2011年11月20日

HELL 2011年 11/20(日)

HELL サムネイル01

ジャンル:ロック

荒々しさと
ナイーブさ

ロック・トリオ「HELL & HAMMER」のリード・ギタリストであるHELL君の
John Johnライブ初出演が急遽決定しました!

マイクを装着したアコースティックギターで、オリジナルやカバー曲を
演奏してくれるそうです。

「荒々しい中のナイーブな感性が、HELLの特色です」(HAMMER談)

心の底を叫ぶ魂

【マスターの感想】
HELLの初ライブは、山梨から横浜へ移住して来た
ベースのHIKARU君とのコンビ演奏。

HELL

(最初は、若干緊張気味?の2人でした)

まずは、大声・爆発的に「Eve Of Destruction」、
急遽練習したという「ファンキー・モンキー・ベイビー」
そこに、昨年「GUPPY」を新たに「SENSEITION」として、MICHIAKIと共にオープンした、
TENSAW、GURICOが営業中にも関わらず、タンバリンで参加してくれ、大盛り上がり!

HELL

(GURICOの参加に嬉しそうなメンバー、大盛り上がりのスタートシーン!)

大合唱の始まりです。「Knock'in On Heavens Door」で、
淡々と心の底を叫ぶHELL
HIKARU君も皆の声援を受け、ベースソロ頑張っていました。

HELL

(心の内を絶唱するHELL)

オリジナル「Rain」、「光」もなかなかのものでした。
最後は「人間のクズ」で大絶唱・大喝采の夜でした。

HELL

(ベースのHIKARU君、なかなか良い感じで、立派にサポート!)

コメントする