2007年11月11日

Mooney 2007 11/11(日)

ジャンル:ケイジャン/ロック

楽しめます! 間違いなく楽しめます!
悲しかったり、寂しかったりしていてもMooneyさんと一緒に、
皆で大声で歌えば楽しいです。僕たちのストレスを吹き飛ばす特効薬ですよ。

横浜のライブシーンで、Mooneyさんに出会わないことはないぐらいの
キャリアと実績の持ち主です。一緒に楽しむ新しい仲間を待っています。

Mooney's House Mooney Official Website


071111_mooney.jpg

【マスターの感想】
酉の市で人々が賑わう中、ライブがスタート
今夜は豪華ゲストのオンパレード

まずは、アンディのクラリネットが郷愁を
響かせながらサポート。彼の嬉しそうな笑顔が
私やお客様をマルディグラの世界へ導きます。

可愛い女性から繰り出されるのが、想像
できないほどのパワフルなウォッシュボードは
アタさん。楽しさが増します。

そこへ弱冠19歳の夏樹君が奏でる、ブルージーなハープ。
無理無く頑張っていて、とても良かったですよ! 期待の新星。

鷲さんでラスト。酩酊気味で入って来たお客様も、最後は納得して
楽しく退場してゆきました。 いつもPapa Mooneyは凄い。

P.S. 三重県の松阪からいらした「COW-COW HOT CLOUDS」のCDを聴きながら
書きました。 I Feel Good! Mooneyさんも松阪のイベントに参加するそうです。


2008年3月23日

Mooney 2008 3/23(日)

ジャンル:ケイジャン/ロック

皆様、お待ちかね。楽しいMooneyさんの出演です!

4/5(土)に横浜駅周辺で行なわれる、「Yokohama Jug-Band Festival 7」の
中心人物、Mooneyさんにまつわる心温まる話を聞きました。

お客さんが無料で鑑賞できる場所を確保するため、
そのことに、最後までこだわっていたそうです。
「それでなければ意味が無い!」と。
音楽を心底愛している Mooneyさん。
John Johnかぶりつきのライブで、その熱い音楽愛を体感できるはずです。

Mooney's House Mooney Official Website


【マスターの感想】
いつも、にこやかな笑顔のMooneyさんライブ
「ラブ・イズ・ペイン」「レイジー・リバー」「ルート66」などお馴染みの曲に、
パワフルなギタープレイを交えつつ、初めてオーティス・ラッシュの
「バイオレント・ラプ」を披露していただきました。

ゲストのウクレレ奏者、三浦さんが参加して、ハワイアンの「スウィート・スー」
「小さな竹の橋」、1部の最後は皆で歌った「キャバレー」で大盛り上がり!

休憩時間にハプニング!
お客様のサーファーグループのヨッシー君が、
「僕、自分の曲を歌いたいので、ギターを貸してください!」とおねだり
Mooneyさんも僕もビックリ!

でも、ナチュラルな世界に生きたい自分の気持ちと、
世間との狭間に迷いながら、ボブ・マーリーの目指した世界を
繋げてゆきたい心を一生懸命語る、彼の勇気ある好意に皆の拍手が鳴りました。

2部も「ガンバルンバ」、サッチモの「ワンダフル・ワールド」
「ジャパニーズ・ルンパ」と、ワイワイ楽しいライブでした。

次回は9/23(火)、熱烈ファンのKEIKOさんのバースデイ記念と併せての
ライブを予定しています。

2008年11月23日

Mooney 2008 11/23(日)

ジャンル:ケイジャン/ロック

“バカボン・パパ”が、ジョンジョンで皆様をお迎えします!

彼こそYOKOHAMA ・ジャグバンド・ルーツの立役者です。
初めての方でも、優しいファン達と一緒に大声で合唱しましょう!

Mooney's House Mooney Official Website

【マスターの感想】
今夜もパパ・ムーニーの、陽気で楽しい夜の炸裂!

久々の菅野君のウッドベース、
はるばる、出雲から駆け付けてくれた女性ウォシュボードのAtaさんが参加、
ライブとは知らずに来店した、私と同世代のお客様達も
最初は戸惑い気味でしたが、段々上機嫌に、手拍子、合唱。
また一組、ムーニー・ワールドの住人になりました。

次回は2009年3/22(日)の予定です。

2009年3月22日

Mooney 2009 3/22(日)

ジャンル:ケイジャン/ロック

横浜ジャグ・バンドの御大、
多くのミュージシャンを育てたMOONEYさんとの
楽しい一時がやって参りました。

何が楽しいかと言えば、初めてのお客さん達とも一緒に
大声で歌える事。 アットホームライブへの参加を待っています!

Mooney's House Mooney Official Website

【マスターの感想】
珍しく、"男祭り"でのライブでしたが、
その中で「キャバレー」を皆で合唱したのは変な気持ちでした。

GOOD NEWSは、5月にMOONEYさんとケニー・井上さんとで、
2部でも披露した、私も好きな「ホーギー・カーマイケル」の作品を
CD発売するそうです。 楽しみです。

JUG BAND FESTIVALが4/11(土)にVIVRE前広場で開催です。

次回、MOONEYさんの投げ銭ライブは、9/20(日)を予定しています。

2009年11月22日

Mooney 2009 11/22(日)

ジャンル:ケイジャン/ロック

ジャグ・バンドやケイジャン・ミュージックだけでなく、
ジャズ、ブルース、ロック、フォークなどから、
僕等の知らなかった音楽を数多く披露してくれるMooneyさん

オリジナルの曲を皆で合唱するのが、いつも楽しみです。
若い方から、ちょっと高齢になった方にもお薦めです!

Mooney's House Mooney Official Website

【マスターの感想】
Mooneyファン軍団の集まる中、
「ホーギー・カーマイケル」をフィーチャーした新譜より「レイジー・ボーン」から出発

Mooney ケイジャン ロック 横浜関内伊勢佐木町の音楽好きが集まるカフェバー  投げ銭ライブ!音楽イベント

(口笛、トロンボーン、ベースまで駆使するMooney!)

ノリノリの「キャバレー」「ガンバルンバ」などギター・ソロに口笛から、
口・トロンボーン、口・ベースなど、まるでバンドのような独り舞台を演出!

Mooney ケイジャン ロック 横浜関内伊勢佐木町の音楽好きが集まるカフェバー  投げ銭ライブ!音楽イベント

(目にも留まらぬ、抜群のギター・テクニック!)

店内の熱気もラストの「ロッキング・チェアー」で、静かに幕となりました。
次回は、2010年6/27(日)を予定しています。

2010年6月27日

Mooney 2010年 6/27(日)

Mooney サムネイル

ジャンル:ケイジャン/ロック

横浜をはじめ、日本全国に
音楽シーンを展開し、
若者を育成するMooney!

彼の演奏を初めて目にしたのは、日ノ出町にある
横浜ロック・ライブの老舗グッピーで。
(まだ小さく、裏にあった頃・・・ 40年以上前の話)

同級生である、マスターの塩屋君のおかげです。
そのグッピーも7月には姿を変えるとか!?

横浜の音楽シーンを支え、育成した、Mooneyとグッピー!
僕の脳裏には、常にこの2人が同時に現れています。

Mooney's House Mooney Official Website

【マスターの感想】
Mooneyさん独特のカントリーブルースっぽい、スローな
「エイント ノット マイ ビジネス」からスタート。

Mooney 演奏シーン

(バカボン・パパの講義の始まり)

マスターもファンのウッドベース管野さんが参加!

ウッドベース管野さん

(天井の高さを確認するウットベース菅野さん)

得意のウッドベース乗りは、John Johnの天井が低いため
残念ながら披露できませんでしたが・・・ Mooneyさんの話では、
今年のジャクバンド・フェスティバルでは、菅野さんを尊敬する
ウッドベーシスト6人が同時にベースに飛び乗ったそうです。

Mooney ウッ  ドベース管野 セッション

(長年の付き合いで息はピッタリ!)

尊敬するホーギー カー マイケル(知る人ぞ知る、TV西部劇ララミー牧場の
ピアノ弾きのお爺さん!)の曲ではMooneyさん得意の口笛で皆を圧倒しました。

次回は、2010年11/23(火)の予定です。

2010年11月23日

Mooney 2010年 11/23(火・祝)

Mooney サムネイル02

ジャンル:ケイジャン/ロック

横浜というより、日本のジャグバンドのリーダー、
Mooneyさんの楽しい楽しいライブです。

一番の楽しみは、みんなで合唱し、
溜まった憂さを発散出来る事です。
老若男女、お待ちしております!

Mooney's House Mooney Official Website

【マスターの感想】
本日のアンクルMooneyの授業は、「ミシガン・ウォーター・ブルース」より開講、
口ラッパもたっぷり入っていて、いつもながらに感心しきりです。

Mooneyさんの音楽授業スタート!

(アンクルMooneyの授業の始まりで~す、全員着席!)

色々な楽器の音を、Mooneyさんは口から出せるんですね!
「Your Feet Too Big」、「イエロードッグ・ブルース」、「ガンバルンバ」など
軽快な曲を皆で合唱。

Mooneyさん 演奏シーン

(テーブルを前に演奏するところが、学校の授業っぽいですね)

ホーギー・カーマイケルの曲を2曲程で、少し落ち着きを取り戻した店内は、
「猫は屋根」でまた大騒ぎ!

落ち着きを取り戻した演奏のMooneyさん

(皆でバカになろう! う~~! うぇ~~! ブルブル!)

「朝までワイワイ!」かと思いきや、「Wonderful World」で
しっとりとエンディングを迎えました。

Mooneyさん フルアコ

(Mooneyさんの大切なフルアコ)

次回は、2011年6/26(日)仮予定です!

2011年6月26日

Mooney 2011年 6/26(日)

Mooney サムネイル03

ジャンル:ケイジャン/ロック

横浜ライブ・シーンをず~~っと
リードして来た、MOONEYさん。

先日、「Sam's Up」で「還暦!ライブ」を
行なったそうです!

オイ!オイ!・・・MOONEY! 1968年のモンタレー・ポップ・フェスティバルか、
1969年のウッドストック・ロック・フェスティバルの頃に、
伝説の横浜ロック喫茶のグッピーで、初めてMOONEYのライブを見た時から、
ず~~~っと年上だと、思っていたのに・・・?

格好良い奴は、いつも、見上げられているんですね。
John Johnは開店して、今年で40年! それより前から演奏しているMOONEY!
楽しい事、受け合い!

Mooney's House Mooney Official Website

【マスターの感想】
「MOONEYさん! いつものギターと違いますね?」
「うん。先日、Thumbs Up (サムズアップ)でやった還暦ライブ
皆に貰ったんだ!」 とニコニコ顔!!!

Mooney 還暦祝いの赤いギター

(還暦祝いに、MOONEYファミリーからプレゼントされたギター!
「赤いフルアコを探すのが、本当に大変だった!」 ベーシスト菅野さん談)

真新しい真っ赤な、Eastmanのフルアコ・ギター
「今年は、ロバート・ジョンソン生誕100年なんだ」と
「Love In Vain」からスタート。

ホーギー・カーマイケル(年配の方には懐かしい、1960年代のTV番組
ララミー牧場のピアノを弾くお爺さん)の「レイジー・リバー」と続きます。

Mooney 演奏シーン

(「John Johnで演る時は、いつも高座になっているんだ」と、MOONEYさん)

「ルート66」では、MOONEYさん、お得意の
「バギューン!」が出てきて、MOONEYワールドの深みに入り込んでゆきます。

口笛から始まり、口でベースやホーンを歌に混ぜ巧みに表現します。
「ホンコン・ブルース」のギターソロは中華風の調べになっています。

「猫は屋根」からは、皆でワイワイ! 合唱! 掛合い!
「馬鹿になろう~~」と大盛り上がり。

Mooney ライブで熱唱

(「さ~ぁ! みんなで馬鹿になろ~~!
「ウル~ル、アル~ル」と、首振りの連続!)

「セントルイス・ブルース」は、しんみりと口笛・ホーンも効果的に、
素晴しい演奏でした。

Mooney ファミリー

(蒸し暑い夜も、手拍子・合唱で汗ビッチョリで楽しい時間を過ごしました)
※写真掲載許可済み

次回は、2012年1/22(日)の予定です!

2012年1月22日

Mooney 2012年 1/22(日)

Mooney サムネイル03

ジャンル:ケイジャン/ロック

横浜ライブ
シーンをリード

横浜のライブシーンをず~っとリードして来たMOONEYさんのライブ

Mooney's House Mooney Official Website