2010年6月23日

起業バカ

起業バカ

起業幻想
死屍累々

英単語が併記されているので超絶読みにくいが・・・

著者の渡辺仁さんによって、どんな種類の落とし穴が、
どの辺に仕掛けられているのかが記載されているので、
変な起業啓発本より、役に立つ。

下記の創業期の罠話は、短いものの読み応えあり。

  • ジュリアナ東京
  • ユニクロ
  • クレイフィッシュ

マルチ、FC (フランチャイズ)、融資話は、
胴元が必ず儲かるようになってるという当然の仕組みも、
実例が出ているので、読み物として楽しめる。

  • 暗躍する怪しい仕事師
  • 自惚れからくる過信、自分が持つ実力の勘違い
  • 吸い上げられるフランチャイズ契約の実体
  • 著者が体験した雑誌創刊、不動産ブローカーの誘惑
  • ベンチャーの乗っ取り話

教訓は、他人が発信した情報 (世間体、マスコミも含む)は、
アテにならないこと、そして依存のリスクを常に感じていること。

以下の著書も面白そうだ!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。