2008年2月24日

Stumble Bum 2008 2/24(日)

ジャンル:フォーク/ロック

夢見る旅人、ギタリストの井上民雄君と、
古くからの友人であるベーシスト、笠原としちゃんとのコンビ、
「Stumble Bum」 2回目の出演です。

バンド名の「スタンブル バム」とは、
ボクサーなどが、フラフラな状態で戦っていることであり、
「バム」には、怠け者、いいかげん、飲んだくれ、フーテン
といった意味があるそうです。

ここだけの話ですが、何年か前に民雄君はそんな状態でした。
やっと落ち着いて、昨年から音楽活動を再開しています。
ソロで演っている時も、初めて来たお客様から
「もう一度、観たい!CDが欲しい!」といった、熱烈ラブコールを受けるほどです。

Stumble Bum Official Website FOLK ROCKERS.com

【マスターの感想】
Stumble Bumの世界へ導く、メローなインストで始ったライブ
話そうぜ!飛び込もうぜ!明日も遊ぼうぜ!

民雄君がお誘いの「All I Know」から、月へ向かい車を飛ばす「ハイウェイ」、
泣いたり笑ったり、浮いたり沈んだりの「終わりなき道」、
手のひらに虹を乗せ、立ってみたいと言う素敵な歌詞の「はなたれた」などを
シンプルなベース演奏のとしちゃんと共に演奏

独特の自然観や、時間の移り変わり、心模様の変化を歌った曲に、
心地良い絵本の中へでも連れて行ってもらった。そんな表現がピッタリです。

アンコールで演奏してくれた、J.J.Caleの「Lonesome Train」 も良かったです!
次回のStumble Bumは、2008年 8/17(日)

コメントする