2010年6月10日

101人の起業物語

101人の起業物語

へそ曲がりで
頑固なオリジナリティ

彼らはなぜ成功したのか?

  • 著者 竹間忠夫 大宮知信

起業に必要な独自性、劣等感、怒りの源泉、失敗談を短く紹介。
数が多い分、1つ1つの情報量が少な過ぎるのが残念・・・

アメリカのビジネス小話が1番役立った。

「みんな」でやらなければならない、重要な仕事がありました。
「みんな」は、「誰か」がきっとやるだろうと思いました。

しかし、「誰でも」やることができるはずなのに、
「誰も」やりませんでした

「誰か」が「みんな」の仕事なのにと、腹を立てました。
「誰もが」、「誰でも」できると考えていたからです。

しかし、「誰も」やらないんだろうとは、「誰1人」気づかなかったのです。
「誰か」にそれを頼んだ人は、1人もいかなったのに、
最後はみんなが「誰か」のせいにしました

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。