2010年6月30日

21世紀の国富論

21世紀の国富論

本業をやれ!

著者、原丈人さん自身の宣伝と、
話題をアチコチから拝借してきているので、
言いたいコトが広く、とっ散らかっている。

ただ、指標、数字経営の功罪、株式会社や会計の嘘、
上層部の役割は、文字数も少なく理解しやすい。

結局は、「本業に精を出せ」という至極真っ当なアドバイス。

2010年6月24日

ローリスク・ハイリターン起業法

ローリスク・ハイリターン起業法

能力より責任感

著者、松田綾子さんのセミナー宣伝本の印象や
登場する方々の胡散臭さは拭えないが・・・

起業家インタビューの中で、各々の仕事に対する意識が変化した、
スイッチングの瞬間が語られていて、
自分が起業可能な環境なのか? チョットだけ理解できる。

情報商材 (これも十分胡散臭いが・・・)を売り物にしている、
新井論之さんの部分だけを読めば事足りてしまう。

能力より責任感

人脈を作ろうと思ったら、作ろうとしている人としか会えない

競合他社と順位を競わない

簡単に起業できる思っている人は、
『起業バカ』から先に読んで、怪しい罠を回避すること!

2010年6月22日

高学歴ノーリターン

高学歴ノーリターン

学歴と犠牲

著者、中野雅至さんの経歴もあって、
役人の労働環境の話が多いので、
ソッチ系へ進む人は参考に。

学歴と金儲けの相関関係を探りつつ、
学歴を盲信するリスクの恐怖、
実力主義のプロフェッショナルと、売り込み能力の必要性を説く。

当然、具体的な方法は書かれていないが、
少しばかり、背中を押してくれるハズだ。

結局、人との出会いと、周囲の好環境によって触発されるかどうか、
それが一番重要になる。

2010年5月28日

就職しない生き方

就職しない生き方

レールに騙されない

ネットで「好き」を仕事にする10人の方法

インタビュー対象の人数が多い。 半分で良かった・・・

  1. 古川健介 (株式会社ロケットスタート 代表取締役社長)
  2. 深水英一郎 (未来検索ブラジル 代表取締役社長)
  3. 蝉丸P (動画作者&住職)
  4. 塩見直紀 (半農半X研究所 代表)
  5. 堀内議司男 (遠州流 茶人 壷中庵・宗長)
  6. 佐藤大吾 (NPO法人チャリティ・プラットフォーム 代表理事)
  7. 家入一真 (株式会社paperboy&co. 代表取締役CCO)
  8. 登大遊 (ソフトイーサ株式会社 代表取締役会長)
  9. 堀江貴文 (元株式会社ライブドア 代表取締役社長CEO)
  10. 西村博之 (元巨大掲示板2ちゃんねる管理人 )

以下の面々(敬称略)の話題はこんな具合。

  • 古川健介 マニュアル世代の真骨頂
  • 塩見直紀 自分の根本を結晶化させて強くする方法
  • 登大遊 タダ乗りされない、搾取されない
  • 堀江貴文 面倒を省いてシンプルにした、会社の経理処理
  • 西村博之 失敗を笑いのネタに昇華させる、自分で取捨選択する
  • 巻末対談 古川健介×西村博之
    社会や会社の仕組みが、ダメ人間を生産する?

その他の方々は、就職しない働き方の一例になるものの、
憧れの対象や、参考事例にするには弱かった。

西村博之 (ひろゆき)

お金持ってる人に事業のプレゼンをする場合、
この事業でこんなにもうかりますよっていうのは
もうさんざん聞いてるじゃないですか。

だから、その人がなにが好きなのか知ったうえで、事業メリット以外に、
あなたの好きな、こんなメリットがありますよってアピールします。

好きなものが手に入るとか、お金以外の付加価値をつけるんです。

この手法は、相手に印象付けられるし、
何より、面白いヤツだなぁ~と、気に入ってもらえる。

本書全体を通して、就職した方がイイのか? 独立した方がイイのか?
自分の得意分野を発見し、活かすヒントが発見できる。

2010年5月14日

天才をプロデュース

天才をプロデュース

やれば出来る
という嘘

オフィス北野 (ビートたけしさん、たけし軍団等の事務所)の
社長である森昌行さんの著書。

仕事環境を整える、ビジネス&クリエイティブについて。

ローカルコンテンツが持つ力や、外国を意識した映画作りの体験談だが、
エキスのようなコトは書かれていない。

何か得るものがあるとしたら、あとがき。

行動しなければわからないし、いざヤリ始めると、
難しさにブチ当たる。 といったコトが語られている。

2010年5月13日

結局「仕組み」を作った人が勝っている

結局「仕組み」を作った人が勝っている

ネットで儲ける?
あくまで一例

著者は、2名のライター、荒濱一さんと高橋学さん。

主にネットを使った儲け話だが、
登場人物が胡散臭いので、単なる宣伝本の域を出ない。

同じコトをしても稼げないので、
ビジネスモデル資料集の1つの読み物として。

著者が深いところまで理解していないせいか、
誤解を生むような情報があるので注意したい。

続編は、『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』

2010年5月12日

会社を利用してプロフェッショナルになる

会社を利用してプロフェッショナルになる

人材教育の
良い面だけ

有名企業の人材教育事例を羅列しているだけ。
宣伝やヨイショ臭がキツ過ぎる。

本書には、プロが生き残る具体的な策は書かれていない。

社内の胡散臭い仕組みや、効率の悪さ、
自分の会社が、なぜその搾取システムを採用しているのか?

その理由を探り出すことが大切だ。

2010年5月 4日

マイクロソフトでは出会えなかった天職

マイクロソフトでは出会えなかった天職 ジョン・ウッド 画像

自分を騙して
最適化してないか?

僕はこうして社会起業家になった

  • 著者 ジョン・ウッド
  • 翻訳 矢羽野薫

会社は僕をあてにできたけど、
友人や家族は僕をあてにできなかった。

ということもあり。 マイクロソフトを飛び出した著者。

本好きが、恵まれない子供達へ向け、図書館や学校を創る。 という話。
マイクロソフトで学んだビジネスエピソードを交え、物語は進む。

結果や進捗報告をマメに行い、他の慈善団体と差別化を図る。
(ボランティア、仕事を問わず、基本的なコトをできない人々が多い・・・)

マイクロソフトのスティーブ・バルマーから学んだコト

情熱があって、
自分の数字を知っている人間
だけを雇うこと。

著者の性格も反映してか、組織や取引先とのダークな話は
あまり出てこないのが残念なところだが、
読んでる最中や、読み終わってから、「自分も頑張らないとな・・・」と思える。

2010年4月28日

続・しごとば

続・しごとば 鈴木のりたけ 表紙画像

普通じゃない
職業絵本

著者は、イラストレーターの、鈴木のりたけさん。
仕事現場の絵本、『しごとば』の続編。

広角や魚眼レンズを用いたような構図で描かれていて、ダイナミック。
細かさ、職業に合ったポージングの格好良さも表現されている。

仕事で使わなそうな、不要な道具も置かれているが、あれこれと探すのも面白い。

村上龍さんの『新13歳のハローワーク』『13歳の進路』
併せて読みたいし、読ませたい。

2010年4月26日

機長の「集中術」

機長の「集中術」 表紙画像

当たり前を列挙

著者は、JALの元機長、小林宏之さん。

ありきたりな校長先生の話を、
朝礼で聞かされているような内容。

言われるまでもなく、当たり前のコトだらけ。
もっと独創的で特別な切り口が欲しかった・・・

2010年4月21日

情報は集めるな!

情報は集めるな!  指南役 表紙画像

情報溺死

著者 指南役

アナタは情報を集め、溺れたまま
一生を終えるのか!?

実際には、あまり役に立たなそうだったが、
人とは違う、インプットの逆張り術の紹介なので、天の邪鬼でヒネくれた人向け。

2009年12月23日

勝間和代 ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32

勝間和代 ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32 表紙画像

勝間式

勝間和代さんのインプットやアウトプット術、
お薦めの書籍を紹介。

ニュースに出てくるキーワードを題材としているが、
普段、自分でモノを考えない人向けの内容だ。

2009年12月16日

東洋経済 30歳の逆襲

東洋経済 30歳の逆襲 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

社会や会社に
頼らない!

働くスタイルを下記の5つに分解して
メリット、デメリットを解説

  • 大企業
  • ベンチャー経営
  • 外資系金融
  • 社会起業家
  • 非正規社員・フリーター

就職先や、今後の身の振り方を考えているなら、参考になる。

2009年11月14日

東洋経済 仕事術&勉強法

東洋経済 仕事術&勉強法 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

無駄な時間を
かけるな!

本書で紹介されている、クラウドコンピューティング、
仕事術、勉強法、データ整理をやっている手間暇で、
何か別のコトをやったほうが有意義だ。

2009年11月12日

BRUTUS 真似のできない仕事術

BRUTUS 真似のできない仕事術 安藤忠雄,糸井重里,佐藤可士和,スタジオジブリ

4つの事務所
違いを考える

古今東西、偉人達人の仕事術、メッセージカード付き。

特集で面白かったのは、下記4つの有名事務所の職場環境の紹介だ。
雰囲気やスタッフの働き方、情報整理の方法などが解説されている。

この4つの事務所で働くとしたら? どこが自分に合っているか?
また、4つの事務所で働いてみたら、自分の精神状態はどうなってしまいそうか?

そんな考察を楽しめるなら、今号は絶対買い

自己分析しながら、同時に、今の職場環境を良い方へ変えるヒントが詰まっている。

自分なりに、2軸のマトリクスで分析してみた。

  1. 緊張:効率
    サムライ(佐藤可士和) 超神経質になるというコト
  2. 緊張:余裕
    安藤忠雄建築研究所 厳しいけどワケがある 構築から考える
  3. 弛緩:効率
    東京糸井重里事務所 愉しく消費から考える
  4. 弛緩:余裕
    スタジオジブリ 人との繋がり、生活感を大切にする

(おこがましいケド)もしも、自分がココで働いていたら・・・

  1. サムライ 神経質は好きだが、過剰すぎて吐いちゃいそう・・・
  2. 安藤忠雄建築研究所 梯子での登り降りがきつそう、服装がまじめな学生っぽい・・・
  3. 東京糸井重里事務所 自由度を活用してゆったり働けそう
  4. スタジオジブリ 宮崎駿さんのキャラや、家庭っぽさに疲れそう・・・

全部の事務所が好きなのに、やはり働く環境となると、
好き嫌いがハッキリ浮き出ることに、驚き。

2009年11月11日

SPA 金を生むシンプル手帳術

SPA! 金を生むシンプル手帳術 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

裏手帳術

他のビジネス書では、取り上げないような
職業に就いている方々の
節約のための、手帳術、実物を公開。

  • 株投資
  • 風俗嬢
  • ネットオークション
  • アフィリエイト
  • パチンコ

無駄が削がれて、実践的

2009年11月10日

Associe 人生を変えるアピール術

日経ビジネスアソシエ  Associe 人生を変えるアピール術 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

無料で
仕事を受ける

タダで仕事を請け負う効用について、
脚本家の泰建日子 (ハタ タケヒコ)さんが、実体験を語る。

御用聞きの姿勢と、誰よりも早く、多くのレスポンスを返し、
コイツぁ、使い勝手がイイと思われるためのコツ

無料で受けることに異論もあるが、
仕事や人脈を掴むためのサバイバル術として、参考になる。
(くれぐれも、使い捨てられて終わらないように・・・)

Twitter (ツイッター)の目的別使い方を見て、意識して活用したい。

  1. 情報源、RSSリーダーとして
  2. コミュニケーションツール
  3. 広く浅く情報を集める

本書のアピール術を全て行うと、暑苦しいという印象を与える。
目立つ変な名刺も、ウザいだけだ。(しかも、センスを疑われる)

受け取る相手の感情も考慮しつつ、取り入れる部分を選びたい。

2009年11月 6日

手帳300%活用術

手帳300%活用術 日本能率協会マネジメントセンター 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

これ一冊でOK

この時期、手帳の買い換えを検討している人もいるでしょう。

そこで役に立つのが、「能率手帳」の開発元、
日本能率協会マネジメントセンターが
まとめた手帳術の網羅本

タイトルは大袈裟なものの、かといって羊頭狗肉でもない。

手帳の活用法、その実践例や、一般的な手帳に記載されている語句の
解説だったりと、他の手帳本と較べても情報が豊富で視点が多彩。

『ほぼ日手帳公式ガイドブック 2010』が遊びや趣味全開の手帳術だとすると、
本書は、仕事、ビジネスよりの手帳術。

手帳選びに関しても、これ一冊で済んでしまう。 そんな多機能性が嬉しい。

2009年11月 1日

MEN'S FACE Vol.2

MEN'S FACE Vol.2 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ヘアピン
アレンジ

メンズナックル特別編集
モテる「盛り髪」最新カタログ

盛り髪にでもしないと、
女の子に口を聞いてもらえない、であろう昨今。

皆さんも、声には出さずとも、盛り髪にしてぇなぁ~
なんて欲求を抱えているかと思います。

本書は、ほとんどのファッション雑誌がそうであるように、
スタイリング剤、美容室(サロン)、洋服、コスメグッズの宣伝、カタログ的内容。

見応えとしては、モデルの男子が可愛い、この一点。
それだけで読者は、自分が美しくなったような錯覚に浸れる。
この効果はデカい。

なんで本書を購入したかっつーと、「2WAY セルフ ヘアスタイリング術」という、
1つの髪形を2種類にアレンジする方法が載っていたから。
面倒臭がりには嬉しい特集だ! と思った・・・

そのテクニックを一気にマスターしちゃうゾ!
と意気込みながらも、ヘアアイロンやピンアレンジをカマしたり、と、
かなりお手間な感じ・・・

(手順の写真も、自分でやってるように見せかけて、
スタイリストさんが手を加えてるだろうしね)

ラクしてお洒落は達成できない
ってコトがよぉ~くわかりました。

2009年8月10日

ジャンボ機長の状況判断術

ジャンボ機長の状況判断術 坂井優基  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

勝たずに
生き残る

著者は、元ジャンボジェットのパイロット、坂井優基さん

下記の大切さを機長の視点から解説しています。

  1. 疑う
  2. 詳細を一言付け加える

他にも、撤退や仕事を断るという、厳しく難しい状況、
決めつけてしまう心理の罠についても書かれています。

タイトルに偽りは無いものの、過去の事例解説が長ったらしく、
結果は、あくまで憶測の面が多いので、
必要な情報は得られない可能性が高いです。

2009年7月13日

プロフェッショナル進化論

プロフェッショナル進化論  田坂広志 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

主題と方法を
振り返る

著者は、田坂広志さん。
文字量の少ない大前研一さん"のようなもの"
と捉えるとわかりやすい。

本書で述べられているように、書店に並ぶ本から、時代の流れを読む。
というのは、大切ですね。 ネット書店での購入は便利ですが、
書籍の流行から、時代の方向を察知するという点について劣る気がします。

テーマ(主題)とメソッド(方法)の棚卸しと書いてありますが、
テーマの部分を、モチーフ(媒体)に差し替えてみましょう。

例えば、ネットでモノを売る商売の場合、
サイト構築などの技術に精通していることを
モチーフ(動機や思想、題材という意味もアリ)とすると、
実際に売るという部分は、宣伝や消費者心理など別な技術、
つまりメソッドになります。

モチーフは技法や流儀といった意味合いもあるので、
メソッドやアプローチといった言葉とも近いですね。

そして、ここから掘り下げて、
「なんのために、このメソッドを使ってるんだっけ?」と考えると、
ここでようやく、「お金儲けしたいんじゃん」というテーマ(主題や動機)が観える。
(裏テーマや、大テーマと呼んでもイイですネ)

今までのやり方を分析した時に、
自分が見えていなかった裏側が観える、というのが大切なのです。

2009年2月 2日

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

横浜のカフェバー ウェブ担当がオススメする書籍 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 「気になるコト」を
頭の外へ放り出す

著者、デビッド・アレン氏。
監訳は、百式の田口元さん。

過去と現在、仕事のスタイルを比較すると、
圧倒的な違いは、"終わりが見えなくなった"
ということであるらしい。

その状況を踏まえ、下記のような行為を、
こよなく愛する人にオススメの書籍だ。

  • 概要を把握してから開始する
  • きちんと整理
  • シングルタスク
  • 一歩一歩

優先順位は一切考慮しないToDoリスト(やることリスト)というのは、
珍しいカタチではないだろうか。
プライオリティを付けなくてイイよ。
と言われるだけで、相当気が楽になる。

「解決していないことリスト」の構築は、すごくシンプルな流れだ。

行動の必要があるものと、
そうでないものを分類し、振り分けるだけだ。
そうやって仕事のための基幹システムを整備してゆく。

GTD(Getting Things Done)の効用はたしかにありそうだが、
書籍としての残念な点を先に述べておく。

ストレスフリーと冠がついていながら、
上手にまとまっていないのは、翻訳本特有のものだろうか。
それとも、米国発のビジネス書に多いように、
同じコトをしつこく何度も繰り返すから、だろうか。

一度読むだけだと、しっくりと詳細が把握できないので
とてもストレスを感じるのだ。

内容をまとめるだけでなく、もっとわかりやすい図解を加え、
集約させたほうが良かっただろう。
試行錯誤したのかもしれないが、裏目に出て
ユーザビリティがゼロなのも、余計苦痛だ。

ビジネスに関わる多忙な人間を相手に、
無駄にページ数を稼いだり、使い勝手を悪くする必要はないのだ。

とにかく残念な構成(目次からして迷走している)だったので、
一度目は速読で大まかな内容をつかみ、
二度目で実践に移すと良いだろう。

モヤモヤすること書き出して
外部記憶に放り込むことによって、
積み重なる"気になるストレス"からの解放を目指す。

システムや仕組み、ルール、と聞くと、
堅苦しさや息苦しさ、閉塞感に襲われてしまう人もいるかもしれないが。

その日の気力や、残りの体力ゲージ
HP(ヒットポイント)/MP(マジックポイント)の残量によって
タスクの優先度を選んもイイ、嬉しい仕様になっている。

これで、単に冷酷で機械的な仕組みではないことがわかるだろう。
実に温かみがあって、継続できそうなタスクリストなのだ。

最低でも週に一度は、見直してチェックし、
自分のGTDシステムを育てるように運用してゆきたい。

2008年10月31日

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている

儲けを自動化する
ケーススタディ

前作、『結局「仕組み」を作った人が勝っている』の続編。

自分の適性に合致したスタイル(ビジネスモデル)が
見つかるかもしれない。

そのまま真似することはできないが、
何かヒントになるエッセンスは抽出できるハズ。

その仕組みは、後から聞けば簡単に思えるかもしれないが、、
ベラボウに稼いでいる人々が、その形態を構築するまで、
数々の試行錯誤をしていること。楽に儲かる話なんて幻想に等しい。

金の成る木を育て上げた方々に下記の
共通点があると読み取れたので、そのキーワード。

  1. 他力
  2. 継続
  3. 併用
  4. マメ

ネット文化の特性。

P.57
今の人って軽々しく友人・知人に
相談できないような問題は、
全部インターネットで調べて解決しようとするんですよ。

ネットで、リアル店舗、現実のサービスと同じものもあるので、
どちらが多い少ないは言い切れないが、
ユーザーの悩みや疑問、人知れずコッソリ探したい情報の
手助けをしてあげる、それだけで確固たるサービスに繋がる。

本書のエッセンスを凝縮。

P.282
「仕組み」思考 チェックシート

起業期→拡大期→安定期→衰退期・・・
時間軸に沿って、やるべきことのチェックリスト。

「他力」「継続」「即行」「複製」「多面」
「標準」「分身」「法則」「論理」

以上のように、体系別にまとめられているので、あなたの新ビジネスに役立つだろう。

2008年9月27日

Associe 図解仕事術

Associe 図解仕事術 図解で解消

思考がゴチャゴチャしてきたら、
図解フレームワークが役に立つ。
あまり馴染みがないなら、この機会に
アソシエの特集でまとめて覚えてみるのもイイかも。

  • ツリー図
  • ベン図
  • マトリックス
  • 点グラフ
  • フローチャート

部下や同じ職場で働くスタッフ、
褒められて嬉しいトコロは、その人の性格によってまったく違うもの。

  • 目的型 問題回避型
  • 内的 外的
  • 経過 結果
  • 大枠 詳細
  • 能動 受動

などなど、突き動かされるコアの部分は、こんなにも異なる。
タイプ別のアゲアゲ・モチベーションアップ術を参考に対策を練るとよさげ。

2008年9月23日

ダイヤモンド 儲かる会社のグーグル化 大革命

ダイヤモンド 儲かる会社のグーグル化 大革命 グーグルは
いつだって
裏切ろうとしているゾ

IT化をさらに進化させて、グーグル化による効率化をはかる特集。
ここでは、グーグルから提供されているツールをビジネスで使うことを指す。

小規模経営や店舗がネットを活用し、
今までではあり得なかった桁の収益を上げるようになった事例を掲載。

だがしかし! グーグル系列に依存し過ぎると、
後々手痛いしっぺ返しがありそうな予感は、忘れてはいけない。
常々意識しながら、美味しいトコロだけ活用すること。

2008年8月29日

ラクをしないと成果は出ない

ラクをしないと成果は出ない 補助輪
無しの喜び

生産効率を飛躍させる知恵が、
読みやすく見開きで展開される。

盗んで組み合わせる、ゼロから築く無駄等。

これは是非とも実施したい。

会議は一企画につき二度だけで終える
会議の理想形とは、二回で結論が出ることだと私は思います。
一回目は、企画を絞り、どの企画にゴーサインを出すかを決める会議。
二回目は、それが具体化したものを最終形にするために軌道修正する会議。

オーダーメイドの服を作るのと同じだと考えればいいでしょう。
まず注文して、どんなデザインにするか決めるのが一回。
仮縫いしたものをフィッティングし、細かな調整をするのが一回。
あとは仕上がった服を受け取るだけです。

仕事を楽しむ。

外部の人に自分の仕事のおもしろさが伝わらなければ、
それはつまらない証拠

部外者に説明する際には、不可欠な要素がいくつかあります。
まず、自分の仕事がどういうものなのかを自分自身、理解していること。

次に、それをきちんと説明する言語能力。
さらに、利害関係がないプライベートな間柄の相手にも興味をもって
聞いてもらえる、話のおもしろさ
何より、自分自身「仕事がおもしろい」と思っていなければ、
仕事を理解することも、おもしろく説明することもできません。

もし、仕事がおもしろくてたまらなければ、誰かに話したい、
わかってもらいたいと思うはずです。

飲み屋のオネーチャン相手に繰り広げてもダメ。
だって、それを笑顔で聞くのが仕事だから・・・
ホントに利害関係のない人に試してみよう。

仲良しな関係を勘違いしない。

自分に対する相手の
優先順位を上げてもらう
ことが仕事の基本

その人と気が合うということと、仕事においてその人から信頼、尊重
されているかどうかはまったくの別問題なのです。

惰性でズルズル続けない。

「つまらない」と思ったら、できるだけ早く撤退する

このとき注意したいのは、「つまらないことをやめる」というのと、
「もう歳だから新しいことに挑戦しない」という話は、まるで違うということ。

波瀾万丈の愉快さ

公務員の定年挨拶の定番「大過なく任務を全うし・・・」が、退屈なのは明かです。
旅の土産話にしても「何事もなく無事帰国しました」よりも、
飛行機に乗り遅れたり、レストランでボラれた話のほうが、
はるかにワクワクするでしょう。

新聞、テレビのニュースはもう見ない。

情報収集にのめりこまない
情報とは「出合う」ものだからである。

周りの人が誰も話題にしないニュースというのは、何の意味もないし、
知らなくていい話だということになります。

重大なことは人から教えてもらう。これがいちばんの情報収集法であり、
それは「出合う」類いのもの。
上司との飲み会であれ、合コンであれ、家族の夕食の席であれ、
そこで人に教えてもらうニュースは、出合いの一つ。大切にすべき情報です。

「ウソをつく理由」を知る。

ウソには必ず理由や背景がある
それを探るとインプットが効率的になる

「これはたぶん、ウソだな」
人の話を聞いていても会社案内などを見ていても、そう感じることがあります。
次なるステップは、ウソを暴くことではありません
誰でも何かしらウソはつきます。言いたくないことを黙っているという行為をウソに
含めれば、往々にしてそれは、その人にとって隠したい部分だったりします。

目的は良質なインプットであり、ましてや刑事の取調べではないのですから、
ウソをついているかどうか見抜くこと自体は、さして重要ではありません。

       (~中略~)

言葉というのは「伝える」ための優れた道具ですが、本質を100パーセント伝え得る
万能の道具ではありません。
その人が言葉にしないこと、別の言葉で覆い隠そうとしていること――。
ここに本質が潜んでいる場合もあると、知っておく必要があるでしょう。

仕事に関係ある出来事を賭けの対象にする。

ビジネスマンたるもの、トレンドを知るという意味で予測を外さないよう、
日々鍛錬するべきなのです。自分の会社が産業全体でどういう位置になるかも
まったく予測できないのでは、成果を出すなど遠い夢だと思って間違いありません。

       (~中略~)

自分の予測を正確に記録に残すこと。
当たったら偶然ですませるのではなく「なぜ当たったのか」を分析し、
外れたらどうして外れたか理由を考えてみること。
賭けで予測力をつけるのです。

イベントのお誘いや、オススメを断っていると、誰にも誘われなくなる。
爪弾きにならないためにも。「いつか」はない。

誰かに薦められたら、すぐさま取り入れないと何も教えてもらえなくなり、
人とのネットワークも脆いものに変わってしまうものです。

自分が薦めたものを取り入れ、喜んでくれる相手には、誰だってますます何かを
薦めたり、教えたくなります。だったら実行しない手はありません。

誘われたときには乗っておかないと、なかなか「次」はありません。
「誘ってもいつも断られる」「忙しそうにしている」と思われたら、
誰からも声がかからなくなってしまいます。

困った完璧主義者

「妥協」という言葉に抵抗を感じる人もいるでしょう。
おそらくその多くは、優秀で理想も高い人だと思います。このタイプの人は、
企画書でもレポートでも営業報告書でも、自分が完全に満足するものでないと
提出しない傾向があります。

完全主義にとらわれているため、
自分が納得のいかないものを人に見せるのは嫌なのです。
しかし、「自分を完全に満足させるもの」という条件を自分に課してしまうと、
完成はどんどん遠のいていきます。

理想の完成度を100としたとき、100のものを出せたなら、素晴らしいでしょう。
しかし、仕事という観点で言えば、
いちばん大切なことは「完成させること」
次に大切なことが「100を目指すこと」。この順位を取り違えると、
「完成させる」という仕事本来の意味を見失ってしまいます。

先方の品性を見抜き、トラブルに巻き込まれないように、前もって用心しておく。

締切日に納品しても、
返信がないような会社とは仕事をしない

向こうから依頼や質問をしておいて、こちらが出した回答メールに返事すらない。
特に急ぎの場合に多いケド・・・ なんなんだろうね。

依頼者側のコトも考慮し、次のステップに進めるようにしてあげる。

依頼には即決で答える
「ちょっと考えさせてください」「一週間待ってください」と答えを
保留するのは、相手に負担をかける行為です。

自爆しない。

自爆の法則1:嫌なことに2つ以上の理由をつける
自爆の法則2:自分にできないことを、できると言ってしまう
自爆の法則3:自分にできないことを、他人のせいにしてしまう

無駄なエネルギーを消費しない。

NGな人には説明しない。NGな人とはモメない

説明すればするほど、立場が弱くなるのが普通です。
「論議というものは、およそ理由を尋ねたほうが勝ち」
ソクラテスもこう述べています。

相手に合わせて、説明される側に回り込んだりと、使い分けましょう。

何が黒字か、改めて考え直す。

古本屋で150円で買った本を2000円で売るのは「商売」ですが、
3万円で買ったいらない服を1万円で売るのは「買い物の失敗処理」ということ。

商売の基本原則は三つ。
一つは流通で、安く仕入れて高く売ること。
二つめは製造で、違うものを組み合わせて新しいものをつくること。
三つめはサービスで、付加価値をつけること。

役立つ情報を収集するためにも、恥ずかしがらず
「やりたいこと」をまわりに話しておく。

何かやりたいことがあれば、どんどん人に話すようにしましょう。
資金提供のみならず、思いがけない協力者が現れるかもしれません。
多くのものごとは、自分一人でやるより協力者がいたほうが、
実現の可能性は高くなるのです。

「やりたいこと」を言って、「夢があって格好いいですネ」と褒められることが
目的ではないので、見栄を張りたい人は要注意。

貧乏から言い逃れない。

給料が安かったり、独立してもまるでお金にならなかったりするとき、
多くの人が吐く決まり文句があります。
「この仕事が好きだから、お金はどうでもいい
もしあなたがプロを目指すのであれば、これは禁句です。
「好き」という耳触りの良い言葉を、
自分をごまかすための免罪符にしてはなりません。

       (~中略~)

「安い報酬しか得られないという現実」
「その仕事が好きだから」という言い訳で、うやむやにしてはいけません。

       (~中略~)

あなたの仕事の評価が「安い」のであれば、
あなたは「求められていない」のが現実です

著者、日垣隆さんの教育ルール

わが家の子どもたちには「大学生になったら、アルバイトではなく
自分で何かを売って毎月1万円稼がなければならない」
というルールを課していました。

バイトで時給をもらうのは誰にでもできますが、古着を売るのでも
ブログで稼ぐのでも、「独自に売る」というのは大変なぶん、勉強になるものです。

仕事もモノも、意識的に排除して整理してゆく。

好きな仕事を増やすために、
好きではない仕事を毎年二割ずつ削除する

「何をしないか」を明確にしてゆく

面倒だから、恥ずかしいからといって、疎かにしない。

共有する言葉の定義を明確にしないと、誤解が量産される

会社のなかで、あるいは同じプロジェクトのメンバーの中で、
共有する言葉の意味をはっきりさせましょう。
初期の段階で、お互いに充分に説明しておきましょう。

なんとなくわかったつもりで話をすすめていくと、どんどん誤解が生じます。
すると行動にも齟齬が出て、指示が伝わらず間違った動きをしてしまった、
何度も説明を繰り返すはめになった、
行き違いがあってトラブル発生という事態を招きます。

常にバランスを意識する。

よほどゆとりがない限り、
正義に多大なエネルギーを注がない

何もせず、傍観していろというわけではありません。
見過ごしていたら悪くなるに決まっているわけで、
何かしら行動はすべきでしょう。

それでも「壊滅する、ゼロにする」という正義をふりかざしてはいけません。
正義を主張するとは、よほど力のある人でもない限り、ウソをつくことになるか
事態を悪化させる結果になってしまうのです。

       (~中略~)

正義の味方よりリアリストであれ。

その情報や技術をどうするのか?

アウトプットしないものはインプットしない

仕事ができる人は、効率よく働く人。言葉を変えれば、
アウトプットしないことはインプットしない人です。

つまり必要なことはやる。それ以外はやらない。
これが効率化につながっています。
「たとえ無駄になることも、たくさん吸収しておいたほうがいい」と
言う人もいますが、人生という時間には、限りがあります。

相手(と自分)のコストを身にまとう。

「新鮮でおもしろいこと」は30秒で説明する

この世には、タダで聞いてもらえる話など存在しません。

       (~中略~)

プライベートだろうと仕事だろうと、時間かお金、あるいは両方、
さらにエネルギーというコストまで相手に負担してもらうのですから、
短くするのが話し手のマナーというもの。

酒もタバコも、政府が課税しやすいという罠が潜んでいることを忘れない。

毎晩アルコールが欠かせない人は伸びない

禁煙を推奨する動きは拡大するばかりで、
いまや吸わない人が多数派になっています。
一方、アルコールといえば、タバコに比べて非難の声がほとんどないようです。
果たして、アルコールよりもタバコの害のほうがそんなに深刻なのでしょうか?

タバコを吸ってもアルコールを飲んでも、中毒になる人は等しくいます。
タバコを吸って人格が変わる人はいませんが、アルコールを飲む人のなかには、
確実にいます。
タバコを吸って人を殺す人はいませんが、アルコールがきっかけとなる殺人事件は
常に起きています。

自分が熱中できることを再度考えてみる。

相手を飽きさせず一時間話せたらお金になる

具体的に商品化していく、つまりアイデアや企画をお金に変えるには、
相手を飽きさせずに、1時間は話せないと先に進めません。
ディテールや商品化に必要な案件を、興味深く語るスキルが求められるのです。

2008年8月25日

プレジデント トクする法律 危ない法律

プレジデント トクする法律 危ない法律 知らなかったじゃ
済まされない!

無知で一生を棒に振るか、それとも勉強して防衛するか。

勤めている会社側は、常に解雇の
理由を探している、と思ったがよい。

各項目ごとに弁護士が解説し、
判例も出ているので、未来のために学習。

  • 痴漢と間違えられたら?
  • 会社に大損害
  • 領収書改ざん
  • 経費で使ったカードポイントやマイレージの行方
  • 上司、同僚、部下への悪口
  • 違法行為の命令
  • サービス残業
  • セクハラ
  • モラハラ
  • 内部告発
  • 犯罪被害
  • 非常識な隣人
  • 「債務一本化」広告に潜む黒い罠

気になる裁判費用も記載されているので
チラ見しておくと安心

2008年5月22日

「仕組み」仕事術

sikumi_sigotojyutu.jpg

日々の雑用ルーチンワークを
とっとと片付けて、知的生産の時間を創造しましょう
とゆー本書

部下や、一緒に働くスタッフ用に
マニュアルを作って、
空いた時間で他人じゃできない仕事に
取りかかることを提案している。

ウェブ担当も色々なスケジュール管理ソフトや
TO DO タスクをまとめるための方法を試していますが、
著者、泉正人さんのオススメは、「アウトルック」での
メール、スケジュール、タスクリスト一元化

グループウェアや手書きだと面倒に感じる方や、
まだTO DOリスト(やることリスト一覧)を作ったことがない人に
参考になると思いました。

2008年2月 9日

Associe しないことリスト

080209_asscocie_148_01.jpg

ちゃんと仕事をしている人のための
無駄な行為「しないことリスト」

仕事ができない人の、「楽するリスト」では
ないので、勘違いしちゃダメだぜ。

ウェブ担当が、to doリストをまとめる時に
使う方法をご紹介

080209_asscocie_148_02.jpg

自分がやらなきゃいけないことを
グラフのように、四分割しておくと
やるべきこと、やらなくてもよいことが
一瞬で把握できる。

 横軸は、緊急性
 縦軸は、重要性

当然、優先順位第一位は、
「重要かつ、緊急」な仕事

その次に、ついついやってしまうのは、
「緊急だが、重要でない」仕事

日々の雑務に追われ、本来第二優先順位に入るハズの、
「重要だが、緊急でない」仕事をする時間が無くなる・・・
そんなビジネスパーソンも多いことでしょう。

締め切りが決まっているならまだしも、このような仕事は、
締め切りが設定されていない場合がほとんど。
積極的に、自分でオシリを決めてあげるのがポイント

さらに、「しないこと」には、下記の3種類があるとのこと。
 can't (できない)
 won't (したくない)
 shouldn't (すべきでない)

注目すべきは、「すべきでない」こと
この項目には、機会損失の成分が多量に含まれているので、
自分の時間あたりの価値(簡単なところだと時給換算)を常に意識して、
その行動に時間を費やす価値が、本当にあるのかどうか
考える癖をつけましょうね。ってこと。

身近な例を出すと・・・
John Johnに、某ネットサービスから店舗用に配られたカードがあって。

このカードには、当然、ネットサービス用サイトのURLしか
記載されていない。それで後からJohn JohnのURLを手書きで追記したそうな。
枚数は、300枚。

1つ記載するのに、10秒かかるとして、1人でやった場合で
換算すると、合計50

マスターは、暇な時間にやったと言っていたけど、
そもそも、接客業に暇な時間なんてあるのか?
絶対、その場(営業時間中の店内)じゃなきゃできなかったのか?

人を1人、1時間雇ったことになるんだが・・・

しかも、字が汚い。 この行為の効果のほどは測定が
難しいけど。 URLの告知になったかもしれないし、
イメージダウンになったかもしれない。

やるなら、営業時間外だろ、常識的に考えて。
さらに綺麗に書くか、同様に効果が出そうな他の方法も考えつくだろうに。

これなら酒瓶でも磨いていた方が、いくらかマシ
だという、実例。

そこで実績をあげることが、社内で人格を認めさせる基礎となる。
実績が無い限り、発言権は無いものと心得よ。
もちろん、「しない」と言う資格も無い。

2008年1月10日

プロの学び力

pro_no_manabiryoku.jpg

アダルトラーニング
ラーニングハック
パラレル読み

目次のキーワードに釣られ、買ってしまったよ。とほほ

新しいスキルや知識をインプットすることを、
キャッチアップって言うんだ。なんかカッコよさげ。

受験を目前に控えたご子息が、
『こち亀』を28巻あたりから読み返そうとしていても、
「今からキャッチアップだから」 とか言われたら、
ご両親も「なんだかわからないが、いよいよ追い込みか・・・」
なんつって、放っておいてくれそうです。

大人の勉強だと言っては、変なラーニングをしているそこのアナタ。
学びは下記のルートを経て完成するらしいのですが

 「概念」・・・知っている、知識
   ↓
 「具体」・・・やったことがある、経験
   ↓
 「体系」・・・できる、能力
   ↓
 「本質」・・・教えられる、見識

多くの人が、「具体」あたりまでしか踏みこまないようだ。
そうすると、知識に価値が生み出せない。
スポーツ新聞を読んで「概念」あたりでイイ気になって
止めてちゃダメってこと。
夕刊フジを読みながら、老いぼれていくのはゴメンだ
などと、痩せっぽちのボーカルに歌にされるのがオチです。

自分が勉強していることを他人にさらけ出すと、メリットがあるようだ。
ホントかな? やってみよう。 さぁ、解き放て! さぁ、さぁ!

自己の学習意欲を高めるために、
数ヶ月や半年おきに、ブログの記事のベスト3を出すアイデアは
いいかも。 ここでやるとしたら書籍ベストかな。
できることなら、書籍ワースト3も出したい、この本も含めて

「ブログを更新し続けていると、
いつのまにかブログを更新すること自体が目的化し・・・」
あるあるあ(略
あてはまる人は、(自分も込みで・・・) 注意ラーニング!

 

2007年12月16日

コンセプト・メイキング

ori_03_making.jpg

コンセプト(発想の核、企画のへそ)を練り上げるための本
優れた会社や施設は、
コンセプトを、一行のコピーで説明している。
そんな各企業のコピー集が役に立つ

John Johnのサイトに「楽しさ」を演出したいので、
コンセプトメイキングのための、チェックポイント×12を
こなして設計していこう。

2007年12月15日

オリジナル・ワーキング

ori_02_working.jpg

「創造は恋愛に似ている」
相手を知り、関心事を発見し、
それを新しい仕組みで解決してあげれば
相手を喜ばせ、幸せにすることができる、と。

「考え、創って、動かして
特にウェブだと、創った後が弱い気がするので、
こだわりと、エモーションを意識して動かしていかれればイイな。

2007年12月14日

オリジナル・シンキング

ori_01_thinking.jpg

方眼紙ライクなページに惹かれたのと、
シリーズ物を揃えたい心が購入させた。

『アイデアのつくり方』あたりを読んだ人には不要です。

「正しいけど、面白くない

「いいけど、好きじゃない

その他、企画の現場で言われそうなズキンとくる言葉が列挙されているので、
血圧低めの心臓強めで、反骨精神濃いめな方にオススメ

「不」を解消して、「快」を表現する具体的な方法は書いていないけれど、
今まさに、企画書を書いているならば、大きな目線で気付きを得られるかも・・・

2007年11月 1日

ascii 2007年12月号

ascii_2007_12.jpg

ご無沙汰している顧客に送るメール術に
惹かれて購入。

叱りメールのコツは、相手の性格を
反発心高低・自発性高低の4つにわけて分析。
「怒る」「導く」「諭す」「指示」に分けてタイプ別に
対応をすると良い結果が。

部下のタイプに合っていないメールを
書いている上司は注意です。

ソーシャル・コマースのお話
消費社会の中で今まで見えていなかった。最終的な使い勝手や感想が
ちょっと調べれば見つかるって凄いことです。
売り手が想像もしていなかった使用事例から、
新商品の開発なんてのも面白いですよネ。

「CGM」を通り越して、「CGCM」なんて言葉も出てきた。
製品のレビューサイトがいかに購買に結びつくのか?
評価サイトやアフィリエイトを利用して商品を売る場合、
紋切り型の文章が多い印象がありますが
ソーシャル・コマースでの差別化を図るには、
おまけを付けたりする生っぽい行為にこそ重要な
エッセンスがあるというコラムには、うなずくばかり。