2010年7月30日

PRESIDENT 「悩まない」練習

PRESIDENT 「悩まない」練習

悩みの型

今号のプレジデントでは、悩み、不安、負の感情の
発生パターンと、対処方法を解説。

自分の思考スタイルがすぐには治らないとしても、
どんな型にハマっているか、認識しておきたい。

孫正義さんが、悩み抜くコトを後押ししてくれる。

P.47
人生のテーマを決めることで
人生の半分が決まると思っています。

P.49
自分の登りたい山を定めずに歩くのは、さまようにも等しい。

これは非常にもったいないことです。

でも、実は99%の人が
自分の山を決めかねたまま
なんとなく生き続けているのではないでしょうか。

だから迷いも生まれるし、
「自分の人生、こんなはずじゃなかった」 なんて愚痴も出る。

では、どんなはずだったのか

2010年7月29日

未来を変える80人

未来を変える80人

既存システムを
ブッ壊せ!

僕らが出会った社会起業家

  • 著者 シルヴァン・ダルニル マチュー・ルルー
  • 翻訳 永田千奈

ビジネスモデルや、経営者の人物紹介が並べられているだけなので、
直接インタビューの特色が活かされていない。

事例が多過ぎて、思想の深淵や、実現に至るまでのターニングポイント、
諦めずに継続した時の心構え、事業のデメリット等、
肝の部分には迫れていないのも残念なところ。

社会起業家のインデックス集としての役割が強い。

2010年7月28日

部下をやる気にさせる100の方法

部下をやる気にさせる100の方法

合意を管理

著者は、作家でセミナー講師のスティーヴ・チャンドラーさんと、
ビジネスコーチのスコット・リチャードソンさん。
翻訳は初となる、黒川敬子さん。

100というのは、単なる数字合わせ・・・ と思いきや、
部下やパートナーより先に、自分をヤル気にさせてくれる内容。

一緒に働く仲間の心理効果を刺激する方法と共に、
どっしり構えた、余裕のある上司になるための本。

  • 現実的
  • 楽天的
  • 正直
  • 手本を示す

現状分析をしたら、建設的な考えにシフトする、
現実主義と楽観主義のハイブリッド思考。

見開きで項目が分かれているので、読みやすい。
難しい書籍を読みすぎた時の清涼剤として。

2010年7月27日

論より詭弁

論より詭弁

詭弁はお得?

反論理的思考のすすめ

教師の香西秀信さんが著者。

詭弁学をダラダラ述べているだけなので退屈だが、
我慢して読み進めると何かしらの発見がある。

多くの場面において、対人関係は対等ではない

そんな状況下では、論理的な話し方は、無力のようだ。
(このへんは、実感できる部分も多い)

答える側は、よほど用心しないと、
相手が選んだその言葉に合わせて、
問いに答えさせられる羽目になってしまう。

日常的な議論の場で、われわれは、しばしば
相手に問い詰められ、絶句してしまうことがある。

が、これは必ずしも相手の主張が正しいことを意味しない。

反道理や、こじつけは役に立つのか?

事実に意見を混入させる、言葉の魔法、
完璧な論理の心理的不自然さを突く戦術。

「仕事とワタシ、どっちが大切なの?」
と、詰問された時の切り抜け方としても、微力ながら役立ちそうだ・・・

相手を説得、納得させるための一助に。

2010年7月26日

他人を見下す若者たち

他人を見下す若者たち

空想の才能

著者の速水敏彦さんは、アマゾンのレビューでも
存分に叩かれてますが、確かに
断言するためのデータ不足は否めない。

架空の才能を求める若者を分析しているが、
年齢は関係ないだろう。

解決方法も、実にありきたりでガッカリ。

2010年7月25日

別冊カドカワ スガシカオ

別冊カドカワ スガシカオ

ココロの闇
そのカケラ

指摘されるとドキッとする、心の暗部を描いた歌詞、
1フレーズで、ザクッと気持ちの闇をえぐられる。

スガシカオさんの壮絶、崖っぷちデビュー話。
(本人も事務所もレコード会社も・・・)

僕はもう藁にもすがる気持ちだったんだけどね・・・。

一応「おたくの事務所、誰がいるんですか」って話したら、
「いや、今は活動してないけど、杏子と、これからデビューする
山崎まさよしと・・・」って。

「あれれ?・・・ 誰も稼いでないじゃん!」みたいな感じで・・・(笑)。

本人のインタビュー、秋元康さんによる歌詞解説、
同じ事務所の杏子さんと山崎まさよしさんのコメントが読みドコロ。

杏子:シカオくんとファミレスでご飯食べた時、
「山ちゃんは若くてデビューしてるから、グイーンときてる。
でも、俺は大丈夫かな?」って延々、言ってた (笑)。

山崎:「どうすりゃヒットするの?」って話になって。
その頃、シカオちゃんのかけてたサングラスが濃かったんだよ。

角度によっては目が見えんくらい (笑)。

だから俺は「もうちょっと薄いサングラスにしたら?」
って、曲と関係ないことを言ってみたわけ。

それでほんとに薄くしたら、ドーンって売れちゃって (笑)。

そこで「サングラス薄くしたのは、俺の趣味だ」
とか言ってりゃいいものを、俺のところに来て
「山ちゃん、サングラス薄くしたら売れたよ!」って。

それが売れた原因じゃねぇだろって (笑)。

ミスチルの桜井和寿さんとの対談は、
作曲以外の創作活動にも活かせる話。

桜井:"言葉"っていうのは、"想い"をデフォルメしたり、
削り取って伝え易くしたりしてるものなので、
"想い"と"言葉"って、どこか似てるようだけど、
ホントに"言葉"を突き詰めてしまうと、
"想い"とは離れていくような気がして・・・。

ウルフルズのトータス松本さんからのコメント。

ベテランのブルース・バンド、ソウル・バンドを見ても
なんか面白くないなって感じるのは、
みんなが同じ趣味趣向だからなんだと気づいたんです。

平和で楽しそうやな、うまいな。
でも、その次に来るものがない
その差が分かった。

2010年7月23日

疑う力の習慣術

疑う力の習慣術

他人を疑い、
自分も疑う。

著者は、和田秀樹さん。

手持ちの仮説数と、検証を続ける大切さを語る。

本書では、話が広がり過ぎているのが痛いトコロ・・・

2010年7月22日

フリーペーパーの衝撃

フリーペーパーの衝撃

フリーペーパー研究

稲垣太郎さんが、フリーペーパーを後付けで解説。

著者自身が、フリーペーパーを立ち上げて成功したワケではないので、
内容に説得力は無い。

無料誌の中でも、大規模な事例が多く、
小規模フリーペーパーを画策している人には、役立たない。

2010年7月21日

テレビ進化論

テレビ進化論

テレビ周辺の歴史
それだけ

著者の境真良さんは、
経済産業省→客員准教授という経歴。

本書のタイトルに惹かれて手に取る人にとっては、すでに知っている知識だ。

"進化論"というのは羊頭狗肉で、
著作権の話と、"テレビ周辺の歴史"という程度・・・

2010年7月20日

巨人軍論

巨人軍論

情と数字

組織とは、人間とは、伝統とは

野村克也さんの組織論。

模範となり、チームの鑑となる人物の大切さ、
規則、データ収集と解析の必要性。

機能するチームへの適材適所についての話だが、
エピソード部分が多く、核心には到達できない。

2010年7月16日

テレビCM崩壊

テレビCM崩壊

その広告で
売上げアップした?

マス広告の終焉と動き始めたマーケティング 2.0

  • 著者 Joseph Jaffe
  • 翻訳 織田浩一

テレビCMと、広告の崩壊。

出稿した広告が、話題になったとしても、
(広告関係者だけが観ていたのかもしれない!)
収益に繋がらなければ意味が無い

著者は、広告コンサルタントなので、
「そのブランドが、より身近な存在になればOK」

と言っているが、それは広告屋としてのポジショニングトークだろう。
(今後、雇ってもらえないと困るからね。
 そして、本書では解決策や、広告事例の裏側は解説されていない)

キャンペーンが成功して知名度が上がるだけなのと、
実際に売上げが上がるのは、天と地ほどに違う。

効果測定の数字を鵜呑みにするのではなく、
算出が困難な数字を、自分で弾き出してみることが重要だ。

そのためには、提示された情報や数字を疑うところから始めればイイ。

2010年7月15日

実践Web2.0論

実践Web2.0論

身軽に、柔軟に

著者は、ウェブサービスへの興味がある川俣晶さん。

基幹サービスになりつつある、各ツールやサイトを短く解説し、
10年単位のウェブの失敗も探っている。

著者自身の失敗体験も交えているので、読み物として楽しめるが、
話がインターネットの思想に広がってしまうので、
漠然とし過ぎて収集が付いていない。

2010年7月14日

劇的ワンペーパー

劇的ワンペーパー

アピールする力

稼げる文章能力を推すが、
著者の中野雅至さん自身が文章で稼げているかは疑問。

実用書からは、ほど遠かった・・・

企画の骨子を、以下のように単純にすると効果的。

  1. なぜ?
  2. 中身
  3. 今後の見込み

2010年7月13日

図説 日本のマスメディア 第二版

図説 日本のマスメディア 第二版

資料集以下

大学教授の著者、藤竹暁さんと
他の年配の方々が、テレビ、ラジオ、新聞、
出版、インターネットの大まかな歴史の推移や、
広告媒体との関係を列挙したもの。

本書には、今後の考察は書かれていないので、
過去から学ぶデータベースとしての役目以下でしかない。

2010年7月12日

ロングセラーの発想力

ロングセラーの発想力

薄っぺらい感想文

売れる!アイデアが身につく

著者の齋藤孝さんが連載していた
『週刊ダイヤモンド』の記事をまとめたもの。

ロングセラー商品を後付けで考察しているが、
普遍的な価値のツボには辿り着けず、ヒントすらも得られない。

タイトルで謳い過ぎ

2010年7月 9日

Webコミュニティでいちばん大切なこと。

Webコミュニティでいちばん大切なこと。

コミュニティ商売
の嘘

CGMビジネス成功請負人たちの考え方

以下、著者一覧 (敬称略)

  • 水波 桂
  • 平尾 丈
  • 片岡 俊行
  • 斉藤 徹
  • 古川 健介 (けんすう)
  • 伊藤 将雄
  • 大迫 正治
  • 原田 和英

当然ながら、人を集めるコツは書かれていない。

だが、コミュニティサイトの運営方法が解説されているので、
2chやmixi等を体験していない人には役立ちそうだ。

本書の中で、この部分が一番面白かった。

ひろゆき(西村博之)

コミュニティに関して、5年先の事業計画を数字にして
自信をもって出せる人って、たぶん
詐欺師か嘘つきかバカだと思うんですよね。

コミュニティ商法に引っ掛からないよう、注意していたい。

2010年7月 8日

SNSビジネス・ガイド

SNSビジネス・ガイド

これからのSNS

Web2.0で変わる顧客マーケティングのルール

以下、著者一覧 (敬称略)

  • 斉藤 徹
  • 的場 大輔
  • 藤井 達人
  • 川井 拓也
  • 猪川 知紀
  • 宇佐美 進典
  • 在賀 耕平
  • 宮澤 弦
  • 伊藤 靖

2006年時点での、SNS業界の面々が繰り出す宣伝本。

以下、7つの型について解説されている部分もあるので
新たにSNSサービスを構築予定なら参考に。

  1. ポータル型
  2. ビジネスマッチング型
  3. アイテムショップ型
  4. ファンクラブ型
  5. コマース型
  6. コミュニケーション型
  7. ナレッジ型

これからは、本書とは逆張りで、
Our → Myの時代になり、より閉じた特化SNSが必要となる。

2010年7月 7日

Web屋の本

Web屋の本

4年前のネット

Web2.0 ビジネスサイト2.0 Web屋2.0
著者は、中野宗さんと安藤直紀さん。

『Web Site Expert』絡みということで、胡散臭さが漂う

2006年時点でのウェブ用語や単語、サービスを羅列しただけなので、
現在や今後のヒントとしては活かせない。

2010年7月 6日

アイデア会議

アイデア会議

ブレストしてる?

著者は、加藤昌治さん。
前作のプロフィール欄は、博報堂となっていたが、
今回は、大手広告会社勤務となっている。

何か言われたのだろうか・・・

本書の内容を大雑把に言うと、ブレスト (ブレインストーミング)の
やり方を書いているだけなので、『考具』と同じく、新卒社員や初心者向け。

2010年7月 5日

考具

考具

初心者向け思考法

考えるための道具、持っていますか?

著者は、博報堂の加藤昌治さん。

考えることをスタートさせてくれる本ではないし、
すでに考えることを始めている人にとっては、あまり必要が無い。

他の本でも紹介されているような、シンキング・ツールが
並べられているので、新卒社員や初心者向け。

2010年7月 2日

お前なんかもう死んでいる

お前なんかもう死んでいる

オイっ! 自分!
調子にのるなよ!

プロ一発屋に学ぶ50の法則

元猿岩石の有吉弘行さんによるドン底体験記。

ポジティブ本で良書は数あれど、ネガティブ方向での良書は少ない。
そんな1冊が本書。 そして以下が学べる。

  • お金の貯め方、使い方、もらい方
  • 嫌な人とも付き合うコツ
  • なんとかして生き抜く処世術

自分自身が一番信用ならないという・・・ 未来をネガティブに捉えて、
地獄を見る前に備えておけ、という趣旨。

調子にのって天国から地獄へ落ちかけて、再び浮上してきた
著者にしか語れない説得力がある。

芸能人本だからと、毛嫌いしないで読んでみて欲しい。
時折、自分を戒めるために読み返したい本。

2010年7月 1日

マイクロトレンド

マイクロトレンド

分散された
トレンド

世の中を動かす1%の人びと

  • 著者 マーク・J.ペン E.キニー・ザレスン
  • 翻訳 三浦展 吉田晋治

マーケット・ウォッチャーの著者は、
小さなトレンドが、大きなトレンドへ繋がるのではないかと推測している。

本書は、良く言うと事例集、悪く言うと数字のデータだけ。
考察部分も深くないので、ビジネスに繋がるヒントは、自力で探すしかない。

2010年6月30日

21世紀の国富論

21世紀の国富論

本業をやれ!

著者、原丈人さん自身の宣伝と、
話題をアチコチから拝借してきているので、
言いたいコトが広く、とっ散らかっている。

ただ、指標、数字経営の功罪、株式会社や会計の嘘、
上層部の役割は、文字数も少なく理解しやすい。

結局は、「本業に精を出せ」という至極真っ当なアドバイス。

2010年6月29日

イノベーション・マネジメント

イノベーション・マネジメント

簡単に
イノベーション
できれば苦労しない

成功を持続させる組織の構築

  • 著者 トニー・ダビラ マーク・J・エプスタイン ロバート・シェルトン
  • 翻訳 スカイライトコンサルティング

著者達 (大学講師やコンサルタント)が、
有名なビジネスを立ち上げたわけではないので、
当然、コツは書かれていない。 後付で解説しているだけ。

戦略タイプ別に自社を当てはめることができるが、
必要なのは、背中を押してくれる励ましの言葉だと思う。

その重要成分は、本書から得られない。

2010年6月28日

ウィキノミクス

ウィキノミクス

繋がるか?
消え去るか?

マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ

必要なのは、素直、柔軟、拡張性。

社内で抱える垂直統合の崩壊にあたり、
外部との協創関係を築く必要性を語る。

実例を解説しているが、とにかく文章が長い。

箱からドアへ

捨てちゃいけないプライドと、
捨ててもよいプライドを吟味することによって道が開ける。

2010年6月25日

人を10分ひきつける話す力

人を10分ひきつける話す力

意味の含有率

著者は、齋藤孝さん。

相手 (読む人、聴く人)に、
新たな発見や気付きを提供できているか?

本書に例文として取り上げられている、下記の方々の小話を読んで、
話の構成を自分で解剖するば事足りる。

  • 小林秀雄
  • 宮崎駿
  • 永六輔
  • 古今亭志ん朝

イイ話をする、というよりは、
ダメな話をしないための本

2010年6月24日

ローリスク・ハイリターン起業法

ローリスク・ハイリターン起業法

能力より責任感

著者、松田綾子さんのセミナー宣伝本の印象や
登場する方々の胡散臭さは拭えないが・・・

起業家インタビューの中で、各々の仕事に対する意識が変化した、
スイッチングの瞬間が語られていて、
自分が起業可能な環境なのか? チョットだけ理解できる。

情報商材 (これも十分胡散臭いが・・・)を売り物にしている、
新井論之さんの部分だけを読めば事足りてしまう。

能力より責任感

人脈を作ろうと思ったら、作ろうとしている人としか会えない

競合他社と順位を競わない

簡単に起業できる思っている人は、
『起業バカ』から先に読んで、怪しい罠を回避すること!

2010年6月23日

起業バカ

起業バカ

起業幻想
死屍累々

英単語が併記されているので超絶読みにくいが・・・

著者の渡辺仁さんによって、どんな種類の落とし穴が、
どの辺に仕掛けられているのかが記載されているので、
変な起業啓発本より、役に立つ。

下記の創業期の罠話は、短いものの読み応えあり。

  • ジュリアナ東京
  • ユニクロ
  • クレイフィッシュ

マルチ、FC (フランチャイズ)、融資話は、
胴元が必ず儲かるようになってるという当然の仕組みも、
実例が出ているので、読み物として楽しめる。

  • 暗躍する怪しい仕事師
  • 自惚れからくる過信、自分が持つ実力の勘違い
  • 吸い上げられるフランチャイズ契約の実体
  • 著者が体験した雑誌創刊、不動産ブローカーの誘惑
  • ベンチャーの乗っ取り話

教訓は、他人が発信した情報 (世間体、マスコミも含む)は、
アテにならないこと、そして依存のリスクを常に感じていること。

以下の著書も面白そうだ!

2010年6月22日

高学歴ノーリターン

高学歴ノーリターン

学歴と犠牲

著者、中野雅至さんの経歴もあって、
役人の労働環境の話が多いので、
ソッチ系へ進む人は参考に。

学歴と金儲けの相関関係を探りつつ、
学歴を盲信するリスクの恐怖、
実力主義のプロフェッショナルと、売り込み能力の必要性を説く。

当然、具体的な方法は書かれていないが、
少しばかり、背中を押してくれるハズだ。

結局、人との出会いと、周囲の好環境によって触発されるかどうか、
それが一番重要になる。

2010年6月21日

社長の値打ち

社長の値打ち

社長を分析

「難しい時代」にどうあるべきか

著者の長田貴仁さんに社長経験が無い (と思われる)ので、
説得力が薄く、形容詞がとっ散らかっていて、もの凄く読みづらい。

ジャーナリストの視点というよりは、終始、交友関係の自慢が続く。

社長になれなかった嫉妬からなのか、
「老婆心ながら・・・」と言い訳しつつ、上から目線なのも痛々しい。

多くの事例を出すあまり、内容が薄っぺらいので、
本書を読む時間で、有名創業者の自伝を読んだほうがイイ。

どうにか良い点を探すと・・・

常に創業者でいること、最低でも創業者精神を持つコトの重要性。
そして以下の点を、常々意識していたい。

  • 愛嬌
  • 謙虚
  • 礼節
  • 正直
  • 衆知の収集と分析
  • 他者と自己のベンチマーク

2010年6月19日

Web Designing 2010年7月号

Web Designing 2010年7月号

UI新時代

特集1は、ユーザーインターフェース。

ついつい、使い慣れた型を使いがちだけれど、
ユーザビリティも考慮しつつ、ユーザーに新たな体感を与えたい。

特集2は、Webを絡めたアートの話、この分野に興味があれば・・・

連載の読みモノの中に、結論が出ず、言いたいことがウヤムヤに
なっている文章が多くなってきたのが残念。

2010年6月18日

生涯現役

生涯現役

老いへの心構え

  • 著者 吉本隆明
  • 聞き手 今野哲男

本書は、吉本さんの著書の中でもハズレの部類だが、
老いの入り口での見込み違いや、
自分の課題と宿題をヤリ続ける必要性などが語られている。

技術力やテクニックへの過信。

技術的に微分した答を積み上げていって、
精神性とか全体性にからむ何かに出会えると思ったら、
それは錯覚に過ぎないということになります。

流行廃りも加速度的になったネット時代の今、
うっかり油断しないように、理念を持ち続けたい。

2010年6月17日

グーグル・アマゾン化する社会

グーグル・アマゾン化する社会

グーグルもアマゾンも
信用するな!

著者は、ライターの森健さん。

一極集中に関して書かれているが、考察というより、
データを羅列しているだけ。

グーグルとアマゾンに、自分の好みを把握されたり、
他社の無料サービスに頼り切らない、
そんな危険性への注意や主張は得られなかった・・・

2010年6月16日

ウェブ2.0は夢か現実か?

ウェブ2.0は夢か現実か?

2006年 シャバに
いなかったなら・・・

テレビ・新聞を呑み込むネットの破壊力

著者は、IT系ライターの佐々木俊尚さん。

出版された2006年 (4年前)の一部のIT事件簿と
ウェブ四方山話なので、今学ぶべき物は得られなかった。

あれこれ出版しているだけに、他書との重複や内容の希薄さがあり、
書籍を乱発する著者の文章には、青臭さも漂う。

当時、日本に、娑婆にいなかった人向け。

2010年6月15日

グーグル 既存のビジネスを破壊する

グーグル 既存のビジネスを破壊する

Googleを
信用するな!

著者は、IT系ライターの佐々木俊尚さん。

ネット広告の様々な形態を、実例を交えて紹介。

ユーザーは、アテンション (注目)を目指し、
Googleは、その流通の仲介屋をするという視点で捉える。

Googleの存在を知らない人向け。

2010年6月11日

新訳 経験経済

新訳 経験経済

経験中毒市場

脱コモディティ化のマーケティング戦略
  • 著者 B・J・パインII J・H・ギルモア
  • 翻訳 岡本慶一 小高尚子

自社製品やサービスに、「~経験」という売りがあるか?

無い場合は、"変化したい"と思う顧客の心を、
場と絆によって繋ぎとめることができれば、解決に近付きそうだ。

経験とエンターテインメントの相違点、
陥りやすい罠などが、漠然と解説されている。

顧客は選択肢が欲しいのではなくて、
自分の欲しいものが欲しいだけだ。

真面目過ぎる日本人が苦手とするところではあるが、
フラッグシップ・サービスの実例も挙げられている。

全部読むより、訳者の1人、岡本慶一さんのあとがきを読めば事足りる。

2010年6月10日

101人の起業物語

101人の起業物語

へそ曲がりで
頑固なオリジナリティ

彼らはなぜ成功したのか?

  • 著者 竹間忠夫 大宮知信

起業に必要な独自性、劣等感、怒りの源泉、失敗談を短く紹介。
数が多い分、1つ1つの情報量が少な過ぎるのが残念・・・

アメリカのビジネス小話が1番役立った。

「みんな」でやらなければならない、重要な仕事がありました。
「みんな」は、「誰か」がきっとやるだろうと思いました。

しかし、「誰でも」やることができるはずなのに、
「誰も」やりませんでした

「誰か」が「みんな」の仕事なのにと、腹を立てました。
「誰もが」、「誰でも」できると考えていたからです。

しかし、「誰も」やらないんだろうとは、「誰1人」気づかなかったのです。
「誰か」にそれを頼んだ人は、1人もいかなったのに、
最後はみんなが「誰か」のせいにしました

2010年6月 9日

生きていくのに大切な言葉

生きていくのに大切な言葉

生きて
考えて
死ぬ

吉本隆明さんという、美味しい部分も不味い部分もある、
思考の断片と屁理屈でコネくり回された食材があるとして。
その食材を、著者の勢古浩爾さんが食し、排泄しただけの本。

抽象的な言葉を身近なものに当てハメて解説しているが、
始めから著者のコトが好きか、読みながら好きにならないと、文字を追えない。

どうやったら変わるのか。
変わらなければならないと思わないことだ。

その上で、黙々とひとつのことを継続することだ。
自分でできることはすべて自分ですることだ。

           (~中略~)

いいところまで変えてしまわないように。

自分自身が目撃したかどうか? そうでないのなら、語らない。
その規範を、益々守りたくなった。

2010年6月 8日

勝つための状況判断学

勝つための状況判断学

経験から得る
バランス

軍隊に学ぶ戦略ノート

著者は、元自衛隊の幕僚、松村劭 (まつむら つとむ)さん。

目的からのアプローチ (何をすべきか?)と、
可能性、現実性からのアプローチ (何ができるか?)、このバランスの解説。

歴史上の戦争、戦略、戦術を分析しているが、それは後付けに過ぎない。
話もアチコチに飛ぶので、まとまりが無く、
漠然とし過ぎているので、ビジネスシーンでの応用も利かない。
なので、本書は地政学と国民性の関係を探る方面の読み物として楽しみたい。

色々こねくり回しても、結局、経験の蓄積でしか解決しない、
というコトだ。

2010年6月 7日

「ここだけの話」が「ここだけ」なワケがない。

「ここだけの話」が「ここだけ」なワケがない。

口癖では見抜けない

口グセから相手のホンネを読む本

著者は、ライターの下関マグロさん。

『相手のホンネをズバリ見抜く本』のタイトルをすげ替えたもの。
(いい加減、こういうセコイ商法は止めていただきたい!)

口癖から、性格や心情を察し、ラベリングをして言い切っているが、
その分析も感覚的でアバウト、決め付け調が後味悪い。

イラつく口癖に対抗したい時、
人間不信になりたい時の読みモノ。

2010年6月 4日

V字回復の経営

V字回復の経営

社内政治を
ブッ壊せ!

2年で会社を変えられますか

2001年発売のハードカバーを、2006年に文庫化したもの。
著者は、コンサルタント兼物書きの、三枝匡 (さえぐさ ただし)さん。

自身が経験した事例を混合させた経営物語の中で、登場人物たちの本音が
インタビュー形式で挿入されるという、珍しいカタチ。

だた単に、皆で頑張りましょう、という内容ではなく、
足の引っ張り合いや、部署間のゴタゴタ、欲の暗部が描かれている。

わざとらしい表現や、過去の著書宣伝、著者自身の売り込みを差し引いても、
組織に属しているなら、読み物として楽しめる。

組織の壊死は、とっくに始まっているので、
変化への後押しをしてくれるかもしれない。

たった一回しかない人生を、そんな
張り合いのない毎日で埋め続けて
いくつもりなのだろうか。

本書では、「創って、作って、売る」とあるが、
職種によっては、以下の方がしっくりくる。

創って、売り込んで、売る

下記も気になる、三枝匡さんの書籍。

2010年6月 3日

勝利のチームメイク

勝利のチームメイク

チームメイクは
自分メイク

2003年4月に刊行された『勝利のチームメイク』が文庫化。

ラグビー、サッカー、野球、異なるスポーツの組織論から、
ハイブリッドな組織論を生み出したい。

サッカーのワールドカップ (南アフリカ共和国大会)が迫る今、
読んでおくと、気軽に岡田監督や選手批判ができなくなる。

一瞬、一瞬を全力で
長所を"本当に"活かす対談集。

古田敦也×平尾誠二

思い込みでもイイから、勝つ自信を付ける、余裕と楽観、
意思疎通を円滑に行う理解力。

平尾誠二×岡田武史

最低限の人間関係について。 好き嫌いではなく、
相手の得意技を認めて託す
職場のチームが噛み合っていない時に参考になる心構え。
システムと感覚の併用観も。

古田敦也×岡田武史

宇最後には吹っ切れる。

岡田武史

「開き直り」の境地に行くまでって、やっぱり苦しいんだよ。
どうしても逃げたくなって「投げやり」になってしまうんだ。

「放任と管理」の話は、ビジネス組織でも活かせるハズだ。

2010年6月 2日

広告批評 2007年11月号 No.320

広告批評 2007年11月号 No.320

心を捉える魔法

後半に掲載されている、海外の広告屋さんへの
インタビューが読み物として面白い。

ジョン・ヘガティ (Sir John Hegarty)

インテリジェンスを"マジック"に変えること

ユーモア、ウイットの必要性、
相手との感性のズレを掘り下げて楽しむこと、
エゴとクリエイティブの関係も語っている。

アレックス・ボガスキー (Alex Bogusky)さんは、
尊敬されるようになると、進化が止まる?
など、裸の王様にならないような心がけについて。

全体を通して、他人や同業者と意見交換する重要性を再確認できる。

2010年6月 1日

広告批評 2007年10月号 No.319

広告批評 2007年10月号 No.319

前向きエネルギー

海外の広告制作者へのインタビューがメイン。

物創りについて、 広告コミュニケーションについて、
前向きなエネルギーを、お裾分けしてもらえる。

正直で誠実、他人と同じアプローチはしない。
というのが全体的な共通点。

マイク・スカリット (Mike Schalit)

広告は、一般的に消費者の失礼にあたるものだから、
自分は招かれざる者の立場にいながら、
消費者に見返りがあるような表現になるようにエネルギーを注ぎ、
人びととクライアントをエモーショナルに結びつけたいと考えています。

ニック・ロウ (Nick Law)
人生で最も大切にしているもの。

今日

2010年5月31日

人生とは何か

人生とは何か

真面目に
のんびりと

吉本隆明さんの書き物や、話した内容の一部を収録したもの。

子育て、親子関係、老いと死の捉え方、悩みを、べらんめぇ口調で話してくれる。

日本人のワイドショー気質は、今ネットで起こっているコトにも該当。

雰囲気がすべてで、それしかない。
開かれているようで、実は思考が閉鎖しているんです。

小刻みに、小分けにする日々の希望の持ち方は、
老いも若きも関係無く、心の支えになる。

2010年5月28日

就職しない生き方

就職しない生き方

レールに騙されない

ネットで「好き」を仕事にする10人の方法

インタビュー対象の人数が多い。 半分で良かった・・・

  1. 古川健介 (株式会社ロケットスタート 代表取締役社長)
  2. 深水英一郎 (未来検索ブラジル 代表取締役社長)
  3. 蝉丸P (動画作者&住職)
  4. 塩見直紀 (半農半X研究所 代表)
  5. 堀内議司男 (遠州流 茶人 壷中庵・宗長)
  6. 佐藤大吾 (NPO法人チャリティ・プラットフォーム 代表理事)
  7. 家入一真 (株式会社paperboy&co. 代表取締役CCO)
  8. 登大遊 (ソフトイーサ株式会社 代表取締役会長)
  9. 堀江貴文 (元株式会社ライブドア 代表取締役社長CEO)
  10. 西村博之 (元巨大掲示板2ちゃんねる管理人 )

以下の面々(敬称略)の話題はこんな具合。

  • 古川健介 マニュアル世代の真骨頂
  • 塩見直紀 自分の根本を結晶化させて強くする方法
  • 登大遊 タダ乗りされない、搾取されない
  • 堀江貴文 面倒を省いてシンプルにした、会社の経理処理
  • 西村博之 失敗を笑いのネタに昇華させる、自分で取捨選択する
  • 巻末対談 古川健介×西村博之
    社会や会社の仕組みが、ダメ人間を生産する?

その他の方々は、就職しない働き方の一例になるものの、
憧れの対象や、参考事例にするには弱かった。

西村博之 (ひろゆき)

お金持ってる人に事業のプレゼンをする場合、
この事業でこんなにもうかりますよっていうのは
もうさんざん聞いてるじゃないですか。

だから、その人がなにが好きなのか知ったうえで、事業メリット以外に、
あなたの好きな、こんなメリットがありますよってアピールします。

好きなものが手に入るとか、お金以外の付加価値をつけるんです。

この手法は、相手に印象付けられるし、
何より、面白いヤツだなぁ~と、気に入ってもらえる。

本書全体を通して、就職した方がイイのか? 独立した方がイイのか?
自分の得意分野を発見し、活かすヒントが発見できる。

2010年5月27日

まさか!?

まさか!?

自分に頼らず
自分で決める

自信がある人ほど陥る 意思決定8つの罠

  • 著者 マイケル・J・モーブッサン
  • 翻訳 関谷英里子

意思決定の最善策は、過去の成功体験や他人の情報に惑わされず、
常に想像力を持ち、多様な客観的立場
身を置いて判断することであり。

時と場合 (そして運)によって、結果も変わってくるので、
情報収集しながら時流を読んで、自分を過信せずに最終決定をおこなう。

本書では、その手順のサンプルが、実験データと共に解説されていて、
その掲載情報自体と、自分だけは特別を疑う
心構えが得られる。

2010年5月26日

「みんなの意見」は案外正しい

「みんなの意見」は案外正しい

集合知 集合愚

習慣の罠、権限とインセンティブについても解説されているが、
事例が多すぎて、言いたいことがまとまっていない。

そのせいで、ダラダラと長い。

結局は、1度自己否定を通すコトが大切なのだ。

2010年5月25日

インターネット2

インターネット2

12年前のネット

次世代への扉

著者は、日本でのインターネット立ち上げに関わったという
情報工学者の村井純さん。

1998年(12年前)時点でのインターネットにできるコト、
希望や些細な注意点が書かれている。

『インターネット』の方が、読み応えアリ。

2010年5月24日

インターネット

インターネット

まず動かす

著者は、日本でのインターネット立ち上げに関わった
情報工学者の村井純さん。

1995年11月 (今から約15年前)の著書。

インターネットを支える技術が持つ、ほどほどの信頼性、
誰でも使えるシンプルさ、ネットの生い立ちを語ったウンチク本。

出来の良いアトラクションに乗ってる感じで、流れるように話が進む。

ベータ版を速攻でリリースするスピード感

新しい人間活動や社会をもたらすような技術は、できるだけ早く、
多くの人びとが共有できるようにすべきです。

自己の体験も早めに行う。

人間は、理解したり対応するのに時間がかかることが多いので、
理解と体験は早めにしなければいけません。

分散する各々の趣味、拡散は加速するのでさらに特徴が際立つ。

できることをそれぞれがする

PDCAサイクル (plan計画 → do実行 → check評価 → act改善)
にも似た体制作り。

作る人間、運用する人間、割り当てる人間

アイデアの初期衝動が強すぎて、後半に行くほど疎かになりがち。
歴史のスパイラルを意識しながら、「創る→運用→改善」を回していけばイイ。

本書から3年後に発売された続編 『インターネット2 次世代への扉』
(1998年出版 今から約12年前)もあり。

今の時期にこそ、新しいものを書いてもらいたいなぁ~
なんて思ってたら、出てました。

『インターネット新世代』 (2010年 1月21日出版)

2010年5月21日

デザインの生態学

デザインの生態学

思考する知と行為
それがデザインだ

新しいデザインの教科書

リアリティをデザインするために、3人が紡ぐ思考の痕跡

  • 深澤直人 (プロダクトデザイン/プロダクト・アート)
  • 後藤武 (建築設計)
  • 佐々木正人 (生態心理学)

大学の先生の講義って、本当に何かを教えようとしているのではなく、
個人の趣味性を発表する場なのか、ポジションを維持するためだけなのか、
話が生徒の方向へ向いていないような気がする。
前半、佐々木正人さんのパートは、そんな流れ。

自らの説明が必要なアート向きであり、本書では不要な部分だ。

鼎談 (ていだん)を基本にしつつ、各パートに合わせて、
司会者が入れ替わるようなカタチで進行する本書。

建築から学ぶデザイン、デザインから学ぶ建築、その2つだけが
本書のエキスかと思っていたが、巻末のカール・マルクスのこの言葉が
出てきた時点で、一気に幅が広がった。

P.269 後藤武さんの選書の中で、カール・マルクスの文言

哲学者たちは、世界をざまざまに<解釈>してきたにすぎない。
肝心なのは、世界を<変革>することであるのに

身体的知覚の定着化

接触を楽しむ行為、そのものにヒントがありそう、
時代時代で変化する洗練さの価値を見出せる。

意識を発見する

内側と外側の張り、力の加減がアイデアのようだ。
無意識の記憶を刺激するデザインを学ぶ。

P.116 後藤武さん

未知なのだけど既知。
その部分を発掘するということなのでしょう。

行為の痕跡を探し、遊ぶ。

直感の正体

P.126 後藤武さん

あたかもレンズで拡大するように分析していたものを、
一気に圧縮して整理できる瞬間がある。

この技術が制作の技術なのではないか、と思うんです。

拡大するテレビ画面、近寄りすぎる関係、明るすぎるモノの輪郭、
急激に発散され、あっという間に去っていく音、急激な照明、光の強さ・・・

現代人は、モノと人の関係性や
距離感覚を意識する能力が、弱まっているのか?

P.158 深澤直人さん

ものの機能や特徴による選択はできても、
他のものとの関係が読み取れない。

それは選択する側だけでなく
作る側の感覚の欠乏でもある。

mixiなどのSNS、ツイッターによる情報把握にもあてはまる、
誰が何処で何をして、何を考えているか、その情報は本当に必要なのだろうか?

存在感の無いモノを求めるのは、
雑音が多い時代ならではだ、と言う。

P.160 深澤直人さん

ものをデザインすることは
関係の距離をデザインすることである。
主張の強さを調整することである。

多機能化の落とし穴

ミニマリズムって多様性を内包 (残した)した思想だったんですね・・・
単純に、削ぎ落としてシンプルになったものかと思ってた。

人間のセンサーや触角を引き込むデザイン

P.163 深澤直人さん

デザインに意味を込めようとしてもしょうがない。
この場合の意味は作者の意図の表れであるから醜いし、押し付けがましい。

意味は受け手との合意によって意味となる

             (~中略~)

デザインに理由は必要ない。
デザインの意味は発生するものである

触媒と質感

後藤武さん曰く、
縁 (ふち)や隅 (すみ)の操作によって、浮遊感が生み出せるという。
建築に限定せず、デザインやモノ創りの現場で活かせそうなテクニックだ。
3DCG、CADでの設計での注意点も語る。

不純物を濾過して取り除く。

P.221

本質的なものだけを保存するために、不純物を除去

想像力のみに頼ると、他者性が欠落するという・・・

P.236

想像力に依存しないこと。

想像力を括弧に入れ、
物質が語るこの世界に投入すること。
その中から新しさを思考すること。

巻末ブックガイド

深澤直人さん、後藤武さん、両名のみのキーワード付き解説が役立つ

P.269 後藤武さん

哲学と同様にデザインも世界と
やすやすと「和解」してはならないのだ。

研究と表現の起点は同じであったり、中庸の普遍さが理解できる。

P.282 深澤直人さん

情報は定義化されて繁殖し事実から遠ざかる

P.283 深澤直人さん

デザインされたものやアートもそのもの単体ではなく
状況の作り込みである

2010年5月20日

次世代ウェブ

次世代ウェブ

技術、サービス
(おもてなしの心)、
集客

グーグルの次のモデル 著者は、IT系ライターの佐々木俊尚さん。

引用が多く、次世代のウェブに関する具体的な解決策は、
当然のように書かれていない。

お節介さ、まごごろ、インフラを、
どのレイヤーに設定、意識するか?

ポータルサイト、SNS、ツール(無料アプリ)、サーチエンジン、
ネットで利益を出すポジショニングを後付で解説。

自分の立ち位置を知って、ウェブ大地主ではなく、
あえてインターネット小作人として生きればイイ。

2010年5月19日

おもてなしの経営学

おもてなしの経営学

ギークとスーツ

著者は、プログラマーの中島聡さん。

なせグーグルは、YouTubeを創れなかったのか?
(Google Videoがあったにも関わらず!)

その謎を解くのが、本書の肝。 大企業病の一例もわかる。
経営学の本ではなく、どちらかと言うと、IT四方山話。

作り手だけのこだわりで、自己満足に終わるのか?
それとも、ユーザーの満足度を高めるこだわりに繋がるのか?

クラフトマンシップ (熟練工の誇り)の重要性も読み解ける。

  • 対談×ひろゆき グーグルの先行き不明感
  • 対談×古川享 マイクロソフト内でのゴタゴタ
  • 対談×梅田望夫 この対談は両者のエリート意識や自己顕示欲が
    鼻につくが、欲の無さについて
  • 中島聡 「これで世界にインパクトを与えよう」という欲

なんとなく、社会が停滞しているように感じるのは、各自が
褒められていないから、上手くやりきれない。
そんな些細なコトが閉塞感の原因になっているのだろう。

2010年5月18日

経験を盗め 文化を楽しむ編

経験を盗め 文化を楽しむ編

当然、楽しむ

著者の糸井重里さんと、
楽しんで物事に取り組んでいる人々の談話集。

酒の席で聞けるような、四方山話が多く、
盗むというほど強いエキスは出ていない・・・

と思っていたら、続編の存在を知った。
即効性がバキっと効くような内容は、
コッチで語られているような気がする。

2010年5月17日

Web Designing 2010年6月号

Web Designing 2010年6月号

されど1ピクセル

神は細部に宿ると言いますが、
さらなる作り込み、1ピクセルのうっかりボケ対策から、
ピクセルにかける情熱的な特集。

アクセス解析&SEO特集では、Google Analyticsの基本をメインに取り上げつつ、
宣伝も込みでか、他の有料アクセス解析サービスも紹介している。

アクセス解析やサイト改善点のうわべ的なコトしか
掲載されていないので、今号を入り口にしつつ、専門書を買った方がイイ。

中村勇吾さんの雑談は、『現場のプロから学ぶWeb制作ワークフロー』
同じような内容なので、ホントにホントにおまけな読み物として。

2010年5月14日

天才をプロデュース

天才をプロデュース

やれば出来る
という嘘

オフィス北野 (ビートたけしさん、たけし軍団等の事務所)の
社長である森昌行さんの著書。

仕事環境を整える、ビジネス&クリエイティブについて。

ローカルコンテンツが持つ力や、外国を意識した映画作りの体験談だが、
エキスのようなコトは書かれていない。

何か得るものがあるとしたら、あとがき。

行動しなければわからないし、いざヤリ始めると、
難しさにブチ当たる。 といったコトが語られている。

2010年5月13日

結局「仕組み」を作った人が勝っている

結局「仕組み」を作った人が勝っている

ネットで儲ける?
あくまで一例

著者は、2名のライター、荒濱一さんと高橋学さん。

主にネットを使った儲け話だが、
登場人物が胡散臭いので、単なる宣伝本の域を出ない。

同じコトをしても稼げないので、
ビジネスモデル資料集の1つの読み物として。

著者が深いところまで理解していないせいか、
誤解を生むような情報があるので注意したい。

続編は、『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』

2010年5月12日

会社を利用してプロフェッショナルになる

会社を利用してプロフェッショナルになる

人材教育の
良い面だけ

有名企業の人材教育事例を羅列しているだけ。
宣伝やヨイショ臭がキツ過ぎる。

本書には、プロが生き残る具体的な策は書かれていない。

社内の胡散臭い仕組みや、効率の悪さ、
自分の会社が、なぜその搾取システムを採用しているのか?

その理由を探り出すことが大切だ。

2010年5月11日

日本のブルー・オーシャン戦略

日本のブルー・オーシャン戦略

机上の空論

10年続く優位性を築く

  • 著者 安部義彦
  • 著者 池上重輔

経験が無かったのか、分析が間違っている箇所もあり、
様々な書籍をまとめただけな印象。

後付の理由が多く、行動に移せるかどうかも疑問・・・

日本企業の事例を読むだけの、机上の空論な一冊。

2010年5月 7日

現場のプロから学ぶWeb制作ワークフロー

現場のプロから学ぶWeb制作ワークフロー 画像

自社の宣伝本

ベースメントファクトリープロダクションの仕事術

著者 ベースメントファクトリープロダクション 北村健

代理店や中抜きをスッ飛ばすための、自社宣伝本。

普段から真面目に取り組んでいる人は、読む必要が無いし、
不真面目な人が読んでも、心を入れ替えるコトは無いだろう。

対象読者としては、ウェブやクリエイターの世界に、変な憧れを持っている人。
本書を読むと、いかに地味でベタな仕事かが理解できる。

中村勇吾さんとの雑談 (インタビューではない)では、
狩人と、罠を仕掛ける人の違い、SとMの属性が語られているので、
オマケの読み物として楽しみたい。

2010年5月 6日

スタディーズ・イン・オーガニック

スタディーズ・イン・オーガニック 隈研吾 画像

隈研吾
好きなら・・・

Studies in Organic Kengo Kuma & Associates
著者 隈研吾建築都市設計事務所

中島英樹さんの斬新過ぎるグラフィックデザインが、
見づらいレイアウトなので、超絶に読みにくい。

建築家の隈研吾さんが好きなら、お値打ち価格ではある。

2010年5月 5日

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える 画像

経験からくる観測眼

イノベーションを導く新しい考え方

  • 著者 ティム・ブラウン
  • 翻訳 千葉敏生

結果を考えた、観察の重要さ。

物事をただ眺めているだけではなく、観察、観測を通した体験から、
目の前の出来事を計り、結果に繋げる。

その実例が記載されている。

デザインに関わらず、物作り、現場の改善、売上げ向上など、
カタチの有無を問わず、全てのプロジェクト関係者にお薦め。

2010年5月 4日

マイクロソフトでは出会えなかった天職

マイクロソフトでは出会えなかった天職 ジョン・ウッド 画像

自分を騙して
最適化してないか?

僕はこうして社会起業家になった

  • 著者 ジョン・ウッド
  • 翻訳 矢羽野薫

会社は僕をあてにできたけど、
友人や家族は僕をあてにできなかった。

ということもあり。 マイクロソフトを飛び出した著者。

本好きが、恵まれない子供達へ向け、図書館や学校を創る。 という話。
マイクロソフトで学んだビジネスエピソードを交え、物語は進む。

結果や進捗報告をマメに行い、他の慈善団体と差別化を図る。
(ボランティア、仕事を問わず、基本的なコトをできない人々が多い・・・)

マイクロソフトのスティーブ・バルマーから学んだコト

情熱があって、
自分の数字を知っている人間
だけを雇うこと。

著者の性格も反映してか、組織や取引先とのダークな話は
あまり出てこないのが残念なところだが、
読んでる最中や、読み終わってから、「自分も頑張らないとな・・・」と思える。

2010年5月 3日

菜根譚

菜根譚 画像

バランス思想と
八分目

ディスカヴァー・トゥエンティワンの"賢く見える風シリーズ"
中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚

  • 著者 洪自誠 (コウ・ジセイ)
  • 翻訳 祐木亜子

本書は、巻末の原文記載と目次で、
約25%程のカサ増しをしているのが残念なところ。

以下を補った人生訓。

  • 儒教 (律する)
  • 道教 (気楽に)
  • 仏教 (宇宙観からくる悟り)

心を乱さず、シンプルに生活するための心構えが書いてある。

  • 楽しみながら我慢する
  • 無欲で素朴、平穏な生活を送る
  • 物質や精神的に雑多なモノを抱え込まず、日々減らすための指針
  • 度量を広げる方法

ホントかよっ!? と感じるアドバイスもあるが、
自分が気に入った部分を吸収することから始めればイイと思う。

人徳が一家の主人だとすれば、
才能は、その主人に仕える使用人のようなものである。

一歩譲ることが、結果的には自分が一歩進むことにつながる。

耳に痛い忠告や小言を常に聞き、
心の中に思い通りにならない物事が常にあってこそ、
自分を磨き、大きく成長できるのだ。

世の中には汚いものや、けがれたものがたくさんあるが、
それらをすべて受け入れるだけの度量が必要だ。

名誉や財産は、時代とともに移り変わるが、
人間の信念や志は、後の世までずっとたたえ続けられるものである。

この世は汚れてもいないし、苦しいことばかりが起きるわけではない。
そうさせているのは、自分自身の心である。

故事を解説した『菜根譚 中国の処世訓』も併せて読みたい。

シリーズ物を読むなら、下記のお薦め順を参考に。

  1. 『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚』
  2. 『賢く生きる智恵』 (イーストプレス)
  3. 『賢人の知恵』
  4. 『超訳 ニーチェの言葉』
  5. 『アランの幸福論』

2010年4月30日

住まいの解剖図鑑

住まいの解剖図鑑 増田奏 画像

行動と合致した
部屋創り

心地よい住宅を設計する仕組み

著者は、建築家の増田奏さん。

人の気持ちと連動する、家(部屋)の役割。
人それぞれの組み合わせパターンと、機能盛り込みの罠を解説。

家を建てようと考えている人に必読の書であり、
部屋の掃除や模様替えを予定している人にもオススメ。

2010年4月29日

ラクガキ・マスター

ラクガキ・マスター 寄藤文平 画像

ゆる~く描く

描くことが楽しくなる絵のキホン

著者は、当ブログでもお馴染み、寄藤文平さん。

四次元視点で観察する方法や、
単純なラインや形態をモーフィングして、特徴を捉える発想が新鮮だった。

普段、絵を描かない人が、気軽に簡単なイラストから始められる。

落書きの気軽さ、そんな心構えも、自身の体験を通して
伝えられているので、自分の内面を気負わず表現できる。

2010年4月28日

続・しごとば

続・しごとば 鈴木のりたけ 表紙画像

普通じゃない
職業絵本

著者は、イラストレーターの、鈴木のりたけさん。
仕事現場の絵本、『しごとば』の続編。

広角や魚眼レンズを用いたような構図で描かれていて、ダイナミック。
細かさ、職業に合ったポージングの格好良さも表現されている。

仕事で使わなそうな、不要な道具も置かれているが、あれこれと探すのも面白い。

村上龍さんの『新13歳のハローワーク』『13歳の進路』
併せて読みたいし、読ませたい。

2010年4月27日

田原式つい本音を言わせてしまう技術

田原式つい本音を言わせてしまう技術  表紙画像

相手に食い込む

著者は、田原総一朗さん。

相手の懐に入り込む技術から、日本の政治話まで。
人付き合いや、営業の入門書。

2010年4月26日

機長の「集中術」

機長の「集中術」 表紙画像

当たり前を列挙

著者は、JALの元機長、小林宏之さん。

ありきたりな校長先生の話を、
朝礼で聞かされているような内容。

言われるまでもなく、当たり前のコトだらけ。
もっと独創的で特別な切り口が欲しかった・・・

2010年4月23日

アランの幸福論

アランの幸福論 表紙画像

自主的人生

  • 著者 アラン (エミール=オーギュスト・シャルティエ)
  • 翻訳 齋藤慎子

ディスカヴァー・トゥエンティワンの"賢く見える風シリーズ"

胡散臭い新興宗教っぽいタイトルと装幀の印象、
真っ先に、「アランて誰ヨ?」ってなる。

(フランスの高校教師で、哲学のコラムニストだった人らしい)

感情ではなく、態度をコントロールする。

悲観主義は感情からくるもの、
楽観主義は意思からくるもの。

いらいらしないようにしよう。
人生のこの瞬間を台なしにしないようにしよう。

あれがない、これがないとこぼす人は多いが、
その原因はきまって、その人たちが
本気で手に入れたいと思わなかったからである。

運命は不変ではない。
指をパチンとならした瞬間にも、新しい世界が生まれる。

人生の山登りと、その痕跡、自主性を持つためのアドバイス本。

読むなら、下記のお薦め順を参考に。

  1. 『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚』
  2. 『賢く生きる智恵』 (イーストプレス)
  3. 『賢人の知恵』
  4. 『超訳 ニーチェの言葉』
  5. 『アランの幸福論』

2010年4月22日

賢人の知恵

賢人の知恵 バルタザール・グラシアン 表紙画像

友人も習慣も
捨て札に

  • 著者 バルタザール・グラシアン
  • 訳者 齋藤慎子

鋭敏で狡猾な人生訓

辻褄が合わないアドバイスもあるが、
都合のいい提言だけを選び取れば良い。

  • 相手に期待を持たせ、自分を小出しにするテクニック
  • 自分を謎めいた人物に仕立て上げるための心構え
  • 自己の不足を求めるための書

一度愚かだと思われたら、
中身のある人間だと証明するのは不可能なのだ。

勇気を伴わない知識は無力だ。

どうせ読むなら、『賢く生きる智恵』の方をお薦め。

下記のお薦め順を参考に。

  1. 『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚』
  2. 『賢く生きる智恵』 (イーストプレス)
  3. 『賢人の知恵』
  4. 『超訳 ニーチェの言葉』
  5. 『アランの幸福論』

2010年4月21日

情報は集めるな!

情報は集めるな!  指南役 表紙画像

情報溺死

著者 指南役

アナタは情報を集め、溺れたまま
一生を終えるのか!?

実際には、あまり役に立たなそうだったが、
人とは違う、インプットの逆張り術の紹介なので、天の邪鬼でヒネくれた人向け。

2010年4月20日

OFFICE STYLE

OFFICE STYLE(オフィス・スタイル)表紙画像

オフィス
あれこれカタログ

これからオフィスを作る人、模様替えをする人にオススメ。

文房具や便利なオフィスツールの紹介では、
アナタが気に入るモノが、きっと見つかる。

2010年4月19日

Web Designing 2010年5月号

Web Designing 2010年5月号 表紙画像

jQueryがイッパイ

Ajax、jQuery (JavaScriptのライブラリ)を特集。

今月号は、ほとんどが広告的内容なので、見送りも可。

  • アコーディオン
  • タブ
  • ツールチップ
  • 角丸表現
  • ドロップダウンメニュー
  • スライドナビゲーション
  • 右クリックでのアイコン付きメニュー
  • Mac OSX風 Dock
  • Lightvbox風ギャラリー
  • 画像のスライド (カルーセル)
  • フルスクリーンの画像ギャラリー
  • マウスオンで画像の一部を拡大表示
  • カレンダー
  • 行を並び替えるソート機能
  • チェックボックス
  • リンク先のスクリーンショットを表示

サイト制作時のスパイスとして活用したい。

2010年4月16日

ウェブを炎上させるイタい人たち

ウェブを炎上させるイタい人たち 中川淳一郎 表紙画像

ネットはいつだって
無法地帯だぜ!

面妖なネット原理主義者の「いなし方」

著者は、下記の著書でお馴染み、中川淳一郎さん。

暇人が持つ、負のエネルギーを紹介し、バカの"いなし方"を解説。

ウェブ上での人間関係を内省し、整理するための切っ掛けになる。

インターネット教の嘘
バカとアホの間に生ずる軋轢、著者が遭遇した
お互いにとってまったく不毛な出来事も、物見遊山気分の読み物として楽しめる。

常に、分母と分子を比較する大切さを忘れてはならないし、
ネット上で馬鹿なコトする時は、常に
「バカで暇なコトをしているな~」 と自己認識していたい。

2010年4月15日

イライラしがちなあなたを変える本

イライラしがちなあなたを変える本 安藤俊介 表紙画像

怒りの種類を知る

ウェブ担当がお薦めする、
『アンガー・マネジメント』の著者、安藤俊介さんの新作。

怒りをコントロールするための本。

他者との価値観の相違から発生する怒り。
その原因は「自分のワガママだ」 という。

イライラの核心を探り、その部分を書き換える手法を取る本書では、
怒りのランク付け、怒りログ(記録)、ケーススタディが具体的。

肝は、他人目線で感じられるかどうか。

「権利・欲求・義務」で切り分けるマトリクス図によって、
お互いの食い違いを洗い出す。

その手法は新鮮だし、即効性がありそうだ。 前作同様、超お薦め!

2010年4月14日

超訳 ニーチェの言葉

超訳 ニーチェの言葉 表紙画像

ゆったり、全力で
駆け抜ける

  • 著者 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ
  • 翻訳 白取春彦

ディスカヴァー・トゥエンティワンの賢く見える風シリーズ

ニーチェの名前は知っていても、実はよく知らない・・・
という人向けの簡単読み物。

相田みつをさんのレベル並に、単純なカタチに落とし込まれているので、
取っ付きやすい。

日々、ゆったりと全力で生きるための養分として。

読むなら、下記のお薦め順を参考に。

  1. 『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚』
  2. 『賢く生きる智恵』 (イーストプレス)
  3. 『賢人の知恵』
  4. 『超訳 ニーチェの言葉』
  5. 『アランの幸福論』

2010年4月13日

+DESIGNING 2010年5月号

+DESIGNING (プラスデザイニング)2010年5月号 表紙画像

直感を
後押しするチカラ

これから特集ということで、
ネット広告、現状と少し先の未来について。

宮田識 (みやた さとる)さんは、
直感や感覚に、お墨付きを与える
背中を押す、自分なりの理屈の必要性について語っている。

自信喪失気味なら、心の栄養剤として。

2010年4月 9日

デザインノート No.30

デザインノート No.30 表紙画像

表現と構造の
差異と共通項

文字デザイン、タイポグラフィにまつわる
インタビュー特集。

葛西薫さんの心がけ。

どうすれば文字や言葉が
居心地よくしてくれるかという
間の作り方こそ重要だと思うんですよね。

下記は、ネットのコンテンツでいうと、突っ込みドコロか?
『ウェブはバカと暇人のもの』参照)

ビシッと完璧に決まったものは
時間が止まってしまい
入り込む余地が無い気がして、見る人も
見ているようであまり見ていないんだと思うんですよ。

ある程度の緩さ、だるさ、ぬるさ、
そういうものがあった方がふーっと引き込まれて
読むことの邪魔をしない。

中村勇吾さんは、「表現」と「構造設計」「構成原理」についての自身の考えを。

野尻大作さんは、「置いて、ハイ、終わり」、ではないタイポの可能性を追究。
下記は、ブランディング表現について、

商品の説明ではなく、
自信を伝えるためのイメージです。

他にも、中村至男さん、大杉学さん、北川一成さんへのインタビューからは、
何か得るものがある。

言葉は違えど、全体を通して共通だったのは、
実験、検証を重ねる労力だったり、構築中に自らブッ壊す意気込み。

文字が場の空気を変える

2010年4月 8日

デザインの現場 2010年 4月号

デザインの現場 2010年 4月号 表紙画像

デザイン
+ビジネス思考
→ブランド

ついに、『デザインの現場』も廃刊。

最終号は、様々な分野に散らばって瞬いている職人や匠を紹介。

深澤直人さんが、イタリアと日本のデザイン会社のやり取りや、
組織、企業風土の違いを比較している。

決断がモノ創りを動かす、「やります」を担う
意気込みの重要性、ブランドの根幹や体系にも話は及ぶ。

2010年4月 7日

週間ダイヤモンド タイプ別営業力 強化法

週間ダイヤモンド 営業力強化法 表紙画像

胡散臭い営業法

タイプ別診断で己を知る。

自分の中身を把握することは大事だが、
タイプ診断ってヤツは、強引過ぎて乱暴だ。

本書で、取り上げられている人々も胡散臭い人ばっかり。
占いや血液型性格診断と同程度の扱いで楽しみたい。

2010年4月 6日

Associe 最強の文具活用術

日経ビジネス Associe ( アソシエ ) 2010年 4/20号 表紙画像

何でもかんでも、
文房具

今号のアソシエは、文房具特集。

メーカーの宣伝も兼ねているのか、過剰なお薦めに食傷気味

「そこまで、文房具を使わないでも・・・」、というようなシチュエーションが目立つ。

オフィスツール好きには、たまらない特集なので、
好みな逸品が見つかるかもしれないが・・・

2010年4月 2日

WEB制作会社総覧2010

MdN WEB制作会社総覧2010 表紙画像

制作会社の選び方
&愚痴

出版社は、MdN

作業の流れや、ウェブ制作会社の選び方と同時に、
制作会社の愚痴も掲載されいるので参考に。

「全国WEB制作会社リスト」という、テキストだけの画像が無いリストで、
ページ数を稼ぎ、カサ増ししているのは、いただけない。

新しい情報がお好みなら、同時期にマイコミから出た
『Web制作会社年鑑 2010』を選んでもイイ。

2010年4月 1日

web creators 2010年5月号 vol.101

web creators 2010年5月号 vol.101 表紙画像

今号で廃刊

ウェブサイトでの連載に移るということで、
紙媒体では今号をもって休刊、というか・・・
事実上の廃刊。

悪い意味でMdNがヤバイ、という噂を聞いていたので、
驚きはしなかったが、長年、お世話になりました&お疲れ様でした。

最後の記念に買う、というには厳しい内容だが、
巻頭特集は、プロデューサー、プロマネ、ディレクターを未経験の人にとって、
少々の価値あり。

巻末特集は、ウェブ制作のための無料ツールを紹介。
毎日のようにネット技術系のブログ等を読んでいれば、不要だが
新しい情報と疎遠気味ならば、痒いトコロに手が届く道具に、
どんなものがあるのか、把握しておいて損はない。

2010年3月30日

XHTML/HTML+CSSスーパーレシピブック

XHTML/HTML+CSSスーパーレシピブック 表紙画像

理解度が高まる

  • 著者 エ・ビスコム・テック・ラボ
  • 出版社 マイコミ

初版第1刷では、ソースに誤植があるので、初心者は混乱するだろう。

固定、リキッド、対応ブラウザが分かりやすくアイコンで表示され、
作りたいエリアやパーツごとに分類されている。

IE5やIE5.5での反映方法も掲載されていて、対応策が練れる。
ソースが冗長化されてしまうが、対象ブラウザを何処まで入れるか、
といったコトを念頭にして読み進めたい。

段階を追って1つ1つ、画像付きで解説されているので、大変わかりやすく、
ありがちな作業として、レイアウトを左右(上下)入れ替える場合の
ソースが変更部分だけ色分けされていて、視認性も抜群だ。

誌面では省略されているソースもあるので、多少戸惑うものの、
他書と違って、シンプルなソースで解説されてるのが嬉しい。

HTML5とCSS3の解説も同時にあって、
読み手のコトを考えた、とても丁寧な一冊。

2010年3月29日

賢く生きる智恵

賢く生きる智恵 バルタザール・グラシアン 表紙画像

生真面目だけだと
頼りないので、
小狡く生き抜く知恵を

  • 著者 バルタザール・グラシアン
  • 訳者 野田恭子
  • 出版社 イーストプレス

ライバル出版社、ディスカヴァー・トゥエンティワンの
賢く見える風シリーズ(勝手に命名)の装丁や内容を丸パクリ。

と思いきや、後出しジャンケン手法で本家を越えた。

著者は、17世紀スペインの哲学者、修道士、著述家という
色々やっていた山師的な人。

狡猾さが満載で、真面目な人は、ご立腹だろう。

名言集というよりは、油断せず、狡賢く生きるための実用書であり、
メリルリンチ証券(ウロ覚え)の生活で目立つな
(派手な暮らしを自慢するな)という標語に近い。

中には「うーん・・・」と否定したくなる文章があり、
同じ話だったり、強引な箇所も目に付く。

一貫して提言しているのが、
余計なコトに首を突っ込むな
という姿勢であり、感情が渦巻く世界で、
悪知恵と誠実さを使い分け、世渡りしてゆくための提言集になっている。

あなたの人生は誰のモノか?

穏やかに生きていくためには、
人の人生に干渉しないようにすればいい。

穏やかな人は、ただ生きるだけでなく、人生を自分のものにする。

聞きもするし、見もするが、沈黙を守る
言い争いをしないので、夜はぐっすり眠れる。

             (~中略~)

自分に関係ないことで心を悩ませるのは、
自分に関係あるだいじなことに無関心なのと同じくらい、
愚かなことなのである。

想像力でカバーする。

自分の持ち物が良く見えるのは、手に入れた最初の一日だけで、
あとはよその人の目を楽しませることになる。

ところが人の持ち物ならば、壊す心配もなく、
いつも新鮮な気持ちで見られるので、より楽しむことができる。

本家ディスカヴァー・トゥエンティワンのシリーズものとパクリもの。
読むなら、下記のお薦め順を参考に。

  1. 『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚』
  2. 『賢く生きる智恵』 (イーストプレス)
  3. 『賢人の知恵』
  4. 『超訳 ニーチェの言葉』
  5. 『アランの幸福論』

2010年3月26日

デザインの理念と実践

デザインの理念と実践 深澤直人 表紙画像

力を入れ過ぎて
壊さないようにする

  • 著者 日本デザインコミッティー
  • 編集 平野敬子

記念展の内容を書籍化。

プロダクトデザイナー、深澤直人さんの言葉からは、
個性を全面に出し過ぎないように、注意する指針が得られる。

つくり出すというより、環境のなかに見出す
という感覚が強い。

できれば現象に留まりたい
無意識のなかの見えない繋がりをデザインしたいと思っている。

人とものと環境の折り合いをつけることが
デザインである。 それはシャボン玉のように柔軟で薄い空気の輪郭である。

氏のデザイン物や商品への好き嫌い、売れる売れないはあるだろうけど、
自分自身のスタイルを、客観的に傍観するための1つの視点として追加しておきたい。

照明デザイナー、面出薫 (めんで かおる)さんの言葉。

建築照明デザインとは、このような
"巧妙な気配を作り出すための光の罠"を仕掛ける仕事である。

明る過ぎず、暗過ぎず、光の焦点についての話は、
黒背景を使用する際のウェブデザインにも活用できる。

建築家、プロダクトデザイナーである黒川雅之さんの言葉。

"人のためにつくる"という思想がデザインを狂わせた、

             (~中略~)

他者のためにデザインするという考えが不遜なのである。

自分が誰のためにデザインしたり、物創りをおこなっているのか?
今一度見直す切っ掛けになる。

2010年3月25日

標準ウェブ制作完全ガイド

標準ウェブ制作完全ガイド 松岡清一  表紙画像

キーワードの羅列

プランニングからデザイン、そしてシステム構築まで。
Webの「仕事」がトータルに理解できる
プロフェッショナル養成講座

  • 著者/編集 MdN編集部
  • 監修 松岡清一

知識の少ないプロデューサーや、ウェブ制作の入門者向け。

タイトルや表紙に、完全ガイド全網羅とあるが、
あくまで、入り口的な手引き書に過ぎない。

他書と比べて、視認性だけは高いが、
キーワードを羅列しているだけなので、当然、深いところまではわからない。

上っ面の言葉だけを懐に入れて、場シノギの
会議や打ち合わせでは、恥をかかないかもしれないが、
その先まで見越していないと、大変危険

2010年3月24日

ガレリアCSS

ガレリアCSS 表紙画像

理解し難いCSS本

プロに学ぶスタイルシートの定番デザイン

  • 著者 林大輔
  • 出版社 ソフトバンククリエイティブ

表紙だけに留まらず、記事の色味が
ドギツくて目がチカチカする。
情報整理も紛らわしく、わかりづらい。

視覚的に理解度が遠のくCSS本。

2010年3月23日

「安心な食品」の見分け方

「安心な食品」の見分け方 安部司 表紙画像

価格と安心は
トレードオフ

著者は、商社の食品課で加工食品の開発、セールスを
行っていた安部司さん。 現在は、JASの回し者でもある。

下記と共に、良さげに見える表示のカラクリを暴く。

  • 化学合成
  • 合成物質
  • 添加物
  • 人造肉
  • 怪しい食品マーク
  • 偽装表示

添加物の一括表示は、ケミカル系が省略表示され、
故意に隠蔽されているようだ。

自宅で作るための安心レシピや、お薦め商品、ヤバイ製品も紹介。

毎日、毒を食べているコトを自覚し、
売るためには、何でもアリの世界を生き抜くための参考書としたい。

2010年3月19日

Web Designing 2010年4月号

Web Designing 2010年4月号 表紙画像

ホンノリ未来の
サイト構築

『Web Designing』は、半分に薄まってきている。

記事の密度が薄まっているのではなく、
方向性に迷いが生じているように感じられる。

未来のワクワク感と、旬の技術
このバランスが狂ってきているようだ。

良く言うと多様性を持たせていて、悪く言うと迷走している。
以前のように、一冊丸々の満足度は半減してしまった・・・

特集の取り上げ方は、丁寧で細かくて、優しくて好きなのだが、
何かが薄まっている。

(マイコミからのリンク切れが、多数発生していて
使い勝手が悪かったり、誤字脱字が目立つのも一因だ)

特集1 加速度的に新ブラウザや、様々なデバイスが登場する昨今、
下記を新たなワークフローとして取り入れたい。

  • Fluid Grid (フルードグリッド)レイアウト/横幅と画像の同時可変
  • 文字デザインからCSSを組み始める

詳細な手順が掲載されているので、参考になる。

高速化、CSS3、HTML5については、
最近の『Web Designing』と重複する内容もあるが、
補完されている部分もあるので、購入前には事前確認が不可欠だ。

特集2 一眼レフでの動画撮影。

特に求めていない人には、まったく必要無いが、
ハード面の特集も、たまには面白い。

2010年3月18日

人間というもの

人間というもの 司馬遼太郎 表紙画像

司馬データベースで
自分を創る

司馬遼太郎先生の作品の中から、道標となるフレーズを集めたもの。

出典の書名と巻数が記されているので、
未読の作品を読み始める切っ掛けにもなる。
イイとこ取りでこの値段は安すぎる。

内容は以下の流れ。

  1. 人間とは何か
  2. 組織から社会へ
  3. 夢と生きがい
  4. 日本と日本人
  5. 等身大の英雄たち
  6. 男と女

世間歩きという表現には、唸らされた。

人は、その才質や技能という
ほんのわずかな突起物にひきずられて
思わぬ世間歩きをさせられてしまう。

司馬遼太郎さんが描く人物像には、人間愛が詰まっている。
これは、氏が生涯、対面できなかった理想像や人間臭さが
表現されているのかもしれないし、その真逆だったかもしれない。

こんな処世術も学べる。

  • 他人の裏側に潜む闇を、機敏に把握するための技
  • 嘘っぱちの大人と、理想の大人

下記、各章から得られるコトを、自分なりにまとめた。

人間とは何か

  • 思い上がりの利点
  • 気合い、胆力、格調の姿
  • 遊戯の理屈
  • 基準を持たない者はどうなるか
  • 人との距離、刺激
  • 好意に対する返答
  • 利害の使い方
  • 分不相応の罠

組織から社会へ

  • 喧嘩をするための状況整備
  • 権力現象という化け物
  • 名将になる

名将とは、人一倍、臆病でなければならない。

『韃靼疾風録』(下)

夢と生きがい

昨今のワイドショーめいた情報過多を疑う。

認識は、わけ知りをつくるだけであった。
わけ知りには、志がない。
志がないところに、社会の前進はないのである。

『菜の花の沖』(3)

日本と日本人

ビジネスにも活かす

歴史は、戦術転換を断行した軍人が必ず勝つことを示している。

『国盗り物語』(1)

能力主義が必要とされる時代は、何度も繰り返す。
例えば、戦国時代、明治時代、そして2000年代

等身大の英雄たち

  • 戦国武将、信長、秀吉、家康から滴るエキス。
  • 自己愛を捨てて、澄んだ眼になる。
  • 正義という言葉に隠された陳腐さ。
  • 愛嬌は役立つ。

男と女

  • 女に溺れる恐怖

余白に 谷沢永一

竜馬は、議論しない。
議論などは、よほど重大なときでないかぎり、
してはならぬ。 と自分にいいきかせている。

もし議論に勝ったとせよ。
相手の名誉をうばうだけのことである。
通常、人間は議論に負けても
自分の所論や生き方は変えぬ
生きものだし、
負けたあと、持つのは、負けた恨みだけである。

『竜馬がゆく』

強制される思想や仕組み、胡散臭いルールについて。

ほとんどの体系は
うそっぱちをひそかな基礎とし、
それがうそっぱちとは思えなくするために
その基礎の上に構築される体系は
できるだけ精密であることを必要とし、
そのことに人智の限りが尽くされた。

『項羽と劉邦』

生きるには、時間はあまりにも短い。
やりたくないコトに囚われている場合ではない。

2010年3月16日

HAPTIC 五感の覚醒

HAPTIC 五感の覚醒 原研哉 表紙画像

触角に訴える
デザイン

著者は、株式会社竹尾、
原研哉、日本デザインセンター原デザイン研究所

質感により、触角を刺激されるデザインについて。

テクノロジーは、視聴覚へと進化しているが、それ以外の話。

なんとなく、感触は想像できるが、意外な使い方を紹介。
ウェブやデジタルデザインの参考に。

2010年3月15日

デザイン 現場の作法

デザイン、現場の作法。デザイン力を鍛える仕事術 伊達千代 表紙画像

アドビ系ソフトの
買い時

デザイン、現場の作法。 デザイン力を鍛える仕事術
著者は、伊達千代さん。 出版社は、MdN

レイアウトのバランスチェック時に、グレーにする、
左右反転、上下反転の手法は使える。

OTFフォント、TTは印刷に向かない、といったコトから、
Adobeソフトの買い時(バージョンアップは1~2個跳ばし)、
使える機能、使えない機能の紹介までやっているところは、
ケンカを売っていて頼もしい

2010年3月12日

女たちよ!

女たちよ! 伊丹十三 表紙画像

男の美学
女の美学
語りかける皮肉

伊丹十三監督の映画しか知らないのなら、
是非、文章も読んでいただきたい。

『ヨーロッパ退屈日記』でも描かれていたように、
生活の中で気付いたコト、日用品についての講釈が深く辛辣。

表現も、「ですます調」と「だ、である調」を
混合させる際のお手本のような文体。

文章も上手いが、言葉も上手い。 例えばこんな感じ。

インスタント・コーヒーについては、
世の中にそういうものがある、ということを
知っているにどどめたい

世の中には、そういうものを飲まなければならぬ
かわいそうな人たちがいる
ということを知っているだけにとどめたい。

伊丹十三さんが生きていたら、昨今の服飾事情や、プライベートブランド、
ハイブリッドカーについても、存分に語っていただきたい。

男の寂しさと飽きっぽさ、本当の料理、主婦(主夫)のプライド、
不愉快な出来事、飲み食い、男女の問題にも話は及ぶ。

女性に対する願望が、愚痴に変わる瞬間も描写している。

「サテ、と、あなたなに飲む?」

「そうね、あたしジュースかコーラいただくわ」

女連れでごはんを食べにいって、
一番がっかりするのがこの瞬間である。
もう、そのひとに対する
あらゆる興味を失ってしまう

だってそうでしょう。
男が女を食事に誘うということは、

             (~中略~)

そこに男の全存在がかかっているのだ。

             (~中略~)

「あたしお酒だめなんだけど、ちょっとどんな味かみさせて」
ちょっと嘗めてみてから、目を輝かせて
「あ、おいしい!」 といってもらいたい。

これがつきあいというものではないか。

我々が気付かなかったコトを再確認

  • 不幸な人は、モノゴトが上達しやすい!?
  • 動作や1日の行動を、全て意識する

などなど。 さらに、テーマを設定する勇気、それを買う勇気、
何かを得て、別のことを犠牲にする勇気の話も頷ける。

幸せを感じる瞬間は、いつ来るのか?

幸せというものは過ぎ去った時に初めて
それと知れる。

今に、今に、と思っているうちに一生終っちゃって
きみはすべての幸せを取り逃がしちゃってることに気がつくのだよ。

なんて哲学的なコトも学べちゃう。

2010年3月11日

デザイナーの仕事 デザインガイドブック

デザイナーの仕事 デザインガイドブック Real design編集部 表紙画像

コレ買う?
という視点

著者は、Real design編集部

プロダクト、インテリア、アートディレクター、インテリアショップのオーナーへの、
インタビューとコラムは、情報は多いが、すごく浅い。

お気に入りのイスや文房具から、なぜデザイナーになったのか?
幼少時の思い出や切っ掛けも述べられている。

ケータイ別、イス別といったジャンルで、
手がけたデザイナーが分けられているのは、珍しい。

鄭秀和 (ていしゅうわ)さんの
「俺、コレ買うかなって (笑)」
からは、自分のデザインに対する客観的視点が学べる。

2010年3月 8日

TUGBOAT 10 Years

TUGBOAT 10 Years  表紙画像

タグボートの
仕事履歴
画像の陳列

広告制作会社「タグボート」の仕事履歴。

各人のコトバは、オマケ程度の数ページのみなので、
何か得るモノが欲しい人には、躊躇する価格。

仕事履歴の画像がズラリと並んでいて、
そこから、彼らが10年やってきた考え方や視点を読み解くには、
見る人に負荷が掛かる。

それが楽しいという人もいるし、
タグボートを愛しているなら、8,400円を払って、
バーンと購入してもイイかもしれない・・・

2010年3月 5日

すごい!ホメ方

すごい!ホメ方 内藤誼人 表紙画像

長所変換術

職場で、家庭で、恋愛で・・・
相手を思うままに操る悪魔の心理術

著者は、お手軽心理学の著書が多数ある、内藤誼人さん。

疑り深いタイプや、美人、権威好き、プライドが高い、
といった、敷居の高い人種に対する手練手管の
実践ホメ・テクニック

相手や自分の弱点を無理矢理にでも、長所に変換しておきたい。

2010年3月 3日

pen 世界でいちばん好きな場所

pen 2010年2/15号No.261 表紙画像

世界を旅する
時間が無いのなら

世界でいちばん好きな場所
過去の写真も交えて紹介していたりする。

世界中を旅する機会が無い人にとって、最適な内容。
各種多様な、とっておきの場所が垣間見える。

2010年3月 2日

web creators 2010年4月号 vol.100

web creators 2010年4月号 vol.100 表紙画像

見送りで

第1特集は、普段、ビジネス書籍を読んでいない人向け。

第2特集は、ネットの有名人やサイト、出来事を改めて振り返る。
正直どうでもいい・・・

2010年3月 1日

友だち地獄

友だち地獄 土井隆義 表紙画像

友人関係の痛み

「空気を読む」世代のサバイバル

著者は、社会学的に、少年少女を探っている土井隆義さん。
凄いタイトルですが、言い得て妙。

読んでいて、少々暗くなるが、一部の若い世代の
痛みが伝わってくるような、真面目な内容。

仕事や家庭、通常の生活で若い子達と接する機会があるのなら、
目を通しておくと、日本の何かが見えてくるかもしれない。

不真面目な方は、『情報病 なぜ若者は欲望を喪失したのか?』から
読み始めるのをお薦め。

2010年2月26日

「クックパッド」というビジネス

600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス 上阪徹 表紙画像

何が顧客のために
なるのか?

600万人の女性に支持される
「クックパッド」というビジネス

著者は、インタビュー形式の書籍が多い上阪徹さん。

料理という軸からブレない、美味しいと言って貰える
を満たすサービスとも言い換えられる。 ある料理レシピの話。

600万人という数字は、盛り過ぎだと感じつつも、
マザーズ上場直前の宣伝本という体裁を差し引いて、
お薦め本に加えることにした。

利用者に検索させたり、ユーザーに情報を掲載させるサービスを
考えている人にとって、大いに参考になる

現状のクックパッドが、カネに釣られ、
美学が崩壊してきているが、そんな裏側も考慮しながら読み進めたい。

クックパッドが力を入れている部分は、
コンテンツや宣伝を作る際の足掛かりに。

  • 検索キーワードを入力する時の状況を仮定する
  • 広告の取り込み方が上手い
  • 徹底的にこだわったユーザビリティ (使い勝手)
  • 8~13文字以内で伝える

サイト上に貼り付ける広告の是非、掲載形式、
クロスプロモーションの手法について、改めて考えさせられた。

創業者で代表執行役の佐野陽光さんによる、『星の王子さま』のような言葉
(話が逸れるけど、様々な意訳本が出続けているので、
読み比べるのも面白そうだ。『小さな王子さま』

便利なものって、実は信じられるものとは違うんですよ。

便利になって今はなんでも手に入るけれど、
それがいったいなんなのか
本当はどうやって作られているのか、
心の奥底では理解できていないんです。

本当に心から信じられているものって、
実はあまりないんじゃないかと。

ブラックボックスを消せるコトが、
本質を見抜いたサービス構築に繋がるのだろう。

マネジメントや職場の環境、便利の危うさ、会議のやり方や方向性、
自らのポジショニングや、残業代の出し方まで、
様々な種類が役立ち、嬉しい内容だ。

さらに、事務所移転後、漠然と準備されていた
引っ越しパーティーに、佐野さんは疑問を感じ、社員に問うた・・・

目的がないわけです。 危ないんですね。

ぼやぼやっとしていると、すぐに
手段と目的が入れ替わってしまう

顧客1人1人を意識し、丁寧に信頼を積み上げる、
クックパッドのやり方は、溜まったデータベースを、
単なる数字の集合体ではなく、ユーザーの欲求を読み解くツールとして活用している。

見栄えだけではなく、ユーザーにちゃんと振り向いて貰える広告作りを
どの方向でやっていけば、消費者の役に立つのか、色々な思考が浮かぶ。

おまけ

「ろでむ」さんという方のアマゾンレビューには、こんな風に書いてあった。

村上春樹氏の新作『1Q84』で出てくる
説明しなくてはわからないことは、
説明してもわからない

を思い出したのは僕だけだろうか・・・

  1. 『1Q84 BOOK 1』
  2. 『1Q84 BOOK 2』
  3. 『1Q84 BOOK 3』
  1. 『村上春樹『1Q84』をどう読むか』
  2. 『村上春樹の『1Q84』を読み解く』
  3. 『村上春樹を読むヒント』

2010年2月25日

文章力の基本

文章力の基本 阿部紘久 表紙画像

文章の土台

著者は、文章指導員風な阿部紘久さん。

日常でも、述語の繋がりが無い、
"宙に浮いた言葉"は、気付かずに表記しがち。

修飾語の置き場所、読点の打ち方、文章のユーザビリティを
再考し、自分の癖を見つけたかったが・・・

本書には、助詞の「てにをは」に関しては、他の文法書をあたれ!
など、乱暴な箇所が飛び出すので、念頭に置いて活用したい。

2010年2月23日

プレゼンテーション Zen

プレゼンテーション Zen ガー・レイノルズ 表紙画像

NGデザインの例

  • 著者:Garr Reynolds (ガー・レイノルズ)
  • 翻訳:熊谷小百合
  1. 物語
  2. デザイン
  3. 共感

以上を、ポイントと説くが、本書のレイアウトと、
素材写真が糞なので、まるで説得力がない・・・

どこかで聞いたセリフの寄せ集めで、
「シンプルにする」ってコトを長々と説明してるだけ。

2010年2月22日

話は5行でまとめなさい

話は5行でまとめなさい 横江公美 表紙画像

読み手には
時間が無い

著者は、横江公美さん。

なぜ、2行や3行ではなく、5行なのか?
その根拠が「読み手が飽きないのでは?」だけでは薄い。

全体的に奥行きや、オリジナリティが無いのが残念だ。
本書を反面教師にして、読み手のコトを考える切っ掛けにしたい。

2010年2月19日

「本当に使える」勉強法

できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法 キャリアアップ研究会  表紙画像

駄目な勉強法

できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法
著者 キャリアアップ研究会

タイトルの裏の意味、要注意の勉強法が面白い。

  • 天才にしかできない
  • 脳を鍛えると主張
  • 著者のセミナー案内
  • ノート作り

様々な勉強本や方法論に対する、ハッキリとした辛口批評、
「ここはイイ!」「ここはザンネン!」の、残念部分だけ読むのも一興。

怪しい本や、胡散臭い著者を暴く
姿勢が痛快だ。

2010年2月18日

Web Designing 2010年3月号

Web Designing 2010年3月号 表紙画像

飾りの小ネタ

特集1は、jQuery、CSS3などを用いた、
下記の部分での小ネタ特集。

  1. メニュー&ナビゲーション
  2. グラフィックの配置と制御
  3. フォーム、グラフ

演出の幅が少しだけ広がりそうな、装飾テクニックだった。

特集2は、ヘッダやフッタ、ナビゲーションメニューから、
ちょっとしたボタンやアイコン類の参考ギャラリー集。

今号は、肝のような部分が見えず、全体を通して表層的な感じ、
自分にフィットする内容がなければ、見送りで。

2010年2月17日

d/sign デザイン no.17

d/sign デザイン no.17 中村勇吾 表紙画像

細かいコトは
気にすんな!

中村勇吾さんへのインタビューが掲載されています。

人の生き死にが関わってるワケではないので、
細かいコトは気にすんな、っていう雰囲気で語られています。

とはいえ、中村勇吾さんの仕事は、適当ではない緻密さがあるので、
氏の振り幅が垣間見えるインタビューでした。

肩のチカラを抜いて、感じなさい、とも受け取れました。

2010年2月16日

BRUTUS 特別編集 井上雄彦

BRUTUS 特別編集 井上雄彦 表紙画像

継続と身体性

2008年7月1日号、
『ブルータス 緊急特集 井上雄彦』の改訂版

『スラムダンク』や『バガボンド』、『リアル』の
作者としてお馴染みですが、有名にならなかった作品も少なからず存在する。

物事を継続してやり続けることの重要性を、再確認することに。

内容は、井上雄彦先生の道具へのこだわり、『バガボンド』執筆の苦悩、
読者との関係、自身の身体性と作品との関わりなど。

物創りをする人や、井上雄彦さんのファン向けの内容。

パソコンに向かっていると、心技体の「体」の部分は、疎かになりがち。
ユーザビリティや感動にも繋がる身体性は、
常に意識しなきゃなー、と思った次第。

2010年2月15日

プロデュースする人

プロデュースする人 杉浦幸 表紙画像

店にコピーを付ける

著者は、業態開発やブランディングをおこなっている
杉浦幸さんという方。

本書は、店舗プロデュースの本、
コピーを1行作る必要性は、他書でも学べる。

初めて書籍を作ったのだろうか・・・
デザイン的な行間が読みにくいったりゃ、ありゃしない。

2010年2月12日

BRUTUS 吉本隆明特集

BRUTUS 吉本隆明特集 表紙画像

大切な魂を
腐らせないために

今号のブルータスは、吉本隆明さんの、
過去の言葉の寄せ集め。

糸井重里さんによる、吉本隆明関連の
物販臭が強めなので、気を付けて。

吉本隆明ブックガイドの面もあり、
糸井重里というフィルターを通しての、吉本隆明の姿が見える。

生活全般、生きるということ、足りないと、焦る病に打ち勝つ、
粘り強さについての話。 アナタは今を生きているか? などなど。

地理的物理空間の高さにしても、あまり上を観てこなかった、日本人。
ついつい横ばかり向きがちだ。

糸井重里:
横を見ることに忙しくて前は見えず、
その場で足踏みするしかなくなります。
いまはそのほうが商売になるから、
横の話題が扱われることが多いです。

仕事も生活も、すべては遊びの中に。
そんな時にどこからともなく出現する邪魔者。

糸井重里:
せっかく人が楽しいことに向かっているのに、
「そこには悲しいものが待っています」とか
「よそには苦しんでいる人がいます」とか
言ってくる人、いるでしょう。

どうして人のところにわざわざやってきて、
肩をぽんぽんとたたき、「もしもし」と言うんだろう?

言われると興醒めするが、言いたくなる気持ちも理解できる・・・

熱中していると忘れがちだけど、フトした瞬間に思い出したい。

吉本隆明:
いいことをしていると自分が思っているときには、
だいたい悪いことをしていると思うと
ちょうどいいというふうに
なっているんじゃないでしょうか。

内容の多くは、吉本隆明さんに対してゴチャゴチャと言っているだけだが、
評論家の鹿島茂さんは、昔と今の世情の違いや、日本人気質の特異性と
背景について、わかりやすく解説している。

吉本隆明さんネタとは関係なく、中村勇吾さんのインタビュー有り。
FPMさんのサイトを創ったそうですよ!

2010年2月10日

momoeri beauty

momoeri beauty 桃華絵里 ももえり 表紙画像

スッピン偉い!

色々あった後に、雑誌『小悪魔ageha』の
専属モデルとなった、ももえりこと、桃華絵里さん。

化粧のビフォア・アフターで、
薄化粧をしているモデルが多い中、
スッピンを晒した姿勢が偉い!

2010年2月 9日

ぼくらの頭脳の鍛え方

ぼくらの頭脳の鍛え方 佐藤優 立花隆 表紙画像

インテリ風
古典ガイド

ジャンル別の古典ブックリストを見て、
知的遺産を活用できれば。

興味ある書籍が紹介されているが、
タイトル通り、彼らの頭の鍛え方であって、
あなたの頭脳にシックリくるかは疑問なところ。

立花隆さん、佐藤優さんのことが好きならば・・・ といった感じ。

2010年2月 8日

QUOTATION no.5

QUOTATION Worldwide Creative Journal no.5 表紙画像

アジアのフリ見て
我がフリ直せ

注目すべきアジアのクリエイティビティとして、
上海、バンコク、台北、ハノイ、ムンバイのアートシーンを紹介。

漢字だけが理路整然と並んでいる雑誌の表紙に、気持ち悪さを感じた。

アジアの他の国々のアート、デザイン、グラフィックから受ける違和感は、
自分で創ったモノを、海外からの視点で捉えるような効果がある。

自分が手がけたモノを、一歩下がって、多角的に観られるようになる、
その一歩としての一冊。

2010年2月 5日

インセンティブ

インセンティブ タイラー・コーエン 高遠裕子 表紙画像

取引という行為
価値観の衝突

  • 著者 タイラー・コーエン (経済学の教授でありブロガー)
  • 訳者 高遠裕子

自分と世界をうまく動かすが副題だが、
上手く動かせるワキャないだろ! 馬鹿野郎!

誘拐、奴隷市場、家事手伝いをやらせる方法、会議のやり方、
イベントのお誘いやメールの返事が遅れる理由
返事がないワケ、寄付やチップは必要か? などを紹介しつつ、
意外なモノを売買した例や、賄賂の事例も紹介する。

金品も含めた、インセンティブ与え方を考察し、
金銭的な報酬、罰則の限界を知ることができるが・・・

値段、分厚さ (文字量)、読みにくい日本語訳、
どれをとっても駄目な本
解決が困難であると、長々述べているだけだし、
できないものは、できない、と断言しているだけ。

本書を読まなくても、日常生活では、
自分自身を実際以上に良く見せたい、素敵に思い込みたいという
相手のインセンティブを突くコトが、いくらか解決にはなりそうだ。

2010年2月 4日

ファッションブランドの印刷物

ファッションブランドの印刷物 庄野祐輔 藤田夏海 内山 隆太郎 表紙画像

高級志向の
デザイン

  • 著者/編集 庄野祐輔
  • 編集 藤田夏海
  • 編集 内山隆太郎
  • 出版社 BNN新社

金がかかってそうなインビテーション、ダイレクトメール、
カタログや商品タグなどの印刷物を掲載。
ミニマルなデザインの参考に。

それにしても値段が・・・
(10,290円という強気な価格設定)

高価格なファッションブランドには、理由がある。
しかし、参考資料がブランディング価格である必要はない。

2010年2月 3日

なぜ「科学」はウソをつくのか

なぜ「科学」はウソをつくのか 竹内薫 表紙画像

科学の敵とは?

科学のデッチ上げを、科学好きな著者、竹内薫さんが語る。

マスコミ (マスゴミ)、エセ科学者、役人 (公僕)、
御用作家に、御用ジャーナリストを取り上げ、
原発、エコ商売、DNA鑑定の嘘なども題材にする。

血税を守るためにも、知識を身に付けておきたい。

2010年2月 1日

グッズづくりのイエローページ

グッズづくりのイエローページ グラフィック社編集部 表紙画像

グッズを創るなら

著者は、グラフィック社編集部

見るからに質の悪そうなノベルティグッズを含めて、
掲載サンプルはダサいが、アイデア次第。

価格や、最低ロットが記載されている発注先 (制作先)リストが、役に立つハズだ。

2010年1月31日

+81 VOL.46

プラス+81 VOL.46 表紙画像

絵画的写真

9人のフォトグラファーを紹介、
絵画的な写真が多め。

インタビューもあるが、情報量は少なめ。

2010年1月30日

web creators 2010年3月号 vol.99

web creators 2010年3月号 vol.99 表紙画像

CSS特集と、
効率アップテク

知っている人は、すでに知っている
CSSのテクニックをまとめた特集。

ルーティンワーク作業や運用の効率化を図る
操作テクニックでは、Dreamweaverをはじめ、Adobe系アプリの小技を紹介、
宣伝か知らんが、Expression Webのテクも掲載されているのは珍しい。

「ケータイWEBサイト制作事情」も、ほんの少しだけアリ。

2010年1月29日

「メール好感度」を格段に上げる技術

「メール好感度」を格段に上げる技術 神舘和典 表紙画像

痛いメール、
ウザいメール、
書いてない?

著者は、ライターの神舘和典さん。

格段にメール文章のスキルが上がるかは、人による・・・
メールの基礎から、くだけた感情表現までを解説。

男女間のメール、痛い文章例、ウザいメール、
ラリーメールの切り時など、実践的な内容もアリ。

2010年1月28日

クラッシュマーケティング

クラッシュ・マーケティング ジェイ・エイブラハム 金森重樹

考えて
ビジネスを
デザインする

  • ジェイ・エイブラハム (著)
  • 金森重樹 (訳)

ビジネスモデルの事例や、キャッチコピー、
果ては事務手順なども紹介した、幕の内弁当的な一冊。

他のビジネス書やビジネス雑誌を読んでいれば、事足りるので、
書籍を選ぶ時間、読む時間、コストを考慮して、
一冊だけ決め打ちで買いたい、という超絶初心者向け。

2010年1月27日

トリセツ・カラダ

トリセツ・カラダ 海堂尊 表紙画像

内蔵の地図
描けますか?

著者は、海堂尊 (かいどう たける)さん。

身体の内部構造を把握し、
自分のカラダ地図を、サラっと描けるようになる絵本。

ドキドキ、ハラハラする小説を読みたいなら、
海堂尊さんの気になる作品一覧も参考に。

2010年1月26日

これがデザイナーへの道

これがデザイナーへの道 増渕俊之 表紙画像

手作業が好きだ!

著者は、増渕俊之さん。 出版社はMdN

エディトリアル、CDジャケット、WEB、PV、装幀、ポスター・・・
31人、ぞれぞれの道。 以下登場陣 (敬称略)

  1. 青木康子 (PANGAEA)
  2. 打越俊明 (錦斗雲/錦瓊)
  3. 白石良一 (白石デザイン・オフィス)
  4. 伊東優
  5. 坂本志保
  6. サイレント・グラフィックス
  7. 高橋伸幸 (3 MIN. GRAPHIC ASSOCIATES)
  8. 藤枝憲 (Coa Graphics)
  9. 岩淵まどか
  10. 岡野登 (Cipher.)
  11. 北山雅和 (HELP!)
  12. イム・ジョンホ (mount inc.)
  13. 平川彰 (幻冬舎デザイン室)
  14. 島尻一成 (ソニー・ミュージックコミュニケーションズ)
  15. 鈴木真吾 (magnet design)
  16. 江森丈晃 (TONE TWILIGHT)
  17. 素樹文生
  18. 水戸部博 (grid graphics)
  19. 田島照久 (THESEDAYS)
  20. ヨシマルシン
  21. 駿東宏 (エスジー)
  22. 炭谷賢
  23. 阿萬智博 (阿萬企画)
  24. 金松滋 (メタモ)
  25. マーチン荻沢 (HIT STUDIO)
  26. 岡村浩志 (Ages5&up)
  27. 清水幹太 (イメージソース/ノングリッド)
  28. 原大輔 (SLOW Inc.)
  29. 古賀学 (ペッパーショップ)
  30. 小林信広 (finch-talk)
  31. 秋田和徳

彼ら彼女らは、いかにして、
突出した自分の技を身に付けたのか?

アートディレクターは、世界を見渡し
デザイナーは没頭するという・・・

本書では、その使い分けの必要性を気付かせてくれる。

何故、デザインを始めたのか? 経緯も伝えているので、
デザイナーを目指す人へのアドバイスになる。

逃げ出した出来事や、営業の是非など、裏側部分も
取り上げられているのが、他のクリエイター集と違うところ。

田島照久さんのセリフから、物作りの好き加減を感じる。

「僕の年齢でまだ現役で、InDesignのオペレーションから、
Final Cut Proでの映像の編集まで自分でやってるデザイナーって、
あまりいないのではと思います。
もはやストーンズの心境(笑)

2010年1月25日

書いて稼ぐ技術

書いて稼ぐ技術 永江朗 表紙画像

実践的 文筆生活

著者は文章術、読書術、インタビュー術などの
書籍が多い、永江朗 (ながえ あきら)さん。

本書は、ネット時代の文筆入門として適しており、
書くことを自分のキャリアデザインに組み込むための
指南書的機能も果たしている。

内容は、ライター、書評家、評論家、小説家はどうやって発生し、
どうすればなれるのか、根幹部分の考察から、
つい、疎かにしがちな肩書きの付け方、
気になる原稿料や印税の話にまで及ぶ。

ルポタージュの基本は、
ブログや興味を惹く文章を書く時に、必須の心構えになる。

ルポタージュの書き手は
幸福になってはいけません

少なくとも読者よりは。

私たちは他人の不幸が大好きです。

仕事や生活全般に該当するが、収入方法とジャンル、公開するメディアを分散し、
リスクを回避する必要性が高まってきてるように感じる。

著者は、物書き全般は、読者に変わって事物をなす代行業だと
言っているが、サービス業全般にあてはめられる考えだと思った。

好奇心代行業に終わりは無い。

著者の書籍で気になってるモノ
(タイトルに惹かれただけ、ってハナシも・・・)

2010年1月23日

ノート&ダイアリー スタイルブック Vol.4

ノート&ダイアリースタイルブック Vol.4 表紙画像

手帳紙質
データベース

手帳と、その周辺グッズを陳列。

手帳というより、紙質に重点を置き、掘り下げたデータベース。
情報量の多さに圧倒される。

昨日のエントリー、『Real Design 2010年1月号』も眺めて、
お気に入りのツールで、仕事や生活を彩って。

2010年1月22日

Real Design 2010年1月号

Real Design リアル・デザイン 2010年1月号 表紙画像

グッとくる神器

クリエイター達の愛用品と神器を紹介。

そのアイテムやツールを使う理由も述べられているので、
とても参考になる。

読むと、手帳や文房具、カバンが欲しくなる!

2010年1月21日

こんな男は捨てられる

こんな男は捨てられる 山崎世美子 表紙画像

ホントに
捨てられるのか?

元探偵で、恋愛、離婚カウンセラーと
称する著者、山崎世美子さんが男女間のトラブルを解説。

男性の恐怖といえば、女性に愛想を尽かされ
捨てられるコトですが、本書は、役に立つというよりは、
時間潰しの読み物としての内容。

2010年1月20日

サイゾー 2009年 12月号

サイゾー 2009年 12月号 押井守 表紙画像

監督自身が
「何も無い」
という映画

押井守監督へのインタビュー。
自らが監督した、黒木メイサ主演の『アサルトガールズ』は、
中身が何も無い映画だそうだ・・・

オマエら、イケメン1個小隊がいりゃ何でもイイんだろ!?
的な、映画やドラマ作りの現状を小バカにした話は笑えますっ!

2010年1月19日

見た目の若さは、腸年齢で決まる

見た目の若さは、腸年齢で決まる 辨野義己 表紙画像

うんち臭い病

著者は、腸内お腹スッキリ系の著書が多い、
辨野義己 (べんの よしみ)さん。

腸内細菌と病気の関係を紐解く。

腸年齢テストや、うんちタイプチェック
あるものの、「肉喰うな」、「ヨーグルト食べろ」と、
まぁ、あたり前のことを言ってるだけ。

2010年1月18日

Web Designing 2010年2月号

Web Designing 2010年2月号 表紙画像

Ajax vs
ユーザビリティ
& Flash高速化

「WEFAIL」 (イギリス人とアメリカ人のコンビ)へのインタビューは、
人を喰ったような応対。
制作者なら頷ける内容で、少し元気が出た。

Ajaxに気をつけろ! Ajax時代のユーザビリティ 30のポイント

Ajaxでやってイイこと、悪いこと、注意点を解説

  1. レイヤー型ポップアップ
  2. ドロップダウンメニュー
  3. ページレイアウト
  4. エフェクト (機能としての意味付けも)
  5. タブインターフェイス
  6. 入力フォーム補助/入力チェック

実在の大手サイトや、実装するAjaxを題材に検証しているので
具体的で現実味がある

普段、ウェブサイトの閲覧に慣れていると、
派手な演出に惹かれたり、使い方が直ぐに把握できるけれど、
日頃まったく接しない人のコトも考えて、設計したい。

SWFチューニング

SWFファイルの容量とメモリ使用の効率化、
軽量化と最適化のためのテクニックを学ぶ。

  1. 画像/フォント
  2. 動画/アニメーション
  3. ActionScript

背景画像など、画像を繰り返して配置する時には、
画像サイズや配置の個数によって、ファイル容量が変わるのには驚いた。
プロジェクト毎に検証が必要そうだ。

配列も、Arrayじゃなくて、Vectorを使った方が
高速だったり・・・ 知らなかったコトが盛り沢山。

2010年1月16日

月刊ビジネスアスキー 2010年1月号

月刊ビジネスアスキー 2010年1月号 表紙画像

科学男子

次世代テクノロジー入門

男の子が、赤文字系女性誌に掲載されている洋服に
詳しかったり、ananをやたら熟読していたりすると
女の子に気味悪がられそうだけど・・・

対男子に関しては、下記のジャンルを女子が知っていたりすると、
ポイントが上昇してくもの。

  • ロケット
  • 航空機
  • 軍事
  • ロボット
  • 医療

ネットで商品を安く買う方法も紹介!
一般的には、コッチの特集が役立ちそうだ。

2010年1月15日

マンガでわかる恋愛心理学

マンガでわかる恋愛心理学 ポーポー・ポロダクション 表紙画像

浮気と嘘の
見抜き方

著者は、ポーポー・ポロダクション

サイエンス・アイ新書からは、他の著者で、
かなりマニアックなジャンルの基礎本が、多数出版されているので、
書店で見かけた方も多いハズ。

本書は、マンガの流れの中で、分かりやすく、出会い、デート、結婚、
夫婦関係・・・、浮気や嘘の見抜かれ方まで
丁寧に解説されている。

怖い人にとっては、余計な知識であり。
役立つ人には、かなりメリット (デメリット?)をもたらす内容。

2010年1月14日

ヘッテルとフエーテル

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話 マネー・ヘッタ・チャン 表紙画像

マネー版 童話

本当に残酷なマネー版 グリム童話

著者は、マネー・ヘッタ・チャンという方で・・・
只野範男 (ただの のりお)さんと同等に悪ノリした名前。

自己啓発ビジネス書籍で有名なアノ方や、
アイテム名が小バカに調理されて登場するので、ニヤリとした笑いを誘う。

簡単に騙されるバカにならないように、
儲け話の裏側を、童話形式で分かりやすく暴露しているが、
生まれつき不真面目な人は、読まなくてよろしい!

2010年1月13日

デザインの現場 2009年 12月号

デザインの現場 2009年 12月号 表紙画像

届け!
この想い!

  • 招待状
  • DM
  • ショップツール
  • ノベルティグッズ
  • 会社案内

上記を、相手の心を動かす贈り物と捉え、
"空気を創る"ための手引き書。

制作先に依頼するためのリストが嬉しい。

2010年1月12日

「自分ごと」だと人は動く

「自分ごと」だと人は動く 博報堂DYグループエンゲージメント研究会 表紙画像

網衆宛に
置いておく

著者は、博報堂DYグループエンゲージメント研究会

網衆(もうしゅう)という概念を、図解で解説。

置いておくコミュニケーションの形や、
企業広告における、コミュニティ作りが重視されることを、再確認する内容。

2010年1月10日

web creators 2010年2月号 vol.98

web creators 2010年2号 vol.98 表紙画像

今後のウェブ技術

サイト設計から、デザイン、制作の流れを解説。

HTML5や、CSS3の動向を知らないのなら、
目を通しておいてもイイかもしれない。

2010年1月 9日

プロのデザインルール8 サービス案内編

プロのデザインルール8 サービス案内編 ピエブックス 表紙画像

わかりやすい
案内図

出版社は、ピエブックス

スっと、アタマに入ってくる案内図や比較表、
店舗メニューの書き方を解説。

どんな作図を依頼されてもいいように、手元に置いておきたい書籍。

2010年1月 8日

ブレーン 2010年 1月号

ブレーン 2010年1月号 表紙画像

表現の根幹

WEBの話や、
表現の根幹を探る鼎談がためになる。

2010年1月 6日

新装版 現代ニッポン裏ビジネス

新装版 現代ニッポン裏ビジネス 別冊宝島編集部 表紙画像

イカサマを
見抜け!

著者は、別冊宝島編集部。
裏家業や、闇仕事の話。

医療、整形、事故車販売、借金返済や一本化の罠などを紹介、
詐欺に騙されないように、事前に学んでおきたい。

2010年1月 3日

病気にならない7つのルール

病気にならない7つのルール 新谷弘実 表紙画像

コーヒー浣腸

著者は、胃腸や健康系の書籍が多い、新谷弘実さん。

自宅でできるコーヒー浣腸は、刺激的で無謀な内容だが、
それ以外は、あたり前のコトをまとめているだけ。

2010年1月 2日

SF科学のお値段

SF科学のお値段 三才ムック 表紙画像

あの兵器って、
実際作れるの?

戦闘ロボット、サイボーグ、パワードスーツ、
レーザー兵器に光学迷彩、AIなど、
近未来の技術は、現実的にどうなのか? 掘り下げて解説。

SFアニメや作家の話を交えているので、SF参考書としての価値もある。

2009年12月30日

肝臓にぐぐっと効く本

肝臓にぐぐっと効く本 主婦の友社 表紙画像

肝臓防御

著者、編集は、主婦の友社。

日頃から肝臓をいたわるためのケア本ですが、
年末年始、お酒の機会も多いからこそ、読んでおきたい。

酒の飲み方や、その理由が書かれている。

併せて、肝臓保護隊の二日酔い対策の記事も参考に。

2009年12月29日

Web Designing 2010年1月号

Web Designing 2010年1月号 表紙画像

ハイパフォーマンス
ウェブサイト

表示が速いウェブサイトの作り方、即行テクニックを、
こもりまさあきさんと、浜俊太郎さんが解説。

Google、Yahoo!、Youtube等の大手サイトでも取り入れられている手法、
画像、CSS、XHTMLのソース、JavaScript、jQueryでの注意点。

チューニングを施したい理由は2つ。

  1. 閲覧ユーザーにストレスを与えない
  2. 検索エンジンからの評価基準
    (将来的に、ロード時間がアルゴリズムに組み込まれるとか!)

運用や更新頻度が低い (もしくは、まったく発生しない)サイトなら
よりいっそう効果的だ。

以下簡単にできる技。

  1. 画像の最適化 (容量削減)
  2. @importの使用を避ける
  3. 複数のCSSファイルを結合
  4. Minify化 (ソースの無駄な部分を削除)

以下は、少々手間がかかる。

  1. gzip圧縮
  2. CSS Spriteの活用 (画像の結合)
  3. キャッシュの有効期限を延長

オマケ記事として嬉しかったのが、
WordPressやMovable Typeでのスピード改善術。

速さと、メンテナンス性はトレードオフ
なので、十分に考えてから実施したい。

2009年12月28日

web creators 2010年1月号 vol.97

web creators 2010年1号 vol.97 表紙画像

役立つ付録

jQuery、HTML5を使用した、
メニューまわりのアニメーション効果や、
フォーム系を中心に解説。

過度な情報量や装飾に埋もれている
メタボリック・サイトのダイエットも行う。

付録の小冊子は、「CSSレイアウト 表現手帳」

基礎的なコトや注意点を復習しつつ、痒いところにも手が届く。

2009年12月27日

Web Designing 2009年12月号

Web Designing 2009年12月号 表紙画像

バナー
CMS
ケータイFlash

付録は、テーマ別に分けられたWebツールのガイド、便利っぽい。

特集では、実在のFlashバナーのActionScript、ブログパーツの肝を解説。

案件によって異なる、CMSのベストマッチを探す。

比較にWordPress (ワードプレス)と
Movable Type (ムーバブルタイプ)が入っていないのが残念なところだが、
導入時のチェックリストと、運用までを見越した項目は、策定の参考になる。 

対応サーバー、使用言語、対応データベースの仕様から、
導入事例が紹介されているのが嬉しい。

管理画面、モジュール管理画面のスクリーンショットを
掲載しているのは、細かい配慮だ。

(以下、掲載順)

オープンソース CMS

  • Drupal (ドゥルーパル)
  • Joomla! (ジュームラ)
  • modx (モドエックス)

特化型 CMS

  • EC-Cube (イーシーキューブ) eコマースサイト用
  • OpenPNE (オープンピーネ) SNS構築ツール

有償 CMS

  • WebRelease 2 (ウェブリリース 2)
  • tsumiki 2.0 (ツミキ 2.0)
  • vibit CMS (ヴィビット シーエムエス)
  • Jimdo (ジンドゥー)

ただし、本誌スポンサーの広告も混入していて、
嘘臭い記事もあるので注意が必要だ。

各CMSの将来性に関するコメントにも目を通し、
流れの中で、メリット、デメリットを見極めたい。

「Web Designing Lab.」では下記を紹介。

  • シンプルな検索フォーム、問い合わせフォーム
  • 同一ページでリストを表示するAjax
  • Webカメラを利用した連続写真ツール

「モバイルコンテンツ最前線」は、
処理の軽いFlashを作るためのアドバイス。

ケータイでは、グラデーションをかける方向も
考慮しておかないといけないようだ。

2009年12月26日

今ウェブは退化中ですが、何か?

今ウェブは退化中ですが、何か? 中川淳一郎 表紙画像

ネット教の嘘を暴く

クリック無間地獄に落ちた人々

著者は、『ウェブはバカと暇人のもの』
痛快だった、中川淳一郎さん。

前作がコンテンツに焦点を当てていたものだとすると、
本作は、利用者によって、コンテンツがどう扱われるかを分析した内容。

ネットに書く人、読む人、炎上しやすいタイプ、
PV (ページビュー)の稼ぎ方などを紹介。

ネットのくだらない部分を生温かく解説しているが、
良い面を否定しているわけではないので、
タイトルの先入観を捨てて、読み進めたい。

インターネットの利用もほどほどにし、
現実の生活を充実させる方向へと導く、
切っ掛け作りにも活用できる。

2009年12月25日

忘却の整理学

忘却の整理学 外山滋比古 表紙画像

忘れてもOK!

著者は、外山滋比古さん。

知識を仕入れることやライフハック、
テクニック本にすがる昨今のタイミング。

『思考の整理学』の続編という謳い文句で、
単に流行の逆張りがてら書いたような本。

(今出せば売れますよ、とでも言われたのだろうか・・・)

アタマの中のゴミを出すことが主な内容だが、
失敗を忘れるコトを正当化してくれるものではない。

入力と出力のハイブリッド頭を推奨し、
知的ハングリーになるための循環を促す読み物。

アナタにとって、不要な知識は何ですか?

どうせ読むなら下記をお薦めしたい。

2009年12月24日

自分の頭で考える

自分の頭で考える 外山滋比古 表紙画像

外山滋比古の
アタマの中

外山滋比古さんが、日頃、何を考えているのか、
その一部がわかる読み物。 ファン向け。

どうせ読むなら下記をお薦め。

2009年12月23日

勝間和代 ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32

勝間和代 ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32 表紙画像

勝間式

勝間和代さんのインプットやアウトプット術、
お薦めの書籍を紹介。

ニュースに出てくるキーワードを題材としているが、
普段、自分でモノを考えない人向けの内容だ。

2009年12月22日

ライフワークの思想

ライフワークの思想 外山滋比古 表紙画像

美酒になる
分かれ道

吉本隆明さんの『ひきこもれ』と同系列のテーマ。

モノを利用する人や愉しむ人、モノ作りをする人や批評する人が
陥りがちな勘違いについて、著者の外山滋比古さんは、
花屋で切り花を買ってくることと、球根から花を育てることの違い。
カクテルと、酒蔵の酒造りの違い。 と例えていてわかりやすい。

生活の周囲にあるモノやサービスから、
自分の立ち位置や距離を把握し、
自身の考えやライフワークに活かすための本。

自分の思考に補助線を引く方法を活用し、
人生という名の酒の創り方を閃きたい。

以前の著書も併せて参考に。

2009年12月20日

日経TRENDY 新製品完全テスト

日経TRENDY 新製品完全テスト

家電を買うなら
必読!

デジタル家電、白モノ家電を徹底比較

首都圏主要駅エリアに分けて、
大手家電量販店の価格も較べているので参考に。

購入先はビックカメラ、ヤマダ電機が安そうだ。
(ヨドバシカメラ、さくらやはダメっぽい・・・)

さらに面白い企画だったのは、「訳ありカニ」の比較検証

タラバガニ、ズワイガニの部位を分解して考察しているのが、ヤリ過ぎで最高

訳アリ商法に引っ掛からないためにも、読んでおきたい一冊

2009年12月19日

SAPIO 日本人を精神分析!

SAPIO 日本人を精神分析!

オバマに
騙されるな!

バラク・オバマ大統領の裏側と
ダークな繋がりを分析

現代日本人の病理を解説しているので、興味があればどうぞ~

2009年12月18日

大人のワザあり! 超メール術

大人のワザあり! 超メール術 石原壮一郎

必殺フレーズ

著者は、コミュニケーション関連の
書籍が多い石原壮一郎さん。

お笑いコンビ、アンタッチャブルの
山崎弘也さん (ケツアゴで太ってる方)のキャラみたいな
営業トーク全開のメール術。

受け手にとっては、バレバレのお世辞だが、
それが、相手を心地好くさせる。

普段、真面目な人も、不真面目な人も、
本書に書かれている文体と解説は、想像以上に役立つハズだ。

2009年12月17日

やればできる

やればできる 勝間和代 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ミンナで頑張る

勝間和代さんの自分史を例に出していて、
PR本としての要素も強い。

周囲のみんなと協力してガンバル!
というコトを伝えているだけ・・・

2009年12月16日

東洋経済 30歳の逆襲

東洋経済 30歳の逆襲 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

社会や会社に
頼らない!

働くスタイルを下記の5つに分解して
メリット、デメリットを解説

  • 大企業
  • ベンチャー経営
  • 外資系金融
  • 社会起業家
  • 非正規社員・フリーター

就職先や、今後の身の振り方を考えているなら、参考になる。

2009年12月15日

情報病

情報病――なぜ若者は欲望を喪失したのか?  三浦展 原田曜平 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

情報消費世代の
KY消費

なぜ若者は欲望を喪失したのか?

著者は、三浦展さんと、原田曜平さん。

オジさんとオッサン、そして若者の鼎談、
年配者は若者を、若者は年配者を知るための一冊。

若者は、みんなに合わせる外交関係の消費、
周囲の仲間とのコミュニケーション維持管理に手一杯で、
さらには、カネを巻き上げられている、という。

現代の若者文化や考え方を知り、マーケティングに活かしたい。

  • KY消費の正体とは?
  • だよねコミュニケーション
  • 良過ぎるサービスによって牙を抜かれる?
  • 自動化で人の才能が減る?

カネと時間と自由を搾取されているが、
江戸時代に似てきたという発想は面白い。

(江戸時代2.0として、スパイラルしてるんだろう・・・)

本書は不真面目な内容で面白いが、
真面目な内容の『友だち地獄』も合わせて読むことをお薦め。

2009年12月14日

ライフログビジネス

ライフログビジネス 寺田眞治 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

人生を勝手に
収集されている!

著者は、寺田眞治さん。

ライフログ (属性情報の収集)というキーワードを
流行らせたいのだろうか・・・

いかにして、自分のログやネットでの痕跡を
集められないようにするか、その部分に注意を払いたい。

2009年12月13日

平常心の鍛え方

平常心の鍛え方 保坂隆 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

怒りは加速する

著者は、ストレス、メンタル関連の書籍が多い、
保坂隆さん。

科学的な根拠は薄く、関連のない例え話が続くが、
ライトな読みものとして気軽に接することができる。

楽天家になるための指南書、
以下の症状に該当するなら、読んでもいいかも。

  • 怒り
  • イライラ
  • 後悔
  • 引きずりやすい
  • 不安
  • 燃え尽き
  • 完璧主義
  • 神経質

午前2時~4時、午後1時~4時が魔の時間と呼ばれるワケ
など、雑学的な情報もわかる。

ストレスを吸収する方法として、自分の心と身体は、
ゴムボールだと思い込むのが効果的らしい。

下記の解決言葉にあるように、過去や未来のコトを考えすぎて、
今現在を楽しめず、ストレスを蓄積しがちな、
真面目な男性向けの書籍ともいえる。

今、この一瞬だけを考える

2009年12月12日

PRESIDENT 司馬遼太郎と幕末・明治の人物学

PRESIDENT 司馬遼太郎と幕末・明治の人物学  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

歴史の思想

司馬遼太郎さんの作品や、
氏の世界観から、今、学ぶべきもの。

3ヵ条のキーワードが共通フォーマットとして、まとめられて
いるので、気に入った箇所から読めるのが嬉しい。

参謀の必要性も含め、考えて行動する指針が得られる。

2009年12月11日

1000冊読む!読書術

1000冊読む!読書術 轡田隆史 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

本読め!

著者は、元朝日新聞の
轡田隆史 (くつわだ たかふみ)さん。

本を読んだ方がイイ、
そのコトを長々語っているだけ。

2009年12月 9日

超★ライフハック聖典

超★ライフハック聖典 迷えるアダルトのための最終 自己啓発バイブル ココロ社

ゆるゆる
ライフハック

迷えるアダルトのための最終☆自己啓発バイブル
著者は、ココロ社さん。

ビジネス向けの流行ライフハック術とは、まったく異なったベクトルであり、
完全に笑いを狙った内容。

3つの諺にまとめる試みがされているが、多くの箇所で滑っているのが悲しい。

緩過ぎライフハックの本なので、
生真面目な人には向かない

2009年12月 8日

買いたいのスイッチを押す方法

「買いたい!」のスイッチを押す方法 小阪裕司 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

買いたい衝動
消費者は
待っている

著者は、わくわくマーケティングを推奨する小阪裕司さん。

実践的な販促方法を紹介した今までの著書に、
脳科学の要素をプラスした内容だが、
著者の書籍の中では残念な部類に入る。

流行に乗っているだけなのか、取って付けただけなのか、
脳科学やフレームワークなんてフレーズが飛び出す始末・・・

大まかな流れは

  1. 心と行動のメカニズムを解析
  2. 購買行動を創り出す
  3. 顧客感性の育成と継続
  4. 自分の成長 (分析力の向上)

本書を一言で表すと、
ミラーニューロン&
ドーパミン・マーケティング
の書籍と言える。

カギは、新しさの驚きがあるかどうか。

情報の加工、編集、remixを、お客の五感に投げつけるのだ。
その結果、購買の動機が発動したり、
顧客の未来(=ブランド)を売るコトができる。

ハードルのハードルの部分を読みながら、
お客さんやユーザーの心理状態マトリクスを書いてみた。

縦軸

  • 買いたい (感性、感情、情動、自己表現)
  • 買いたくない (知らない)

横軸

  • 買える (理性)
  • 買えない (リスク)

このマトリクスを利用すると、組織や店舗の人材の
担当部分が浮かび上がってくるので、ぜひ参考にして欲しい。

2009年12月 7日

「いい人に見られたい」症候群

「いい人に見られたい」症候群 根本橘夫 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

封印した自分を
解放する

著者は、自我心理学の書籍を数冊執筆している
根本橘夫 (ねもと きつお)さん。

様々な心理学者の研究成果を引き合いに出しているが、
逆に言うと、著者の経験談や考えの部分が少ない。
読み物としては興味を惹く、といった程度。

自分を認め、現実社会で揉まれることを解決法とするが、
言葉だけで簡単に変われる程、甘くはない

期待されている自分像を演じているうちに、
本当の自分を見失っているかもしれない。

他人の思惑や、誰かの期待に踊らされないように防ぎつつ、
自分の実体を取り戻すための手順書であり、
自分自身の証明書を発行するための書籍。

偽りの自分を生きるメリットもあれば、デメリットもある。
本書は後者に重点を置いた内容である。

ひとりの男子大学生の言葉は、誰にでもあてはまる。

僕の誠実さや優しさは、
邪悪さをカモフラージュする隠れ蓑です。

心と身体が乖離してしまった人々、
それぞれの苦しみ、そのケーススタディを紹介し、
本当の自分と、偽りの自分、その分裂した感覚の修復方法まで解説

  1. 養育者 (主に母親)からの安定した愛着
  2. 「自分で」「自分が」という意志の欠落
  3. 拮抗禁止令の束縛

度が過ぎるとわがままに、
一人っ子や、お金持ちの親に甘やかされて育った子に多いような気がする。

法律を含め、ルールに縛られすぎないコトも大事

言葉とは感情の代理物であり、
衝動的行動の代理物です。

基本的な欲求は満たされないと、
その欲求への過度の執着が生じるという
性質があります。

どこかで読んで知っているかもしれないが、
自分の根本的欲求を分析するやり方

  • 性格のルーツ調べ (性格形成に影響を与えた他者の相関図)
  • 価値分析 (本当にヤリたいことを書き出す)

自分を生きるための、
そして、感覚と感情を信頼するための一冊

2009年12月 4日

スティーブ・ジョブズ 神の策略

スティーブ・ジョブズ 神の策略 竹内一正 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

不可能な目標を
押し通すアメとムチ

著者は、ジョブズ、アップル、パナソニック関連の
書籍が多い竹内一正さん。

失敗を重ねたジョブズの製品から、
恩人を裏切る歴史、交渉力を解説。

アップル、マイクロソフト、IBM、インテル、ピクサー、
コンピューター業界や、エンターテインメント業界周辺に生息する
天才達とカリスマの話が中心であり、そこでは、
魔術師とイカサマ師が入り乱れる
闘いが繰り広げられている。

製品開発に重要な事柄が多々学べる。

  1. 時代と技術を理解する
  2. 徹底したこだわり
  3. 執念
  4. 顧客ニーズより明日の価値観
  5. 本心を隠す

綺麗事では済まないビジネスの姿が簡潔に描かれており、
異なる次元に突入する際の肥料として心がけたい。

文中は、励まされる言葉で溢れている。

この世に安定などない。
次のチャンスがあるだけだ

全力は必ず何かを残す

『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』もお薦めです。

2009年12月 2日

クリック!

クリック! 「指先」が引き寄せるメガ・チャンス 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

マーケティングの
ターゲットは誰か?

「指先」が引き寄せるメガ・チャンス

著者は、ネットリサーチ会社のビル・タンサーさん。
監訳者は、元オーバーチュア(検索連動型広告業)の泉浩人さん。

税込み2,100円の価値は無いので、買わなくていい

ネットユーザーの本心と行動、トレンド分析と形成プロセス、
ブームを予兆するためのヒントを伝える。

ユーザーが検索した時のデータを解析し、
ネットの金脈を探り当てられるか?

(当然、具体的な方法は、書かれていないが・・・)

アーリーアダプター (イノベーターの次ね)の特徴をさらに分析すると。

  • ボヘミアン・ミックス
  • 金と頭脳
  • 若きデジタルエリート

PRIZM分類で、上記のセグメントに属するようだ。
単語を覚えていると、ジャブ的に役立つだろう。

ネットユーザーに当てはめる、ヤコブ・ニールセンの法則

1 対 9 対 90

  • 1% 積極的に関わっている
  • 9% ときどき関わる
  • 10% アクセスはするものの関わろうとはしない潜伏者

関わるサイトやブログの操作性、参加ユーザー自身の属性にも影響されて
誤差が出るので、あくまで参考程度に。

ウェブ3.0に追加される感覚

情報を寄せた人自身の評判、評価基準、正確性によって分類する手法

以上を考慮したサービスが必要になってくる、と言う。

異なる評価、価値基準を持つユーザーを、ひとまとめにすると問題が発生するし、
Amazonレビュー等では、実際に頻発している事案だ。

今後のネットコンテンツの肥料になると感じたので、覚えておいて欲しい。

著者は言う。 ネットの普及によって欲しいモノがすぐに手に入る今、
それと引き替えに、興味が持続する時間が短くなってきている、と。

日本人特有の飽きっぽさかと思っていたけど、
実は、世界中で加速しているのかもしれない・・・

2009年12月 1日

東洋経済 ディズニーの正体

東洋経済 ディズニーの正体 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ディズニーを
マネるのは困難

2~3軒の大型書店を巡ったところ、
軒並み平積みが無くなっていた。

(売れているのか、入荷数や印刷数が少ないのかは不明)

やはり皆、ディズニーの戦略は気になるのか?

書店でゴッソリ無くなるほどに期待した
ダークな内容や、過激な話は書かれていない。

東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド、東京ディズニーシー等)を
運営している、オリエンタルランドの財務状況は大丈夫? くらい。

ディズニーのサービスや製品、そのキメ細やかさや手広さを参考にしろと言われても、
簡単には真似できないので
それほどためにならない。

2009年11月30日

web creators 2009年12月号 vol.96

web creators 2009年12月号 vol.96 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

プラグイン無しの
Web 3D

誤字脱字が多過ぎ。

最新WEB配色トレンド2010

国内、海外の配色をカラーイメージ別に考察し、
色遣いや、アクセントカラーの注意点を理解する。

色味をこのままパクれば、良いサイトができるかっつーと、
それはまた別の話・・・

イマドキのCMSとの付き合い方

プロジェクトに適合したCMSを選ぶため、
特性、適性を理解しておきたい。

プラグイン無しのWeb 3D「WebGL」

「WebGL」は、ブラウザ上での3D描画技術
HTML5の「canvas」(図形を描くための要素)と
OpenGL系列を使用するため、Flash Playerや、Silverlightが無くても再生可能

賛同しているのは下記のようだが・・・

  • AMD (半導体メーカー)
  • エリクソン (通信機器メーカー)
  • Google (検索エンジン/ソフトウェア)
  • Mozilla(Firefox/ブラウザベンダー)
  • NVIDIA (半導体/グラフィックボードメーカー)
  • Opera Software ASA (Opera/ブラウザベンダー/ソフトウェア)

Appleの「CSS 3D Transforms」、AdobeのFlash、マイクロソフト、インテル、
各社の動きや未来への思惑も気にしておきたい。

(どうせ複数の技法が混在してくるんだろーけど、
Web 3Dっていっつもこうだよ・・・泣

その他の記事はケータイ用のSEO、SEM、リスティング広告導入の基礎だったり。

Webタイポグラフィ、フォントのトレンドや、
和欧混植(異なるフォントの組み合わせ)の基礎とコツ、などなど。
タイポ慣れしてない人や、フォントが苦手な人にお薦め。

2009年11月29日

ネトゲ廃人

ネトゲ廃人 芦崎治 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ネットゲームに
ハマって
失ったモノ 得たモノ

著者は、ノンフィクションライターの芦崎治さん。

「ネトゲ」とは、インターネットに繋がったゲームの総称。
(オンラインゲーム、ともいう)

その魅力は、プレイヤー vs コンピューターをベースとした従来のオフライン型と較べ、
プレイヤー vs 人間同士、簡単に人数を集め多人数プレイできるコト。

そうなると、当然、ゲーム世界での人間関係が構築されてゆくのだが・・・

本書は、ネットゲームにハマるという病理の報告書であり、
インタビューに応えられるレベルの廃人や元廃人の、生活観を浮き彫りにする。
(真の廃人、超廃人は、インタビューにすら対応できないだろう)

廃人達が犠牲にするものは、
当然ながら現実生活だが、暗い話ばかりではなく、
ネットゲームで出会った人々の優しさや狡賢さ、友情や結束力の有無、
泣ける話と、様々な事例(症例)が紹介されている。

教育者や、ゲーム好きな友人、子供や家族が身近にいる人は必読であり、
頭ごなしに否定したり叱ったりするのではなく、
まずは、ケーススタディの現状把握から始めたい。

彼ら彼女らが、ココでしか得られなかった必要な部分と、
我々が外側から観ていて、不安で危なげな部分を読み取り、判断したい。

2009年11月28日

FREE (フリー)

FREE (フリー)〈無料〉からお金を生みだす新戦略 クリス・アンダーソン 小林弘人

原始社会2.0到来
解放せよ!

無料からお金を生みだす新戦略

本書は、分厚いし、価格も高いので、小林弘人さんの
巻末解説を読んで、概要を掴んでから購入を検討するコト

著者は、ワイアード誌の編集長クリス・アンダーソンさん。
(ネイチャー誌やサイエンス誌でも勤務していたようだ)

ロングテール理論の名付け親、とされているので、
こちらもどうぞ、『ロングテール (アップデート版)』

監修・巻末解説は、ワイアード日本版、サイゾーなどを
創刊した小林弘人さん。 近著は下記
『新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に』

無料を活かすか?
無料に喰われるか?

GoogleのChrome OSリリース、
Twitterの課金 (「有料つぶやきサービス」と「コンテンツ課金」の予定)

ニューズ・コーポレーションは、コンテンツ(新聞サイト)が
グーグル検索されるのを拒否し、
マイクロソフト検索サービス(Bing/ビング)だけに検索を許諾するそうだ。

このような話がニュースとして取り上げられている今、
無料サービスについて考える、丁度良い時期だろう。

無料戦略を取り入れないで、高級嗜好やオーダーメイドにするか?
タダにするならば、そのタイミングをいつにするか?
あるいはハイブリッドにしておくか・・・

本書では、タダという価格非貨幣経済圏
についても述べられているので、
自分の商売や職種を見つめ直すための書籍として参考にしたい。

自分の業種のライバルが、
サービスや製品を無料で提供しはじめる恐怖の世界

回避するためには、上流工程、著者が高次のレイヤー
言っている場所に登って、オーダーメイドや個別の解決策で対応、
他には無い付加価値が必要とされるが、他の方法は無いのだろうか?

その部分の情報量が本書の肝である。

商売人としては最も気になる、
タダで提供して儲かるのか?

無料提供は、
肉を切らせて骨を断つマーケティング
とも言い換えられるが、無料という潮流にいかに乗れるか、
無料競争を味方にするか、敵にするかは、本書を読んだ後のアナタの決断次第だ。

偽物、不正コピー、オープンソース、果てはSFまで話の幅が広過ぎるが、
読み物としては面白い。

他にもこんな話題

  • モノ時代のタダ商法と、情報時代の無料商法では、何が違うのか?
  • 課金して良い場合と、課金しないで効果的な事例を紹介
  • 認知作業(ユーザーに考えさせる)コストの発生を意識する
  • 過去のメディアや広告手法の考察
  • フリーの概念や成り立ち、歴史、分類

無料になったり、市場を縮小させることで、発生する
富の再配分に気づけるかどうか?

注目と評判(信頼)の数量化と有形化、それを意識したほうが良さそうだ。

売り手も買い手も、無料には代償がある、これを強く理解したい。

フリーの周辺でお金を稼ぐ

巻末付録の「フリーを利用した50のビジネスモデル」は、
無料の商売を形ごとに分けている。

  1. 直接的内部相互補助
  2. 三者間市場あるいは市場の二面性
    (ある顧客グループが別の顧客グループの費用を補う)
  3. フリーミアム
    (一部の有料顧客が他の顧客の無料分を負担する)

何か新しいしいビジネスモデルを模索している人に役立つ資料となっている。

2009年11月27日

ユニクロ思考術

ユニクロ思考術 柳井正 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ベクトルを
まとめる

著者は、柳井正さん。
ユニクロのマーケティング、広告に関わった人々の痕跡話だが、
思考の基や肝を読み解くのは難しい。

ユニクロというブランドのファンならば・・・ といった内容。

どうせ読むなら、『一勝九敗』の方が良い。

2009年11月26日

一勝九敗

一勝九敗 柳井正 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

機能という名の
打ち出の小槌

著者は、ユニクロの柳井正さん。
柳井個人商店→ユニクロへの奇蹟と失敗談がわかる。

ここまで失敗例をさらけ出している書籍も少ないので、
追体験しておくためにも、買い。

だが、本書を読めば誰でも柳井さんになれる、というワケではない。

経営者も消費者も
機能に金を払う、というコトが再確認できる。

下記が記載されているので、忙しい人は、あとがきだけ読んでもOK

  • 起業家十戒
  • 経営者十戒
  • 経営理念の解説

莫大な不安や心配を、隣り合わせにして暮らせる者だけが得られる特権、
それらを得るためには、以下を常々意識、行動することが重要だ。

勝負するときには、実践あるのみ

失敗から育てる次の芽

安定したら終わり

2009年11月25日

嫉妬の力で世界は動く

嫉妬の力で世界は動く ジョゼフ・エプスタイン 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

嫉妬は簡単に
剥がせない

七つの大罪をテーマに扱っている。
洋書ではシリーズ化されているようなことが
冒頭に記載されていたが、日本語訳ではどうなるのか?

  1. 傲慢
  2. 嫉妬 『嫉妬の力で世界は動く』
  3. 憤怒
  4. 怠惰 『怠惰を手に入れる方法』
  5. 強欲
  6. 暴食
  7. 色欲

今回の著者は、ジョゼフ・エプスタインさん。 翻訳は、屋代通子さん。

どうやればラクに、そして簡単に、嫉妬から逃げ切れるか?
一番知りたいコトは書かれていない

2009年11月24日

節約の王道

節約の王道 林望 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

虚礼をぶっ壊せ!

著者の林望さんが、
下記項目の節約について語る。
人間関係に距離を置く
暗い節約術

  1. お金の管理
  2. 交際費
  3. 衣服と車
  4. 旅行、趣味
  5. 教育
  6. 住まい
  7. 節約と人生

無駄使いや、贅沢排除の生活を希望していたり、
高校生、大学生を抱える親御さんが読むと、実用的な言葉も拾えるだろう。

実際に何度か試してみたところ、
ATMから引き出すのは3万4千円、この心理効果は節約に効きそうだ。

節約は足し算だ!という著者の言葉は新しいが、
高飛車な文章、独断と偏見調が気になる人は、読まない方がよい。

文体に、伊丹十三さんほどのダンディズムやウイットは感じられず。
著者の貧乏くささ、飲み会に誘いたくもないケチ臭さが印象に残るからだ。

あれれ、この考えは古いんじゃないのかな?

  • 家を買う
  • 保険に入る

その他にも、著者の趣味性による節約術 (というか、悲しいケチケチ術)の
紹介なので、読んでいてさもしくなってくるし、全部が役立つわけではない。

社会勉強になるのウソ
自分の子供にアルバイトをさせるな論 (苦学生は除く)

せっかく親が買い取ってあげた時間を、
子どもがまた社会に売り渡して
お金に変えてしまうということです。

学生時代のバイトで、学んだコトもあるけれど、
経済観念が身に付いた、というよりは、笑えた話や面白い出来事系のエピソードが
記憶に色濃く残っているだけだ・・・

(精神年齢が大人になった頃にやった仕事やバイトの方が、色々吸収できた)

若者が学生時代にしかできないコト、その時間を大切に守ってあげたい。
と強く感じたりもできる。

やり過ぎ感もあったり、整合性が取れなくなって破綻している部分もあるが、
著者なりの理念があるようなので、一例として参考に。

指針となる自分自身の北極星を目指して、
日々の節約に励みたい。

2009年11月23日

Web Designing 2009年11月号

Web Designing 2009年11月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

Web創りを
楽しむ!

保存版小冊子「WD one's view 100」が付いてくる。
集録内容は、2001年~2009年まで、100号分に掲載された
グッドサイト・コレクション

30人それぞれのWeb考察

100号記念の書き下ろしコラムとはいえ、散々な内容。
テーマが漠然とし過ぎで、もったいない。

30人もいるが大半は、難しいコトを難しく、浅いコトを浅く言ってるだけ。
(意味もわからず掲載してるのか? 単なる人数合わせなのか?)

ヒドイのになると、自身の経歴や宣伝、売り込みを述べてるだけ。
そんなモノはなぁ、糞の役にも立たねぇんだよ!

暇で暇で死にそうな人以外は、下記の方々の文章のみを読めば事足りる。

木谷友亮さんの物作りと、食い扶持に関する考えを読んで。

作り手が楽しんだかどうか
ユーザーに見透かされてしまうのだろうか?

そして、それは熱意のこもったメッセージとして伝わるのだろうか?
そんなことを考えさせられた。

また下記のようにユーザーへの接点、その重要度やアプローチを
考察しているコラムもあった。

  • 文字で (川上俊さん)
  • 1つの視点で、強くハッキリ (稲本零さん)
  • 顔写真、アイコンで (川島高さん)
  • 消えたカルチャーと思想、通心とインタラクティブついて (高広伯彦さん)

変わり種として、箭内道彦さんは、「インターネット家族」というタイトルで、
J-POPの歌詞のように、インターネットの現状を表現。

嫌でもネット用の自分キャラに気付かされてしまう。

HTML5 & CSS3

Webブラウザ→Webアプリ、WebのOS化
このような状況に適応させていきたいもの。

サンプル付がありがたい特集

  • 省略可能な定型句
  • HTML5で登場する新しいブロック要素、セクション要素
  • CSS3 細かいセレクタ設定、透過、自動的なレイアウト変更、アニメーション

各々のブラウザの能力に合わせて、
機能を最適化する「Progressive Enhancement」も考慮したいところだが・・・

結局、正式勧告は10年以上かかるかも!?
だってさ!

モバイルコンテンツ最前線

ケータイ向け、小容量SWFファイルの制作テクニック
データ量を減らす工夫を紹介

Standard Coding

大藤幹さんのコーディングコラムが、今回で最終回・・・
毎月楽しみにしていたのに、とても残念。

分法エラーのCSSハックを使う理由についての賛否両論を紹介。

正しい分法、将来性 vs 保守性、ファイル容量の軽量化

結局はトレードオフなので、制作者の理念やスタイルが問われる。

2009年11月22日

生き残るための広告技術

生き残るための広告技術 進化したインターネット広告 「行動ターゲティング」のすべて 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

行動ターゲティング

進化したインターネット広告「行動ターゲティング」のすべて

  • 著者 Rob Graham
  • 監修 徳久昭彦
  • 翻訳 DAC広告技術研究室

次世代の広告ソリューションや、生き残るため、という言葉は大袈裟で、
ウェブマーケティングやアクセス解析の経緯をざっと知るための本。

ユーザーの行動履歴を含めた莫大な情報に突っ込みすぎても、
偏った判断になってしまうし、偏った判断をしたくなるので、
どうかな?

2009年11月20日

ブレーン 2009年12月号

ブレーン 2009年12月号 深澤直人 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

輪廻するデザイン

広告クリエイティブデザインの専門誌

特集の「戦略的カラークリエイティブ」では
色彩潮流の今を把握できる。

「三人が見るデザインの輪郭 深澤直人×藤井保×副田高行」

この鼎談だけでも、買い。

深澤直人さんは、焦点をあてるコトによって、
逆に見えなくなるものがある、という。

デザインや物創りの際、創作物全般で、つい過剰になりがちだが、
新たな視点を持って注意を払いたい。

そこでは、あえて輪郭をボカすことによって、
人間の心理や生態まで考えたデザインが閃くかもしれない。

副田高行さんの言葉も印象に残る。

形は環境が決める

シーンをデザイン

進化論や生物学、生態学というと、過去→未来へ、
なんだか大掛かりになってくる印象があるが、
人間の行動の今を捉える
という、身近な例に活かすことも可能だ、と思った。

(行動心理学の逆アプローチとも言えそうだ・・・
行動心理学が、人間の内なるエネルギーから発生するものだとすると、
副田高行さんが言っていることは、外的なチカラが作用している現象)

深澤直人さんの言葉

何かを作り込もうとすると、その分だけ意思が浮き出てしまう、
それは後で消せないんです

無駄に、過剰になりすぎないように、後々のことまで考えていかなきゃなー
と、改めて考えさせられる。

デザイナーや、クリエイター、作り手が無意識のうちに、
作品や制作物に込めてしまう自意識。

この署名のような、サインのような、自分のセンスの自慢のような、
自分自身の存在証明そのもののようなエゴ。

作り手にとっては、愛着があり、
ユーザーにとっては、ウザいだけ、ってコトもあるかもしれない。
その存在を客観認識する勇気を持つところから始めたい。

深澤さんが言っているデザインの輪廻
という概念は、逆張りに動くことや、螺旋の概念に通ずるモノがあった。

2009年11月19日

売り込まないでお客を引き寄せられる「超」営業法

売り込まないでお客を引き寄せられる「超」営業法 平秀信 網倉博 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

スパムDM
スパムFAX

著者は、平秀信さんと、網倉博さん

本書に記載してある書き方で、ダイレクトメールや、
宣伝ファックスレターを作成しても、
単に迷惑な自己満足のスパムになりそうなので、
実践する際には、注意すること。

2009年11月18日

「男を見る目」がある女ない女

「男を見る目」がある女ない女 里中李生 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

男の選び方
女の選び方

著者は、男女関係の書籍が多い里中李生さん。
本書では、自慢話が盛り込まれ、全体的に考えが浅い。

しかし、以下のような教訓も拾える。

男性向けには、
女を捨てて叶える夢
(自分の夢を実現させるには、女にかまけている暇などない。 そんな男がモテる)

女性向けには、
人生は甘くない、
と知っている男に近付け

(甘やかされた坊ちゃんは、真剣味が足りない)

2009年11月17日

女を味方にして男は大きく伸びる

女を味方にして男は大きく伸びる 佐藤富雄 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

女性の採集脳

著者は佐藤富雄さん。
2004年に発売された書籍が、
ポケット版用に再編集されたもの。

モテ道がざっくりし過ぎなので、恋愛本の基礎として活用したい。

ちょいちょい、女性のココロとプライドを揺さ振るような、使える台詞も飛び出す。

俺は育ちの悪い女はパスだ

上記の宣言が織り成す効能とは?

原始時代の頃のモテと、現代のモテは
少々カタチは変化したものの、本質的には変わらない。

  • リーダー度=女にモテる
  • ハンター度=お金

また、女性へ向け、
「快」と「益」を同時に提供するために
こんなことも必要なようだ。

  • 自分の身体への自信を付ける
  • 自分の感情を殺す

他にも、落ちやすい女性の見分け方や、関わると厄介なタイプまで、
色々なケースが紹介されている。

下記の台詞が、どれだけ効果的かは不明だが、
技の1つとして覚えておいてもイイだろう。

君に惚れた。俺と付き合わないと損だぞ。

絶対に君を幸せにしてやる!

本書で得た知識を披露しても、深入りする相手を見極める冷静な眼を持ちたい。

(西洋の諺)
女は結婚前に泣き、男はあとで泣く

2009年11月16日

空気を読むな、本を読め

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

本と接する

小飼弾の頭が強くなる読書法

読書の仕方、本との接し方を紹介。

小飼弾さんのオススメするリストは、
SFに偏ったりもしているので、あくまで一例として活用したい。

(リストはネットに転がっているので、そちらを参考に)

2009年11月15日

日経ビジネス 今こそ起業資本主義

日経ビジネス 今こそ起業資本主義 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

競争死

過当競争やスペック合戦、
値引き抗争に巻き込まれたら、死。

即死しないために、本書を参考に。

肉食系起業家(ヒルズ族)と、草食系起業家(地味お洒落)を
イラスト入りで対比していたのが、面白かった。

アナタはどっち?

2009年11月14日

東洋経済 仕事術&勉強法

東洋経済 仕事術&勉強法 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

無駄な時間を
かけるな!

本書で紹介されている、クラウドコンピューティング、
仕事術、勉強法、データ整理をやっている手間暇で、
何か別のコトをやったほうが有意義だ。

2009年11月13日

PRESIDENT なぜ、あの人の話し方だと売れるのか?

PRESIDENT プレジデント なぜ、あの人の話し方だと売れるのか? 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

相手の感情に
どっぷり漬かる

プレジデント社から出版された、著者 横田雅俊さんの
『営業は感情移入』という書籍を基礎とした特集だが、
宣伝臭が強め。

相手の感情を読むだけではなく、
感情移入することが大切だと説いている。

他にも、言ってはいけないNGワード集付きで、
なぜ駄目なのか? その解説もあり。

この機会に、うっかり発言しそうな危険フレーズを、チェックしておきたい。

2009年11月12日

BRUTUS 真似のできない仕事術

BRUTUS 真似のできない仕事術 安藤忠雄,糸井重里,佐藤可士和,スタジオジブリ

4つの事務所
違いを考える

古今東西、偉人達人の仕事術、メッセージカード付き。

特集で面白かったのは、下記4つの有名事務所の職場環境の紹介だ。
雰囲気やスタッフの働き方、情報整理の方法などが解説されている。

この4つの事務所で働くとしたら? どこが自分に合っているか?
また、4つの事務所で働いてみたら、自分の精神状態はどうなってしまいそうか?

そんな考察を楽しめるなら、今号は絶対買い

自己分析しながら、同時に、今の職場環境を良い方へ変えるヒントが詰まっている。

自分なりに、2軸のマトリクスで分析してみた。

  1. 緊張:効率
    サムライ(佐藤可士和) 超神経質になるというコト
  2. 緊張:余裕
    安藤忠雄建築研究所 厳しいけどワケがある 構築から考える
  3. 弛緩:効率
    東京糸井重里事務所 愉しく消費から考える
  4. 弛緩:余裕
    スタジオジブリ 人との繋がり、生活感を大切にする

(おこがましいケド)もしも、自分がココで働いていたら・・・

  1. サムライ 神経質は好きだが、過剰すぎて吐いちゃいそう・・・
  2. 安藤忠雄建築研究所 梯子での登り降りがきつそう、服装がまじめな学生っぽい・・・
  3. 東京糸井重里事務所 自由度を活用してゆったり働けそう
  4. スタジオジブリ 宮崎駿さんのキャラや、家庭っぽさに疲れそう・・・

全部の事務所が好きなのに、やはり働く環境となると、
好き嫌いがハッキリ浮き出ることに、驚き。

2009年11月11日

SPA 金を生むシンプル手帳術

SPA! 金を生むシンプル手帳術 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

裏手帳術

他のビジネス書では、取り上げないような
職業に就いている方々の
節約のための、手帳術、実物を公開。

  • 株投資
  • 風俗嬢
  • ネットオークション
  • アフィリエイト
  • パチンコ

無駄が削がれて、実践的

2009年11月10日

Associe 人生を変えるアピール術

日経ビジネスアソシエ  Associe 人生を変えるアピール術 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

無料で
仕事を受ける

タダで仕事を請け負う効用について、
脚本家の泰建日子 (ハタ タケヒコ)さんが、実体験を語る。

御用聞きの姿勢と、誰よりも早く、多くのレスポンスを返し、
コイツぁ、使い勝手がイイと思われるためのコツ

無料で受けることに異論もあるが、
仕事や人脈を掴むためのサバイバル術として、参考になる。
(くれぐれも、使い捨てられて終わらないように・・・)

Twitter (ツイッター)の目的別使い方を見て、意識して活用したい。

  1. 情報源、RSSリーダーとして
  2. コミュニケーションツール
  3. 広く浅く情報を集める

本書のアピール術を全て行うと、暑苦しいという印象を与える。
目立つ変な名刺も、ウザいだけだ。(しかも、センスを疑われる)

受け取る相手の感情も考慮しつつ、取り入れる部分を選びたい。

2009年11月 9日

夢をかなえる「打ち出の小槌」

夢をかなえる「打ち出の小槌」  堀江貴文(ホリエモン)  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

プライドは捨てる

著者は、堀江貴文さん。
ホリエモンというより、堀江貴文名義の書籍と
捉えるとイメージが掴みやすい。

信用を得るためには、自信を持つこと、プライドを捨てる勇気、
リスクを恐れずに飛び込む姿勢
がいかに大事なものか、実体験を交えて紹介している。

平易な文章で書かれているので、
普段、活字や本を読まない人でも、さらりと読める。

自己啓発本を読んだことが無い人にオススメな内容。

2009年11月 8日

SPA 高すぎ家賃は取り戻せる

SPA 高すぎ家賃は取り戻せる 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

家賃減額
敷金返還

「更新料は違法」、最高裁での判決が待ち望まれますが、
今号のSPA!は保存版

更新料を払わなくてもよくなりそうだ!

家主のヤリたい放題に対抗するために。
消費者契約法、借地借家法を活用し、一斉提訴をおこなったり、
賃貸住宅トラブル防止ガイドラインを参考に、敷金を取り戻したい。

「オンナの本音建前 翻訳辞典」

女性との何気ない会話から、男性の生活レベルや、お金の使い方、
家事能力と、さりげなく情報を引き出されている。

「お洒落ですね」と、「着こなしがお洒落ですね」
同じようなコトバだが、意味合いは真逆になるようだ。 この違い、わかる?

誠実=金 誠意=カネ
という危険思想をもった、女子からのハッキングを防ぐため、
本誌の情報を活かしたい。

ジョン・レノンと、オノ・ヨーコを引き合いにだしての、
「白人男はブス日本人が好き」伝説
を徹底検証は、ひたすら苦笑続き。

2009年11月 6日

手帳300%活用術

手帳300%活用術 日本能率協会マネジメントセンター 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

これ一冊でOK

この時期、手帳の買い換えを検討している人もいるでしょう。

そこで役に立つのが、「能率手帳」の開発元、
日本能率協会マネジメントセンターが
まとめた手帳術の網羅本

タイトルは大袈裟なものの、かといって羊頭狗肉でもない。

手帳の活用法、その実践例や、一般的な手帳に記載されている語句の
解説だったりと、他の手帳本と較べても情報が豊富で視点が多彩。

『ほぼ日手帳公式ガイドブック 2010』が遊びや趣味全開の手帳術だとすると、
本書は、仕事、ビジネスよりの手帳術。

手帳選びに関しても、これ一冊で済んでしまう。 そんな多機能性が嬉しい。

2009年11月 5日

ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計 長谷川敦士 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

Webサイト
骨組み設計の本

Webサイトの設計で、普段、
何気なくおこなっているコトを、体系的に説き明かす。

情報が過多になり、余計混乱するかもしれないが、
情報アーキテクチャ(Information Architecture)を網羅し、特化しているという、
他には無い内容なので、プロは再確認のため、初心者は知識の土台作りに、
手元に置いておくのも良い。

全体を把握するための本書だが、サイトの初期の骨組み、
ストラクチャーの作成法
解説本として使うことも可能だ。

2009年11月 3日

ツイッター 140文字が世界を変える

ツイッター 140文字が世界を変える コグレ マサト いしたに まさき 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

つぶやきの
事例を公開

著者は、ブロガー、アフィリエイターのコグレマサトさんと、
いしたにまさきさん。

Twitter(ツイッター)の歴史や日本での事例、使い方を紹介。
『仕事で使える!「Twitter」超入門』より、本書をお薦め。

企業や店舗の導入事例の解説から、
さらに突っ込んで、メリット、デメリットまで掲載。

Twitterを使い始めてから、何がどう変わったのか?
というところまで掘り下げられているのが嬉しい。

2009年11月 2日

仕事で使える!「Twitter」超入門

仕事で使える!「Twitter」超入門 小川浩 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

今現在の
ニュースを検索

著者は、商社マンからネット会社方面に行った小川浩さん

本書は、タイトル通り、超超超入門なので、
実用書というよりは、「興味があれば、読んでもイイかもね」 という内容

自慢ですけど、Twitter(ツイッター)が出来た当初から
アカウント取ってたもんね! とっくに持ってます!
使ってないけどな!

(友人が教えてくれたんだけど、GREEやmixi同様、
最初は新興宗教かと思ってた。 胡散臭かったなぁ・・・
それにしても、この友人の先見の明は凄い)

Twitterは、有名人や、知名度の高い企業が使うと効果的。

マーケティングとして使用するなら、
ツイッター・ユーザーのみの特典を与えたりしてね。

イベント開催時に有効だったり、
ニュースメディアとしては良さそうだが、
今のところ、ネットの世界が変わる! という代物でもない。

あくまで1つの武器として活用したい。

2009年11月 1日

MEN'S FACE Vol.2

MEN'S FACE Vol.2 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ヘアピン
アレンジ

メンズナックル特別編集
モテる「盛り髪」最新カタログ

盛り髪にでもしないと、
女の子に口を聞いてもらえない、であろう昨今。

皆さんも、声には出さずとも、盛り髪にしてぇなぁ~
なんて欲求を抱えているかと思います。

本書は、ほとんどのファッション雑誌がそうであるように、
スタイリング剤、美容室(サロン)、洋服、コスメグッズの宣伝、カタログ的内容。

見応えとしては、モデルの男子が可愛い、この一点。
それだけで読者は、自分が美しくなったような錯覚に浸れる。
この効果はデカい。

なんで本書を購入したかっつーと、「2WAY セルフ ヘアスタイリング術」という、
1つの髪形を2種類にアレンジする方法が載っていたから。
面倒臭がりには嬉しい特集だ! と思った・・・

そのテクニックを一気にマスターしちゃうゾ!
と意気込みながらも、ヘアアイロンやピンアレンジをカマしたり、と、
かなりお手間な感じ・・・

(手順の写真も、自分でやってるように見せかけて、
スタイリストさんが手を加えてるだろうしね)

ラクしてお洒落は達成できない
ってコトがよぉ~くわかりました。

2009年10月31日

神様のボート

神様のボート 江國香織 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

約束が
叶えられる瞬間

深夜、疎遠にしていた友人達から
ハイテンションな電話があった。

1人は、共通の先輩とお酒を呑んでいて、俺のコトが話題に上ったようで。
もう1人は、昔一緒に遊んでいた場所から、懐かしさのあまり電話があった。

(酔ってたのかな? まぁ、いいか・・・
自分も酔うと、ごくたま~に友達へ電話しちゃったりするもんね)

こうやって連絡があると、凄く嬉しい。

でも、直後、寂しさに襲われたりもする。

それは、「近々、会おうよ~」
といった約束が、叶えられないこと。

(今回は、後者がヒドかった。
 翌日会う約束をしたのに、こちらから連絡しても梨のつぶて)

他の人との口約束に関しても、フト思う。
学生の頃までは、こんなコト無かったハズなのに・・・

いつからだろう?

社会人になった頃か?

  • 「今度、一緒に呑みましょうよ~」
  • 「絶対、打ち上げやりますから!」
  • 「必ず、メールします!」

義理で言ってくれている場合もあるだろうし、
当人のテンションが上がっていて、その時は本気で言ってる場合もある。
最初から、こういう性格だ、って人もいる。

でも・・・

実現できないなら、言わなきゃいいのに。
そして、約束が反故にされると、毎度のことながら悲しくなる。

何回、小さく裏切られてきたのだろう、
どれほど、小刻みにすっぽかしてきたのだろう。

すべての口約束を、社交辞令として捉えられるほど強くもなく、
凹んで、人間不信になるほど、弱くもない。

そして、いつも思い出す。
『神様のボート』のことを。

あなたとかわす約束は、
それが口に出された瞬間に
もう叶えられている

江國香織さんが描く、女心の描写が好きで、
例えば『間宮兄弟』の第一印象を、女性ならではの現実的視線で
捉えているところとか。 (ナイーブな男性が読むと、女性に幻滅する程に正直)

『神様のボート』に出てくる葉子の場合は真逆で。
男性から観て、女性がこうだったらイイな、と表現されているように感じる。

(女って、夢見がちを熱望したり、装っておきつつも、
かなりリアリストだよね?)

と同時に、読み手が男性なら、自分が過去に囚われやすい、
おセンチな生き物だと知りつつ、自身を投影することも可能なのだ。

2009年10月30日

リリー・フランキーの人生相談

リリー・フランキーの人生相談  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

結果、
面白ければ
イイじゃない

雑誌(週刊プレイボーイ)の相談コーナーだが、
他と違う点は、実際に相談者(質問者)に面会しているところ。 ここが凄い。

人生や仕事の苦しみ、楽しみ、
男女の夜の現場での話が繰り広げられる。

リリーさんの返し方や語彙の豊富さは、様々な意味で勉強になるが・・・
悩みの解決方法がマンネリ化してくるのが、ツマラナイ。

巻末に出演する田代まさしには、
クスリと刑務所での人脈について聞き出し、
堀江貴文(ホリエモン)に対しては、富豪の遊び方を語る。

指南書ともとれるし、単なる雑談にも見える。
全体的な人選は、ネタか? と思えるほど、ダメダメ感が満載

そのお陰で、元気が無い時に読むと、どこからか生きる希望が湧いてくる。

2009年10月29日

小さなスーパーの世界一のサービス

小さいスーパーの世界一のサービス ファーガル クイン 太田 美和子 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

売上ブーメラン

お客様を如何にリピートさせるか? だが、
本書で断言されているコトは、
時と場合によって正反対にも作用する。

あくまでひとつの方法論として、
こういうヤリ方もあるよね
という醒めた目で読む必要がある。

顧客の不満や意見を聴く、その仕組み作りがわからない人向け。

2009年10月26日

BRUTUS 美しい言葉

BRUTUS 美しい言葉 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

日本語が
好きならば

一言一言を、味わいながら
じっくり読みたい。

有名人の名言や、マンガの名台詞、J-POPの歌詞解説まで幅広いので
共感できる言葉が、きっと見つかる。

「使いたい美しい言葉集」では、
手持ちのフレーズを増やすことができる。

2009年10月24日

まねる力

まねる力 勝間和代 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

真似て学ぶ

居酒屋 和民の社長、渡邉美樹さんの
怒りを持って突き進む姿勢は、
"怒っちゃだめ""とりあえず落ち着きなさい"
と不感症的なアドバイスが多い中、
ひとつの捉え方として参考になる。

2009年10月20日

web creators 2009年11月号 vol.95

web creators 2009年11月号 vol.95 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

基本ページ
構築解説

サイト構築の際に必要なページ、
新着情報や地図、会社概要、お問い合わせ、よくある質問等、
それらを基本ページとして、各々の機能や作り方を解説

巻末特集は、デザイナー自身のサイトや名刺、
自社グッズ(ノベルティ)を掲載

いざ作る時の参考に。

2009年10月19日

Web Designing 2009年10月号

Web Designing 2009年10月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

携帯ナウ!

ケータイサイトの特集、
下記、執筆者リスト (敬称略)

  • 高橋剛 (Flash Liteの今後)
  • 岡田昇三 (Flash Liteの飛躍)
  • 中谷建一 (ケータイアプリの解説)
  • 石野純也 (高校生のケータイ文化と、未来への考察)

以下のような企業やジャンルを取り上げている。

  • クラスブック
  • ピノ
  • アディダス×サッカー日本代表
  • AXE
  • マクドナルド
  • マピオン
  • H&M

中でも気になったのは、
高校生に限定されたSNSの「クラスブック」

実際に使われているかどうかはさて置き、
運営側で、プロフィールや日記を掲載する場所を提供しているだけ
かと思ったら、手作業で利用者の顔認証をおこなって、
クラスメイトと実名でコミュニケーションできるそうだ(リアルモード)。

さらに、匿名で利用できる、オープンモードを
行き来できる設定になっているのも、
サイト内で貯めたポイントを、図書カードやQUOカード、
音楽ギフトカード等と交換できるのも凄い仕組み。

Flash Liteの動向をチェック

  • ゲーム
  • 位置情報
  • 動的生成
  • AR(Augmented Reality:拡張現実)
  • CMS管理

NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの
公式ページからユーザビリティや視認性を比較

iPhoneやAndroid等のスマートフォンの未来も探る。

他誌(web creators)でも年一回のペースでやっているけど、
「Web デザイナー白書」を読むと、世知辛さに落ち込む。

他の作り手の趣味や秘密兵器、コメントなどは
読み物として興味を惹くけれど、統計データを掘り下げ、
グラフを並べたりしてページ数を割くのは、
そろそろお腹イッパイになってきた・・・

P.98 「CSS Lab.」では、ライブドアの浜俊太郎さんが
様々なナビゲーション、そのレイアウトを解説。

自分が普段作り慣れていない形を作る時に参考になる。

2009年10月16日

プロのデザインルール 2

プロのデザインルール 2 CI&ロゴマーク編 ― 基礎とケーススタディ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

気合い入った
ロゴ本

「CI & ロゴマーク編 ― 基礎とケーススタディ」

有名企業のロゴを書体別、色別に区分け。

と、ここまでは他のロゴ本でもありがちだが・・・

本書の特色は、ボツ案をさらけ出している潔さ。

大手から、新進気鋭の会社のロゴを業種別に分け、
さらに、採用前のラフ → プレゼン時 → 完成形 までの
流れを公開し、過程を考察している。

今すぐにロゴを作成しなきゃ! という急ぎの方も、
ゆっくりと眺める時間がある、ロゴ好きにもお薦めしたい。

2009年10月15日

日経TRENDY 極上中古 vs 新品

日経 TRENDY 極上中古vs新品 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

中古でお得!

女房や旦那は、新品の方がイイ!

いやいや、お前さん、わかってないね・・・
中古だからこそ、使い勝手ってぇもんがイイんじゃねぇか。

と、色々ご意見はあるみたいですが、今月のトレンディは、
極上の中古と、まっさの新品製品の対決。
さて、勝敗はどちらに?

気になった項目はこちら

  1. 中古ケータイ
  2. 訳アリ家電 型落ちテレビ&レコーダー
  3. 6,980円パソコン
  4. デジタル一眼 新品と中古のコンボ
  5. データ通信比較

携帯、2009年夏モデルが、
なんと25,000円近く安い!
新品買っちゃったよ! 最悪! 中古にしときゃよかった!

ケータイを売り飛ばすのは、中古専門店
(じゃんばら、イオシス、eiYAAA、ダイワンテレコム)

買うなら、家電量販店、総合リサイクル店が良いそーだ
(ヤマダ電機、上新電機、トレジャーファクトリー、イーブーム)

家電は、様々な状態で売られていて混乱するが・・・
安く買うなら、調べる労力をかけたいトコロ

  • 新品
  • 中古品
  • 在庫処分品
  • 展示処分品
  • 箱破損品
  • 修理上がり品

各々のメリット、デメリット、注意点を図式化して比較している。

MAR(マー)パソコンて知ってる?

法人からの流れ品らしいですが、3~5年前の機種で、OSはWindows XP。
なんとデスクトップは、6,680円~ ノートパソコンは1万円~

軽く使うなら、全然問題ないじゃん!

デジタル一眼の賢い組み合わせは、
本体のみ新品で購入して、レンズキットと同じレンズを中古で買う。

これで2~3万は浮くらしい。

外出先でネットをしたい、データ通信やりたい!
って人向けに、下記のキャリア、主要都市比較

  • NTTドコモ
  • ソフトバンクモバイル
  • 日本HP (ヒューレット・パッカード)
  • UQコミュニケーションズ

家電以外にも、住宅、クルマ、証券、銀行、保険較べもやっている。
そんなお得な内容

2009年10月13日

デザインノート No.27

デザインノート No.27 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

形無いものを
カタチあるモノへ

音楽とデザインの切っても切れない関係を考察

後半は、Roger Dean さんの
ファンタジーワールド全開!

(ロジャー・ディーンさんは、『イエス』等、プログレッシブ・ロックの
ジャケットデザインで有名)

2009年10月12日

デザインの現場 2009年10月号

デザインの現場 2009年10月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

"モノとして"の本
"事柄として"の本

本の内容。 仮想体験だったり、書き手との対話だったり。
読書術を指南する書籍は多くても、本に対する想いや、
最終形にするための内容って、なかなか少ない。

今号の特集では、これからの本や、カタチ、出版スタイルを想像でき、
造本の種類や費用まで細かく掲載されている。

技術の進化もあって、だいぶ安く製本できるようになったみたい。

本好きが高じて、
本を作ってみたくなっちゃった人にとって、
またと無い特集なので、激しくオススメ。

2009年10月 9日

目立つ力

目立つ力 勝間和代 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

目立つことは
目的か? 手段か?

ネットを効果的に利用し、自分を開示するメリットを
勝間和代さんが自身の体験から語る。

ブログやSNS、Twitterをやっていない完全な初心者向けの内容であり、
ネット世界で生き残るための方法論だが、
戦略的にブログを展開している人には不要。

本書のAmazonレビューは、情報操作がヒド過ぎる・・・

人の役に立つ情報を提供するためのキーワードを、単純化すると、
"ありがとう!"を集めるブログ
お土産ブログと表現できる。

現段階でブログをやってはいるものの、あまり上手く噛み合っていないのなら、
自分のブログと比較しながら読み進めると、見直す切っ掛けにもなるだろう。

次の記事が待ち遠しい、という面白ブログの共通点は確かにあって。

生活や仕事の気づきを、色々な角度から説明、検証しているものや、
距離感の近い言葉で書いてあるものに、面白さを感じる。

"お笑い"にも共通すること。

書き手と受け手の間に
情報ギャップがあるものほど、面白い

その他にも

  • 普段の話言葉で書くのが魅力的?
  • 自分のファンが年をとってくるので、新規開拓にニューメディアを活用
  • ブログに広告を入れると信頼感が増す?
  • 公の場(ネットを含む)では傲慢になったほうがイイ?
  • 傷だらけのブロガーだけが生き残る?

大西泰斗さんも同じコトを言っていた。 小飼弾さんの言葉。

まねたあとで、残った違和感がお前なんだ、と。
個性って、違和感のことです。

梅田望夫さんも、物事を言い切れ(断定しろ)というようなことを言っていたけど、
本書を読んだあとは、文章の表現方法も変化しそうだ。

2009年10月 8日

ヒット商品のデザイン戦略を解剖する

ヒット商品のデザイン戦略を解剖する 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

球を持って
走っているか?

広告の作り手を取り上げる本書。
デザイナーは下記 (敬称略)

  • 大貫卓也 ソフトバンクモバイル
  • 日高英輝 ゼロハリバートン
  • 佐藤可士和 今治タオルプロジェクト
  • 小山薫堂 水野学 東京スマートドライバープロジェクト
  • イシザキミチヒロ 理研ビタミン
  • グルーヴィジョンズ 片山正通 明治製菓100%ChocolateCafe
  • 尾原史和 寄藤文平 R25
  • 西澤昭洋 ドトールコーヒー
  • 長嶋りかこ キリンスパークリングホップ

主にパワーゲームと量とエゴな内容ですが、
唯一、「キリンスパークリングホップ」のラベルデザインの話に臨場感を感じた。

ビール系飲料からの脱却し、新しいイメージを取り込むこの製品。

シャンパン風にしてみたり、カクテル調にしてみたり・・・
試行錯誤が続く中、ついには質感にミニダイヤカットを採用。
突如、シックからキラキラへ変えた!

この決断が、どのように影響してゆくか?

「FIRE」や「サプリ」「生茶」「NUDA」などの商品を手がけた
佐藤章さんはキリンの人

彼のプロジェクトコントロール能力と、
代理店側の長嶋りかこさん達の攻防戦が面白い。

長嶋りかこさんの主張

最終的に物を買うのは衝動なので、
どこでトキメクかっていうのは大事じゃないですか。

長嶋さんは、キラキラに反対していたが・・・

佐藤章さんの台詞は、まさにプロジェクトXそのもの。

みんなここに居ると思ってくれ

長嶋りかこさんが「キリンスパークリングホップ」で体験したこと。

重要なのは、自分で球を持って走る覚悟のある
人たちが集まっていること。

大人数になってくると、「誰か球を出せるだろう」
みたいになりますよね。

そんな最悪なことが全然なくて、ボールが来たら走るし、
「いや俺に渡せよ」くらいな感じが
すごくよかったなぁ、と思っています。

正論ばかりではダメ、異なる要素が自分の中で掛け算されて、
熟成した感覚を表現できる人が重宝される、そんな話にも遭遇できる。

2009年10月 7日

「伝わる」のルール

「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする 伊藤直樹 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

"仕組み"が先か?
"表現"が先か?

副題は
「体験でコミュニケーションをデザインする」

この言葉が目指すように、著者の伊藤直樹さんと受講者による
ワークショップ形式で展開される。 (アイデアと同時に、見積の提出もアリ)

インタラクティブとフレキシブルさを重視して
構成された本書からは、イタラクティブで驚かす!楽しませる!の
考えを育てるヒントが得られる。

伊藤さんは、広告を創る際に、
完全な受け手になって検証する、そうだ。

その時には、当然、想像力が必須であり、
子供心のシズル感
いかに保ち続けていられるかが基幹となる。

2009年10月 6日

売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方

売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方 竹内謙礼 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

商売人のための
キャッチコピー講座

著者は、販売促進、店舗コンサルタントの竹内謙礼さん。
2005年に発刊された同名書を加筆、修正したもの。

実体験を基にした実例に、伝達力が弱い例や、失敗例を交えている。

キャッチコピーで売るより、
キャッチコピーそのものを売る
そんな勢いが必要だ。

置き換えられない、その商品だけの専用キャッチコピーを付ける際に、
下記のように3つのブロックに分けて文章を構築すると、
伝達力が強くなるそうだ。

  1. 引き (惹き) つかみ
  2. 特徴 商品の優位性
  3. 説明 商品そのものを表現

巻末の「言い回し辞典」は、キャッチコピーの類語辞典として
使い勝手が良さそうだ。 ジャンルは下記。

  1. 価格
  2. お得感
  3. 季節
  4. 流行
  5. クオリティ
  6. 限定
  7. ブランド力
  8. 悩み解決
  9. 訴え
  10. 感触
  11. 味・匂い
  12. その他

本編はさておき、この「言い回し辞典」だけでも
買う価値がある

2009年10月 5日

レンタルサーバー完全ガイド Vol.18

レンタルサーバー完全ガイド Vol.18 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

SSLで
安心感を与える

約3ヶ月に1度のペースで出版される
レンタルサーバーのカタログがようやく発売されました。

下記のお題で、価格帯別に別れて記載。 芸が細かい。

  • 「3年間の総費用ベスト20」
  • 「ディスク容量(100MBあたり)の3年間のコスト」

巻末にある、サーバーリストが見やすい!
こちらも価格帯で分けられていて、さらに詳細項目が多く、
ABC順、あいうえお順に整理されているので、
現状契約しているサービスとの比較も素早く行える。

(でも、何故、3GBと3000MBの表記が別なんだろ? ほぼ一緒でしょ?)

特集は、SSL解説やSSL申請時のトラブル把握なので、
関連するニュースや広告も豊富。

SSLは、ユーザーにクレジットカードや、個人情報の入力をさせるなら
あったほうが良いでしょう。

ついでに、コンバージョン率も上がるとか・・・
あえて、口車に乗ってみるのもイイかもしれない。

SSLもレベルによって段階分けされていて、
通信相手の信頼度まで確認したいのなら、当然、費用もハネあがる。

  1. EV SSL証明書 年間予算 約7~23万円
  2. OV SSL証明書 (組織認証) 年間予算 約3~8万円
  3. DV SSL証明書 (ドメイン認証) 年間予算 約1~4万円

SSL以外にも、クラックされたDNSサーバーに騙されないように、
DNSウソ発見器の「DNSSEC」という形態もあるそうだ。

P.69 アメリカでのレンサバ話が怖い

サーバー上のデータが消えたのではなく、サーバーの
契約記録が丸ごと消えていた・・・ という。

こちら側では対応できないだけに、バックアップの重要性を再確認。

2009年10月 4日

バカ売れキーワード1000

バカ売れキーワード1000 堀田博和 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

売れる
口説き文句を
カスタマイズ

著者は、販売促進 (セールスプロモーション)が
得意そうな、堀田博和さん。

厳選したキーワードを解説し、例文付きで披露。

キャッチコピーを付ける際に悩むのは、自分が持つ語彙の少なさ。

本書は、ひとつの商品に、いくつかのコピーを付けて検証する際や、
同じジャンルの製品を紹介する場合、
表現のダブリが無いようにするために役立つ。

大まかなジャンルは、下記。

  • 特徴
  • 気づき
  • 強調
  • 人気
  • 感情
  • リアル感
  • お得感
  • 標的 (ターゲット)
  • 誘導

ただし、書いてある表現をそのまま使うだけじゃ芸が無くて、すぐに
お客様にも見抜かれる

冒頭でも書かれているように、

  1. 売りたいモノをイメージする
  2. お客様像をリアルにイメージする
  3. 理想的なタイミングは今だ! とイメージする
  4. お客様が感じる一番大きな価値をイメージする

このような手順を想像した後に、
本書から的確な表現のエキスをすくい取るのが、効果的な活用方法だ。

2009年10月 2日

Q&Aでわかる「いい歯医者」

Q&Aでわかる「いい歯医者」 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

良い歯医者は
ドコに
隠れているのか?

歯科医の広告が、もの凄い数掲載されているので、
ヨイショ記事は差し引くのが正しい読み方。

「歯科の最新治療」で気になったのは下記

  • 痛くない最新技術
  • 歯周組織の再生
  • 顕微鏡治療
  • 歯の銀行
  • 削らないで治療する

「歯科の疑問361」で興味を惹かれたのは下記

歯医者選び

  • 歯科技工士は良い歯科医を知っている
  • 歯科医は経験豊富な人を選べ
  • セカンドオピニオンのやり方

むし歯

  • 治療の段階を解説

矯正

  • 痩せる?
  • 小顔になる

口臭

  • 臭いを自分で調べる方法
  • おならの我慢で口臭が強くなるってホント?

子どもの歯

  • むし歯になりやすいオヤツ、なりにくいオヤツを検証

歯の色

  • ホワイトニングあれこれ

歯の予防・ケア

  • お茶で虫歯予防
  • 硬い物を食べる
  • ガムで歯を丈夫にする

治療費

  • 費用の内訳
  • 領収書の見方
  • 自前の歯の価値は1本35万?

意外な悩み

  • 院内感染を見抜く質問
  • 歯が無いと認知症になる?
  • 歯医者に嫌われる患者とは?
  • 診療中は目を閉じた方が安全
  • 診療時間が短く、何度も通院するのは、経営上の問題

症状別に説明されているので、
イザという時のために常備しておきたい一冊

2009年10月 1日

費用対効果が見える広告

費用対効果が見える広告 後藤一喜 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ダイレクトに
喰い付かせる

著者は、ダイレクトマーケティングの現場経験が
長そうな、後藤一喜さん。

広告主には、クリエイターやデザイナーを使い捨てにしないコト、
作り手側には、「広告ではなく、
商品の販売を任された、と思え!」と言う。

どうしても、「レスポンス広告」に胡散臭さを感じるかもしれない。

お見積や、試供品(サンプル)、資料(カタログ)請求で
お馴染みの、アノ手法です。 本書には出てこないが、例えば・・・

  • 健康食品 やずや、ミキプルーン
  • 化粧品 再春館製薬ドモホルンリンクル、ファンケル等
  • 保険会社
  • 借金の債務整理(一本化商法)

直接的な表現だから嫌いなのか、
イイ人ぶっている問い掛けが胡散臭いのか?

だが、立場が異なる作り手同士の溝も含めて、
そこから学ぶべきモノはある。

  • レスポンス=衝動させる
  • 通行人と来店客を分けて考える (直球と変化球でアプローチを変える)
  • 数字に騙されない、広告の評価方法
  • レスポンス広告、検証時の落とし穴

売るためのシナリオ作りは、インタラクティブな要素もあり、
ペルソナ作りと似ている。

  • 効果が不明な広告に金を注ぎ込まない!
  • "生活に刺さる広告"の作り方。

マス広告の創り手になれず、腐っている人も、
花形部署で栄光と挫折を手にした人にも役立つ手法だ。

"レスポンスを増やす"に特化した方法論は、
見栄えやイメージのこだわりが強い人にこそ、理解してもらいたい。

レスポンス広告が好きか嫌いかは、本書を読んでから判断して欲しい。
(Amazonの書評は、ヤラセ感満載だけど・・・)

2009年9月30日

Web STARATEGY vol.23

Web Strategy vol.23 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

無料ツール解説
だけでも買い!

ウェブサイトやモバイルサイトの企画、運用を
扱っていたMdNの専門誌も、今号で休刊 (事実上の廃刊・・・)

サイト制作や、運営に役立つ無料ツール×41の紹介が、
便利そうだったので購入。 下記は、興味を惹かれた項目

  1. ログ解析(動画)
  2. プロジェクト管理
  3. フォーム機能の導入
  4. パフォーマンス計測
  5. SEO用キーワードツール
  6. サイト監視

吉本興業のお笑い動画を、Yahoo!で配信する「Yahoo!バラエティ」

1分程度の動画を、次々と自動再生し、
動画の検索機能は、敢えて捨てている

代わりに「関連オススメ動画」へとユーザーを脱線させ、
その中にいくつかのスポンサード動画(宣伝)が混じっているそうだ。

単なる広告動画ではなく、それ用のコントも作られているという。

ユーザーにダラダラ閲覧させつつも、しっかりと広告も視聴させる仕組みは、
TVとネット(インタラクティブ)の便利なトコロを融合
させている1つのスタイルとして類比したい。

ナムコのオフィシャルサイトでは、
個人情報を取得せずに、サイト訪問者の行動分析をしているようだ。

トップページから、
ユーザー層を振り分ける

施策は、他の業種でも参考になるハズだ。

ちなみに、CMSはDrupal (ドルーパル)を採用している模様。

後半は、ケータイサイト、ケータイ動画の今後について。

2009年9月29日

Web Designing 2009年9月号

Web Designing 2009年9月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

頻度の高い
CSS 抜粋

特集「CSSプロパティに強くなる」では、
頻度の高い5大プロパティについて解説されている。

  1. float
  2. position
  3. font
  4. background
  5. border

問題が起こりそうなCSSに焦点を当てているので、
プロパティを全て覚えるという重圧から逃れられる。

基本的なことが簡潔に述べられており、
トラブル時のソースと、解決後のソースが解説されているのも嬉しい。

P.54 田中宣匡さんが紹介する
デヴィッド・リンチ監督の「INTERVIEW PROJECT」
http://interviewproject.davidlynch.com/

アメリカ全土を旅して、そこで出会った人々にインタビューを
していくという動画コンテンツ。
田中さんの視点が細かいのは、そのサイトのインターフェースについての考察。

地図上の顔サムネールにマウスオーバーすると、
3秒ほどの音声が流れる
(音声のみ、というのがポイント)

複数の動画コンテンツがあると、
静止画のサムネール、説明文だけにしがちだが、
音声での先行アプローチによって、ユーザーの興味をそそる。

この考え方は、他にも代用が効きそう。
動画を多数プレビューさせたいなら、是非取り入れたい手法だ。

2009年9月28日

標準デジカメ撮影講座

標準デジカメ撮影講座 久門易 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

良い例、
悪い例で学ぶ

著者は、久門易(くもん やすし)さん。

物撮りや、ネットオークション用の撮影など、
ありがちなシチュエーションでの良い例、悪い例を掲載し解説している。

悪い例が大袈裟だったり、モデルや小物のセンスがアレですが、
プロらしさの演出を学びたいのなら、丁度良いバランスでしょう。

2009年9月25日

音のプロが選んだジャンル別 厳選ヘッドホン

音のプロが選んだジャンル別 厳選ヘッドホン  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

スゴ耳
ヘッドホン

下記の音楽好き達が、
ジャンル別、得意な分野別にヘッドホンを試聴

SOUND SPECIALISTS

  • 松任谷正隆
  • 藤原ヒロシ
  • 橋本まさし
  • 橋本徹

J-POP

  • 平原綾香
  • 常田真太郎 (スキマスイッチ)
  • MiChi
  • シモブクレコード (島袋優「BEGIN」 x 下地勇)
  • Metis

JAZZ

  • 小曽根真

CLASSIC

  • 金聖響
  • 村治佳織
  • 清塚信也

CLUB SOUND

  • 田中知之 (Fantastic Plastic Machine)
  • DJ MASTERKEY
  • DJ KAORI
  • Jazztronik
  • BROWN SUGAR

AV EXPERT

  • 麻倉怜士

掲載されている広告が、
製品評価に与える悪影響
を差し引いても、楽しめる内容。

ヘッドホン以外の機材や、評者のフェイバリッドな曲リストも
紹介されていたりして、親近感が湧くというオマケ付き。

iPodで最高峰の音を楽しむにはどうするか?
ココまでするのか? という馬鹿げた勢いがツボでした。

2009年9月24日

かわいい写真を撮る方法。

かわいい写真を撮る方法。 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

小物や光に
気を配る

アングル、距離、光、構図、ピントについての
基礎的な解説本。
今から撮影を始める人向けのヒントが詰まっている。

  • 料理
  • スイーツ
  • 雑貨
  • 子供
  • ペット
  • インテリア
  • 屋外(海辺、山、街、観光地)

等々、需要の高そうなシチュエーションに焦点を当てられていて、
さらには、写真を最終的なカタチにするところまで掲載。

使い勝手が良い書籍。

2009年9月23日

Newton別冊 わかる「時間」

ニュートンムック Newton別冊 わかる「時間」相対性理論から、タイムトラベル、原子時計まで 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

タイムトラベルは
可能か?

連休中なのでシッポリと、時間について考えましょう。
科学雑誌Newtonの別冊、副題は
「相対性理論から、タイムトラベル、原子時計まで」

『ウォッチメン』に出てくる時計職人の話、
彼は、アインシュタインによって相対性理論が発表された時、
時計屋を辞めたそうな。 (ココ笑うところデス)

万が一、笑えなかった人は、本書を熟読すると、
人から賢く見られるとゆー特典もアリ。

一番興味を惹く特集は、やっぱりタイムトラベル(タイムマシン)

タイムトラベルの手法は、現在下記の4点が有力っぽいです。

  1. ワームホールを利用
  2. 宇宙ひもを応用
  3. まだわからない
  4. 不可能

この先、タイムマシンが完成したとして、真っ先に思い付く疑問。

何故、未来人が現代に来てないの?
(知らないウチに来てるかもしれないケドな!)

リチャード・ゴットさんは、このように回答してます。

例えば、タイムマシンが西暦3000年に完成したとして、
3010年から、3005年には戻れるけれど、
西暦3000年より前には遡れない(西暦2999年より前)と説明する。

人類がタイムマシンを完成させた時点より前に、
時間旅行したかったらどうするのか?

宇宙人が作ったタイムマシンを借りる

あんた達、タイムマシンなんぞ、とっくに発明しちゃってるよね? 系の
高度な文明を持っている異星人を捜し出し、タイムマシンを拝借するのだ!

この発想は思い付かなかったよ・・・

タイムマシンを使って過去を変えようとする映画や漫画、小説は数多くありますが、
実際、過去と未来の結節点はどうなるのか?

  1. 過去は変えられない (いくら努力しても、結局変わらない)
  2. 結果は変えられない
    (ある現象は回避できても、別の現象が発生し、結果は同じになる)
  3. パラレルワールドが発生する (同時に存在する別宇宙に分岐)

こうやって書いている時点で、頭ん中がゴチャゴチャになってきますが、
本書では図解入りで、しっかりと解説されているので、安心です。

2009年9月22日

DIME 2009 No.19

DIME 2009年 No.19 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

正体は
カタログ雑誌

DIME (ダイム)、しっかりと読んだことがなかったけど、
徹底比較! とかではなく、
単なる商品宣伝のカタログだった・・・

目玉特集の「グーグル VS マイクロソフト」は、
各担当者が自社サービスを売り込むというスタイル。
当然のことながら、第三者目線の比較は皆無。

2009年9月21日

脳を鍛えるには運動しかない!

脳を鍛えるには運動しかない!ジョン J. レイティ  エリック ヘイガーマン 野中 香方子 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

運動は薬だ!
脳ミソが走り出す!

シルバーウィーク到来! しかし、この名称どうにか
なりませんかね。 せめてプラチナウィーク等にして欲しい。
(プラチナは以前にもあったような気がしますけど・・・)

連休中は、人混みに突撃してお出掛けするか、身体を休めるか、
前からやろうと思っていたスポーツに挑戦してみるか、
やはりここは集中して勉強しておくべきか・・・

なんて迷ってるウチに、あっというまに休日は終わっちゃいます。

今回ご紹介する本は、運動すると、身体も頭も良くなりそうだよ!
という運動は百薬の長、一挙両得系の内容です。

著者は医学博士の、ジョン J. レイティさん。
開業医の経験談や、様々な患者の生活習慣、運動好きの実の母親が、
運動しなくなった後どうなったのか等、実例を多数公開しています。

本書の対象者は下記

  • 毎日、快適に過ごしたい人
  • 長生きしたい人

運動している時、我々の脳と身体の化学物質は、
どのように変化していくかを解説

著者が何度も推奨するのは、走ること
もしくは心拍数が上がるハードな運動。 (歩くだけじゃダメらしいです・・・)

本文を最初から信じて読み進めるのが良いでしょう。
この自己演出によって、下記に対する効果も向上しそうです。

  1. 頭の性能が良くなる
  2. ストレスや鬱の抑制
  3. ガンにならない
  4. 認知症を回避する
  5. 不安への対処
  6. ひねくれたものの見方を修正する
  7. 自尊心の低下を防ぐ
  8. 何かの依存症から脱出する
  9. 妊娠中の運動の是非

妊娠中の運動、出産後の運動については、
ラットを使った実験結果を報告しています。 妊婦の方は参考に。

脳の中に詰まっているニューロンは、運動によって鍛えられるようです、
身体を動かして精神状態を自ら変えるのだそうです。
(行動するコトによって、"やる気"が出る、に似ている)

どうやら、動物として、"何かに向かって"動くことが
刷り込まれているようです。

現代人のストレス濃度は日に日に加速してゆくのも重なって、
ストレスに取り憑かれた状態を、どうやって脱出すればよいのか?
その答が見つかるかもしれません。

伝達物質を増やし、脳の神経回路を鍛える(太くする)方法

ほぼ毎日、中程度の有酸素運動を30分間続けること

日々、中程度の有酸素運動を30分~1時間
持続させ、運動量より、毎日継続することが大切のようです。

運動時の身体内部の動きも説明されています。

  • ウォーキング(低強度) 最大心拍数の55~65%
  • ジョギング(中強度) 最大心拍数の65~75%
  • ランニング(高強度) 最大心拍数の75~90%

中強度と高強度の運動を混ぜた方が効果ありそうですね。

2009年9月19日

日経TRENDY ニッポンのメガトレンド

日経 TRENDY ニッポンのメガトレンド 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

アフターサービス
大検証

PB (プライベートブランド)の攻勢と、
NB (ナショナルブランド)の逆襲は、
生活に密着しているだけに、興味をそそる。

家電メーカーのサポート、大型家電量販店の保証サービスを
表にして細かく検証。

嫌がらせのような比較は、
多くのユーザーに喜ばれるハズだ。

2009年9月18日

だから、新書を読みなさい

だから、新書を読みなさい 奥野宣之 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

選ぶか
選ばされるか

著者は『情報は1冊のノートにまとめなさい』
『読書は1冊のノートにまとめなさい』の奥野宣之さん

新書や新刊、情報のラットレースから逃れるために。

情報源を絞るスタイルや、逆張りで個性を出す、
三冊ザッピングで情報を比較するなど、今の現代人への必要性を説く。

新書は情報の試食であることに気付き、
著者の新書への愛も感じられる。 読書の初心者向き。

2009年9月17日

PRESIDENT 経済学の知恵で仕事の難問を解く!

PRESIDENT 経済学の知恵で仕事の難問を解く! 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

経済学者
体系図

「経済学300年のあらすじ」
「経済学100年のあらすじ」に登場する
経済学者の体系図は、好きな人には興味をそそる。

有名学者の思考を仮想して、
現代の日本メーカーの戦略にあてはめる。

日本の無名学者が後付で理由を解説。
そんな虎の威を借る狐な特集もあり。

2009年9月16日

ホリエモン×ひろゆき 「なんかヘンだよね・・・」

ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

馬鹿にされない

元ライブドア社長の堀江貴文さんと、
元2ちゃんねる管理人のひろゆき(西村博之) さんによる
ユルめな多方向対談

言い訳や、ムカツク心理が何故発生するのか考察

バカと呼ばれないためでもあり、そして、馬鹿にならないために・・・
2人の価値観や色々な抜け道から、学ぶべきものがある。

ホリエモンは、融合と混沌から生まれるモノを楽しみ、
ひろゆきはネガティブを土台とした分析力、観測好きを発揮している。

ひろゆき

世の中って、だいたいがバーターですからね。

には、頷きながらも笑った。

サービスを回す人の存在、その重要さや、
信用を使うコト、金を使うコトの違い
について。

世の中に巻かれないための一冊。

2009年9月15日

まずはフツーをきわめなさい

まずはフツーをきわめなさい 伊達 直太 人生戦略会議 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

普通なんてない

日々、コツコツと積み上げる大切さと、
世間からの普通視線を解き明かし、
常識という幻影に騙されない方法を提示する。

2009年9月13日

THE21 一流の読書術 二流の読書術

THE21 一流の読書術 二流の読書術 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

未来への
疑似体験

マーカーでの時間差色分けや、
折り目の大きさで重要度を分けるなど、
各自の読書術が紹介されている。

フリージャーナリストの佐々木俊尚さんが紹介する
下記サービスは便利そう。

2009年9月12日

劇的クリエイティブ講座

劇的クリエイティブ講座 佐藤可士和 川上未映子 松任谷正隆 大宮エリー 藤村忠寿 FROGMAN 石川光久 堤幸彦

誰のために
働くのか?

「劇的3時間SHOW」というイベントが書籍化。
各自の持ち時間は3時間
(ゲストの参加もアリ)

  • 佐藤可士和
  • 川上未映子
  • 松任谷正隆
  • 大宮エリー
  • 藤村忠寿
  • FROGMAN
  • 石川光久
  • 堤幸彦

藤村忠寿さん、FROGMANさん、石川光久さんの話は面白い。

自分の特技を活かすことであったり、
流れ流れた偶然で今の仕事に辿り着いた経緯、
誰のために働いているか?など、
様々な経験を(一部だけ)仮想体験できます。

2009年9月10日

テレビで売り上げ100倍にする私の方法

テレビで売り上げ100倍にする私の方法 野呂エイシロウ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

無機質じゃない
PR方法

著者は、放送作家でもあり、
コンサルティング業もおこなっている、
野呂エイシロウさん

広告や宣伝と、PRは根本的に何が違うのか?
基礎的なコトを身に付けながら、予算をかけずに、
商品や店舗、自社サービスを有名にする、ひとつの方法を学ぶ。

簡潔に本書の内容を説明すると、
テレビや雑誌へ向けてプレスリリースの文章を送りましょう。 ってこと。

番組のカラー 傾向と対策

日本テレビの「Oha!4 NEWS LIVE」は、男性が多く見ているので、
実用的なものよりも、面白くてスタジオがわくようなグッズが好まれます。

「ズームイン!! SUPER」も同様に実用品よりも、
面白いものが好まれます。

大切なのは季節やタイミングが合っているかどうかということ。
全体的に、日本テレビの番組は面白いものが望まれるという傾向があります。

逆にTBSの「はなまるマーケット」は実用的なものが望まれます。
全体的にそうなのですが、局の傾向としてTBSは、まじめで実用的なグッズが
重要視され、視聴者の役に立つものが望まれる傾向があります。

フジテレビの「めざましテレビ」「どくダネ!」は、
派手なものが好まれる傾向があります。

ロケをしたりスタジオで紹介したりしたときに、
派手なものが多く取り上げられています。

テレビ東京は「ビジネス的」なものが多いのです。
直接的に役に立つというよりも、世の中を変えられるとか、
売り上げに貢献できるとか、その業界に変化をもたらすものが
望ましいと思っています。

「ワールドビジネスサテライト」の「トレたま」もそうです。
時代の最も先端を紹介したいという意図からか、最先端のものが多く、
開発段階のものが登場することも少なくありません。

以下は、送付先のターゲット

  1. テレビ局
  2. リサーチ会社
  3. 番組の制作会社
  4. 新聞
  5. 雑誌

放送側と企業(店舗)側、需要と供給の隙間を埋める施策が掲載されていて、
文字数も少ないので一気に読める。

商品の特色を見抜く書籍や、キャッチコピーを生み出す類の技術書と併用したい。

2009年9月 7日

マーケティング脳 vs マネジメント脳

マーケティング脳 vs マネジメント脳 アル・ライズ ローラ・ライズ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

左脳のせいで
消えたブランド

ブランディングの根幹を成すが、
意外と軽視されているネーミング、
その是非についての書籍。

コンサルタントであり、『ポジショニング戦略』の著者、
アル・ライズさんと、その娘、ローラ・ライズさんが多くの
例を出して解説している。

事業拡張の屍を踏み越えて、
各社のダメ・コピーやネーミングにツッコミを入れる。

会社の実績を単純に表す広告創りは、
芯が通った強みを生み出すようだ。

マーケティングは戦略で
マネジメントは実行

これを本書では切り分けている。

商品、サービス、価格の前に、
消費者にどう認識されるか?
が重要だ、としている。

極論すると、製品の質はどうでもいいのか?
という疑問にブチ当たる。

物騒な内容が書かれているが、トップブランドになる方法は
書かれていない・・・

だが、社名やブランド名を消費者にわかりやすくする、
という最も重要かつ、簡単な手法が紹介されている。

  • 商品とブランド、カテゴリー
  • 差別化
  • ラインナップ数
  • どっちつかずの中間狙い
  • 抽象的と視覚的
  • 言葉と視覚イメージの組み合わせ
  • 情報伝達とポジション獲得の違い
  • 感覚と常識

成功例と失敗例に学ぶ。

消費者は意味の広い一般的な言葉より、
意味の狭い具体的な言葉を好む

視覚イメージを伴った単純な言葉のほうが、
視覚イメージを伴わない複雑な言葉より、
消費者の心には残りやすい。

大企業病を避ける方法

  1. 広告費をかけない
  2. 市場調査を重視しない
  3. 販売数を限定する

そして、新しいことをしない、に尽きる。

近年の広告手法にも警笛を鳴らす。

広告の原則とは
一に繰り返し、二に繰り返し、三に繰り返しだ。

最近の経営者はこの原則を忘れてしまったらしい。
現在では一に才気、二に奇抜さ、三に凝った仕掛け
になっているようだ。

読後、自分がマネジメント脳に寄り気味だったことに気付いた。

2009年9月 6日

ハイブリッド・ワーカー

ハイブリッド・ワーカー ヨシナガ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

制約の中で
質を求める

何故、兼業なのか?
何故、副業ではなく、ハイブリッド・ワークという
概念なのか?

マルチな作家、荒俣宏さんも、「自分の中に、小さな河をいくつか持て、
そのどれかが、いつか大きな流れになるかもしれない」
ってなことを言っていましたが・・・

副業が足し算だとすると、
ハイブリッド・ワークには、かけ算になる可能性が含まれている様子

ハイブリッドならではの、メリット、デメリットを
自身も同じ環境の著者、ヨシナガさんがインタビューにより炙り出します。

  1. 田中圭一  サラリーマン 兼 漫画家
  2. 津村記久子  会社員 兼 芥川賞作家
  3. sachi  OL 兼 ヴォーカリスト
  4. 太田靖彦  芸能マネージャー 兼 農業家
  5. うーら  OL 兼 料理研究家
  6. RYO  ミュージシャン(ケツメイシ) 兼 薬剤師

皆さん、異なる2種の仕事をしているようで・・・

何故、他業種なのか?
片方の仕事が、もう一方の仕事に対するストレス解消になっていたり。
本書には、違いを推測する楽しさがあります。

太田靖彦さんの、結果が見える仕事(農業)に感動した話、
身体で感じる、仕事の結果については、
先の見えない仕事をしている人なら、うなずける部分も多いでしょう。

うーらさんからは、サイトやブログのアクセス数向上ではなく、
差別化して人気を出す秘訣を学べます。
インタビューは肩肘張らず、実に自然体です。
そこがブログの読者にも共感を得るポイントなのかもしれません。

生きるか? 死ぬか? の病気を体験しているだけあって、
言葉に深みがあります。

お仕事も人との出会いも、すべて縁だと思うので、
目の前にきたことには全力
で取り組みたい。

よく、友達の相談で、「相手にこうしてほしい」とか、
「相手がこうしてくれない」とか聞くんですけど、贅沢だなぁと(笑)。

一緒にいるんだし十分じゃん、って。

なんかそれよりも、相手がどうされたほうが
うれしいのかなとか。

ケツメイシ、RYOさんの話は、音楽で喰っていこうとする人だけではなく、
背水の陣でモノ創りをする強さと切迫感について。

今なら笑える話も、当事者になることを想像してみると、
背筋に冷たいものを感じます。

自分の基本性能(スペック)が高くないことを知った著者、ヨシナガさん

それでも、やめる前にやれることは全てやっておきたかった。

             (~中略~)

やるだけやってダメなら、それでしかたない。 納得もいく。

けれど、全力でやらずにやめることは、
勝てる可能性も、挑戦した時間も
共に捨ててしまうという、
最も選んではいけない中途半端な道なんじゃないか、と。

超音速旅客機、コンコルドの失敗は、開発の中断を決断できなかったこと。
それまでの開発期間を無駄にしたくなかったから、
という如何にも人間味溢れる動機でしたが・・・

続けるか? 捨てるか?
結局のところ、最後までやってみるしか、結果のわかりようがない。
と痛切に感じました。

ハイブリッド・ワーカーって、2つの仕事が薄まってるんじゃない?
という初見もあると思いますが、
本書を読んでみると、各仕事や作業に対する細かさや熱意は、
専業でもやっていけるほど・・・

皆さん、無駄だと感じる日常生活の何か(ダラダラ遊びや飲み会、付き合い等)を
バッサリ切り捨ててます。

そうすることによって、
夢や、前からやりたかったコトに一歩近づける (可能性が高い)のでしょう。

2009年9月 4日

PRESIDENT どれが一番儲かる?

PRESIDENT どれが一番儲かる? 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

変えるべきものと
変えては
いけないもの

お客様目線を背景にした、人気の企業を分析

  • 餃子の王将
  • ユニクロ
  • 家具のニトリ

王将の大東隆行さんと、ユニクロの柳井正さんが共通して言っているのが、

  1. スタッフの自立した判断力
  2. リーダーが泥まみれになる

ということ。 目的は同じでも手段が異なるので、その差異を読み解きたい。

実例解説付きの特集「財務3表一体 決算書の読み方」は、

  • 賃借対照表 (BS)を財産一覧表
  • 損益計算書 (PL)を今年1年の成績表
  • キャッシュフロー計算書 (CS)には8つのパターンがある
  • BS どのようにお金を集め、何に投資したか
  • PL どのくらいの利益(や損)を挙げたか
  • CS どのようにお金が流れているか

それぞれのポイントや注意点も記載されているので、
財務解析に役立てたい資料だ。

2009年9月 1日

妻の相談に乗ってはいけない

妻の相談に乗ってはいけない 織田隼人 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

密接な関係が
ケンカの原因?

著者は、性差の心理学に詳しく、
女性の気持ちを扱った書物を手がける織田隼人さん。
(五月女ケイ子 画伯の帯が中身のイメージに合致)

本書では、コストパフォーマンスの高い
恋愛テクニックが解説されています。

男女の性別の違いを意識した、実生活に役立つアドバイス集でもあります。

「部分的に謝罪する女性」に対して、
我々は、どのように振る舞えば良いのか?
無意味に思える会話と、どう絡んでいけば安全なのか?

男性は、"物事を伝えよう"とし、女性は、"感情を交流させよう"とする。
と本書では述べられています。

同じようなことにも思えますが、微妙に違いがあるようです。
伝達と共感、この目的のズレが、
男女間のケンカの原因となるようです。

以下のような女性の特徴が、細かく分析されているので、
思わず膝を打つでしょう。

  • 女性の相談は、イコール、愚痴
  • 女は幸せをパケット換算している
  • 女性の奇妙な行動

女性に有効な、魔法のワードや、
先制防御の方法が紹介されているので、読んでいる瞬間から実践できます。

女って、ホント、面倒臭い生き物だな・・・
と痛烈に感じますが、先方も同じように思っていることでしょう。

男性側が、我慢して"女性が描いたシナリオ"通りに行動することは、
少々アタマにきますが、グっと我慢しよう、とのこと。

2009年8月31日

web creators 2009年10月号 vol.94

web creators 2009年10月号 vol.94 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

簡易
オンラインゲーム
開発環境

特集は、CSSまわりの実装方法

多人数参加型のネットゲームやコンテンツを
作る時に重宝しそうなのが、「nine for FLASH」

機会があったら、見返したい内容です。

2009年8月26日

THE OUTSIDER 獣たちの凶宴

THE OUTSIDER 獣たちの凶宴 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

逃げる
逃げない

THE OUTSIDER (ジ・アウトサイダー)というのは、
前田日明さんがプロデュースする、アマチュアや
セミプロ選手による総合格闘技大会のようです。

本書は、氏によって見出された5人の若者が
THE OUTSIDER に参加するまでの半生記

  1. 吉永啓之輔 魔璃闇薔薇(マリアンローズ)8代目総長
  2. 黒石高大 横濱ギャング連合、義道会初代総長
  3. 高垣勇二 濱の最狂ギャング
  4. 渋谷莉孔 狂気のリアル刃牙
  5. 与国秀行 生きる都市伝説

多くの人々の人生とは、違う道を辿っているワルな5人が、
掲載可能な範囲で、自分史を赤裸々に語っています。
(竹書房だけあって、そのへんの器は大きいです)

横浜、栃木、杉並など、地元で暴れていた彼らの
勢いを感じられます。

同じ地域で、同じ時間を共有した人にとっては、
共感できる部分や、新情報に出会うこともあるでしょう。

彼らが、共通して言っているのが、"逃げる"か"逃げないか"について。
これは、大人の社会になっても、常に付きまとう問題です。

その場面を、どうやって突破してきたか、彼らから
リミッターを外したヒント
というものが学べるかもしれません。

渋谷莉孔さんの"心のズレ"には驚きました。
(もしかしたら、キャラクターを演出している可能性もありますが・・・)

誰でも、自分は特別な存在だと思いたいけれど、
そうでも無いシチュエーションに出くわす回数の方が多いでしょう。

その、"途中で気付く"という過程が
スッポリ抜け落ちているような気がしました。 グロ注意です。

全体的に、中高生が読んでドキドキするような武闘派な物語ではありますが、
子供を不良(本人達が苦しむ、という意味で)にしたくない
親や先生方にも読んでもらいたい、そんな内容でもありました。

2009年8月25日

東洋経済 アマゾンの正体

東洋経済 アマゾンの正体 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

インフラ王

物流インフラとITインフラ、両方を押さえている
Amazonと、出版業界の関係を探る。

出版業界特有の問題点も
炙り出しているところが面白い。

日本では、インターネットの本屋としてのイメージが強いAmazonだが、
今回の特集で、ネット時代の買い物の未来が見えてくる。

2009年8月24日

「S」と「M」の人間学

「S」と「M」の人間学 矢幡洋 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

あなたは病的?

エロい方向のSMではなくて、
S性格やM特性の人と上手く付き合うためのタイプ別鑑定。
著者は、心理学に詳しい矢幡洋さん。

デザイナーやクリエイターに限らず、モノ創りに従事する職種は、
Mじゃないとやってられない・・・ なんて話もあるわけで。

SとMを更に細分化させたパターン分け。

  • ポジティブS
  • ちょいS
  • ドS
  • ぶちキレ系S
  • 暴君系S
  • 警官系S
  • 弱い犬ほどよく吠える系S
  • ポジティブM
  • ちょいM
  • ドM
  • ぶちこわし系M
  • 愚痴たらたら系M
  • 尽くしまくり系M
  • 自己陶酔系M
  • 他人から距離をおくタイプ
  • 葛藤中のタイプ
  • 強迫性パーソナリティー
  • サドマゾ

S系列とM系列、さらに第三のタイプ、シゾイド・パーソナリティーの発掘によって、
もうゴチャゴチャ。 せめて視覚的に見やすく、まとめて欲しかった・・・

「ちょいS」という括りが登場するが、アンディ・グローブや、
スティーブ・ジョブズのように「ドS」じゃないと
メチャクチャ尖ったものは創れないことを再確認。

S的要素とM的資質は、混在しているものであり、
場面、局面で使い分けができないと、病的状態となってしまう。

SとMは、根源パワーは同じで、ベクトルが違うだけ。
という考えを著者は否定して、こう仮定する。

もしかして、Sは体質的な問題、
Mは後天的に身に付けた、
社会的テクニック
なのではないか? と。

後半は、わざと会議の進行を遅らせたり、
仕事を遅延させるヤツが周囲にいたら必読。

分析を終えたら、第7章「ドSやドMとうまく付き合う方法」が参考になる。

職場や家庭でのウサ晴らしに、捲き込まれないため、
愚痴好きに対抗する技が書かれている。

そして、気になる、SとM、SとS、MとM、それぞれの相性も紹介。
自分自身と周囲の他者を、見つめ直す切っ掛けに。

2009年8月23日

コンテキスト思考

コンテキスト思考 杉野幹人 内藤純 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

阿吽の呼吸2.0

コンサルティング会社、A.T.カーニー勤務の
杉野幹人さんと、内藤純さんが
新しいフレームワークを売り込んで、名を上げようとする共著

コンテキストとは「文脈」「前後関係」「背景」のことらしい。

ケースバイケースでその場の空気を読む感性、
想像力と長年の協業が必須であり、それは、"あ・うんの呼吸"といわれる。

コンテキスト思考の時代が来るかどうかは、わからないが、

  • クラフト (経験)
  • アート (直感)
  • サイエンス (分析)
  • 環境 良くも悪くも影響を受ける
  • 土壌 価値観、評価軸、自分軸

といった分類は、何かの役に立ちそうだ。

個人的にハッとさせられて、好きになった言葉は、文中の
"価値観もどき"

残念ながら、本書を読んでも、想像力や気付く力が得られるわけではない。
データとデータの解析力が向上するわけでもない。

様々な企業別シチュエーション、事例が登場するものの、
実際の出来事だったのか、創作なのか、よくわからない。
多分、例題としての、現実とは異なる絵空事なのだろう。

自惚れと楽観が引き起こす爆発は、
暴発になるかもしれないが、心配性には無い特性なので羨ましいが・・・

2009年8月22日

考えるヒント

考えるヒント 小林秀雄 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

批評家の心意気

著者は小林秀雄さん。
何故、本書を選んだかというと、
「批評」の考え方に触れたかったから。

批評家だけあって、文中の言い回しは、そのまま使えるほど。

ある男のコトを、"つまらないヤツ"と言うのに、
随分と煮詰めた言い回しをする。

小林秀雄さんが極端に大きく考えたコトについて、
極端に小さく分解して返す、中谷宇吉郎さん(物理学者、随筆家)の返答は、
ある種の思考法として、アイデアが詰まった時、突破口になるかもしれない。

「意識的なものの考え方が変わっても、
意識出来ぬものの感じ方は容易には変わらない」という著者

ブログをやっていたり、批評や評価文に興味がある人は、
「批評」の項目だけ読んでもイイ

それ以外にも、批評に触れている部分は下記

P.36
嫌いという感情は不毛である。
侮蔑の行く道は袋小路だ

P.48
批評家は直ぐ医者になりたがるが、
批評精神は、むしろ患者の側に生きているものだ。

批評家の条件

  • 批評的気質
  • 経験

以上をベースとして、「他人への讃辞」

P.200
批評とは人をほめる特殊の技術だ

という名言に繋がる。

興味があれば、続編もどうぞ

2009年8月21日

ジョブズ流仕事術

ジョブズ流仕事術 大谷和利  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

すっごく
シンプルに

著者は大谷和利さん。
スティーブ・ジョブズの完コピは無理でも、
どうにか一部だけなら・・・ と思える内容。

本題とは外れるが、オリジナルを発想したところは、
自らを変化させるのに躊躇はないが、
形式的に(鵜呑みで)受け入れてしまった場合、変化が難しくなる、という。

地域文化を題材としている例だが、
ビジネス技術や企業文化の進化にも、当てハメられそうだ。

2009年8月20日

ブレイクの「瞬間」

ブレイクの「瞬間」 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

今やる
突っ走る
結果は求めない

フリーマガジン「R25」のインタビュー連載をまとめたもの。
登場人物数が55人と、数では魅力だが、とてもライトな内容となっている。

各人の闇の部分や、黒い経緯を書いて欲しかった。
文字量も少なく、読みやすい反面、
なんだか内容までコンパクトになっているのが残念だ。

伊坂幸太郎さん、押井守さんの話は同じコトを言っていて興味深い。
主題は"落としドコロ"について。
なんとか仕事を完了させる、という意気込みは、常に持っていたい。

全体を通しての共通事項

  • すぐに結果を求めず、突っ走る!
  • 何事も、やらずには始まらないので、とりあえずやってみる
  • どうにか帰ってくる (着地する、カタチにする)

谷村新司さんの言葉

人間って過去と未来があると勘違いするけど、
あるのは今だけやから

線ではなく、点でしかない、という時間感覚は、
将来への不安や、現状のモヤモヤを解消する起爆剤になりそうだ。

2009年8月18日

仕事で「一皮むける」

仕事で「一皮むける」 金井壽宏 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

停滞しないために
やっておくコト

『働くひとのためのキャリア・デザイン』の著者、
金井壽宏さんが"一皮むけた"経験を44例を解説

経歴を見る限り、金井壽宏さんは根っからの学者で、
ビジネスの実務経験に乏しそうだ。
しかし、本書はバリバリの実務をこなしてきた方々のケーススタディを
まとめたものなので、お互いが補完されている。

そこでは、環境が自動的に自分自身を育ててくれるのではなく、
当然、感度の良いアンテナを張り巡らせている必要がある。

下記のように疑問を持ったり、振り返る切っ掛けになり、
節目や兆候に気付く、そのことに本書の価値はある。

  • 上司に対して この人は一皮むけているのだろうか?
  • 自分に対して 一皮むけた経験は、いつだったのだろうか?
  • 部下に対して コイツに一皮むける体験をさせるには、どうしたらよいか?

両方兼ねる人材がいるなら幸せですが、
どちらか一方に偏っているのが、自然なのかな・・・
というワケで、ミスマッチがないように、セッティングしてあげることが大切

戦略的自律性
テーマは自分で決めたいが、アプローチ方法は指示して欲しい

戦術的自律性
どんなテーマでもこなせるが、アプローチ方法は自分で決めたい

何を言うかではなく、"誰が言うか"だが、
本書を読んでも、"理想の誰か"になれるわけではない、
その成長過程は、結局現場にしかないのだから。

2009年8月16日

慢性疲労は首で治せる!

慢性疲労は首で治せる! 松井孝嘉 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

首は交差点であり
パイプライン
でもある

著者、松井孝嘉さんの上から目線語り。

医者をはじめ、普段"先生"と呼ばれ慣れている方々は、
自説を曲げない、頑固な印象があります。
きっと、考えを変えられない事情があるのでしょう。

それ故に、本書に記載してることや、改善法は、
間違っているかもしれない。 そう認識して、話半分で読んでください。

原因が特定できない症状に悩まされ、
病院や科をたらい回しにされている方の、気休めになるかもしれません。

本書のチェックリストには、慢性疲労が多く載っているので、
ほとんどの現代人が中傷に該当するのではないか?
あくまで仮説の一つとして読み進めたい。

頸性神経症候群というネーミングを施し、
その症状を回避するには、首のストレッチや、首を温めるとイイらしい。
(当たり前っちゃ当たり前!)

本書は、理屈的な内容なので、
てっとり早く結果を得たいなら、タイトルが胡散臭い、図解入りの
こっちの方が良いかもしれません・・・

『図解 どこに行っても治らなかった病気が首で治せる』

2009年8月15日

ネットワーク社会の深層構造

ネットワーク社会の深層構造 江下雅之 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

情報縁

著者は、江下雅之さん
インターネット登場以前、以後の流れを解説し、
人と人、人と情報との関連法則を探る。

どういう集団(サロン)に参加するか?
改めて考え直す機会になる。

TM NETWORK を絶頂期として、それ以降は
"ネットワーク"という言葉自体に胡散臭さが付着してしまった。

本書は、情報がどのルートを辿ってくるのか、把握するための書籍であって、
実用書でも啓蒙書でも技術革新やマナーを煽るものでもない。

交流の必然性と、当時のツール、ライフスタイルなどの
事実や関連資料を並べているものなのだ。

アマチュア無線、ポケベル、ダイアルQ2、トイレの落書き
ラブホテルやペンションの落書きノート・・・

コメントやレスを書いた、
"見えない相手の表情"を
想像し過ぎない
。 という教訓は活用できそうだ。

そして、人脈やコネ(コネクション)に抱いている幻想を打ち砕いてくれる。

2009年8月14日

考えなしの行動?

考えなしの行動? ジェーン・フルトン・スーリ IDEO 森博嗣 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

新アイデアの
ネタとして

  • ジェーン・フルトン・スーリ (著)
  • IDEO (著)
  • 森博嗣 (訳)

手に持っている荷物を口で咥えて、両手を開けてみたり。

日常の何気ない行動に焦点を当て、設計当初の目的から外れて、
別の用途に使われている、そんな出来事を取り上げた本書。

デザインの答まで書いていないので、読み手が頑張れば
新しいアイデア発想や、サービス構築の切っ掛け程度にはなるだろう。

2009年8月13日

天才の時間

天才の時間 竹内薫 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

天才になる
ための余暇
発酵と腐敗の違い

著者は、マルチ科学ライターの竹内薫さん

吉本隆明さんが言うところの「ひきこもる時間」
天才を熟成した休暇について解析した本書

対象読者は・・・

  • 結果が出なくて焦っている人
  • 雑事を減らしたい人
  • 集中力の無さを周囲のせいにしている人

主な登場人物は下記

  • ニュートン
  • アインシュタイン
  • ダーウィン
  • エッシャー
  • ヴィトゲンシュタイン
  • ユング

ヴィトゲンシュタインの部分は、著者の哲学的な思い入れもあり、
お金はモノ? コト? といった話に興味を惹かれました。

小飼弾さんの書籍『弾言』で見かけた考え方の元ネタは
ここから引っ張ってきたんじゃないか? と思える。

結局のところ、どうやったら天才になれるの?
というのが一番知りたいところでしょう。

打ち込む環境に浸る
コレが最重要のようです。

本書で紹介されている天才達は、自分から進んで環境を構築
したのではなく、幸か不幸か、そのような環境にならざるを得なかったり、
没頭していたら、自然と打ち込む環境が出来ていた。 
というのが多い様子。

さて、引き籠もれる時間を準備できるかどうか。

2009年8月12日

「うつ」は食べ物が原因だった!

「うつ」は食べ物が原因だった!  溝口徹 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

食で脳を
コントロール

著者は、栄養療法の書籍を手がける、溝口徹さん

ストレスが溜まりやすい人は、
食事に原因があるのかもしれない。

結局のところ、下記のように真っ当な解決策になってしまうので、
主張としては読み応えがない。

  1. 日光を浴びる
  2. リズミカルに運動する
  3. 栄養を取る

タイトルのとおり、話の肝は、日々摂取する食べ物や
栄養バランスについて。

普段よく聞く栄養素と、セロトニン、ドーパミンの
関係を把握するのが本書の大まかな内容。

どの栄養素を摂取すればよいのか、
チェックリストがあるので、興味があれば。

2009年8月11日

箒星 初回限定盤 CD&DVD

帚星 ミスチル Mr.Children 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ダンスとストーリー

2006年に発売されたミスチル (Mr.Children)の曲
「帚星 (ほうきぼし)」 初回限定版でDVD付き。

元ダンサーでもある映像作家、丹下紘希(たんげ こうき)さんが監督した
16分のショートムービー「箒星 -Ordinary Beauty-」を収録

団体で踊るアクション性や、場面の抑揚、
映像と音楽が合致した物語は、下手な映画よりも、鳥肌が立ちます。

聴く人の状況や環境によって、各々ツボは違いますが
曲自体のテンポや歌詞がキラキラしていて。 中でも気に入ってる歌詞は

君は知ってんだろう? 僕の大風呂敷を
今 そいつで未来を盗むから さぁ手伝って

でもね僕らは 未来の担い手 人の形した光

それに加えて、映像の演出は、
丹下紘希さんの経歴じゃなきゃできなかったとさえ思えます。

劇中、清掃担当の男の子の台詞

僕たちが死んだ後も、世の中にはもっともっと
ゴミが溢れるだろう・・・

せめて、キミが通る道は
いつもキレイにしてあげたいんだ

うわっ、こんなコト言ってみてぇし! 言われてぇ!
とか思っちゃいますよ、きっと。

大量消費社会へのアンチテーゼや、個性の輝きの素晴らしさなども
盛り込まれ、エンディングロールもシンプルながら、かなり好きなテイストです。

2009年8月10日

ジャンボ機長の状況判断術

ジャンボ機長の状況判断術 坂井優基  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

勝たずに
生き残る

著者は、元ジャンボジェットのパイロット、坂井優基さん

下記の大切さを機長の視点から解説しています。

  1. 疑う
  2. 詳細を一言付け加える

他にも、撤退や仕事を断るという、厳しく難しい状況、
決めつけてしまう心理の罠についても書かれています。

タイトルに偽りは無いものの、過去の事例解説が長ったらしく、
結果は、あくまで憶測の面が多いので、
必要な情報は得られない可能性が高いです。

2009年8月 7日

新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に

新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に 小林弘人 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

誰でもメディア
  vs
誰でもメディア

著者は、ワイアード日本版、サイゾー、
ブログ出版などを手がけた小林弘人さん

ネットプロモーションや、ウェブコンテンツの
注意書きのようでもあるし、単なるお説教とも受け取れる。

雑誌とネットコンテンツを同一視するのは無理があるだろう。

そして、いちいち、用語解説がうるさい。
知っている言葉を並べただけであり、著者の宣伝臭もする。

ユーザーの方を向いて仕事をする、という当たり前の結論に帰結してしまう
ところが悲しい。 本書に対して、よい受け取り方をしたとしても、
それは長文の応援歌としての役割でしかない。

そんなコトを言っていても始まらないので、本書で学べるのはこんな具合

  • メガ・ブログから学び取る。 人気者になる方法。
  • 新たなプラットフォーム(表現の場)に乗り換えるタイミング
  • 必要とされるのは編集力
  • ワイルドサイドを歩く

「ワイルドサイド」というのは、羽生善治さんが言うところの
「学習の高速道路 その先の大渋滞」
梅田望夫さんの言うところの「けものみち」

育てた時間を取り返したくなる気持ち。

多くの人々は、自分がいま携わっているメディアこそ
最高のものだと考えがちです。

手塩にかけて育んできたコミュニティのユーザーたち、
あるいは何年も費やし完成形を見いだしたデザインや使い勝手など、
そのメディアにとっての財産なのですから当然のことです。

しかし、新たなプラットフォームはそれを切り捨てるかのように迫ります。

             (~中略~)

仮にスムーズに新しいプラットフォームに乗り換えられたとしても、
その新しいメディアが求める文脈をいちはやく発見し、
それにあわせたコンテンツを供給し、
必要とあらばユーザーの成長とともにスタイルも変えていくことが
なければ、ユーザーの支持は得られません

プロのジレンマ

プロであるということは、逆にいえば、
過去の資産としてこれまで培ったスキルを持ち込んで闘うということです。
そのため、新しい読者に対応が遅れてしまう場合があります。

気になる、必要なスキル。

  1. 人の流れや動きを直感し、情報を整理、編集
  2. システム、UI(ユーザー・インターフェイス)、デザイン
  3. 換金化のためのビジネススキーム
  4. 腰が軽く身軽なアクティブさ
  5. パラノイア的な粘り強さ

スキルを色々な方向に伸ばしておくスタイルが必要になる。
枝を広げるのに興味がない人は、駆逐されていくのかな・・・

2009年8月 6日

2011年 新聞・テレビ消滅

2011年 新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

マスメディア
消滅のお知らせ

この言葉一つで未来が見えました。
それは、「ミドルメディア」

企業のブランディングにも関係してくるので一読あれ。

著者は、ITジャーナリストの佐々木俊尚さん

タイトルに釣られたところで、具体的な対策は出てきませんが、
立ち位置(ポジショニング)や、ビジネスモデルの確認になるのは救いです。

グーグルの及川卓也さんが説明したとされる、下記。
新しいフレームワークとして、役立ちそうです。

  1. コンテンツ
  2. コンテナ
  3. コンベア

既存のサービスを当てはめると・・・

  1. コンテンツ 新聞記事、テレビ番組、楽曲
  2. コンテナ 新聞紙面、テレビ、レーベルが製造したCD
  3. コンベア 販売店、電波、CD販売店

当ブログでいうと、以下のようになるワケです。

  1. コンテンツ 書評
  2. コンテナ ブログ
  3. コンベア インターネットの回線

新旧の入れ替わりについても、記述されているので、
コンテンツ生成と、コンテナ構築、どちらがお得か
を考えるより先に、他者と比較して、自分がどのルートを押さえて(握って)
いるのか確かめてみてください。

著者は、コンテナを自前で抱える重要性、
プラットフォーマーの旨味を説いています。

皆さんが気になるのは、この部分でしょう。

コンテンツには金が入らないとも説明されていて。
「じゃあ、逆張りで・・・」
敢えて、コンテンツ創りに勤しむのもアリだと思います。

本書では、大昔の話に例えられてもいます。

  1. コンテンツ 小作人
  2. コンテナ 地主
  3. コンベア 道や荷車(ウェブ担当創作)

IT土方や、デジタル土方、という言葉が注意を促してくれていますが、
コンテンツを創っていれば、お洒落でモテモテ、という幻想に惑わされがちです。

どれを取っても、結局は力業で何とかしている部分が多いかと思います。

小作人のメリットは、ノウハウが蓄積したり、コンテナやコンベアが変化しても、
収益に影響を受けにくいというのがあります。 デメリットは売上げが少ない・・・らしい。

地主は、準備が大変ですが、売り上げがドカンとデカイというのに尽きます。
デメリットは、新しいコンテナの出現に怯えることです。また、新旧の回転も早い。

コンベアは、小銭が入りながらも、暫く安泰ってイメージがあります。

どの道を選択すればイイか、本書を読みながら
パズルのように思考していくと良さそうです。

2009年8月 5日

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 夏野剛 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ネットやITって
商売に必要?

著者は、iモード立ち上げメンバーの1人でもある夏野剛さん

タイトルに表記されている、GoogleやAmazonの詳細は
知ることができないので、期待はしないように。

対象読者としては、インターネットの現状をまったく知らない広告主向け。

サイトのユーザビリティ(使い勝手)についても触れていて、
店舗サービスとネットの比較もおこなっているので、参考になるかもしれない。

後出しジャンケン的な解説が多いながらも、
大企業病に蝕まれている人には、自分が所属する組織体制の
問題点を気付かせてれる・・・ のかな。

タイトルに"バカ"と入れておけば、手に取る読者は増えるかもしれないが、
"バカ企業"が取りかかるべき解決策は書かれていないし、
未来の広告形態も描かれていない。

ある程度、ネットに接している人ならば、体感している内容なので、
思考を広げる切っ掛けにもならない、改めて読む必要もないだろう。

同じバカが表題なら、『ウェブはバカと暇人のもの』
同じニコニコ動画絡みなら、ひろゆき(西村博之) さんの
『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』のほうが読んでいて面白い。

2009年8月 4日

カメラは知的な遊びなのだ。

カメラは知的な遊びなのだ。 田中長徳 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

イイ写真って何?

著者は、カメラ好きな田中長徳さん。
カメラユーザーだけではなく、
デジカメ開発者、セールスの人間に向けられてもいる。

綺麗な写真や、わかりやすい写真が
必ずしもイイ写真ではない、というの点は嬉しい。

  • 本当に好きな写真を撮れ
  • ファインダーを見るな
  • 撮るんじゃなくて、空気を読む
  • 最初の一枚にコモッているもの
  • メモリーの量は少なく
  • RAWは使うな
  • 身体能力の延長としてのレンズ購入
  • ケータイは怪しいカメラ

合併前のスクウェアでは、新人には敢えて
低スペックのパソコンで作業をさせていた、とか。

カメラやPCに限らず、制限を設けるってことは、
新しい手順の発想に繋がりますよね。

飲み屋でのカメラ談義っぽさの中で、
昔から写真をやっている人ながらの、イイ言葉も飛び出します。

ファインダーを見て考えすぎると
物事の本質はどんどん逃げていくぞ

RAWモードって、光と時間の一回性というのもを
無視しているからつまらないんですよ。

延々と続く宇宙の時間の中で、今この瞬間の光というのは1回しかない。

著者の薄ら自慢や、写真の腕加減などを見て、
頭にくる人もいるでしょう。 場末の飲み屋で酔って口論する。
そんな読み方でイイと思います。

2009年8月 3日

戦略フレームワークの思考法

戦略フレームワークの思考法 手塚貞治 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

フレームワークに
あてはめれば
イイってもん
じゃない!

著者は、日本総合研究所の手塚貞治さん
(日本総研は、シンクタンクが主業務かと思ってたら、
システムインテグレーターがメインらしいですね)

対象読者

  • 特定のフレームワークに対して、釈然としない気持ちを抱えている
  • 周囲に「フレームワーク、フレームワーク」と煩いヤツがいる

フレームワークによって、直接答が出るものではなく、思考プロセス、
切り口、コミュニケーションツールに過ぎない、と明言されています。

著者は、フレームワークは3つのパターンに分けられ、
問題解決に繋げられる、と言います。
お陰で、数多くのフレームワークを丸暗記する必要はなさそうです。

  1. フレームワーク思考のすすめ
  2. 3つのパターンを知る
  3. 実践

中でも、二次元化思考についての解説量が多いです。

その他にも、フレームワーク作成時の裏側、名称を流行させる方法、
無理矢理な語呂合わせ等にツッコミを入れている点が、他書と違うところです。

さらに、数々のマーケティング教典(主に海外)が
題材としているフレームワークを、完結に述べていて、
話の流れで学べるので、分厚い翻訳本を読む手間が省けます。

フレームワーク一覧ガイド、というよりは、
フレームワークの成り立ちを勉強するための教科書。 読んでおいて損はないです。

2009年8月 2日

最強フレームワーク100

最強フレームワーク100 永田豊志 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

フレームワーク65

著者は、元リクルートの永田豊志さん

冒頭から、人口の減少、新興国の台頭、
無料ウェブサービスの登場、ソフトウェアの高度化・・・ と、
ネガティブな見通しを列挙して煽ってくれます。

それでも尚、現状に満足している人に、読んでいただきたい。

各フレームワークが、ジャンル分けされているのですが、
デメリットや、ツッコミ所がもっと記載されていれば、好きになったのに・・・

  1. ビジネス戦略
  2. 業務改善、時間管理
  3. マーケティング、アイデア発想

書名は大嘘で。 フレームワークの紹介は65個、
残り35個は、下記の作成法を題材としています。
無理矢理100という数字に合わせた強引感が出まくりで・・・

  1. データチャート
  2. アウトプット術

騙された、と思いきや・・・

チャート(グラフ)の種類を解説、
解析したい要素にあわせて、向いている型が提示されています。

見栄えの装飾ではなく、機能的なグラフ作成についてなので、役立ちそうです。

各ページの右下に「このフレームワークを使ってる人は
こんなものも使っています」というレコメンド機能のような、
数珠繋ぎのような項目があって、使えるかどうかは別として
フレームワーク系の書籍としては、新しい試み。

姉妹編の『革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55』
出版されています。

2009年8月 1日

web creators 2009年9月号 vol.93

web creators 2009年9月号 vol.93 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

見栄えや
仕事へのこだわり

特集、「カッコいいWEBをつくる30の条件」は、
見栄えを良くするテクニック

イメージにしっくりくるのがあるかも。

巻末特集は、クリエイターの仕事や発想のコツ
7名の方が、こだわりや仕事の姿勢を公開しています。

各々のバックグランドや、誌面では伝えきれない、
文字で表現するのは難しい、想いのようなモノを読み取れれば。

2009年7月31日

頭がいい人、悪い人のビジネスメール

頭がいい人、悪い人のビジネスメール 田村仁 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

送信ボタンを
押す前にやること

著者は、コピーライターの経歴がある、田村仁さん

ビジネスシーンに限らず、頭が悪い、とは思われたくないものです。

事例と回答(添削)という形式ですが、
一部、事例そのものに疑問符が付きます。

先方が間違っていても、そのコトを指摘しない、教育しない、
少しの嫌味も言わないという、事なかれ主義的な場面もあるので、
読んでいてモヤモヤしました。

それが真のビジネスメールだとしたら、嫌だな、そんなの。

言うべき時、相手にハッキリと言うスタンスの人は、
不愉快になるかもしれません。

取引先の力関係と態度が上で、
ビジネスパートナーとして一緒に成長する気がないなら、
このメール術でも間に合うのかもしれませんが・・・

しかしながら、本書で繰り返し述べられているのは

  1. 相手に不快感を抱かせない
  2. メールは相手の表情が見えない (対話にならない)

という点

誠意と熱意を込めつつ、不利な状況をどうにか回避する文章術と、
間違いやすい敬語集は、部分的に参考になりそうです。

2009年7月30日

竹内流の「書く、話す」知的アウトプット術

竹内流の「書く、話す」知的アウトプット術 竹内薫 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

知的な中身
本当の感情

著者は、マルチ・サイエンスライターの竹内薫さん。

わんぱくでもイイ、
たくましく表現して欲しい。

というコピーがピッタリな内容。 構成は下記

  1. インプット (本、ネット、英語、PC、聞く)
  2. 考える
  3. アウトプット (文章術、話す)

竹内さんの私生活が垣間見えつつ、
英語の学習法(竹内流使える英単語メモ付き!)や、
お薦め書籍、ニュースサイトの選び方などは参考になります。

もの凄く咀嚼してくれているので、
入門書の一歩手間の書籍として役立ちます。

小学校高学年から、中学、高校生の時に読んでおければ
良かったな、と感じました。

考えてばかりの人は嫌われる?
とかも含めて・・・

目先の欲望に囚われない。

「この人、あんまり考えていないな」
というように見える人は、
情報収集における視野が狭い場合が多いのです。

確かに情報を取り入れて分析はしているのだけれども、
全体の大きな流れが見えていない
場合が多い。

全体像が把握できていない中での断片的な情報というのは、
ほとんど意味をなさないわけです。

幼い頃、ダンボールの空き箱を使って自由に工作したり、
木を削ったり、籐を編んで工芸に熱中している自分を思い出しました。

文化祭の準備のように、ミンナで組み立てる面白さってのも好きですが、
それとは違う・・・

独りで、最初から最後まで、やりたいんだ。 やらせてくれ。
それが創るコトだ! と再認識した次第。

本書のタイトル、"知的アウトプット"というと、
ビジネス寄りなスキルのイメージがありますが、
有形無形を問わず、何かを生み出している方に、しっくりくる内容です。

2009年7月29日

「買う気」の法則

「買う気」の法則 山本直人 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

広告は
作品じゃないよっ!

著者の山本直人さんが、
「マーケティング + 人材育成」という視点で語る、広告業界の
あれから30年、この先30年

(リデザインという言葉は、好きではないのですが・・・)
マーケティングや組織の、「フォーメーション・リデザイン」や、
実際に手足を動かす、「マーケティング専門の人材とは?」について
説明されています。

併せて、下記の事柄も解析

  • 売上げを向上させてナンボ
  • ブッシュ型、プル型の主戦場
  • 情報の再設計
  • 分析→実行 (フレームワーク活用→人材登用)

そして、本書の肝は、新しいフレームワークの紹介

フレームワークに対応して、実行の部分、
つまり、適材適所の見分け方にまで届いている。 そこが嬉しい。

過去の大きな流れから、消費者が好む広告のサイクルを知る。
もしかしたら、ライバルに先んじて予測の波に乗れるかもしれません。

モノを買う喜び < お金が無くなる不安

上記をひっくり返すために、
本書で登場する、ヤマモト・グリッド(仮)というフレームワーク

著者が温めてきた内容だけに、触発されて、
既存のフレームワークを疑う癖がつきました。

著者自身も述べていることですが、ヤマモト・グリッド=ABCDモデル は、
未完成の状態なので、不足分を自分で考える必要があります。
その余白部分が、本作の最大の旨味と言えます。

2009年7月28日

バカヤロー経済学

バカヤロー経済学 高橋洋一 竹内薫 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

こっちに金回せ
バカヤロー!

何故、対談相手の本名(先生と表記されている)が出ないのか?
(敢えて名前を出さないマーケティングかもしれないが・・・)
この人物に関する当局の陰謀説は本当なのか?

バカに向かって、正直に馬鹿って言える2人の対談
(聞き手は、マルチ・サイエンスライターの竹内薫さん)

槍玉に挙がっているのは下記の輩

  • 日銀総裁
  • 官僚
  • 財務省
  • 政治家
  • 独立行政法人 (旧特殊法人/天下り先)
  • マスコミの無能ぶり
  • 有名大学の御用学者
  • あの国やアノ国

本書の効能

  • 金儲けの極意はズレ
  • 自分の特技を知る

余談としては、
安倍晋三って実はスゴかった? vs 官僚物語
(コレはちょっと新鮮だった・・・)

話の内容を信じるなら、アンタの一直線のヤバさを誤解してたよ、アベちゃん!

意識したポジショニングトークというか、
自分の客観性は、正確か?

P.243 先生:
客観的に見て分析はできるんだけど。
観測者が中に入ると答が変わるんですよ。

本書の凄さは、経済の仕組みや、
政治の(税金を回収して無駄遣いする)カラクリがわかりやすいところ。
そして、恐ろしいのが、そのわかりやすさの価値に気づき難いってコト。

不利益を自ら被るのは国民であり、矛先の原因はアナタ、つまり国民

読後のタイミングで、政治家、議員、役人、公務員を
雇っている感覚を強めたい。 それが大人だ。

是非、小学校の教科書にするべき一冊

2009年7月27日

Web Designing 2009年8月号

Web Designing 2009年8月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

Flashで変わる
ゲーム業界

特集1 「Ajaxデザイン自由自在」
使ってみたい機能はこんな感じです。

  • シールめくり
  • 階層型ドロップダウンメニュー (半透明)
  • スライドギャラリー各種
  • グラフィカルな棒グラフ

特集2 「Progressionが変える」

プログレッションは、Flashの開発環境です。
下記に該当するなら、使用をお薦めします。

  • 各ページにユニーク(個別の)URLを持たせたい
  • 階層が深い、遷移が多い
  • 外部も含めて、複数のスタッフで構築・更新する
  • 画面遷移時に何か演出をしたい

以前、実験的に使用してみましたが、
画面遷移時(切り替わる時)にフェードイン、フェードアウトさせたり
ってのが簡単にできて感動しました。

慣れるまでに、少々時間がかかりますが、痒いところに
手が届くようなフレームワークです。
ただし、習得期間以外のデメリットも考慮しておきたいところです。

例えば、ユニークURLを持たせると、SEO的に有利になったり、
ユーザーの使い勝手が向上したり、宣伝的に便利だったりしますが、
Flashのメリットでもあり、デメリットでもある、サイト全体の流れを
制作側でコントロールして演出する、(ユーザーにどんな順番で閲覧してほしいか)
という部分が削がれてしまいます。

闇雲に導入すれば良い、というものでもないので、
構成と演出を合わせた結果、判断したいものです。

そして、ゲーム会社の人に朗報です!
(ゲームクリエイター vs Flashクリエイター ~UIデザイナー戦国時代~)

Flashで家庭用のゲームが作れる「Scaleform GFx」
ってのが存在したんですね・・・

swf形式→gfx形式に変換するみたいなんですが、利点が嬉し涙モノ。

  • Flashライクな動きがデザイナー側で表現できる
    (もう、プログラマー陣から、なんやかんや言われないで済む!)
  • テクスチャにベクターデータを使用できる
    (つまり、データ量が軽くなる!)
  • 高速化した上に綺麗(特に文字まわり)

便利になって、精神的な負荷が減る分、
結局、UI周りのデザイナーのライバルが発生し、同時に仕事が増えるとゆー

2009年7月25日

ヤリチン専門学校

ヤリチン専門学校 尾谷幸憲 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

戦2.0時代を生き抜く

東スポに掲載されていた記事を加筆修正、
著者は尾谷幸憲さん

草食系男子には、あっちの席で、パセリでも喰っててもらって。
こっちの席では、生物学的に重要な事案を討議したいと思います。

主な議題は、モテ★エネルギーの相対性理論について

太古の昔、新島でブイブイいわせてた丘サーファーな大先輩にも、
山下公園をぐるんぐるん回っていた、イカした車のおにーさんにも、
江ノ島花火大会をクルーザーから優雅に観覧して、
「今夜は、モテモテだぜ!」と期待して男友達と乗り込んだら、
クルーザーじゃなくて実は漁船で・・・
さらに、モロな横波に煽られて吐きまくってた、あの時の中学生にも、
伝えたい。

前はもっと、ガツガツしてたんじゃないの?
ほとばしるエナジーは何処へ消えたの?
アンタ、そんな男じゃなかったじゃないっ?
アタシ、あの頃のアンタが好きだったのに・・・

エネルギーの源泉を探るのは、対異性ってだけじゃなく、
ビジネスでも活かすため。 (ですよね?)

  1. プライドを捨てろ
  2. カネやモノで釣らず、人間性に興味を持たせろ
  3. 割り勘 (投資→回収の心理をフル活用しろ)
  4. 強引かつ乙女チックにキメろ

モテたいってのは、千里の道の一歩目

だけど、気付いたら、刻んだ一歩目から、思わず発展して
自分磨きや仕事のスキル向上に繋がってた・・・ なんてボーナスもあるワケで。

本書に掲載されているテクニックを使って終わり、じゃなくて、
その先の地平線が見えたらイイですね。 と、そんな理論。

おまけ
本文中に紹介される仮説。 あくまで仮説

  1. 炭水化物を摂取しないと馬鹿になる!?
  2. ヨガをやり過ぎるとアホになる!?

2009年7月24日

考え・書き・話す「3つ」の魔法

考え・書き・話す「3つ」の魔法 野口吉昭 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

3つの数字が
生み出す効能

コンサルタントの野口吉昭さんが、
3つに並べた言葉の力を題材に、過去や現在の事例を解説

科学的根拠は薄いものの、昔から使われいるだけに
現代科学では解明できない何かがあるのかも・・・ よって魔術の類と言える。

単純に要素や単語を3つに並べるだけではなく、
その組み合わせも種類別に考察しているところがポイント。

報告する際に提示するコト

  1. 問題
  2. 原因
  3. 解決策

問題点だけ突っ込んだり、原因や責任だけを追及したり。
それだけではなく、大人らしく、解決策も明示するのがキモ。

時間を無駄にしない技

会議や話し合い、参加の前に決めておくこと。

あなたのキャラにもよりますが、コレが無いと、
門前払いを喰らう可能性大です。 (相手は、いちいち指摘してくれませんヨ)

  1. 目的
  2. 定義 (使用する言葉の定義)
  3. 着地点 (例:解決策は宿題にする、解決策まで決める、等)

「とりあえず、ミーティングに参加してください」とか、
「近々、お会いしたいのですが・・・」とか、お誘いを受けるのはありがたいのですが、
この情報だけじゃ、誘われた方も、引き受けるか辞退するか迷いますよね。

安請け合いすると、後々トラブルに捲き込まれます

なぜなら、一発目の連絡内容に受け手のことが考慮されていないから。
奇跡的に、その打ち合わせで何かが決定したとしても、
その後、相手を考慮しない担当者と、延々やり取りするハメになります。

こういう時、どんな言葉を返しておくのが的確なんでしょうかね・・・

  • 「先に、議題が知りたいのですが・・・」
  • 「アジェンダを教えていただけますか?」
  • 「詳細は、どのようになっていますか?」

うーん、なんか釈然としない、ボヤけた表現ですね。
なんか、コレだ、私はこうしてるヨ! ってのがあったら教えてください。

"伝える"だけで終わらせるのではなく、しっかり"伝わる"ようにする。

  1. 自分軸
  2. 相手軸
  3. 幽体離脱

上記以外にも、守破離、松竹梅、猪鹿蝶、三位一体の違いも比較

本書は、フレームワークやメール術、プレゼン、スピーチの
基礎の基礎を、まとめて勉強したい人向けの内容です。

2009年7月23日

もう一度「捨てる!」技術

もう一度「捨てる!」技術 辰巳渚  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ストックしない
メリット

著者は、辰巳渚さん。 もう内容に期待できないけど、
今回はメンテナンスの方法。

手入れに喜びを感じることができれば、
なんとかなるんじゃないか? というのが本書の趣旨

周囲のモノが不調サインを出している、
そのことを感知する自分の能力に酔ったり、
敢えてストックしないことで、"より生活している"んだな、
と強く認識する。 そんな話でした。

2009年7月22日

「暮らす!」技術

「暮らす!」技術 辰巳渚 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

足るを知る

著者は、辰巳渚さん。
最初に読んだ本の印象が悪かった。
その続編だが、今回はどうか?

まとめると、こんな感じ。

  1. 氾濫する情報(生きる上で必要の無いもの)は
    横目でチラ見するだけにしておく
  2. 誰かの"押し売り生活モデル"にハメられないように注意する
  3. モノへの最期は、自分で始末をつける

分相応の暮らしを楽しむ、という当たり前だけど、
見失いがちなことが書かれていますが、だったら、
『新・資本論 僕はお金の正体がわかった』のほうが説得力がある。

2009年7月21日

「捨てる!」技術

「捨てる!」技術 辰巳渚 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

即決せよ

著者、辰巳渚さんによる、 捨てるための考え方十箇条と
捨てるテクニック×10

整理術や、モノを捨てる関係の本を読んだことが無い人向け。

使ってない理由がきっとある
とはいうものの、読者に捨てる行為をさせるには、ちょっと弱い。

どうせなら、風水的にどうとか、悪霊が取り憑くとか、
そっち系にして脅さないと、動きませんよ。

こっちのほーが実用的
『ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門』

(風水の根源的な発想は好きだけど、まったく信じてないからっ!)

2009年7月18日

新・資本論 僕はお金の正体がわかった

新・資本論 僕はお金の正体がわかった 堀江貴文 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

とりあえず
やってみる

著者は、旧ホリエモンこと、堀江貴文さん。
お金の正体、景気、貯蓄、ローン、投資、保険、起業、
教育などについて語っています。

「お金は信用」だと明言していて、信用があればいつでも稼げるので、
貯金など必要ない、という流れには、どこか励まされます。

さらに、下記のような人なら、読む価値は倍増でしょう。

  • クレジットカード地獄
  • ギャンブルにハマっている
  • 借金漬け
  • ローンで家や車を買おうとしている
  • 保険に入ろうとしている
  • 色々考え過ぎて、行動に移せない

「アレ? なんでこんなコトにお金使ってたんだっけ?」
と、改めて立ち止まり、考えると、自分が消費していたモノや、
不安感で購入していた商品の正体が掴めます。

そして、起業した人や、独立しようか迷っている方々へ向けた
エールも読み取れます。

まずは、行動ありきの話、結局、やる人は行動するし、
這い上がる人は、何度でも這い上がってくると結論付けます。

堀江さんの斜に構えたような、ハッキリしたモノ言いに好き嫌いは
あると思いますが、単純に読み取ると、応援メッセージのような
受け取り方も可能です。

2009年7月17日

戦略思考コンプリートブック

戦略思考コンプリートブック 河瀬誠 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

右脳でボケて
左脳で突っ込む

著者は、河瀬誠さん

なぜ戦略的な思考方法を取るのか?
それは、改めて言うまでもなく、問題を解決するためである。

本書には、下記の使い方も盛り込まれているが

  1. フレームワーク一覧
    『知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100』 )もオススメ
  2. グラフ・カタログ
  3. コメント付きブックガイド

メインディッシュは、仮説を構築して問題解決
に取り組む。 というコト

実際にやることを決めるために活用できる。

自分の脳の中で、ボケのクリエイティブさと
突っ込みのロジックさを両立させることが肝のようだ。

読んで"賢くなったつもり"で終わらせるのではなく、
手を動かし、その後のアクションに繋げるための一冊

2009年7月15日

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 キングスレイ・ウォード 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

甘い手紙

死期を感じた著者、キングスレイ・ウォードさんが
遺書代わりに書いた手紙、が売り文句 (ホントかな?)

こんな父親、日本では存在しない・・・
というくらい甘ったるい。

根底に流れるテーマは、"調和"なだけに、
昨今のビジネス書と比べると、ぬるさを感じる。

お金を正しく使うには?
稼ぎ方も大切ですが、使い方によって品が問われますよね。

君が初めて手に入れる1ドルは種子だと考えてほしい。
播き方が正しく、恵み深い主のお力添えがあれば、
それは成長して、君はその翌年2ドルを刈り入れるかもしれない。

映画や小説、漫画、フィクションで素晴らしい作品も多いが、
実生活での役立ちを考えると、距離があるものも多数存在する。
楽しいからといって、その全てを追っかける意味は薄い。

この世界には学ぶべきことが実に多くあり、
小説よりもはるかに興味をそそられる事実が無数にあることを思うと、
誰かの白昼夢を読むのは時間の浪費にさえ感じられる。

姉妹編もあるみたいですよ。
『ビジネスマンの父より娘への25通の手紙』

本書(手紙)の送り先は息子。 その彼のお姉ちゃん(つまり娘)宛の手紙。
なぜ5通少ない25通なのかは謎

2009年7月14日

人生『一発逆転!』を狙え!?

人生『一発逆転!』を狙え!?  小峯隆生 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

宴会芸の心

著者は、佐藤優さんとの対談が爆笑だった、小峯隆生さん。
当人の判断基準はドキドキするかどうか。

色物ライターとしての仕事に飛び込んだ末、
様々な作家や、メチャクチャな上司との出会い、
転がりながらも駆け上がってゆく人生に発展します。

表面上はバカ話を装ってますが、
ところどころで元気を貰える。 そんな物語が詰まってます。

フリーとしての、こんな処世術も。

のちに俺は、桜木さんにフリーの存在理由を聞いた。
「編集部に無い物を引っ張ってくるんだよ、
それがフリーだ」と言われた。

雇う側としては、一時的に雇うだけなので、コストパフォーマンスが高いから 、
使い捨てができるから、というのがメインでしょうけど、
雇い主へが飛びつくような特典も、用意しておかないといけませんね。

小峯隆生さんは、徹底的に人との繋がりを活かしているように見えます。
あとは、周囲に心配がられるような、面倒を見てあげたくなるような
キャラクターってのも、結構重要なポイントでしょう。

小さな頼まれごとや、些細な仕事、運と奇妙な巡り合わせが
混ぜこぜになって、大きなウネリになったり、
下落したりする人生の荒波が描かれています。

そして、
アノ人がプライベートで絡んでくれる。 なんて初めて聞いた・・・

おっと、
ここで書いてしまうのが、もったいないほどの有名人が多数登場します。
揚げ句の果てに、重鎮 (司馬遼太郎)までも飛び出す始末・・・

読後感としては、本書のタイトルのように、狙っていけるようなモノじゃないと、
強く感じました。 まったく、ハチャメチャ過ぎてスゴイ

2009年7月13日

プロフェッショナル進化論

プロフェッショナル進化論  田坂広志 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

主題と方法を
振り返る

著者は、田坂広志さん。
文字量の少ない大前研一さん"のようなもの"
と捉えるとわかりやすい。

本書で述べられているように、書店に並ぶ本から、時代の流れを読む。
というのは、大切ですね。 ネット書店での購入は便利ですが、
書籍の流行から、時代の方向を察知するという点について劣る気がします。

テーマ(主題)とメソッド(方法)の棚卸しと書いてありますが、
テーマの部分を、モチーフ(媒体)に差し替えてみましょう。

例えば、ネットでモノを売る商売の場合、
サイト構築などの技術に精通していることを
モチーフ(動機や思想、題材という意味もアリ)とすると、
実際に売るという部分は、宣伝や消費者心理など別な技術、
つまりメソッドになります。

モチーフは技法や流儀といった意味合いもあるので、
メソッドやアプローチといった言葉とも近いですね。

そして、ここから掘り下げて、
「なんのために、このメソッドを使ってるんだっけ?」と考えると、
ここでようやく、「お金儲けしたいんじゃん」というテーマ(主題や動機)が観える。
(裏テーマや、大テーマと呼んでもイイですネ)

今までのやり方を分析した時に、
自分が見えていなかった裏側が観える、というのが大切なのです。

2009年7月12日

ヨーロッパ退屈日記

ヨーロッパ退屈日記 伊丹十三 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

辛辣を愉しむ

故 伊丹十三さんが若かりし頃、
ヨーロッパを旅した時の手記です。

『マルサの女』『ミンボーの女』『スーパーの女』の監督としての
彼しか知りませんでしたが、俳優、デザイナー、イラストレーター、
さらに作家としての顔もあったんですね。

ヨーロッパの国々の好きな点、嫌いな点、
それに呼応して再認識される日本の良さ悪さ。

そして何より、少々毒の盛られたユーモアで、正当な服装やマナー、
グルメ話、酒をベースにして、嫌な人間、粋でない人々を分析します。

金持ちの優雅さと、貧乏人の僻みが入り混じってなんとも愉快、辛口な嫌味の数々

憧れの大人ってのは、こんな風なカウンターパンチをサラっと放って、
なおかつ、場の空気を汚さないのでしょう。

本書を、どのジャンルに分けるか悩みました。
グルメにするか、生活習慣にするか、小説でもイイような気がするし・・・
でも、やっぱり、愉快な文体に学ぶべきことが多そうなので、
文章術に入れちゃいました。

人をクスっと笑わせるような文章はこんな具合。
皆さんの周りにもいる、恐ろしいことにあなた自身かもしれない、こんな方々・・・

車を持っていない筈だのに、
あるいは、ダットサンに乗ってる筈だったのに、
どういうわけか、ベンツのマークのネクタイ留めをしている。
(これはミドル・クラスだねえ)

ただし、ベンツに乗ってる奴が、
ベンツのマークのネクタイ留めをしてたら、
もっとミドル・クラスだろうが。

※用語解説 「ミドル・クラス」
本書では、庶民が背伸びしてワケもわからず、本質を見失って
上流階級を目指している様子を指す。
当然、小バカにした蔑称 みんなの職場でも流行らせよう!

スキーには、一度だけ行ったことがあるという。

「あそこのCコースってのがあるでしょう。
あそこでね、行った日に初めてスキー履いてね、
いきなりチョッカッちゃったんだけどね、
何しろ停まれないの、曲れないでしょ、
ウワーどいた、どいたってどなりながら、
もろにブッシュに突込んじゃった。

したらね、お前みたいな心臓見たことないだって。
でもね、素質あるっていわれましたよ、ボク」

ヤレヤレ、初めてスキーを履いた人には誰でも
「素質がある」っていってあげるものなんだ。

※用語解説 「チョッカる」
スキーやスノーボードで、直滑降(真っ直ぐ滑り降りるので最高速が出る)で
滑るスタイル。 スピードが出ても、確実に停止できるという条件が付随するため、
シンプルながら上級者の技。
対義語はスキーならボーゲン、スノーボードなら木の葉落としなどなど。

ちなみに、上級者がこの言葉を自慢気に発している場面には遭遇したことがない。

麻雀で大きな手をやっている時、人が安く上がると、
自分の手を倒して説明しないと気が済まない。

ホラ、ちょっと、見てよ
イーシャンテンで、チンイツトイトイ、三アンコにドラ三でコツコツ、
親の倍満逃しちゃった。

いや、親のダブル倍満かな、チンイツでしょ、トイトイでしょ、
三アンコにドラ三のコツコツと、こりゃやっぱりダブル倍満だ、
うわぁ、親のダブル倍満逃しちゃった
三万六千点、千八百円」

一体、男の誇りはどこにあるのか
男ならやせ我慢で押し通すべきではないか。
忍の一字、これがダンディズムというものではないか。

「ウワァ、千八百円」とは一体どういう了簡かね。
とてもポーカー・フェイスどころではないのである。

※用語解説 「倍満」(ばいまん)
高得点のこと 安く上がろうが高く上がろうが、最終的に1ゲーム内での
総合得点で勝敗が決まるものなので、数値上は、どちらがイイ悪いってのは無い。

ただし、麻雀では"安く上がる派"(ハト派)と"高く上がる派"(タカ派)が
真っ二つにわかれ、160年以上も論争が続いている。

"安く上がる派"の言い分は、「勝てば官軍」
"高く上がる派"の言い分は、「麻雀の醍醐味をわかってない」

これによる殺人事件も起きてるハズですよ、きっと。

2009年7月11日

デザイナーへの道を知る 30人の言葉

デザイナーへの道を知る 30人の言葉  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

低確率で
発見する言葉

『デザインの現場』に掲載されていた記事に加筆
(駆け出し時代への自分宛メッセージ付き)

本書は税込みで2,100円なんですけど、
デザイナー30人中、自分に役立ったのは(多く見積もっても)2~4人ほど。

単純計算で、140~280円分の価値や言葉があった。

  1. カッチリ決めると逃げるモノ
  2. 誰かが観ている
  3. チャンスは2度と来ない
  4. デザインが消える刻

聞き出し方が悪いのか、何なのか。
デザイナーの『プロ論。』としても、ほど遠い。

時間が経てば、視点も変化し、
受け取るメッセージも変わるのかもしれないが・・・

2009年7月10日

アンディ・グローブ

アンディ・グローブ リチャード・S・テドロー 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

活力と管理
戦略は行動

是非、トム・ハンクス主演で
アンディ・グローブの半生を映画化して欲しい。

アメリカ育ちでも、おぼっちゃんでもなく、
戦火から逃れて亡命してきたという、深いバックグラウンドがあり、
その環境は彼の強みにどう影響したのか? 探りながら読まずにはいられない。

著者のリチャード・S・テドローさんは、物語を書くプロではないため、
地域情勢や背景を細かく描き過ぎていて、
上巻の前半、下巻の後半がかなり冗長 (おまけに日本語訳のリズムも悪い)

上下巻を読んでも、
楽しめるのは1巻分なのが残念なところ。

面白くなってくるのは、上巻の4章、新天地のアメリカに渡ってから。
しばらくすると、スティーブ・ジョブズも出てきます。

1978年、アンディ・グローブは、アップルコンピュータの
取締役を頼まれますが、断ってます。
もし、就任していたら、アップルはどうなっていたのか?
(多分、ジョブズと大喧嘩してただろうけど・・・)

相手の提案や相談は遠回り?
(なんか、女子のショッピングに付き合ってるみたいな法則)

アンディ・グローブ

人々はすでに答えを持っている
のではないでしょうか。

そして事実をうまく揃えて、正式な意思決定プロセスをとおして
自分の意見にお墨付きを得ようとするのです

アンディ・グローブは生まれつきの天才というより、
勉学に関しては秀才タイプ
(凡人からすると相当の頭脳だけど、周りに天才がいすぎた)

しかし、周囲の環境と、自らを変化させることに努力する点、
集中力を維持することに関しては、完全な天才型といえる。

幼い頃から、死神に付きまとわれてきた彼は、
その時に得た不安と恐怖を、経営に存分に活かしていて、
心配性の人が読んだら、それだけで胃が痛くなったり、
心臓が止まったりする出来事が多々描写されている。

そんな試練を、読みながらトレースし、
市場支配力に繋がる自社開発の重要さ
学べるのは大変ありがたい。

自社開発というと、どうしても目に見える商品にいきがちだが、
独創的な企画、アイデア、物語など、手に取れないもの、
目には見えないモノにも該当する。

スティーブ・ジョブズも、ビル・ゲイツも、
アンディ・グローブも、執拗さを持った狂人といえる・・・

そして、彼らに対し共通して抱く感想は、
彼らそのものになってみたいが、
彼らと一緒に働くのは、マッピラご免、だということ。

本書に出てくる、IT界の有名人を、自分の上司にあてはめて、
自社や自分の行く末を想像する楽しみ方もできる。

インテルの創生期、アンディ・グローブは技術方面に興味が
あったんじゃないかな。 それでも、マネージメントが必要で、
やれる人材もアンディ・グローブしかいなかった・・・

本人曰く、

どれだけ報酬をもらったとしても、
立ち上げ期のあの苦労だけは二度としたくない

これほど過酷な期間で、アンディ・グローブが得たスキルには相当の価値がある。
日々の心情を、業務日誌から読み解きたいところだが・・・

主役目線と観客視点を同時に使いこなす才能は垣間見えるが、
アンディ本人が書いているわけではないので、
終始アンディ・グローブとインテルの分析になってしまう。

対象読者としては、アメリカでのパソコン関連企業の歴史に興味がある人。
それならば、挫けずに読み進められそうだ。
(皆さんもご存じの、アノ会社のトップとのゴタゴタなんかも盛り沢山)

マネージメントを学ぼうとするならば、先日紹介した
『インテル戦略転換』のほうが、より参考になる。

本書から、教訓として活かせるのは、
大企業病に蝕まれたIBMのとんでもない失敗であり、
世界的な大富豪になった人々でも、
どんなに優れた頭脳が集まっている大企業でも、
未来は、まったく予測できない
ということに尽きる。

2009年7月 9日

ゲームニクスとは何か

ゲームニクスとは何か サイトウ アキヒロ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

人を夢中に
させるには?

著者はゲーム作りに関わってきた
サイトウ アキヒロさん

家電やATMといった、操作性が悪い代表を例に出し、
他とは違うユーザビリティ (使い勝手)を持ち、
独自の評価で進化してきたゲームとゲーム業界を探る。

本書で分析されている、
ストレスと快感を操るテクニックは、
他業種でも役立ちそうです。

必要なのは制約

  1. 直感的なユーザー・インターフェイス (使いやすさの追求)
  2. マニュアルなしでルールを理解してもらう (何をすればいいのか迷わない)
  3. はまる演出と段階的な学習効果 (熱中させる工夫)
  4. ゲームの外部化 (現実とリンクさせて、リアルに感じさせる)

ウェブサイト(ゲームコンテンツを除く)だと、1と2までは達成できても、
あまり、3と4は意識していないのではないでしょうか。
だからこそ、試してみる価値はありそうです。

使いやすく、さらに使いこなせるというのがポイント

ユーザビリティというのは、使用者であるユーザーと
一瞬しか関わらず、それによって、その製品なりサイトなりが判断されます。

しかし、"使いこなせる"または、"使いこなしたい"という部分は、
日常に入り込める仕組みであるとか、
シンプルながらも奥行きがありそうだとか、操作系も含めた、
コンテンツの幅や遊びの必要性を意識させられます。

ココを押さえておくことにより、一度観ただけで終わり、
というのではなく、中毒性を持ったコンテンツ創りに繋げられそうです。

2009年7月 8日

インテル戦略転換

インテル戦略転換 アンディ・グローブ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

気配の無い敵に
襲われる恐れ

アンドリューとかアンドルー・グローヴとか表記法は数あれど、
インテルの立役者、アンディ・グローブさんの危機管理論です。

インテルというと、パソコン関連のメーカー?
CMで名前を聞いたことがあるような・・・ ないような・・・ といったところでしょう。

インテル製品を単体で購入する人は、PC好きな人くらいですが、
皆さんが使っているパソコンの心臓部も、きっとインテル製です。

さて、この会社、日本との因縁も深く、
80年代に日本起業の猛追を受けて、事業転換するハメに。

がしかし、日本に追い回されたコトが転機となり、
会社を拡大してゆきます。

壮大な決断のプレッシャーと、修羅場をくぐり抜けてきたからこそ、
論理的思考と、感情の挾間を体感している著者。

それだけに言葉に説得力があり、経営が好調な企業も、危ない会社も、
好景気でも、不景気でも、いつでも読めるのが本書の素晴らしいところです。

何故かNTT横須賀研究開発センター図書館から流れ着き、手元にありますが、
1996年(13年前)に書かれたものが参考になるのでしょうか?

現在の日本の状況は、説明するまでもなく、中国やインド、
その他諸々の国から追い回される立場に変わっています。

今だからこそ、インテルが崖っぷちに立たされた時の教訓が、
活かせるハズです。

原書のタイトルは 「Only the Paranoid Survive」
「病的なまでの心配性だけが生き残る」

本書の中心は、"何かが変わってきた"という流れを
察知できるかどうか? この一点に絞られていて

日々の些細な出来事から、長期的な落とし穴を感知したり、
偏執症ならではのアクションが描かれています。

さらには、自社の戦略を練るにあたり、ヒントも盛りだくさん。

  1. 無闇に差別化しない (互換性を大切にする)
  2. 最初に行動を起こす
  3. ユーザと自社にとっての適正価格をつける

不安定な将来に対する備えのスキル

  1. 心配性である
  2. 情報を追い続ける
  3. 成功の惰性に気付く
  4. 専門性を派生させて手広く展開させておく
  5. 社長に届く情報は、すでに手遅れな事態である

どの程度資源を割くか? どのくらい手広くしたほうが良いのか?
単なる分析ではなく、実体験と実企業から著者が学んできた
失敗や成功をベースに記述されています。

対象読者としては、
経営者、幹部、管理職、一般社員・・・ 全て。
肩書きやポジション、部門を問わず、読んでおくべき一冊です。

2009年7月 7日

僕が2ちゃんねるを捨てた理由

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 ネットビジネス現実論 ひろゆき(西村博之) 土屋敏男 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

自力で餌を
探しに行く

巨大掲示板、2ch(にちゃんねる)の元管理人
ひろゆき(西村博之)さんがネットビジネスと広告、
テレビ、他媒体の関係について語る。

現実的な部分をズバっと言ってくれるところがイイ

タイトルに縛られず、2ちゃんねる以外の話が多く、
(タイトルが、どうにも内容と乖離したのかは、あとがきで)
2chの譲渡やクラウドコンピューティング、フィルタリングあたりも
気になる人は参考にしつつ、愉しそうなのは下記

  1. ネットと広告
  2. テレビはもう、死んでいる
  3. ひろゆき×土屋敏男(『電波少年』を作った日テレの人) 対談
  4. ルーツ・オブ・ひろゆき

読者の対象として合致するのは、こんな方々

  • コンテンツ制作者 (ネットに限らず)
  • web2.0やクラウドコンピューティングなどの定義がわからない人
    (創作されたネット用語に騙されないために・・・)
  • 子供に携帯やパソコンを与えてイイのか迷ってる親

ちなみに、賢い人と、バカな人の違い、見分け方も載ってます。

ネット時代の真っ最中ですが、日本での出没の流れはこんな感じでしょう。
新聞・書籍・雑誌→映画・ラジオ→テレビ→ネット→?

「?」の部分がこの先、電脳直結(テレパシーのようなもの)になった時、
改めて本書を読んでも、何か新しい発見があるような気がします。

土屋敏男さんの言葉は、自分が作り手として面白いか?
結果として人を楽しませることができるのか?
ということを、"常に変化"を軸として捉えています。

P.184
数字を追っていってしまうと
物事って変わらないんだよ。

P.184
本質を見ないで枠だけ見てるんだよね。

そして、本質っていうのは、やっぱり作り手の
執着心、狂気だったりするんですよ。

ネットビジネスや最新ネット技術ではなく、
ネットコンテンツのスペシャリストの存在についての話は、
一儲け企んでいる人へのヒントになりそうです。

2009年7月 6日

SALUS 2009 7月号 vol.100

SALUS 2009 7月号 vol.100 東急沿線スタイルマガジン サルース 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

フリーペーパーで
学ぶ 日本語講座

東急沿線スタイルマガジン「サルース」というフリーペーパー
(東急沿線の駅や、東急系のスーパーなんかに
置いてあると思います)

特集が「にほんご心得帖」と題してあったので手に取る。
ページ数が少ないながらも、内容が充実していたのに驚き。

  • 間違いやすい慣用句
  • これからの謙譲語、敬語
  • 日本語上達書籍の紹介

下記、今まで勘違いしてました・・・

  1. 「愛嬌を振りまく」 "愛想を振りまく"は間違った使い方
  2. 「怒り心頭に発する」 "~達する"は誤用
  3. 「さわり」 中心となる見どころ、聞きどころ(出だしという意味ではない)
  4. 「豹変」 はっきりと誤りを正すこと。
    (態度や考え方が瞬時に変わることではない)
  5. 「憮然(ぶぜん)」 失望してボンヤリしている様子
  6. 「やおら」 ゆっくりとした動作

いやぁ~ 勉強になります。

2009年7月 5日

続「超」整理法 時間編

続「超」整理法・時間編 野口悠紀雄 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

脱・時間貧乏

著者は、『「超」整理法』でお馴染みの、野口悠紀雄さん

アウトプットの質を調整するテクニックは、
他人や未来の自分が、最低限把握できるほどのレベルで線引き。
今風に言うと、ベータ版

一番知りたいのは、
「時間泥棒の見分け方」といったところでしょう。

電話をかけてくる人に限って、仕事がデキない罠
さらに留守電に、どんなメッセージを吹き込んでいるかによっても、
相手の事務能力がわかります。 マジでわかります。

以下は、ファックスに限らず、メールや電話でもいえる法則

P.104
必要事項がうまく整理されて箇条書で的確に書いてある場合、
相手は信頼してよい。

インタビューを受けても、こちらが啓発される場合が多い。
共同作業をしても、得るところが多いだろう。

これに対して、余計なことが長々と書かれているファクスは、
えてして連絡先、日付、会合場所など肝心の事項が落ちている。

また、こちらの名前を間違えているのもある。
こういう相手は、要注意である。
後でトラブルが起こることが多い。

ファクス一枚を見れば、相手の事務処理システムの全貌が把握できてしまう。

本当のコトを教えたい、という心理を突く。

P.199 シャーロック・ホームズ

知りたいことを聞き出すこつは、こちらのいうこうとに
異議を唱えさせることだ

質問や、モノの聞き方が上手い人って、事前にある程度調べてきていて、
「自分はココまで調べて、その結果こう思うんだけど?」
という疑問を目の前に提示してくれます。

そうすると、こっちもソコを起点にするし、応えやすい。
(こちらの時間を奪う以上、前もって、自力で何かを調査してくる姿勢
ってのは、精神的にも高評価です)

2009年7月 4日

どうしても「許せない」人

どうしても「許せない」人 加藤諦三 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

誰かのせいに
していませんか?

著者、加藤諦三さんの個人的な怨みも同梱しつつ、
"質が悪い人"の定義を探る。

断言している箇所の根拠が薄く、
論理的に破綻している部分が多々あるものの、
その言い切りの中に、納得できるコトも発見できます。

誰しも、"許せない人"の100人や200人は、いるかと思います。

下記のような輩が周囲にいるならば、読んでおくと
落ち着き方が身に付くかもしれません。

  • 騙す
  • 無茶な要求を繰り返す
  • 都合よく利用しようとする
  • トラブルメーカー

許すべきコトと、許してはいけないコトの境目をハッキリさせる本書
気付かぬうちに、憎しみを抑圧していないか?

見えないように、うっすらと、そして
徐々に悪いコトを仕掛けてくる相手に、どうやって対処するか?

P.78
ずるい人には「心の痛み」がない

貴重な時間とエネルギーの浪費

P.104
相手を捕まえて非難しようと思う人もいる。
この場合、それに費やされるエネルギーは、
その状況にアンバランスなほど大きい

あなたが嫌っている相手がいるとして、
その相手も、あなたのことが嫌い、の法則

P.107
自分が周囲の人に敵意を抱いているのに、
周囲の人が自分に敵意を抱いているように思う。

しかし、それは違う。 自分の中の敵意を
周囲の人を通して見ているだけである。

身勝手な欲求や要求の内容は問われていない。
いくら正論でも、一度捨ててみることが必要だ。

P.108
自己中心的でわがままな人は、
自分の身勝手な欲求を押し通そうとするから、
周囲の人が妨害者に思える。

器をデカくするには?

P.129
人は理屈で、人の上に立つのではない。
心で人の上に立つのである。

自分自身に対する不公平を許せることが、人の上に立つ器量である。

結局のところお得なのは、自分が変わること。

P.105
自分が変わっても、世の中の現実は変わらない。
しかし、自分が変われば世界は変わる

2009年7月 3日

野蛮人のテーブルマナー

野蛮人のテーブルマナー 佐藤優images/mat/  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

接待費を
誰にいくら使うか?

佐藤優さんの連載が書籍化
掲載していたのは、一瞬で藻屑となった月刊誌「KING」

下記のコトに触れているが、
具体的に掘り下げて、詳細なスキルを披露しているわけではない。

  • 誰に、いくら接待費を使えばよいか?
  • 情報を引き出す
  • ニセ情報に騙されない
  • 状況説明と、感想を付け加える違い
  • ロシア人を喜ばせる酒の飲み方

著者が体験した出来事と織り交ぜて書かれているので、
即効性のあるハウツーというよりは、物語を読むイメージが正解だ。

書籍タイトルからは想像していなかったけれど、
「AV (アダルト・ビデオ)業界に学ぶ
組織論」
が興味を惹く。 いや、純粋に組織論としてね・・・

"AV嬢 & 恐いお兄さん"というか
"AV嬢 vs 恐いお兄さん"と表現したほうが的確なのか。

AV業界といった、ある種確立されている循環システムを、
経済性や組織構築にあてはめる、不真面目かつ真面目な内容。

佐藤優さんと、名物編集者の小峯隆生さん(宅八郎とモメてた人)
という方の対談ですが、発言はピーって音が頻繁に入るような具合、
大変不埒で面白い。

2009年7月 2日

web creators 2009年8月号 vol.92

web creators 2009年8月号 vol.92 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

撮影術基礎

プロマネやディレクターが必要とする
スケジュール管理のための、
ガントチャート作成ツールをチョットだけ紹介。

後半は、写真撮影とその後の補正テクニックなので、
カメラの専門誌や、撮影テクニックを扱った書籍を読んでいない人向け。

ActionScript 3の連載は、掴んで放すマウス操作系

2009年7月 1日

勝てる広告営業

勝てる広告営業。―50のキーワードで知る 戸練直木 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

普通のコトを
ちゃんとやる

著者は、風とバラッド系列の戸練直木さん

基本的な事柄を標語形式にして並べ、
著者の実体験を交えて解説している。

他のビジネス書で取り上げられている
営業や人脈維持の方法を学んでいない人向けの、入門書的書籍。

2009年6月30日

ヤクザに学ぶ できる男の条件

ヤクザに学ぶ できる男の条件 山平重樹 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

デキる人も
デキない人も
気をつけるべき
落とし穴

著者は山平重樹さん。

義理や仕事を果たす、といった人間の器量や、
組織の長としての気構えを、様々な事例で紹介

飲む、打つ、買う(酒、博打、色恋遊び)の全てに
入れ込んでいると、足元をすくわれるという。
(どれか2つまでならOKとゆーのが、本書の良いところだっ!)

身を持ち崩す理由は、どの世界でも同じ・・・

  • ギャンブル
  • 借金
  • クスリ

組織を治める人に必要な3つの力

P.185
リーダーに大事なのは 目配り 気配り カネ配り

3番目は、疎かになりがちですよね。 よくわかります。

青幇(ちんぱん)の杜月笙(とげつしょう)さんを取り上げた話の流れで、
悪事を容認する言い訳にもなりそうな文章だが、
すくい取るべきなのは、何事にも自分自身の判断基準を持つべきだ、ということ。

P.226
悪は闇の社会にあるのではなく、
老いた祖母と親のない子どもを飢えさせる貧しさのなかにある。

善悪の判断は世の中の倫理道徳にあるのではなく、
自分自身の胸の中にある。

2009年6月29日

16歳の教科書2

16歳の教科書2 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

勉強と仕事の
結節点

ちょっと前に、数学のサイン、コサインに苦しめられました。
数式や曲線としてじゃなくて、あっ、こーゆー時に使うのね。
と、長い年月を経て、ようやく腑に落ちての理解。

前作『16歳の教科書』では、各教科の有用性について
掘り下げていましたが、続編の本作では、
そもそも、勉強って役に立つの? という大テーマ

  1. 綾戸智恵さん (ジャズシンガー/40歳でプロデビュー)
  2. 正垣泰彦さん (サイゼリアを大学在籍中に開業)
  3. 西成活裕さん (渋滞学の提唱)
  4. 水野和敏さん (日産GT-R 開発責任者)
  5. 李相日さん (映画監督/フラガール)
  6. 鏡リュウジさん (占星術研究家)

各々の体験を通して、下記のことが学べます。

  1. 突破するために準備するコト
  2. サービス業とは? サービスから得る喜びとは?
  3. 数学の強さと諦めない粘り強さ
  4. 適職とストーカー心理の共通点
  5. 歩み寄りとイメージの具現化
  6. 占いのポジティブな使い方

1時限目 綾戸智恵さん

「自分の人生を動かす」
思い立ったらスグ、行動に移す重要性についても語ってくれます。

P.16
人生って、大事なドアは自分の手で開けなきゃいけないの。
黙って待ってても誰も開けてくれない

自分で開けないと「向こう側」には行けないの。

才能や、自己表現について。

P.41
大切なのは「一生懸命生きること」なのよ。
生きていれば、表現するものの中に
その人の人生が映し出されるの

5時限目 李相日さん

できそうで、なかなかできない・・・

P.179
まずは自分から歩み寄ることです。

役者さんやスタッフそれぞれの性格を知って、
その興味や考えを知る。

僕自身のプランや意図を理解してもらうのは、
そのあとですね。

特別講義の6人が16歳の頃、学校の勉強が嫌い、みんなと同じコトが嫌いで、
"普通"というキャラクターからは逸脱していた様子。

本書を読んで、「自分はそんなに風変わりじゃないから・・・」
といって不安になるかもしれませんが、繰り返し言われる

  • 好きなこと
  • 与えること
  • 疑うこと

上記を、身に付けることができれば、"普通"という概念が
目に見えない、存在しないものであることに気が付くでしょう。

2009年6月28日

仕事ができる人の論理的に考え、書く技術

仕事ができる人の論理的に考え、書く技術 小野田博一  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

何が
あなたの文章を
支えているのか?

著者は小野田博一さん

論理的に文章を書く技術を学んでいなかったり、
文章術の書籍を読んでこなかった人向け。

文章とマンガで解説されていて、作例もシンプル。
大変わかりやすいので、中高生~若手の新入社員にも、オススメできる。

2009年6月27日

4時間半熟睡法

4時間半熟睡法 遠藤拓郎 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

4時間30分
寝れば大丈夫

6~7時間あたりの睡眠時間が平均みたいですが、
残り少ない人生、寝て過ごすのもなんですよネ?

著者は遠藤拓郎さん。 タイトルそのままがアンサー

1時間半単位(90分の倍数)で寝ると、
脳にも目覚めにもイイと聞きますが、
何故、3時間睡眠じゃダメなのか? その理由も列挙。

どーして眠くなるの? といった身体のメカニズム解説と、
仮眠のタイミング、夜勤が多い方向けに、睡眠時間の調整法まで
載っているのも嬉しい。

2009年6月26日

すごい議論力!

すごい議論力! ロバート・マイヤー 内田和成 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

"意味のある勝ち"
を手に入れる方法

  • 著者 ロバート・マイヤー
  • 訳・解説 内田和成

議論や討論には勝ったけれど、精神的な利益
(論破してやった! 言い負かしてやった! 超気持ちイイ~!)
だけが手元に残り。

  • 初期に双方が思い描いていた理想と、かけ離れてしまった・・・
  • そんなつもりは無かったのに、つい喧嘩腰になってしまった・・・

幾度か、そんな経験がある人ならば、
本書のありがたみは倍増するはずだ。

議論好きや、クレーマー体質の人は、頷ける箇所もあり、
反省すべき点もありで、自省しながら読み進めるのはツライところだが、
相手の本音と建前が区別できるようになったり、
話の真意はどこにあるのか探知できるようになれるのは、理想的な姿。

なぜ、あなたが遭遇する相手は、
わからず屋で、融通が利かず、頑固なのか?

P.13
双方が自分の立場を死守し、
自分の意見を変えることをかたくなに拒絶する。

人間心理と交渉決裂の関係

P.27
あなたが持論を盾に強行突破をこころみればみるほど
相手は身構え、可能な限り陰険なやり方で
あなたの持論の根拠を突き崩そうとする。

P.33
人は「知っていること」を過信し、
自分の「知らないこと」を軽視する傾向もある。

大切なのは、自分の熱意や、相手に近付こうとする態度

P.61
議論において、過ぎたことにこだわる理由はただひとつ、
相手に批判するために他ならない。

「議論の目的は間違いを認めさせたり
謝らせたりすることではなく、合意を形成することにある」

「合意できなかった理由」ではなく、
「どうすれば合意できるか」に的を絞る。

「正しいコトを言っているように聞こえる。 けど・・・」
と含ませ気味に受け取られるより、
正しいと納得してもらうために何ができるのか?

個人の好みや性格が多様化している社会だからこそ、
トラブルの頻度や種類が増えていると思う。

一時の快楽で双方が破滅に向かうのではなく、
新たな道を模索する方法を、是非学んでおくべきだ。

2009年6月25日

本田宗一郎の見方・考え方

本田宗一郎の見方・考え方 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 明日への仕事

トヨタとの確執、
中島飛行機 (後の富士重工業/SUBARU や
日産など)との取引の流れ。

他にも、下記のコトが学べる。

  1. ホンダ流、"2階に上げて梯子をはずす"方式
  2. 超体験主義者
  3. スピードとサービス精神

ホンダを語るうえで外せないのは、
本田宗一郎さんと、盟友の藤澤武夫さんのコンビ。

これ以上の関係性を作るのは、
世界の有名企業でも難しいと思われるほど、羨ましい関係だ。

二人の間で交わされた取り決めは、
欲望が邪魔して、到底自分ではできなそうだな、と感じる。

ホンダという乗り物(会社)にまたがって、
駆け抜けた日々が目の前に広がる。

こちらも併せて一読あれ。
本田宗一郎 wiki

本書を読んでいると、本田宗一郎さんは、
他人を褒めるのが苦手な照れ屋さんだと見受けられるが、
引き際に見せたこんなシーン。

本田「まあまあだな・・・」

藤澤「そう、まあまあさ」

本田「幸せだったな」

藤澤「本当に幸せでした。 心から御礼を言います」

本田「俺も御礼を言うよ。 良い人生だったな・・・」

遊びと仕事の線引きなどできず、
一時代を駆け抜けた2人の男の話に目頭が熱くなる。

2009年6月24日

完全網羅 起業成功マニュアル

完全網羅 起業成功マニュアル ガイ・カワサキ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

他とカブらない

著者は、「アップルコンピュータ → 色々あって →
ベンチャーキャピタル (未上場企業に投資を行う会社)」
という経歴を持つ、ガイ・カワサキさん

大小問わず、新規事業の立ち上げ前に読んでおいて損はない。
だが、本書の半分は、資金調達やそれに付随するプレゼンテクニックなどに
費やされているので、日本で起業する方々に
全てのページが役立つワケではない。

社内向けの標語(マントラ)と、
お客様向けの"うたい文句"(タグライン)の違いを明確にする。
混同しがちなので重要なところだ。

頭の良い人が、ついウッカリやりがちな
長ったらしい事業計画書や理念、ミッションステートメントなんてウンザリ・・・

だとすると、ここから練り直さなければならない新規事業が多々あるだろう。

建前 vs 本音
そして、言うべき答

投資家や面接者に言わなければならない模範解答が記載されている。

投資家からどうやって、お金を引っ張るか?
ベンチャーキャピタルの心理が覗ける。

個人宛のニーズを明言する前に・・・

P.67

  1. あなたの製品・サービスを使っているときの「顧客体験」を
    ワンパラグラフで記述する。
  2. 顧客に頼んで、あなたの製品・サービスを使っているときの
    ようすをワンパラグラフで書いてもらう。
  3. ふたつを比較せよ。

下記のようなスキルも理解できる。

  1. 短い時間での売り込み方法
  2. ビジネスパートナーと、いつでも契約解除できる緊張感
  3. 人材採用の奥義

シンプルで最も困難なコト。

P.222
アイデアは簡単です。
難しいのは実行です
そこにこそお金が落ちています。

何故実行に移さないのか?
自分自身で思考する切っ掛けになる。

2009年6月22日

現代人のための瞑想法

現代人のための瞑想法 アルボムッレ・スマナサーラ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

迷走している人の
瞑想法

周囲が自分の理想と違う、
思った通りに動いてくれない。

幼い頃って、こんなに悩んだり、怒ったりしてたっけ?
というトコロから、話は始まる。

逆元気玉 瞑想法

慈悲の瞑想 (サマタ瞑想のひとつ だそうだ)
自分や周囲の人、生き物などが全て幸福であるように念じる。

ドラゴンボールで例えると、「元気玉」
(生きとし生けるものから、ちょっとずつエネルギーをわけてもらう技)
の逆バージョン。 こっちが与えてあげるイメージ

思考しない 瞑想法

ヴィパッサナー瞑想 (感情を生まない瞑想法)
感情を捨てる。

例えば、音楽や雑音を聴いたり、
人の言葉の意味を感じたり (考えたり) するのではなく、
単なる「音の発生」としてとらえる。

真実、悟り、ブッダの話とかは脇に置いて、
瞑想法の具体例だけを読んでもイイ。

実際試してみたら、落ち着きを得られた。

2009年6月21日

Power up Your Life

パワー・アップ・ユア・ライフ 力強く生きるためにブッダが説いたカルマの法則 アルボムッレ・スマナサーラ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

自分で操縦する

  • パワー・アップ・ユア・ライフ
  • 力強く生きるためにブッダが説いたカルマの法則
  • 著者:アルボムッレ・スマナサーラ

「何故?」に対する回答が曖昧なので、信憑性は低いが、
精神エネルギーを浪費しない過ごし方が、身に付くかもしれない・・・

行為や、存在そのものを愉しむために。
行為と結果の因果関係を、スマナサーラおじさんが解説

積み重なる粒子のカルマ、蓄積されたエネルギーは
どのようなカタチになって、発散されてゆくのか?

自立するということ。

P.111
どうでもいい感じで流されるままに生きることを、
ブッダは厳しく戒めます。

「一つひとつの行為に慎重に責任を持って、
判断して行動するように」と言われます。

そうすると頭がいつでも明晰で理性を保てます。

常にものごとを判断して
「これはこういうわけでやります」
「こういうわけでやりません」と言える。

理性的な生き方を推薦しています。

「生かされている」というフレーズは人気があります。
そのような実感もあります。 しかし、仏教では
「生きている」と言えるようにと薦めます。

肉体という器の状態。

P.116
身体という物体はかわいそうで、
心にいじめられて苦しんでいます。

ですから、唯物論に洗脳されている状態を
少しの間でも休息して、客観的にものごとと命を観察すると、
「身体」と「心」は別なシステムであることも、
「心」が優先であることも、簡単に理解できるのです。

自分や他人へのお節介が、こんなことに・・・

P.159
人間はよかれと思って悪いことばかりをして、
せっかくの人間生を棒に振るのです。

精神と貴重な時間を、何に使えば良いか?

P.166
幸福で生きるために、怒り、憎しみ、競争、争い、攻撃、差別、搾取などの
よけいなことを導入して
よけいな問題をつくって、よけいに苦しんでいるのです。

未来に対する、都合のイイ勘違い。

P.259
我々は将来を予測するのではなく、
将来はこうあってほしいという自分の希望、期待を
将来の予測だと勘違いしています。

一瞬を大事にしつつ手放す。 その例え

P.286
シャボン玉はきれいであろうとも、
大きくても、小さくても、瞬間の命です。

壊れても誰も悩まないのです。
美しさに惹かれて家に持っていって
置物として飾っておこうと思わないのです。

一度、一回だから、別にどうってことはないのです。
煩悩、感情をつくって不善行為をして苦しむことはなくなるのです。

若い頃には、無限の時間と命があると思っていても、
時間が経つと、そうではないことに気付かされます。
それは、大人になるってコトの一要素なのでしょう。

手持ちのカルマを無駄にせず、人に迷惑をかけず、
楽しく生きてゆきたいものです。

2009年6月20日

ほぼ日刊イトイ新聞の本

ほぼ日刊イトイ新聞の本 糸井重里 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

おとなの文化祭
そのワクワクを
解析

1990年、バブルが弾けた頃を境に、糸井重里さんは変わり始めたそうだ。

広告業界が悲鳴をあげている現在と似た状況に、
今を突破するためのヒントが詰まっている。

『ほぼ日』が生まれた過程を振り返り、当時の熱や、
糸井重里という看板があるから出来たコト、逆にスレスレだった日々など、
ひとつの成長物語として、読み進めることができる。

そして、下記の方々にオススメ

  • 他人に自分の人生を預けている
  • コンテンツ創りに悩んでいる

思考するほど、知識があるほど、見えなくなるモノがあるという。

P.18
小さくて見過ごされそうな、しかもチャーミングな考え方は、
プロフェッショナルを自称している人間には
だんだん見えにくくなっていくものなのだ。

企業やメディア、大衆のパトロン化について。 上手いコトを言うなぁ~

P.33
しかし、パトロンが無数に増えたことは同時に、
「口を出す財布」も限りなく増えたということだ。

財布を持った変態もいれば、
口先だけのつまらない文句
を言う人間も混じる。

しかも、パトロンの数にあわせてクリエイティブの数も多くなるから、
一個のクリエイティブの値段は低下せざるを得ない。

必要なサイト、それがダメな理由

P.159
アクセス数の増加を自己目的化すると、
どうしても「必要」なホームページになろうとするからだ。

「必要」なものとは検索、ニュース、便利なリンク集、
常連の掲示板、性欲、賞品などなどだが、
いずれも資本でつくりだせる。

こいつらしかできない
と思えるものをつくるには、「必要」の助けを借りないほうが練習になる。

他にも、こんなコトが学べます。

  • 多忙は怠惰の隠れ蓑
  • メールあたり (送り手の感情に影響され、受け手の体調が狂うコト)
  • ルーティンワークの落とし穴

モノ創りの気概

P.187
『ほぼ日』は工業製品ではないのだ。

間違いなく誰でもが大量につくれるものが、
ぼくらのつくる商品ではない。

まちがいなく同じことをしているのは罪である。

本書では、自身の大御所時代も回想し、客観的に解説している。
糸井重里さんは、良いコトも、不快な出来事も含めて、
自分をさらけ出すのが上手い。
日本語と文章表現が話言葉に近く、共感も得やすいのだろう。

糸井さんが巧みなのは、親近感を抱かせること。
恥ずかしいけど、ぶっちゃける姿勢や、人懐っこそうな性格、
そのエキスを吸収すると、人付き合いにも役立ちそうだ。

2009年6月19日

第1感

第1感 マルコム・グラッドウェル 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

長考したから
良い選択だとは
限らない

  • タイトル:第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい
  • 著者:マルコム・グラッドウェル

第一印象や、ひらめきの凄さを知る読みものであって、
第1感と呼ばれるものを、鍛える本ではない。

期待している、「素早く無駄のない思考法」
上達させる方法は断定されていないが、無理にまとめると、こんな具合。

  1. 対応する分野の経験を積む
  2. 無意識の扉を、ちょっとだけ開いてみる
  3. 言語化しようとしない
  4. ゆったりとした時間を確保する (落ち着く)
  5. 自分の心拍数を把握する

判断のプロセスに組み入れて、気付くこと。

新しい出来事(人やモノ、場所)に遭遇した時は、
最初に頭に浮かんだ言葉や、イメージ、感覚を
書き留めておく習性を身に付けるべきである。

何かを判断したり、好みのモノが目の前に現れた時、
下記のことも留意しておく。

  • 人は飽きるのではなく"元に戻る"
  • 説明できないことを、無理に説明しようとする弊害

目の前に広がる、膨大な情報とどう向き合うか?

P.142
余計な情報はただ
無用なだけでなく、有害でもある。

後半は、心拍数の変動や、時間が少ない場合、
人間の判断にどのような影響が出るのか、サラっと学べる。

戦争の経験値や、戦略シミュレーターの話は、
混乱しているビジネスや商売の現場でも活かせるだろう。

また、消費者が味覚や、製品パッケージ、売れる音楽を判断する時の
具体例が出てくるので、マーケティングが好きな方にもオススメだ。

2009年6月18日

Web Designing 2009年7月号

Web Designing 2009年7月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

Webばっか
創ってないで
外へ出ろ!

今月号は、ウェブに限定せず、もの創りをする人達にオススメです。

「中村勇吾さん×松本弦人さんの対談」は、
松本弦人さんのキャラが、
Web Designingとは違ったテイストなので、面白い。

対談の流れは、デザインやモノ創り、
新しいモノを投下することについてですが、
何かをクリエイトしている人にとって、励みにもなります。

松本弦人さんの本音に、中村勇吾さんが落ち込んだ?

P.84 松本弦人さん

新しいものを作ろうっていう時は、そういうもんだって。

最初からみんなに受け入れられるってことは
新しくないんだよね

多くの人が共有してるんだけど、まだ気づいていない、
刺激されてないツボを誰かが刺激する。
最初は小さくて気づきにくい。

でも、嫁さんとか恋人とか、
まず身近な誰かが言うんだよね。
「なんか私、これ好きかも」って。

その「好きかも」が伝播すると、あるクリープ点を過ぎてから
「新しい」ってことになって今につながる。

グラフィックデザインは外と肉体で、
ウェブデザインは、内と精神?

P.85 中村勇吾さん

密室でしか作れないもの
があるんじゃないか、と思うんです。

絶対に人に読まれてはいけない日記があったら、
やっぱり読んでみたくなる。

そういう密室感が、Webにはあると思う。

ヒリヒリするような、
コイツおかしいんじゃないか
みたいな感覚。

狂気ってのは、端から観てたら面白いし、
その人のコアになる、大切な部分ですよね。

「WordPressを選ぶ理由」

折角、MT(Movable Type)を覚えたのに・・・
ってのはあると思います。

そして、MT→WordPressに移行した他のブログのコトを聞く度に、
取り残されたようで、ソワソワします。

P.91 Matt Mullenwegさん

僕がWordPressを作りはじめた頃、
米国では9割のユーザーがMovable Typeを使っていました。

でも、どのユーザーもMovable Typeの
再構築の遅さにはイライラ
していましたし、遅々として進まない開発にも不満を持っていたようです。

だけど・・・ 移行めんどくぇせ!
って感情も真実でしょう。

特集では、大藤幹さんが、MTとWordPressを比較、
そして、WordPressへの移行の手順まで・・・

さてあなたのブログはどーする?

デザインエンジニア、田川欣哉さんへのインタビュー

将来創りたいモノ、作るべきもの

P.141
この世界はテクノロジーの進歩のスピードが速い。

ですから、何をつくりたいか、つくるべきかは
時代によって変わるわけで、今決めても意味がないと思うんです。

それよりも、常に自分に幅を持たせておいて、
"その時"に、ものづくりの現場にいられるように
することが大事だと思います。

スペシャリストになるか、ゼネラリストでいくか、
自分としては、どうしたいの? どっちが儲かるの?

など、正直な気持ちと、不純な動機が混沌するものです。

そんな悩みや、背中をポンと押してくれるような、アプローチ。
今月号では、そんな話が多かったな、と思います。

2009年6月17日

Webディレクション標準ガイド

Webディレクション標準ガイド 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ポータルな一冊

  • 企画 制作 スマートイメージ
  • 発行 ワークスコーポレーション

ウェブサイト構築の各フェーズを掘り下げているようで、
漠然とした表現が多く、モヤモヤする・・・
まぁ、全体の流れを把握するには丁度良い書籍。

解説部分の段落分けが半端なので、
途中で途切れて読み難く、さらに誤字脱字が多すぎる。
内容と可読性を考慮すると、この価格は高い。

2005年発売なので、情報としては古いが対象者は下記

  1. 異業種から転職して、ウェブディレクターになる人
  2. 専業性の高い会社でコーダーやデザイナーをやっていて、
    これからディレクター的役割になる人

プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー、ディレクターが
網羅すべき情報が掲載されている。

漏れや抜けがないように確認するコトであったり、
ディレクターの心・技・体のうち、本書で扱っているのは「技」の部分

この一冊を丸暗記したところで、プロマネやディレクターの実用力が
上がるワケではないが、月刊のウェブ専門誌が掘り下げられない部分まで
情報が整理されている。

ディレクター経験があるなら、知っている内容だが、
ウェブ関連の書籍では、フォローしきれない範囲(KJ法など)での解説も多い。

  • ウェブディレクターの仕事
  • プロジェクトマネジメントについて
  • マーケティング
  • フレームワーク
  • 新規案件の見積書フォーマット
  • 運用更新の見積書フォーマット

過不足なく表記してあるので、初めてディレクターをやる人が読むと、
その膨大な範囲にウンザリしてしまうが、流し読みするだけでも価値がある。

ディレクターは翻訳者

P.18
クライアントは諸条件を度外視して、
要望や理想を述べることが少なくない。
(悪気はないが成果とそれに必要な工数との関係が理解できていない
場合に特に多い)

制作者は自分の作りたいものを提案したり、
面倒だという理由で手を抜いたり
逆に、必要以上に過剰なサービスを制作したりしがちだ。

巻末の関連用語集は、的確な情報量で
各用語が解説されているのが嬉しい。

  1. プロジェクト管理用語
  2. マーケティング用語
  3. CSR、サステナビリティ関連用語
  4. 情報セキュリティ、個人情報保護用語
  5. インフォメーション・アーキテクチャ用語
  6. ユーザビリティ用語
  7. アクセシビリティ用語
  8. アクセスログ解析用語
  9. WebとHTML用語
  10. Weblog (ウェブログ)用語

ディレクションの入り口として観ると、
全体的な情報が掲載されているところが本書のウリ。

2009年6月16日

ソフト契約と見積りの基本がよ~くわかる本

ソフト契約と見積りの基本がよーくわかる本―実践・ソフト取引契約文書作成の手引き 谷口 功 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 契約締結は
お互いの利益

重要なのは、お互いの合意を証明してしておくこと。

  • 著作権の全貌
  • プログラム内部(モジュール)に対する著作権
  • 請負契約と委任契約の違い

契約書の各項目について、図解で解説されているので
大変わかりやすい。

実用性は乏しいが、各事項の読み取り方が
個別にアドバイスされているので、"基本"以上に役立つ書籍。

2009年6月15日

Dreamweaver 虎の巻

Dreamweaver 虎の巻 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 ドリーム
ウィーバー
効率化

今から、Dreamweaver(ホームページ作成のための高機能ソフト)を
使おうと思っている方がメインの読者だと思いますが、
さらに効率化を推進したいドリウィ使い向けの書籍でもあります。

周囲で、Dreamweaverを使っている人がいるならば、
ツールを知ることによって、
その人達への理解が深まることに繋がるので、
コミュニケーションツールとしても、本書は活用できます。

2009年6月14日

THE21 残業ゼロのスピード判断術

THE21 残業ゼロのスピード判断術 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

直感重視の
判断術

記事のように見せかけた巧妙な広告が目立つが、
羽生善治さんへのインタビューを筆頭に、
実用的判断スキルの特集もあり、今号は買い。

結局のところ、最善の判断を素早く行うコツって、いったい何なのよ?

ってのを、手っ取り早く知りたいワケだが、
どうやら、人生観や人間観に思いっきり左右されるようだ。

そして、共通して提示されていたのが・・・

  1. 思い込みを無くす
  2. 考えたり、迷ってないで、実行してみる
  3. やりながら軌道修正
  4. ダメなら潔く撤退 (もしくは成功するまでやる)

事務屋(ホタル)暮らしに、浸っていないか?

P.11 吉越浩一郎さん

「迷ったら現場に戻りなさい」ということです。
現場にすべての答えがあるわけですから。

経験不足や知識不足の他に、思い込みという落とし穴がある。

P.12 渡邉美樹さん

思い込みというのは片側の視点からしか
物事をみていないわけですから、
さまざまな視点で物事をみることが大切ですね。

「思考の三原則」と私が呼んでいる考え方をご紹介しましょう。それは、物事を

  1. 多面的にみること
  2. 根本的にみること
  3. 時間軸を伸ばしてみること

インタビューは、コンサルタントの技能についての流れで、なんとも耳が痛い話へ

P.15 大前研一さん

事実やデータを集めるといっても、慣れていないと
自分の思い込みを証明するのに
便利なものだけを集める
ようなことをやりかねない。

グレーゾーンのグラデーションを知る。

P.23 小宮一慶さん

世の中は、白か黒かはっきり分けられるものばかりではありません。
しかし、論理的思考力のない人ほど、すぐに白黒をつけたがる。

論理的思考力のある人は、その白と黒のあいだにある
灰色の層をいくつも見分けることができる

論理的思考と、直感力の他に必要なモノ

P.25 細野真宏さん

100%正しいと思えることであっても、「8~9割は正しいかもしれないけど、
1~2割は外れているかもしれないな
と考えていたほうがいい。

ここでは、思考停止を理由としているが、
人当たりがソフトになるという利点もあるはずだ。

どうやって最善手を判断しているのか?

P.28 羽生善治さん

最後は直感です

瞬間的にこれが正しいと感じるというのは、要するに、
それまでの経験の積み重ねから
脳がそう判断したということですから、
ああでもないこうでもないと理屈で考えた結果よりも、よっぽど信頼できます。

経験に安住せず、局面の流れを観て、リスクを把握しながら、挑戦する。

P.29 羽生善治さん

安全運転ではなく、意識して
アクセルを踏み込むようにすべきなのです。

そうやってアクセルの踏み加減
リスクの按配を覚えていくのが
ほんとうの成長であり、正しい判断ができる
ということにもつながるのだと思います。

ミスとどう付き合うか?

P.30 羽生善治さん

同じようなところで同じようなミスを繰り返すのは
仕方のないことだと思うようになりました。

それに、ミスを犯さないようにしようとすると、
かえって自分の長所まで消してしまうということにもなりかねません。

たとえば、つい攻め込みすぎて逆襲されるというミスを
よくする人が、そうならないようにと慎重に指すようになったら、
おそらく別のところでミスを犯すようになるはずです。

だから、ミスをなくすというより、
自分のミスの癖を知っておけばいい
と思います。

ここまでが、総力特集の第1部、インタビュー記事。
第2部は実践的な手法や、すぐに活用できる判断術を紹介。

2009年6月12日

アート・オブ・プロジェクトマネジメント

アート・オブ・プロジェクトマネジメント 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 プロジェクト
大災害で
大炎上

・・・しないために。 疑問を投げかけ前提に挑む。
そんなプロマネの存在理由が明らかに。

機能的な書籍というよりは、如才無いプロマネの心構え。

著者のScott Berkun (スコット・バークン)さんは、
マイクロソフトで、OfficeやVisual Basic、IE等の
プロジェクトに関わってきたようだ。

プロマネの経験がある人なら、それらのプロジェクトが
どれほど壮大か想像できるだろう。
その場で、吐き気をもよおす人もいるかもしれない。

プロセスに取り憑かれ、方法論への執着が
間違った方向へ行っている場合、力が大きいほど、修正はきき難い。

チームメイトに心配を抱かせないためにも、
プロジェクトマネージャーだけではなく、チーム全員が読んでいただきたい。

スケジュールが狂うのは何故か?

スケジュールが遅延するということは、
誰も把握していないコストが隠されていた、
あるいは無視されていたということを意味しているわけです。

以下の2つ、笑えるけど、自分がやっているとしたら、
まったく笑えない。 その詳細も解説

  • 「よく見かける悪い手段」
  • 「質の低いビジョンのドキュメントに見られる特徴」

大胆さ、図太さがプロジェクトを邁進させる。
あなたへの命令が大切なコトか試す方法

私は、自分が理解できない、遠回しで曖昧かつ官僚的で組織的な
プロセスは無視するようにしています。

無視した事案が大事な場合、偉い人がスッ飛んでくるハズ。
重要でない場合は、当然、誰も来ない・・・

現場を守る、プロマネの領域

誰かが優先順位を無視した指示をしてきたと思った時には、
「ノー」と言ってください。

あるいはその指示をした人に対して、私が「ノー」と言っていたと伝えれば、
その人は私のところに来るはずです。

もし彼らが文句を言ったとしても、
議論して時間を無駄にしないようにしてください。

とにかく私のところに来るように、その人に伝えてください。

"計画すること"が目的ではない。

計画に従うことで勝利できるような戦いはないが、
計画なくして勝利できるような戦いもない。

ドワイト・E・アイゼンハワー

(ドワイト・D・アイゼンハワーのこと?)

それでは、何故計画をするのか?

戦闘というものは計画通りに行えるものではない。
計画は変化に備えた共通の基盤
でしかないのだ。

重要なことは、全員が計画を知っておくことで、
容易に変更が可能になるということなのだ。

近代戦は非常に流動的であり、
意思決定は迅速に行わなければならない。

そしてそのほとんどは計画に従ったものとはならないのだ。

しかし全員が少なくとも、
自分はどこから来て、
(その後)どこに向かっていくのか

ということを知っているのだ。

イスラエル防衛軍司令官 ダン・ラネル陸将補

つい、行うタイミングを逃しがちな、プロジェクトの検死報告(反省会)

打ち上げの偉大性、組織を構成するメンバー、個別の利害にも目を光らせる

皆さんが気になるのは、16章の「社内の力関係と政治」ではないだろうか?

  • 「政治的な理由で・・・」
  • 「大人の事情で・・・」

と言った言葉は、逃げの言葉だ。
語る者同士の思考を停止させてしまう魔力がある。