2011年8月 7日

くぼちん with 碇一仁 2011年 8/7(日)

ジャンル:ロック/ブルース

最近、ほとんど耳にしないミュージシャン、Dave Mason(デイヴ・メイスン)を
よく、くぼちんと聴いていました。

Eagles(イーグルス)とは違うタイプの、爽やかな軽い音楽を演奏する
ミュージシャンです。

くぼちんが、「今度は、碇君と一緒に演る」と伝えてきた時には、
碇君がどんなギターを弾く人かわからなかったので、ちょっと不安でしたが・・・
先日、Spider Tetsuのゲストで登場した時から、碇君のギターと歌が好きになりました!

楽しみなのは、くぼちんジュニアが参加するかも? ってことです。

【マスターの感想】
本日は、くぼちんの息子さん、こーたろう君がベース弾きで
John John投げ銭ライブデビュー! マスターは、彼がお店のイスに座るのが
やっとだった頃に会ったのが最後で、好青年に変身したのにビックリ!

1部は、くぼちんソロ。
ママジョンの話から始まり、アットホームな雰囲気で始まりました。

くぼちん 演奏スタート

(こんなに、一生懸命演奏しているくぼちんを見たのは初めてです!)

アコースティックな演奏で、「ロメオとジュリエット」、シンディ・ローパーの曲など、
「くぼちん! 練習に励んだな!」と感銘を受けました。

こーたろう君がベースでサポート
「Let It Be」、「While My Guiter Gently Weeps」、「Hey Jyde」
楽しい親子演奏に、皆大声での大合唱が起りました!

こーたろう君のベース

(くぼちんに比べ、落ち着いてニコニコ演奏する、こーたろう君。 イェイ!)

こーたろう君、ベースでサポート

(ベース弾きに力がこもる、こーたろう君)

2部は、碇一仁君と女性ハープNo.1のNamieちゃんのコンビ。

The Band(ザ・バンド)の「weight」、日本語バージョンの「クレイジー・ラブ」と
碇君のハートがこもった歌と演奏!

碇一仁 演奏シーン

(繊細なギター・テクニックを持ち、歌も聴きやすく、センスの良い碇君!)

Namieちゃんの「アンチェイン・マイ・ハート」から、
ブギブギ・メドレー「ジェニ・ジェニ」、「スモーキン・ブギ」では、
会場をハープを吹きながら徘徊、碇君のギターソロも冴え、大拍手を受けました。

Namie ハープ演奏シーン

(女性ハープNo.1! Namieちゃん! John John投げ銭ライブは久しぶりです)

次回、くぼちんは来夏頃、こーたろう君も是非。
碇 一仁君は、2011年10/10(月・祝)の予定です!

コメントする