2009年2月16日

Movable Type 4.1 カスタマイズブック

横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 Movable Type 4.1 カスタマイズブック XHTML & CSS
特化

著者は、XHTMLとCSSに関する著書が多い大藤幹さん。
他書と比較すると、MTタグ、XHTML、CSSの関係性が
図解入りで親切丁寧に解説されている。

逆に言うと、XHTML、CSSをまったく知らない、
ムーバブルタイプ初心者が読むと、
情報が多すぎて混乱してしまうだろう。

だが安心してほしい。
記述してあるCSSにはどんな効果があるのか、
予備校の教科書のように説明が付いている。
もしかしたら、この機会にXHTMLやCSSを覚えられるかもしれない。

MTをカスタムしたい人には嬉しい書籍であり、
MTでモジュール化された複数のテンプレートの役割が、
いまいち理解できていない、わかりにくいといった悩みを解決するための
構造把握にもページを割いてくれている。

これで、あなたのMTモヤモヤが晴れることだろう。

2009年2月14日

Movable Type プロフェッショナル・スタイル

横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 Movable Type プロフェッショナル・スタイル MT経験者向け

発行日 2008年 4/11
著者 金子順 上ノ郷谷太一 柳泰久 蒲生トシヒロ
八木明子 黒野明子 森雅人 荒木勇次郎 藤本壱
関根元和 小野崎直昭 野田純生 丹羽章 CSS Nite
MT4.1対応

初級~中級者向けなので、
ムーバブルタイプを触ったことがないなら、
本書を読んでも得るモノは少ないだろう。

現在MT3で運用していて、バージョンアップを考えていたり、
MT4を、ほぼデフォルトのまま使っていて、
見た目も中身もカスタマイズしてみたい。
そんなアクティブな方にオススメの書籍だ。

内容は、MTの範囲に留まらず、CSSやCGI、JavaScriptからSEOまで多岐に渡る。
執筆者が13人もいるので、守備範囲はかなり広い。

MT初心者にとっては、首尾一貫した流れがないので、
他のHow To本や、初級リファレンスでMTに馴染んだあと、
本書に目を通して、企業ブログを構築するなり、
自分のブログにカスタマイズを施したり、
サイトに対する技術的な方向性を決めるのが賢い使い方。

2009年1月 4日

MT4 新しいWebサイトの黄金則

Movable Type 4 新しいWebサイトの黄金則-MTで実現するCMSサイト構築のすべて 類書と比べて
細かい説明が
高評価

発行日 2008年 4/4
著者 仲座恵美 宮永邦彦 監修 芝陽一郎

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)として
MT(Movable Type ムーバブル・タイプ)を使う際には、
ビジネスブログや個人ブログ、社内情報共有のイントラなど、
各々目的を持っていると思います。

冒頭で、MTの強みと弱みに触れているので、
記事のアップロードに幾重にも承認を重ねるようなサイトを
構築する予定があるなら、目を通しておくと良いでしょう。

MTだけでなくCMSのメリットについても
解説されているので、自社内で記事や写真画像、コンテンツを更新するサイトを
作りたいと考えている方には、導入へのきっかけになるのではないでしょうか。

導入の検討や、サーバー選びなど、MTを始める前に考えておくことは
山ほどありますが、データベースの種類による
性能測定比較など、
他書に無い細かさは、事前の手助けになると思います。

MTインストール時に生成されるディレクトリの内容や、
各種CGIの説明があるのは、他書と比べると踏み込んでいるので評価が高いです。

CMS、MTの概略を掴んでからではないと、
モヤモヤして先へ進めない、という方と相性の良い解説書です。

掲載画像にも、ちゃんと矢印を引っ張って説明が付いていたり、
MTタグの仕組みや関係性が、前もって解説されるので、
詳細を把握しながら、随時納得して物事を進めたい方にピッタリです。

MT内で使用頻度が高そうなCSS、
MTプラグインについてもページが割かれ、基本はカバーされていますが、
さらに、携帯サイトの歴史やマーケット、簡易的な使用についても
触れられているので、簡易的な構築までだったら対応できそうです。

ただし、携帯サイトの有料プラグインの宣伝臭もするので、
他の携帯用サイト構築方法があることも考慮しておいても損はないでしょう。

MTタグのリファレンスは、アルファベット順がメインではなく
「~を含む」(例えば、entryタグを含む)という表記でまとめられていて、
最初は把握しにくいかもしれませんが、
MTに慣れてくると、これはこれで使いやすいまとめ方だと感じました。

MTのバージョンアップに関しては説明がゼロなので、
これ一冊でMT導入後の運用をこなすのは厳しそうですが、
類書では省かれているような詳細な説明は、
導入前の検討期間、導入直後に重宝するはずです。

2008年12月24日

Movable Typeで今日から始めるカスタムブログ

Movable Typeで今日から始めるカスタムブログ 一歩一歩
始めるMT
  • 発行日 2007年 10/25
  • 著者 岡田庄司 協力 シックス・アパート
  • MT4.0対応

MT4.2に対応した、現段階での最新作
『Movable Typeで今日から始めるカスタムブログ 4.2完全対応』

■下記のようなことを知りたい人にお薦め

  • 一般的なサイト(ホームページ)と、ブログ、どちらが良いのか迷っている
  • コメントや、トラックバックの機能説明
  • CMS(コンテンツマネージメントシステム)の利点
  • 静的、動的サイトのメリット、デメリット
  • MTのためのサーバー選び

「パーミッション」等、普通の人は接する機会がないパソコン用語についても
ページを割いて、権限組み合わせ例を掲載し、親切丁寧。

MTを導入してから、初期の段階で行いたいコトと併せて、
その少し先、例えば携帯電話からブログへ記事を投稿したり、
ページの表示方法を変更したり、フォトギャラリーを開設したりといったことに
ついても解説されている。

テンプレートタグのリファレンスは、掲載内容の区切りが曖昧で
少しだけ混乱するかもしれない。
あとちょっとだけ情報整理されていればよかったとは思うが、
そこまでMTを理解しなくてもよい方や、
スグにでもMTを導入してブログを作りたい人には、十分な内容だろう。

端折って、大まかな説明をされるよりも、
一歩一歩、ステップを踏んで丁寧に教わりたい、という方に向いている書籍である。

2008年12月23日

Movable Type WEBデザインの新しいルール

Movable Type WEBデザインの新しいルール 嬉しいフルカラー
  • 発行日 2007年 10/16
  • 著者 荒木勇次郎、松永英明
  • MT4.0対応

Movable Type(ムーバブル・タイプ)のメリット、
サーバーやドメイン取得からはじまり、
導入時に何が必要か解説。

操作方法、詳細設定、PHP化や
ダイナミック・パブリッシングのやり方も載っている。

MTのテンプレート構成(階層構造のようなもの)が図解入りで分かりやすい。
フルカラーで、スクリーンショットも大きめで多めなのが嬉しい。

巻末にあるMTタグ一覧の掲載方法は、一般的なABC順ではなく、
テンプレートごとにまとめられているので、MTタグの索引としては使い勝手が悪い。
あくまで構造把握としての参考に。

CSSの基礎知識、SEO関連、MT導入時の初期段階でやりたいコト、
設置後の運営にいたるまで、大まかな流れは解説されているが、
手取り足取りな説明ではないので注意したい。

だが、わからないことはネットを活用し、自力で調べられる人なら、
コレ一冊で済んでしまうだろう。

2008年12月22日

Movable Type 例解テンプレートタグ辞典

Movable Type 例解テンプレートタグ辞典 芸が細かい
MTタグ辞典

最近、Movable Type(ムーバブルタイプ)に
関する質問も受けるようになったので、
手元にある書籍をご紹介

  • 発行日 2006年 4/18
  • 著者 エ・ビスコム・テック・ラボ
  • MT3.2対応

少々古いですが、解説が短くてわかりやすい。
MTメインページのタグ、MTスタイルシートテンプレート(CSS)が
記載されていて、結果としてどのように表示されるか載っている。

ここからが他の解説書と違うところ

メインページには、最終的にどのようなソースで表示されるのか、
XHTMLで掲載されている、という気の配りよう。

MTのタグが、ページ対してどのような効果を及ぼすのか、
HTMLを知っている人ならば、すぐに把握できるので怖くない。

何か新しい技術を使ったり、覚えたりする時につまづく。
その技術がブラックボックスに見える (今まで使ってなかったからね)
という状態を極力無くそうとする著者の姿勢には優しさを感じる。

逆にいうと、XHTML+CSSを把握していない状態で、
Movable Typeを始めようとする初心者は、本書では若干
情報量が多すぎて混乱してしまうかもしれない。

タグ辞典という体裁なので、ある程度慣れたら、
使用頻度の高いMTタグがどんな機能なのか、
調べていくと理解が深まるだろう。

2008年10月 1日

Movable Type 4.x 新・100の法則

Movable Type 4.x 本格的CMSサイトを構築するためのMTスーパーテクニック クリエイターが身につけておくべき新・100の法則 管理者の
運用効率を
高める

『Movable Type 4.x 本格的CMSサイトを構築するための
MTスーパーテクニック クリエイターが身につけておくべき新・100の法則』

Movable Typeを使ってCMSを構築する際に
かゆいトコロに手が届く100のテク。

以下便利そうな小技リスト

  • 複数のブログで使える共通モジュール=グローバルテンプレート
  • 自動的に下層ページの記事が読み込まれるSSI(サーバー・サイド・インクルード)
  • 絵文字を使う
  • カスタムフィールドで表を自動的に作成
  • Copyrightの年号を自動更新
  • サイトマップの自動更新
  • 複数のブログから、同じタグのブログ記事を抜き出す
  • タグを利用して関連記事へのリンクを自動表示
  • 同じカテゴリの前後のブログ記事へリンクを作成
  • ブログ記事に5段階評価を付ける
  • 同じアーカイブから2つのレイアウトを作成
  • 一定時間で消えるNewマーク

年末年始でバタバタしている時期に、Copyrightの年号(フッター、サイトの下段)が
自動更新されちゃうのは便利そう。
手作業で修正したり、スクリプトを通して変更する手間が省けますもんね。

一定時間で消えるNewマークってのも、ニュース記事やコンテンツの更新時期が
バラバラなサイトでは重宝しそう。
「半年前の情報なのに、Newかよっ!」とか突っ込まれなくて済みそうなのが嬉しい。