2010年7月25日

ROIKI 2010年 7/25(日)

ROIKI サムネイル

ジャンル:ブルース

デルタ・ボーイROIKI
アメリカ南部デルタ地帯に、黒人奴隷時代から
伝わる古いブルースの形式を継承する
ミュージシャン。
大声でドブロギターを弾きならすROIKI

前回は、突然乱入のサックスとフルートがありましたが、
今回も音に誘われ誰か来るかな?

【マスターの感想】
まずは、大阪から来たRizzy君が弾き語り。
なかなかのギターテクニシャンで、大阪弁のブルースや自作の
「キャンディマン」など 、ジョン・セバスチャンを彷彿とさせる
気持ち良い演奏に驚かせられました。

大阪から来たRizzy

(大阪から来たRizzy!)

2部ではROIKI君の飛び跳ねるようなピッキングでブルースの連続です。

ROIKI演奏シーン

(一音一音を正確にピッキング)

以前とは違い、一音一音を大切に出しています。
本人も自覚していると言っていましたが、大変な進歩だと思います。

ROIKI演奏シーン 横アングル

(「高知の赤線話」で、お客さんを楽しませたROIKI)

最後はRizzy君とお客様で、JazzをやっているColinさんが
ハープで加わり楽しい一夜でした。

ROIKI、Rizzy、Colin 3人のセッション

(ROIKI、Rizzy、Colinさんの素敵なセッション)

コメントする