2010年6月 1日

広告批評 2007年10月号 No.319

広告批評 2007年10月号 No.319

前向きエネルギー

海外の広告制作者へのインタビューがメイン。

物創りについて、 広告コミュニケーションについて、
前向きなエネルギーを、お裾分けしてもらえる。

正直で誠実、他人と同じアプローチはしない。
というのが全体的な共通点。

マイク・スカリット (Mike Schalit)

広告は、一般的に消費者の失礼にあたるものだから、
自分は招かれざる者の立場にいながら、
消費者に見返りがあるような表現になるようにエネルギーを注ぎ、
人びととクライアントをエモーショナルに結びつけたいと考えています。

ニック・ロウ (Nick Law)
人生で最も大切にしているもの。

今日

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。