2011年7月10日

坂田かつゆき & CHERRY江沢 2011年 7/10(日)

坂田かつゆき & CHERRY江沢 サムネイル01

ジャンル:ブルース

John Johnライブでは、様々な
ブルース・ハーピストが出演しますが、
マスターは坂田君のことを「ドランカー・
ハーピスト」と呼んで、忠告気味に!?
彼に釘を刺しています!

でも、凄いところは、どんなにベロベロになっても、ハープの音色だけは、
しっかりしているところです。
ハープの方が、彼を操っているのでは? と思ってしまいます。

そんな彼をしっかり支える、女房役の優しいCHERRYの
歌声とキーボードがなければ・・・?

一緒にドランカーになって、楽しみましょう!

坂田かつゆき (Harmonica Player) Official Blog BLOW THE BLUES AWAY!

チェリー江沢 Official Website

【マスターの感想】
ドランカー・ハープ坂田かつゆき!

坂田かつゆき機材ケースの中身

(坂田君のケース。 写真は、ウイリアム・クラークと、ロッド・ピアッツアだそうです。
自慢のNewマイクは、BLUEXLAB イタリア製で高価だそうです!)

セッティングが終わると「生ビール!」、「ダニーボーイ」など、
のどかな旋律から始まった演奏、CHERRYのボーカル、エルビスの
「ザッツ・オーライ・ママ」で、ちょっとロック色が出てきました。

坂田かつゆき ギター演奏

(最近は、ギター演奏が多くなっている坂田君)

CHERRYが歌っている最中に、ドランカーは「生ビール!」
その後の「Little Wing」は意外でしたが、良かったです!

今回もベース・ギターは、ONOJIさん
「Sweet Home Chicago」、ノリの良い「グッド・タイム・チャーリ」で前半終了。

ベース・ギター ONOJI 演奏シーン

(シンプルなベースプレイで全体を支えているONOJI
車で来ているので、キリンのFreeで辛抱?)

今回は坂田君、ギターでの演奏が多かったです。

2部も、坂田君のギター・ハープ・ボーカルの三刀使いを、
しっかりベースのONOJIさんが支え、軽快なCHERRYのキーボードの演奏と
ボーカルの連続でした。

CHERRY江沢のキーボード

(軽快なキーボードを楽しませてくれるCHERRY!
長い付き合いですが、今でも元気ハツラツです!)

「ジョージア・オン・マイ・マインド」、「ルート6」、
「オーバー・ザ・レインボー、最後は、Janis Joplin
(ジャニス・ジョプリン)を描いた映画の主題歌「Rose」で終了。

ブルースハープ 坂田かつゆき

(ドランカー・ハーピスト! いつでも、手の届くところに生ビール!
でも、演奏は酔っぱらっていないですよ~)

次回は、2012年2/26(日)に決定!

コメント

今晩もありがとうございました。
次回はカントリー曲が多くなる予定ですが、またよろしくお願いします。
また呑みに行きますね!

カントリーと言えば、ウイリー・ネルソンのバンドのハーピスト、好きだったなぁ〜。
最近は、ウイリーは見かけるけれど、彼はどうしているんでしょうね?
  次回は、寒い頃ですが、楽しいライブ!
                 お願いします。

Mickey Raphaelですね、今も一緒に演奏してるようですよ。
今度彼のソロCD持参します。
Bobby CharlesのCDに入ってるMickeyのHarpも素敵でした!

ありがとうございます。
 Mickey Raphaelさん、ですか!是非、聴きたいです。

コメントする