2010年7月27日

論より詭弁

論より詭弁

詭弁はお得?

反論理的思考のすすめ

教師の香西秀信さんが著者。

詭弁学をダラダラ述べているだけなので退屈だが、
我慢して読み進めると何かしらの発見がある。

多くの場面において、対人関係は対等ではない

そんな状況下では、論理的な話し方は、無力のようだ。
(このへんは、実感できる部分も多い)

答える側は、よほど用心しないと、
相手が選んだその言葉に合わせて、
問いに答えさせられる羽目になってしまう。

日常的な議論の場で、われわれは、しばしば
相手に問い詰められ、絶句してしまうことがある。

が、これは必ずしも相手の主張が正しいことを意味しない。

反道理や、こじつけは役に立つのか?

事実に意見を混入させる、言葉の魔法、
完璧な論理の心理的不自然さを突く戦術。

「仕事とワタシ、どっちが大切なの?」
と、詰問された時の切り抜け方としても、微力ながら役立ちそうだ・・・

相手を説得、納得させるための一助に。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。