2011年5月 1日

Broken Arrow 2011年 5/1(日)

Broken Arrow サムネイル02

ジャンル:フォーク

John John創設時からの長年の友人、
OshiとDonevanのフォーク・デュオ。

多くの反戦歌も歌い、今回の東北大災害に対し、
何かメッセージがあると期待しています。

それを吹き飛ばす、楽しい音楽にも浸らせてくれる事と思います!

【マスターの感想】
古き友人であり、オジさんオバさん達のアイドル! Broken Arrow。

まずは、ママズ&パパスの「カリフォルニア・ドリーミン」で、
僕等が高校生だった60年代からスタート。

Broken Arrow ライブスタート

(雨降りの中、沢山の楽器を持って来てくれたBroken Arrow)

原発や津波の被害者にと、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の
「Who Stop the Rain」
このRainには、ヴェトナム戦争時の爆弾の意味があります。

ロギンス&メッシーナの「プー横町の家」、ちょっとマニアックで
Kenzo Nightで初演奏した「アイム・ユア・パペット」、
これまた、映画「渚にて」(原爆戦争で世界が破滅し、潜水艦で
最後の人類が漂流)で流れた「ワルシング・マチルダ」

Broken Arrow 歌うOshi

(真剣に歌うOshi、大好きだな~、彼の歌い方と声!)

1部の最後は、Dylanの「Just Like A Woman」で
Oshiの真骨頂を披露! 拍手!

Broken Arrow Oshi、ブルース・ハープの演奏

(Dylan大好きのOshi、ブルース・ハープの演奏)

2部では、悲しげにNeil Youngの「アルバカーキー」
次は、力強く、PPMバージョンの「時代は変わる」、メローに「Forever Young」

Broken ArrowとスライドギターのSuzuki君

(スライドギターのSuzukiさんが、素敵な音色を醸し出していました!)

ここで特別ゲスト、スライドギターのSuzukiさんが参加。
ドノバンは、フラット・マンドリンに持ち替え「峠の我が家」、
フォスターの小学唱歌ですね、覚えていますか?

Broken Arrow、ドノバンのフラット・マンドリン

(フラット・マンドリンに持ち替え、熱唱するドノバン!)

最後は、「グッドナイト・アイリーン」でシメ。
次回は、2011年11/13(日)に決定!

コメントする