2007年11月 3日

Broken Arrow 2007 11/3(土)

ジャンル:フォーク

60年代、ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ピーター・ポール&マリー
などから反戦、反体制運動が盛り上がり、日本でも新宿駅などで
若者を中心に大勢の歌声が響き渡り、一大フォークブームが起りました。

もちろん、フォークソングが時代背景でその流れになっただけで、
ラブソング・ダンスソングもあります。
その時を忠実に伝えるBroken Arrow 


【マスターの感想】
「さらばジャマイカ」で始まったOsiとDonovanの演奏は
「スモール・タウン・トーク」と続き。ゲストでサックスのセイロクさんが参加。
日本語を交えた「ラッキー・オールド・サン」へとしっとりとしたムードで進み、
少し休憩を挟んで、本日最高の「チェイン・ギャング」で皆の合唱が入って
エンディング。

とても楽しいひと時でした。Osiの曲解説が本当に心に響き、
今まで微かに知っていた曲が、益々好きになりました。

オリジナル曲のミュージシャン
 「さらばジャマイカ」 ハリー・ベラフォンテ
 「スモール・タウン・トーク」 ボビー・チャールズ
 「ラッキー・オールド・サン」 レイ・チャールズ、久保田 麻琴
 「チェイン・ギャング」 サム・クック

コメントする