2010年6月 3日

勝利のチームメイク

勝利のチームメイク

チームメイクは
自分メイク

2003年4月に刊行された『勝利のチームメイク』が文庫化。

ラグビー、サッカー、野球、異なるスポーツの組織論から、
ハイブリッドな組織論を生み出したい。

サッカーのワールドカップ (南アフリカ共和国大会)が迫る今、
読んでおくと、気軽に岡田監督や選手批判ができなくなる。

一瞬、一瞬を全力で
長所を"本当に"活かす対談集。

古田敦也×平尾誠二

思い込みでもイイから、勝つ自信を付ける、余裕と楽観、
意思疎通を円滑に行う理解力。

平尾誠二×岡田武史

最低限の人間関係について。 好き嫌いではなく、
相手の得意技を認めて託す
職場のチームが噛み合っていない時に参考になる心構え。
システムと感覚の併用観も。

古田敦也×岡田武史

宇最後には吹っ切れる。

岡田武史

「開き直り」の境地に行くまでって、やっぱり苦しいんだよ。
どうしても逃げたくなって「投げやり」になってしまうんだ。

「放任と管理」の話は、ビジネス組織でも活かせるハズだ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。