2011年3月 6日

松田 浩之&Takeboo 2011年 3/6(日)

松田 浩之&Takeboo サムネイル

ジャンル:カントリー

平塚でギターショップ「Really Music」を営み、
湘南の潮風の匂いを運んで来てくれる、
スライドギターの名手、松田浩之と、
ギターだけではなくバンジョーも演奏する
Takebooとのコンビ。

今回で3回目になります。 新春の風はどんな感じでしょうか? 楽しみです。

松田浩之 Official Website

【マスターの感想】
Takebooがギター、松田君がフラットマンドリンでサポート。
Takebooが3曲続けて先発。

打ち合わせ中の松田 浩之&Takeboo

(ライブ開始前のチューニングと、打ち合わせをする2人)

知り合いの「かずら元年さん」の「Like a Rollin Stone」
ストーンズの「メローナ」、「Waitin on a Friend」を披露。

松田 浩之&Takeboo セッションシーン

(ストーンズ好きのTakeboo、この日も4曲は歌いました)

ギターに持ち替えた松田君は、ヒドい花粉症に悩まされながらも
頑張ってくれました。 コバルト色の海の歌詞が湘南の景色を彷彿とさせる
「叙事」は、いつ聴いても良いですね!

松田 浩之 熱唱

(ギターに持ち替え歌った「叙事」が、湘南の潮風を運んできます)

松田君が言っていましたが「Takebooと演奏するとストーンズが多いんですよ!」

「スウィート・バージニア」、2部では、「Me & Bobby McGee」を
作曲者のクリス・クリストファーソンのように、淡々と歌う松田君。

自作の「瞳の中」の歌詞には、「あなたがママならちゃんとしかって!」と
最近の親達にちょっと注意を向けていました。

Takebooのアカペラの民謡、松田君の「グッドナイト・アイリーン」を
最後に楽しいライブは閉幕しました。

松田 浩之&Takeboo みんなで記念撮影

(ライブ終了後の一時。
奥にいるAkikoさんのフィドルの演奏も、再開していただきたいですね!)

次回は、2011年9/11(日)に決定しました。

コメントする