2010年1月14日

ヘッテルとフエーテル

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話 マネー・ヘッタ・チャン 表紙画像

マネー版 童話

本当に残酷なマネー版 グリム童話

著者は、マネー・ヘッタ・チャンという方で・・・
只野範男 (ただの のりお)さんと同等に悪ノリした名前。

自己啓発ビジネス書籍で有名なアノ方や、
アイテム名が小バカに調理されて登場するので、ニヤリとした笑いを誘う。

簡単に騙されるバカにならないように、
儲け話の裏側を、童話形式で分かりやすく暴露しているが、
生まれつき不真面目な人は、読まなくてよろしい!

2010年1月 6日

新装版 現代ニッポン裏ビジネス

新装版 現代ニッポン裏ビジネス 別冊宝島編集部 表紙画像

イカサマを
見抜け!

著者は、別冊宝島編集部。
裏家業や、闇仕事の話。

医療、整形、事故車販売、借金返済や一本化の罠などを紹介、
詐欺に騙されないように、事前に学んでおきたい。

2009年12月15日

情報病

情報病――なぜ若者は欲望を喪失したのか?  三浦展 原田曜平 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

情報消費世代の
KY消費

なぜ若者は欲望を喪失したのか?

著者は、三浦展さんと、原田曜平さん。

オジさんとオッサン、そして若者の鼎談、
年配者は若者を、若者は年配者を知るための一冊。

若者は、みんなに合わせる外交関係の消費、
周囲の仲間とのコミュニケーション維持管理に手一杯で、
さらには、カネを巻き上げられている、という。

現代の若者文化や考え方を知り、マーケティングに活かしたい。

  • KY消費の正体とは?
  • だよねコミュニケーション
  • 良過ぎるサービスによって牙を抜かれる?
  • 自動化で人の才能が減る?

カネと時間と自由を搾取されているが、
江戸時代に似てきたという発想は面白い。

(江戸時代2.0として、スパイラルしてるんだろう・・・)

本書は不真面目な内容で面白いが、
真面目な内容の『友だち地獄』も合わせて読むことをお薦め。

2009年11月24日

節約の王道

節約の王道 林望 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

虚礼をぶっ壊せ!

著者の林望さんが、
下記項目の節約について語る。
人間関係に距離を置く
暗い節約術

  1. お金の管理
  2. 交際費
  3. 衣服と車
  4. 旅行、趣味
  5. 教育
  6. 住まい
  7. 節約と人生

無駄使いや、贅沢排除の生活を希望していたり、
高校生、大学生を抱える親御さんが読むと、実用的な言葉も拾えるだろう。

実際に何度か試してみたところ、
ATMから引き出すのは3万4千円、この心理効果は節約に効きそうだ。

節約は足し算だ!という著者の言葉は新しいが、
高飛車な文章、独断と偏見調が気になる人は、読まない方がよい。

文体に、伊丹十三さんほどのダンディズムやウイットは感じられず。
著者の貧乏くささ、飲み会に誘いたくもないケチ臭さが印象に残るからだ。

あれれ、この考えは古いんじゃないのかな?

  • 家を買う
  • 保険に入る

その他にも、著者の趣味性による節約術 (というか、悲しいケチケチ術)の
紹介なので、読んでいてさもしくなってくるし、全部が役立つわけではない。

社会勉強になるのウソ
自分の子供にアルバイトをさせるな論 (苦学生は除く)

せっかく親が買い取ってあげた時間を、
子どもがまた社会に売り渡して
お金に変えてしまうということです。

学生時代のバイトで、学んだコトもあるけれど、
経済観念が身に付いた、というよりは、笑えた話や面白い出来事系のエピソードが
記憶に色濃く残っているだけだ・・・

(精神年齢が大人になった頃にやった仕事やバイトの方が、色々吸収できた)

若者が学生時代にしかできないコト、その時間を大切に守ってあげたい。
と強く感じたりもできる。

やり過ぎ感もあったり、整合性が取れなくなって破綻している部分もあるが、
著者なりの理念があるようなので、一例として参考に。

指針となる自分自身の北極星を目指して、
日々の節約に励みたい。

2009年11月 8日

SPA 高すぎ家賃は取り戻せる

SPA 高すぎ家賃は取り戻せる 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

家賃減額
敷金返還

「更新料は違法」、最高裁での判決が待ち望まれますが、
今号のSPA!は保存版

更新料を払わなくてもよくなりそうだ!

家主のヤリたい放題に対抗するために。
消費者契約法、借地借家法を活用し、一斉提訴をおこなったり、
賃貸住宅トラブル防止ガイドラインを参考に、敷金を取り戻したい。

「オンナの本音建前 翻訳辞典」

女性との何気ない会話から、男性の生活レベルや、お金の使い方、
家事能力と、さりげなく情報を引き出されている。

「お洒落ですね」と、「着こなしがお洒落ですね」
同じようなコトバだが、意味合いは真逆になるようだ。 この違い、わかる?

誠実=金 誠意=カネ
という危険思想をもった、女子からのハッキングを防ぐため、
本誌の情報を活かしたい。

ジョン・レノンと、オノ・ヨーコを引き合いにだしての、
「白人男はブス日本人が好き」伝説
を徹底検証は、ひたすら苦笑続き。

2009年9月17日

PRESIDENT 経済学の知恵で仕事の難問を解く!

PRESIDENT 経済学の知恵で仕事の難問を解く! 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

経済学者
体系図

「経済学300年のあらすじ」
「経済学100年のあらすじ」に登場する
経済学者の体系図は、好きな人には興味をそそる。

有名学者の思考を仮想して、
現代の日本メーカーの戦略にあてはめる。

日本の無名学者が後付で理由を解説。
そんな虎の威を借る狐な特集もあり。

2009年9月16日

ホリエモン×ひろゆき 「なんかヘンだよね・・・」

ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

馬鹿にされない

元ライブドア社長の堀江貴文さんと、
元2ちゃんねる管理人のひろゆき(西村博之) さんによる
ユルめな多方向対談

言い訳や、ムカツク心理が何故発生するのか考察

バカと呼ばれないためでもあり、そして、馬鹿にならないために・・・
2人の価値観や色々な抜け道から、学ぶべきものがある。

ホリエモンは、融合と混沌から生まれるモノを楽しみ、
ひろゆきはネガティブを土台とした分析力、観測好きを発揮している。

ひろゆき

世の中って、だいたいがバーターですからね。

には、頷きながらも笑った。

サービスを回す人の存在、その重要さや、
信用を使うコト、金を使うコトの違い
について。

世の中に巻かれないための一冊。

2009年9月 4日

PRESIDENT どれが一番儲かる?

PRESIDENT どれが一番儲かる? 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

変えるべきものと
変えては
いけないもの

お客様目線を背景にした、人気の企業を分析

  • 餃子の王将
  • ユニクロ
  • 家具のニトリ

王将の大東隆行さんと、ユニクロの柳井正さんが共通して言っているのが、

  1. スタッフの自立した判断力
  2. リーダーが泥まみれになる

ということ。 目的は同じでも手段が異なるので、その差異を読み解きたい。

実例解説付きの特集「財務3表一体 決算書の読み方」は、

  • 賃借対照表 (BS)を財産一覧表
  • 損益計算書 (PL)を今年1年の成績表
  • キャッシュフロー計算書 (CS)には8つのパターンがある
  • BS どのようにお金を集め、何に投資したか
  • PL どのくらいの利益(や損)を挙げたか
  • CS どのようにお金が流れているか

それぞれのポイントや注意点も記載されているので、
財務解析に役立てたい資料だ。

2009年7月18日

新・資本論 僕はお金の正体がわかった

新・資本論 僕はお金の正体がわかった 堀江貴文 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

とりあえず
やってみる

著者は、旧ホリエモンこと、堀江貴文さん。
お金の正体、景気、貯蓄、ローン、投資、保険、起業、
教育などについて語っています。

「お金は信用」だと明言していて、信用があればいつでも稼げるので、
貯金など必要ない、という流れには、どこか励まされます。

さらに、下記のような人なら、読む価値は倍増でしょう。

  • クレジットカード地獄
  • ギャンブルにハマっている
  • 借金漬け
  • ローンで家や車を買おうとしている
  • 保険に入ろうとしている
  • 色々考え過ぎて、行動に移せない

「アレ? なんでこんなコトにお金使ってたんだっけ?」
と、改めて立ち止まり、考えると、自分が消費していたモノや、
不安感で購入していた商品の正体が掴めます。

そして、起業した人や、独立しようか迷っている方々へ向けた
エールも読み取れます。

まずは、行動ありきの話、結局、やる人は行動するし、
這い上がる人は、何度でも這い上がってくると結論付けます。

堀江さんの斜に構えたような、ハッキリしたモノ言いに好き嫌いは
あると思いますが、単純に読み取ると、応援メッセージのような
受け取り方も可能です。

2009年6月11日

お金があふれる会社の法則

お金があふれる会社の法則 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

言い訳するな
お金が無い
とも言うな

著者、白鳥光良さんによって、
様々な文献が49+1個の地雷としてまとめられている。

フレームワークに頼り過ぎると、
本書の地雷No.19「ニ項対立」に陥りやすい。

会社を分析したり、数字を観て、
つい言い訳を作りがちだが、気を付けたいポイントだ。

2009年5月 2日

数字のモノサシ

数字のモノサシ 寄藤文平 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

自分の数字を持つ

アバウトな会話や会議の場で、
数字を持ち出すと具体性を帯びる。

逆に、数字によって、騙されたり、
深く考えなくなっているのも事実だ。

内容は、『経済は感情で動く』を、寄藤文平さんがグラフィカルにしたもの。
といっていい。

『新しい単位』『新しい 新しい単位』の二番煎じにみたいに
なっちゃったコーナーもあるけど・・・
 (本書では有名マンガを元ネタとしている)

なまじ、知識が無い方がイイ時もある。

P.116
知れば知るほど、
目盛りが細かくなる。

アチコチに揺れ動く、自分の価値観

このモノサシを、経験によって複数手に入れることが、
快適な生活を送るのに必要、と著者は結論付ける。

そして、簡単な方法は、環境を変えたり、身体を動かすコトだと言う。

他人の数字を、自分の実感が湧く数字
に近づけるための一冊だ。

2009年3月25日

PRESIDENT 「儲かる数字」大図鑑

PRESIDENT 「儲かる数字」大図鑑 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 読むだけで
ウハウハ儲かる!

・・・ワキャないよ

これを読んで、数字に詳しくなった自分を
演出できるかもしれないが、それ以上の価値はない。

ただし、ギャンブルを嗜む人は、
「競馬、競輪、宝くじ・・・ ギャンブルと期待値の科学」を必読。

賭け事を禁止しておきながら、国が胴元になっているアホな仕組みを
数学的期待値から読み解く。

果たして、"負ける儲け方"を避けることは可能なのか?

無料で本書 『PRESIDENT 「儲かる数字」大図鑑』をプレゼント

2009年3月12日

日経TRENDY 格安ヒット商品買いのスゴ技

横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 日経TRENDY 格安ヒット商品買いのスゴ技 安く買う
高く売る

売却比較が細かい。
同じ製品を査定に出して検証しているところが、
しつこくて好きだ。

少し手間をかけるだけで、買い取り価格に
1万円以上の差が出る場合もあるようだ。
売るときも注意しないと損しますネー

その他、役に立ちそうな特集は以下

  • 値切り方
  • レンタルしてコストを抑える
  • ニセの"訳あり商品"に騙されない
  • カーシェアリング比較
  • 得するモノの捨て方

携帯の基本使用料、通話料の月額を把握していますか?

すっかりわからなくなっているようなら、
各キャリア毎に勉強しなおそう。

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • イーモバイル
  • ウィルコム

ドコモユーザーなら、型落ちの端末を安値で買って、
月々の基本料がバリューコースになる
バリュー 一括の対象製品がお薦め。

1年で1万円も安くなるっていったら、けっこうデカいですよね。

無駄な携帯料金を払っていないか、チェックしてくださいな。

2009年2月20日

THE21 人間関係術

横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 THE21 人間関係術 PL&CFの
読み解き方

ワケの分からない
精神系ビジネスセミナーのお誘いや、
FX教材の宣伝など、記事に見せかけた広告が不快。

内容としては、人間関係に仕込む演出がメインだが、
本当に役立つのは、P.81から始まる
「財務諸表の読み方&使い方」。

  • PL (損益計算書)、BS (バランスシート/貸借対照表)
  • CF (キャッシュフロー計算書)

以上が、わかりやすく、図解入りで学べるので、
苦手意識がある人の足掛かりになるだろう。

2008年12月17日

Associe 会社の数字に強くなる

Associe アソシエ 会社の数字に強くなる 儲けの数字を知覚

1年半以上前のアソシエですが、
賃借対照表、決算書の見方、収支予想の立て方など、
儲けの構造を数字として理解するために最適。

4つのステップを踏んで把握できる特集が
優しく頭に入ってくる。保存版級。

仕事で使うノートを1冊1,000円で買おうとしています。
あなたは何を考えますか?

  1. 会社のお金はどう動く?
    経理 決算書・簿記・会計
  2. ノート会社はどれだけ儲かる?
    企業分析 原価・儲け
  3. ノートを使ってどのように儲ける?
    マネジメント 損益分岐点図・固定費と変動費
  4. 1,000円をどうやって手に入れる?
    ファイナンス 企業価値・キャッシュフロー

2008年12月 8日

週間ダイヤモンド 食卓危機

週間ダイヤモンド 食卓危機 水詐欺

2007年7月の「週間ダイヤモンド」
なんや、一年前は「円安や、円安や、えらいこっちゃでぇ!」
てな具合で大騒ぎ。今円高で大慌て。
どっちにしろドタバタすんのかいな。

マスコミはんもアレどすな、恐怖心を煽りゃ売れる。
てなもんで、毎度毎度、極端なコト言うてまんなぁ~

フード・マイレージてな言葉も、ある一面だけを取り上げた
数字の手品みたいなもんなんで、鵜呑みにしたらあきまへんで、
なんでも、食糧生産の別途エネルギーは換算されてない、てな有り様。

近場で作って、フード・マイレージは低くても、
生産時に莫大なエネルギー資源を消費してる、てな例もあるらしいんやわ。

水の世界市場を独占してる3大グローバル企業には
目ぇを光らせといたほーが良さそうやで。
広島や埼玉、福岡、熊本と、餌食になりかけてるそーやわ。

かといって外国はんばっかり見てると、足元見失いまっせ。
日本国内でも排他的な水利権によって、旨い汁吸ってる輩がいるそー“やから”。

この問題だけは、キレイさっぱり水に流そか、
てなお裁きにはなりまへんな。

2008年10月30日

経済は感情で動く

経済は感情で動く “後知恵”を
信じるな!

冷静に俯瞰するための最新行動経済学、
“感情の経済学”
真っ先に自分自身を疑え!

誰も信じられない、世知辛い世の中だが、
自分の脳ミソが一番信用ならない。

ギャンブル好きは論外としても、
まっとうな生活を送っていると思っているあなたが、
気付かぬうちに、日々ギャンブルをしていたとしたら?
自分が信用できなくなるテスト付き。

お金と経済の本音を、コラムと教訓、
心理学の視点で切り取る。
あまりに合理性とはかけ離れた人間的経済観。

信念と偏見、自惚れのコンピューターを通すと、
まったく非合理な結果が飛び出す

そこには数学理論、経済理論なんて微塵も顔のぞかせない。

抜け目なくリッチに儲ける。
儲かっている時こそ、働け!

価格設定のトリックと使い方を学んで、
騙されないような自分に仕立て上げる。

売上げを上げるために悪用するならば、
お客さんの葛藤をブチ破り、“選ぶ理由”を与えてあげる。

結果は同じでも、
「してしまったこと > しなかったこと」
で、後悔の度合いが違う。

客商売なら、その隙を突けっ!

愛すべきあなたのオンボロ・コンピューターを騙すクイズ。
身近な話題、例えば・・・

P.22
あなたは前から目をつけていた携帯電話を買いに行く。
行ってみたら値段は9,000円だった。

代金を払おうとしていると、歩いて10分の
「あっちの店では同じ製品を8,000円で売ってるよ」
と友だちに耳打ちされる。

さてどうしますか? 安いほうの店に駆けつけますか?

P.22
今度はテレビが買いたくなったとする。
ある店では19万9,000円の値札がついていた。

例の友だちが駆けつけて、歩いて10分の
「あっちの店では同じ製品を19万8,000円で売ってるよ」
とささやく。

さてどうしますか? 安いほうの店に走りますか?

脳が、使うお金の範囲をランク付けして
分類していたことに目から鱗。

人間がちょいちょい、エラーを起こすワケ。

P.78
簡単に無意識に認知できる方法で、
複雑な問題もときには、「手軽に」完璧に
解いてしまうが、はずれる可能性もそれだけ大きい。

P.81
過小のものから過大な推論をしてしまうのだ。
たとえば株の素人は(いやプロだって)、株価の動向は
実際以上に予測できると思いがちだ

まったく偶然に推移したものが私たちにはそう見えなくて、
あるモデルに従って推移していると解釈してしまう。
そのモデルに特別な意味や自分で見越した価値を付与してしまうのだ。

そんな意味が巣くっているのは、手もとのデータのなかではなく、
私たちの頭のなかだけなのに。
私たちは、統計的サンプルが少なくて判断が不可能な場合でも、
とにかく一般化しようとする

P.83
私たちは「平均値への回帰」の法則が正しく適用できなくて、
あてにならない直感に頼ってしまう。
だから予測が予想屋のそれのようになり、平均値から逸脱してしまう。

このようにして実際にはないことを
みんなそろって考えるようになったとしても、不思議ではない。

たんなる偶然でしかないことに
多大な意味を付与するという癖が、
いつまでも抜けないのだ。

世でまかり通っている与太話。後出しジャンケン。

P.83 【後知恵】

何か事が起こってから、後でその原因に言及すること。

事前には予測すらできなかった事象が、
事後には必然であったかのように
判断する心理的バイアスのひとつ。

「自動車事故を起こしてしまった。もっと慎重に運転していれば
よかった」。 一見、「正しい」原因のようにも読めるが、
その真偽を深く追究することもなく、そこで
「思考停止」してしまう。
自分や他人の行為に対しても、スポーツの結果に対しても、
普通によく展開される推論

質問や問題、現状の提示のされ方によって、選択結果が異なる。

P.98 【フレーミング効果】

これを投資の場合にあてはめれば、
確実に得をする確率が高いときには慎重になり、
確実に損をする場合は余計にリスクを負うということだ。

これはギャンブラーによく見られる現象で、
もうすぐ終わりというときに損をしていると、赤字で終わらせないために、
賞金は高いがリスクの大きい賭けに出てしまう。

悔しさを味わわなくて済む代償。

P.113 【後悔回避】

現在および将来における「後悔を嫌い、避けたい」
という人間の信念が、意思決定に大きな影響を与えている。

人は短期的には失敗した行為のほうに強い後悔の念を覚えるが、
長期的にはやらなかったことを悔やんで心を痛める。

マーク・トウェインの次の格言がそれを裏づける。
「20年たてば、したことよりも
しなかったことを嘆くようになる」

いつでも1円は1円、100円には100円の価値があると
どんな場面でも言えるか? 悔しさのバイアスに打ち勝つ。

P.117
要するにいろんなケースで、後悔したくないから
決心を後まわしにし、自信がないから縮こまって、
現状を変えることができても変えようとしない。

選択しないでいることも
それなりの選択であること
には気がつかない。

自ら手間をかけて、単位を置き換える。ラクをしない。

P.165
新聞やテレビの報道を見るときに、各種の統計数字については、
母体数がどれだけかを確認し、
%表示であれば実数に、
実数表示であれば%表示に、

置き換える頭をもとう。

そうすれば、最初に受けた印象と異なり、騒ぐようなことではない、
とわかるかもしれない。また、%表示を見たら、
残りの%が何なのかを問いかける
ことで、事の本質を見抜く眼をもとう。

プロの皆さんは、より慎重に。そして完璧の高みを望むなら。

P.167
測定が完璧になるような判断をする人は、
正反対で左右対称の二つのエラーを犯さない。

つまり、自分の仮説が正しい確率を、
過小評価も過大評価もしないのだ。

人びとが適切な判断を示すかどうかを研究する場合、
調査は広範囲に渡っておこなわれる。
(金融分析、ギャンブル、法律上の評定、臨床心理学、気象など)

大方のところ、適切な判断をくだす人はきわめて少ない。
いちばん多いのは、自分の仮説の信憑性を
つねに過度に評価してしまう例である。

エキスパートの判断は、ときに深刻な問題になることがある。
控えめな行動をとるべきだと直感でわかっていながら強行し、
困った事態を招くことがあるのだ。

たとえば金融界では、経験豊かな人ほど、
過大評価を抑えるどころかさらに高めてしまう。

真のエキスパートほど慎重な判断をするものだが、
自分の職業的能力の高さについては、
プロほど過大評価する傾向がある。

過信を抑えるには。

P.173
問題は、自分についてどれだけ知っているか、
ということなのだ。

それもとくに、知っているつもりでいること、
知らないということを
知らないでいること
なのである。

             (~中略~)

たしかに私たちは何もかも知ろうとは思わない。
しかし自分の
知識の範囲は自覚しておくほうがいい。
ある選択が適切かそうでないかの違いは、
まさにそこを参照点とするからである。

人垂らしの処世術。
信念を揺るがした方が良い成果を得るのか、それとも一時の快楽に浸るか。

P.178
「意見を変えるか、その必要はないか
の選択に迫られたとき、ほとんどの人が必要はないと考える」

つまりほとんどの人が、自分の信念を「イエス」と言ってくれるものを
好ましいとし、その反対のものは疎んじるわけだ。

私たちの多くが自分の政治的信条にそった新聞を読むのも、
その一つの現れである。

要するに、間違っていると言われるより、正しいと言ってもらうほうが
気持ちがいいのだ。

予測の無意味。「そんなの初めから分かっていたよ!」
という輩に対抗する技。

P.186
これから起こることを予測するのと、
すでに起こったことを解説するのとでは、大違いである。
あとから解説するのはだれだってうまくできるし、自信も満々だ。
証券アナリストの腕はその点で抜群である。

             (~中略~)

予言者より歴史家のほうが多いのもそのためであり、
試合の結果に賭けて暮らすより、
スポーツ解説者として稼ぐほうが楽なのもそのためなのだ。

             (~中略~)

前もって知っている情報があったのだから、
すでに起こった出来事も予測できたはずだと、
まっちがって思いこんだりする

             (~中略~)

そこであなたに入れ知恵したい。
次に新たな報告書を出したり経営会議に臨んだりするときには、
目の前にいる人に、これから説明する分析の結果がどんなものかを
先に推測してもらうのだ。
うまく行けば、そこでの結論の独自性を示し、
それが最初の直感とはどんな風に違うかも、
容易に示すことができるだろう。

情報を鵜呑みにしない。出所を疑う。

P.205
情報のほとんどは、いいかげんだったり、古かったり、
信頼できないものだったりする。

なぜなら、情報は確実な手がかりであるより、
風評であることが多いからだ。
情報が操作できるという錯覚を持つと、
重要でもない情報を重要視し、それに対して過剰な反応をしたり、
過度な行動に出てしまったりする。

復讐の醍醐味

P.242
事実私たちは、社会的な約束を破った人を罰することが大好きで、
そのために自分が得などしなくても、
それどころか約束を破ったことよりもっと高い代償を払うことになっても、
それでもへこたれずにその喜びを追究する。

するべき行動をしない、誠実で正しい行動をしない人を懲らしめる喜びを、
たとえ大きな犠牲を払おうと、あきらめようとはしないのだ。

自分の利益を最大限に引きだそうとする
経済的で利己的な計算などどこへやらである。

なぜ、こんなにもお金が好きなのか?
えっ!? 好きじゃない? またまたご冗談を・・・

振り込め詐欺に引っかかる理由が、分からなくなる。
お金は数値だけど、数字の羅列ではない。

P.288
お金の価値はそれで買えるものによって決まる、
と通常考えられている。

つまり、お金で手に入れたものを持つ喜びの程度による
というわけだ。

しかし、神経生理学から見たらそうではない。
それどころかお金は、それ自体が喜びになるのだ。

実際、お金が線条体の下部皮質を活発にする
「喜びのドーパミン系回路」は、食べ物やドラッグ
(それもとくにコカイン)による興奮の場合と変わらず、
その場でじかに満足感を与える種類のものである。

(すでに大金持ちである人でも、麻薬中毒のような中毒症状、
いわゆるワーカホリックにはまってしまう理由がここにある)

お金がそれ自体喜びであるなら、
お札を手放すことは苦痛に違いない。
さもなかったらどうしてクレジットカードという
プラスティックのお金を使ったり、ADSLをカード払いにしたり、
全額込みのパックツアーを選んだり、
その他もろもろのじか払いの苦痛をなくすシステムを使うだろうか。

財布を開けてお札を一枚一枚数え、そのあと彼らと別れるときの
つらさは、華やかなプラスティックカードを差しだすときの苦痛とは、
くらべものにならないものだ。

ウェブ担当は現金主義。クレジットカードやスイカ(パスモ)で
精算した時は、その履歴を一回一回書いて、把握している。

お金の計算が苦手な人は、このクイズをやってみて。
(ヒントはページ下部に)

P.305
サッカー用の靴一足と
ボール一個を合わせた値段は110ドルである。

靴はボールより100ドル高い。
ボールの値段はいくらか?

もう騙されない! 惑わされない!
深呼吸して脳のシステムを落ち着かせる。
クールダウンが肝。

P.314
困ったことになるのは、
私たちがものを知らないからではなくて、
知らないのに知っているつもり
でいるからだということが理解できたことだろう。

エラーを減らすためにエラーを認める
ということは、この世の生き物が持たない認知能力を持っている
つもりにならないで、
自分の限界を正直に認めるということだ。

それはまた、日々の感情がうまく解決したように見えるいろいろな
ケース(なかにはおもしろいものもある)を研究し、
罠を見つける術を身につけ、責任ある経済的および社会的選択を
きちんとこなすということなのだ。

それができれば、私たちの感情的弱みにつけこみ
合理性の限界を利用して
密かに利益を引きだそうとする輩の餌食にもならないで済むだろう。

クイズのヒント:10ドルではない。
数式にあてはめると簡単に解けるけど・・・
答えは本書の中に。

2008年10月27日

世界一利益に直結する「ウラ」経営学

世界一利益に直結する「ウラ」経営学 強気の値段設定

税金面から見た経営学、
自社製品やサービスの値段設定についても一計アリ。

『ラクをしないと成果は出ない』でお馴染みの日垣隆さんと、
『裏帳簿のススメ』の著者であり、経営コンサルタント、
税理士でもある岡本吏郎さんとの裏対談。

  • 既存商品で市場に切り込む
  • 小心者のほうが経営者として優秀?
  • 高級外車、別荘、持ち家と土地、法人化の無駄!
  • 地方税を計算に入れなかったために破綻?
  • 魅惑のかけ算収入の世界
  • アイデアのストックは、不安や恐怖心の裏返し?
  • アウトソーシングのヤバさ
  • 衰退産業に属しているコトがチャンスになる?
  • 飲食店の経営を3年でやめるのは大正解?
  • 新装オープンの店はクレーマー率が高い?
  • インターネットがクレーマー培養装置になってるってホント?
  • 税的メリットの日本版LLP(有限責任事業組合)
  • コンサルタントが門前払いする客とは?

これから独立して商売を始めようとしている方も、
先行き不安の会社勤めの人も、税金のことを知っておいて損することはない。

役人どものフォーマットに合わせる必要はない。
指摘し辛く、こっちは楽に処理を済ます。

P.20
日垣:
「交際費」でも「雑費」でも、ちゃんとスジが通っていれば
実際はどこに入れてもいいわけでしょう。

岡本:
関係ありません。
自分の観点でルールを作ればいい
だけの話なのです。

そういう面では、青色申告決算書というのは、よけいなお世話です。
税務署の側には、突出しているところに調査に入ろうとか
理由があるから細目分けをさせるのですけれど、
極端なことを言えば、「雑費」一本でいい

納税者と税務署の視点の違い。

P.20
日垣:
でも、確定申告で記入の不備があると、
細かく突っ込まれることになるでしょう。

岡本:
いや、彼らが実際に調査に来たとき、細かい項目を1個1個見て
どうのということはありません。
「これは、消耗品費に入っていますが、おかしいでしょう」
とは言わない。

というのも、みなさんが一所懸命項目分けしても、
合計しているんですから。
彼らはその分類が間違っているかどうかは見ないで、
請求書や領収書を1枚1枚見ていくだけです。

価格を上げて、自らプレッシャーを課す。

P.34 岡本:
高めにちょうだいしてお客様に借りを作って、
その借りを埋めると顧客満足、「ここまでしてくれるのか」となる。
それを繰り返すことで良循環に行くんです。

将来の顧客を入り口で、ふるいにかける。

P.37 岡本:
「何とかしてよ」と相談に来る人のなかには、
「別に今のままでいい」という人もいっぱいいます。

しかしそういう人たちにいくらアドバイスしても、
そもそも変わる気がないのですから、何を言ってもムダです。
言う側も聞く側も時間とエネルギーを消耗してしまいますから、
最初の時点でこういうムダは排除しなくてはなりません。

排除するためにはまず価格を上げて、
その値段でもいいからやってみたい
僕は変わります、変わる覚悟がある」
と意思表明できる人だけを入れるようにするのが大事なんです。

気になるお金の疑問。

P.54 岡本:
「岡本さん、お金ってどれくらい貯めなきゃいけないの」
と人からよく聞かれます。

そんなとき私は、「あなたの人生のなかであらわれる選択肢が
いくつかあるなら、それらを総取りできるくらい
あればいいでしょう」とお答えしています。
選択することはリスクですから、
選択しなくていい状態を作っておくのが一番いいのです」と。

ひとつの道しか選択できないのと、いくらでも選択できる場合とでは、
どちらがリスクが高いかというと、明らかに前者です。

忘れがちな商いの仕組み。

P.68
日垣:
そもそも商売の原則は、「安く仕入れて高く売る」。

岡本:
大原則ですね。それから、
人と同じことは絶対にしない

賭け事と経営に共通するポイント。指標をお金からズラす。

P.78 岡本:

  1. これだけの額を得たらやめると決める
  2. これだけの率を得たらやめると決めておく
  3. 時間制限をする

ブランディングというと敷居が高そうだが、
要は商品に中毒性があるか、ないか。

P.98 日垣:
世界的な有名企業でなければブランドではないという時代ではない。
やる側としては、その中毒性を商品なり
自社のブランドなりに埋め込んでいけばいい。

断る時の交渉術。説明責任を背負う面倒臭さ。

P.137
岡本:
一番ありがちなNGは、
断る理由を相手に言ってしまう
ことです。

日垣:
理由を言うと、立場が弱くなりますよね。

クレーマーに限らず、文句しか言えない人の程度の低さ。

P.142 日垣:
相手に文句をつけて
自己愛を満たそうとする人

2:6:2の正規分布で、あなたはどこにポジショニングされるか、正直に。

P.151

  1. 上位2割 自己成長モデル
    自ら問題に気づき、変化する意思を持っている人。
    自ら学び、成長していける人。
  2. 中位6割 コンプレイナーズレベル
    気づきはあるが変化できない人。
  3. 下位2割 疾患レベル
    気づきもなく、変われない人。

飲み屋でクダを撒かないように注意する。

P.183
岡本:マクロの話が好きな人はいっぱいいるじゃないですか。
日本経済がどうなるとか、やたら語る人がいます。
日本全体が不況になったからといって
自分も不況になるとは限りません。

全体がバブルだからといって、自分がバブルの
恩恵にあずかれる保証もない
基本的には、自分がどうするかという話ができないで、
全体を論じてもしょうがないと思うんです。

日垣:
問題の核心部分で解決能力がない会社員は、マクロが大好きですよね。
携帯ビジネスが伸びているとか、対前年度比で云々という話を延々と
するけど、最後に「じゃあ、僕はこうします」とは
決して言わない

過去が未来を縛る?

P.206 日垣:
過去の出来事とは独立して未来があるということ、
過去の結果として常に未来があるわけではない
ということを、人は「痛み」として知っておかなければ
いけないでしょうね。

今の自分は、過去からの積み重ねであることは疑いようがない。
しかし、そのまま、その先の未来に繋がっているかどうかは確定していない。

2008年10月23日

「無税」入門

「無税」入門 税金ゼロ風味

取られやすい立場からの脱却。
無税というのはおこがましいが、
節税ではない過激さが含まれている。
ひねりの利いた物言いにニヤリ。
自称、非エリートサラリーマンが体験してきた小技。

"税脳"が低下しているサラリーマンは、
税金のことにもう少し親身になろう。 (損したいのなら止めないが・・・)

著者只野範男(ただの のりお)さんが強調する
「無税装置」を組み上げればOK。

まず、申告納税制度であることを思い出す。
基本的には徴収されるのではなく、
自分から納めるもの、とされているが、
政治家や官僚どもが勝手に使う金を集金する、年貢と同じシステム。

搾取されている税金をスピード違反に例えてみる。
すっごく端折って言うと、税金の上限速度は厳密に決まっている
のではなく、ある程度納める側で決めてよい。

さすがにマッハ2の速度で税務署の前を駆け抜けたら
「コラコラ!」となるけれど、時速20kmでも、時速100kmでも、
時速200kmでも、明確に決まっていないので、納める人のサジ加減。

コツは事業所得と雑所得の線引きを自分で決めること。
金額ではなく、経費をどこまで含めるか、そしてその範囲は事業(副業)に
対する熱い想いと熱意だと著者は言う。

確定申告の手続きが面倒だと思っている方も多いと思いますが、
まったく簡単。税法が変わる前に、会社側に対策を打たれる前に是非。

勉強しない人は、損する。それだけ。

P.11
税法に限らず、法律は、知っていることを前提にしている。
知らなくて損をするのは、知らない人の責任というのが
国の本音だ

税務署の署員の貴重な時間を奪う。
という嫌がらせについて。

P.30
税務署は「公正・公平」を揚げる統治機関であるが、
同時にいくら締め上げたら、いくらの利益が返ってくるか、
という収益率を重視せねばならない機関でもあるはずだ。

私を説得して修正申告をさせたところで、
国家にとっては、せいぜい20万円程度の成果にしかならない。
数億円を飲み込んだ、怪しい大魚がウヨウヨ泳ぎまわっているのに、
ザコにかまっているほど、税務署は
酔狂ではないだろう

マルサと税務署では担当管轄が違うんだけど、
まぁ、暇ではないってこと。

本書では数カ所、疑問点があったけど、
あえてココでは書かないことにしておく。

2008年7月28日

うそつきは得をするのか

usotuku_ha_toku_wo_surunoka.jpg たいして
先読みしてない

ゲーム理論の超絶簡単入門書

相場を美人投票に例えたケインズを題材として、
実際に行われた“読み合い”実験の結果が興味深い。

各人は、0から100までの整数の中から、
1つの整数を選びます。

みんなが選んだ整数の平均値を計算し、
この平均値に2/3をかけた数値に一番近い整数を選んだ人には、
賞金が与えられるとします。

このゲームにおいて、どのような数を多くの人は選ぶでしょうか?

もし「全員が合理的である」ことが周知の事実であるならば、
全員0を選ぶはずです。

それは、なぜでしょうか?
各人が合理的ならば、次のように推論を進めるからです。

  • ステップ0:
    各人が0から100までの数字をばらばらに選ぶとすると、
    平均値は50となるので、50×2/3=33を選ぶ
  • ステップ1:
    みんなが合理的であるならば、33を選択することが
    予想されるので、その2/3である、33×2/3=22を選ぶ。
  • ステップ2:
    みんなが合理的で、このように推論を進めるならば
    22を選ぶので、その2/3である、22×2/3=15を選ぶ。

このような推論をさらに深めると、1人ひとりが予測する値は、
ゼロに収束しますね。

美人投票ゲームに関する大がかりな実験が、1995年に欧州の
国々で行われました。
その結果、22付近の数字を選ぶ人がもっとも多かったようです。

この実験結果から、多くの人は、
2ステップくらいまでしか、相手を読まない
ことがわかりました。

すなわち、「自分は合理的だが、ほかの多くの人はステップ1くらいで
止まり、それ以上の深い読みはしない」と予想をして、
数字を選ぶ人がもっとも多いことがわかりました。

先読みの先読みを展開して
してやったりと、ほくそ笑みたい。

2008年6月12日

金持ち家族、貧乏家族

president_2008_0630.jpg

家計の採算は合っていますか?

目立った贅沢もせず、真面目にコツコツと
働いてきたのに、金利と物価の上昇、
その割に給料は上がり難く、3年後には、
「笑う家計」と「破綻する家計」の差が開くという。

分相応の生活は、もちろんのコト。
この先は、自己のプライド管理が必要だ。

食材の買い物は週一回、メニューを考えずに、
安くていい食材をゲットし、トヨタ式でやりくりする主婦の節約思想や
名作映画から学ぶ貯蓄術

伊丹十三監督の映画『マルサの女』のラストシーンで、山崎努が、
コップから溢れた水をなめるようにして
楽しむのが、お金を貯めるコツだと話していた。

ネガティブな環境の中で、いかに資産運用していくか。
そんな特集のプレジデント。

日本経済は、社員が主人公だった時代から、
株主・資本家が主人公の時代へと移行しているわけだ。

主人公の座を奪われた社員
給与が上がらないのは、むしろ当然なのである。

メタボと下流社会の関わり。
低所得層は下記の要素が色濃いという。

  • 「意欲が薄い」
  • 「面倒くさがり」
  • 「予測行動ができない」
  • 「知識の欠如」

さらに追い打ち。メディアに洗脳された結果こうなる。

「こういうものは体に悪い」という認識があれば、
食べるのを控えるかもしれない。

しかし、それを阻むのがテレビだ。
彼らは民放テレビをよく見ているが、
テレビ局にとって食品会社は大事なスポンサーのひとつだから、
あまり都合の悪い情報は流さない

そりゃそーだ。そして・・・

実は下流の特徴はもうひとつあって、それは
「欲望をコントロールする力が弱い」
ということだ。

彼らは「いま、すべきこと」よりも、
「いま、自分がやりたいこと」を優先させてしまう。

だからこそ太るし、だからこそ所得が低いのだが、
それが本当に心からの欲望なのかといえば、
決してそうではない。

物価高騰時代から見る、
無駄にお金をかけた、お洒落店舗の落とし穴

とくに陥りやすい罠は、店の玄関の演出法である。
イメージしてほしい。
白提灯に"たこ焼き"と書くといかにも洗練された印象である。
しかし、写真映りのいい店舗をつくっても客は入らない。

「料金が高そう」と敬遠するのである。
開店する場所の客層にもよるが、やはり赤提灯やのぼりの
泥臭さこそ安心感と売り上げをアップさせる。

入り口近くにビールケースを積み上げたり、
鉄板で焼く煙をわざと出すようなベタなアピール法も効果的である。

お金の使い方と、投資、ギャンブルの効果が題材

「どの時期の、どの消費が、その人の効用を高めるか」 によって決まる。

投資とギャンブル、どちらが人生の勝ち組になれるか。
それは、お金は上手に貯めるとともに、
上手に使わなければならないということに
繋がっているのである。

2008年5月11日

知識ゼロからの経済学入門

chishiki_zero_karano_keizaigaku.jpg

今更、人には聞けない、世界経済の基礎知識
漠然とした「大人」のイメージに、株や為替、資産運用を
ひっくるめた経済に詳しいって印象がある。

本書を読むと、マクロ&ミクロ経済のなんたるかを
若い子に語ってデキる自分をアピールしたり、
ビジネスシーンでポロっと出た
景気の話について、一言意見を言えるようになったりして。

勉強になったのは、価格弾力性の計算式
需要の変化率÷価格の変化率


300円のホットドッグがあったとして
セールで240円(20%引き)で販売したら、通常の2倍売れた。(100%増)

この場合の価格弾力性は、100÷20=5
20%引きで5倍の効果が得られたことになる。

次に100円のコーヒーを、80円(20%引き)で販売したら
1.5倍の数が売れた。(50%増)
この時の弾力性は、50÷20=2.5

つまり、ここでのホットドッグはコーヒーより弾力性がある商品といえる。
この価格弾力性は顧客満足度をはかる目安にもなるらしい。

価格弾力性の低い商品を値下げしても、売上げ増にも
顧客満足にもつながらないそうな。

価格弾力性の高い商品を値下げすることで、
需要が伸びて顧客も満足。そんでもって「いつでも安い店」を演出できる。

chishiki_zero_karano_keizaigaku_GDP.jpg

弘兼憲史のイイ感じの挿し絵が、ナイスなタイミングで笑いを誘う。

2008年4月17日

BRUTUS 日本経済入門

brutus_nihon_keizai_nyuumon.jpg

胡散臭い経済学者、
人をバカにした金利なワリに
国民の金を使って救済される銀行、
財務省とグルになって生き血をすする国を
ビートたけしが斬る

IT長者にカネを巻き上げられる若いヤツについてのお説教と
「足立ユーロ」設立の話

頭のよい語り口と、独創的な着眼点の、
内田 樹(たつる)さんの語り

男性と女性で「カネ」に対する記号化が異なる。
身体性と有限リソースを使い回す経済との共通点など

消費と労働の決定的な違いは、結果を予知することが
できるかできないかである。

ゲーム作家同士の座談会にて、
勝間和代(公認会計士、経済評論家)の印象がサイボーグっぽい
ってトコロに、同意してひとりで盛り上がる。

もの凄い速さでチャリを漕いで、
口からマインドマップブワーっと吐く和代

26歳 会社員 男性の投稿
稼いだ金額でネットワークができるのではなく、
「どう使ったか?」でネットワークができる。

改めて考えると、そーだよナ