2011年7月18日

山鉄 2011年 7/18(月・祝)

ジャンル:ロック

長年の付き合いで、GUPPYでのライブ「BAD INFLUENCE」の
強力ボーカルと格好良さが、思い出にあります。

まだ、John Johnライブを始めていない、何十年も前から友達同士で、
ギター片手にお店で歌ってくれたものです。

何度も予定を組んだのですが、都合で流れてしまっていました・・・
やっと実現です!!

【マスターの感想】
18時過ぎに早々とやって来たギターのタカさん、
気持ち良いスパニッシュな音が聞こえてきて、
店内の音楽を止め、しばし聴き入りました。

登場した山鉄に、「何年、歌い続けているんだい?」と質問したところ
「え~~と?う~ん?....36年になります!」との返事。

本当に長い経歴ですね、やっと念願が叶い山鉄、John Johnライブ、
個人名のライブも初めてです。

歌唱する前の山鉄

(精神統一.......宇宙の彼方を目指して、歌唱する前の山鉄)

スティビー・ワンダーの日本未公開の植物の映画からだと思いますが?
「Send One Your Love」、山鉄も「知っている人は居ないかも?」
と言っていましたけど、多分合っていると思います。

山鉄、タカさんのギター

(眼を閉じ、心を込めて歌い始める山鉄!それを支えるタカさんのギター!)

浅川マキの「ふしあわせという名の猫」、
懐かしかった「スピニング・ホイール」などなど、山鉄の大声が続いた後、
まゆみさんとタカさんでボサノバ・タイム!
優しい女性の歌声に、心和む店内でした。

まゆみさん ボサノバ

(まゆみさんが、軽くボサノバで一息入れさせてくれました)

2部はタカさんのソロから始まり、
山鉄「Doors」、「Light My Fire」を「ホセ・フェリシアーノ」バージョンで、
火の点いたように超絶唱! 歌い揚げることに集中し、
自らも翔びたって行くようで、格好良かったです。

山鉄 絶唱シーン

(絶唱...絶唱....絶唱.......絶唱!.....泣いてる訳でも?)

「朝日のあたる家」はしっとりムードに挑戦!
最後にまゆみさんも加わり、皆で楽しく「ジャンバライヤ」
1部で聴きそれた方へ「ふしあわせという名の猫」をサービス。
山鉄絶唱の夏の夜は更けました!

三者三様! ボサノバ・フラメンコ!

(三者三様!アットホームな一瞬 絶唱・ボサノバ・フラメンコ!)

次回は、2012年3/25(日)に絶唱・再開!

コメント

マスターありがとうございました。久しぶりに楽しかったです。アンコールで、何かつかみかけたような気がします。

コメント遅くなりました?!?

僕は山鉄をロックンロール・シンガーだと思っていたのですが、あんなにソウルフルに熱唱したのには、驚きでした。地道に音楽に傾倒していたのですね。頭が下がりました。

コメントする