2011年1月 9日

Stumble Bum 2011年 1/9(日)

スタンブル・バム サムネイル

ジャンル:フォーク/ロック

2011年初ライブは、フォーク・ロッカー
2人、Stumble Bum!

爽やかな1年であるように、ちょっとロックがかかった、
サーフ・ミュージックで今年は始めます。
民雄ちゃんの新曲も楽しみです。

Stumble Bum Official Website FOLK ROCKERS.com

DEEP ORANGE 椎野恭一が立ち上げた新レーベル 第一弾はスタンブル・バム!

【マスターの感想】
今夜のStumble Bumは、パーカッションの椎野君が加わってくれています。
ライブには、多くの女性ファンがやって来てくれました。

民雄ちゃん、トシちゃん ツーショット

(Stumble Bum 民雄ちゃん、トシちゃん)

新年早々と言うことで、冬の歌から始まりました。
気持ち良い、シンプルベースのトシちゃんと、軽快な椎野君のジャンベに乗り、
ちょっと緊張気味?の民雄ちゃん、女性ファンが多いからかな?

Stumble Bum ジャンベでのセッションシーン

(今日はジャンベで椎野君が参加、久しぶりのトリオで、
音に厚みと 軽快さが増しました)

真直ぐ前を見て、真面目そのものです!
鎌倉の「チンタ」バージョン、日本語の「クレイジー・ラブ」

スタンブル・バム 演奏シーン

(紙岡君の恒例の大きな年賀状、70年代に活躍した
ロリー・ギャラガーの下で、ジャンベとベースのリズムセクション)

FOLK ROCKER収録の(目を見りゃ解るさ!繋がったまま.......)
歌詞が良い「旅の果て」、それと小坂忠の「機関車」が特に印象的でした。

スタンブル・バム 演奏シーン

(真直ぐ前を見据え、お客さん、「女性ファン?」の目と「繋がったまま!?」)

次回は、2011年7/3(日)の予定です!

コメントする