『アランの幸福論』

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。