2010年6月 8日

勝つための状況判断学

勝つための状況判断学

経験から得る
バランス

軍隊に学ぶ戦略ノート

著者は、元自衛隊の幕僚、松村劭 (まつむら つとむ)さん。

目的からのアプローチ (何をすべきか?)と、
可能性、現実性からのアプローチ (何ができるか?)、このバランスの解説。

歴史上の戦争、戦略、戦術を分析しているが、それは後付けに過ぎない。
話もアチコチに飛ぶので、まとまりが無く、
漠然とし過ぎているので、ビジネスシーンでの応用も利かない。
なので、本書は地政学と国民性の関係を探る方面の読み物として楽しみたい。

色々こねくり回しても、結局、経験の蓄積でしか解決しない、
というコトだ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。