2010年5月30日

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に

コツコツと
希望に近づく

私の人生を変えた映画として教えてもらった。

以前から、話の大筋は把握していたものの、
ありきたりに感動する物語かと勘違いしていた。

想像以上に、人間の美醜が詰め込まれていて、
いつか観るだろリストに入れっぱなしだったコトを後悔・・・

映画を娯楽ではなく、人生の教科書という側面で捉えた場合、
美意識と、生き抜く知恵が描かれている本作1本だけで事足りる。

人の良い面と、悪い面、両面描かれているが、
メインは、日々、物事を積み上げる気力と根性
その行為自体を楽しむ気長さ。

人生に張りが無くなったり、
前向きな元気が減った時期に観ると、さらに効果的。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。