2007年11月28日

本質を見抜く「考え方」

honsitu.jpg
ものの考え方について考える本です。
1つのテーマに最低3つの仮説を立て、
一度言い切りの形で結論を出してみる。
その後、検証して修正、自分の感度を鍛える。

イギリスの労働者庶民は、国から高い税金をかけられ
ないように、政治家や知識人を見張っているのだとか。
日本人とイギリス人の歴史勉強の仕方や、歴史認識の手順の
違いが明確でおもしろい。

日本も見張り続けないといけませんね。全体的に。
なんかあったらすぐ暴動を起こすぐらいの強いエネルギーで。

一般のアメリカ人の認識の話。
地域や社会が国を支えているのであって、その反対ではない。
ブッシュ政権とアメリカ社会一般の距離感。このへんは日本と近い認識か。

流行や情報の変化の根底に流れる、不変なものを見抜く力について。
見抜きたいけどなかなか見抜けませんね。

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、
ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに」 
作家、井上ひさしの言葉を実践できるようになれば、成長

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。