2008年5月 4日

Giant Bullets & Stoned 2008 5/4(日)

ジャンル:ロック

しばらく活動を休止していた、ジミヘンやジョニー・ウィンターを
こよなく愛するギタリスト神崎君と、繊細なギターワークのワタル君

パーカッションのHachi君達が、またJohn Johnライブに
参加していただけるようになりました。

スポーツマンでもある神崎君は、極真カラテ港南支部の猛者で、
2007年7月全関東大会・準優勝、同じく9月第5回城西カップ・優勝の
実力を持っています。


【マスターの感想】
何年かぶりの、Giant Bullets & Stoned!
懐かしのCCR、「プラウド・メアリー」から始まり、
Simon and Garfunkelの「明日に架ける橋」、
John Lennonの「アクロス・ザ・ユニバース」「イマジン」と軽快に続く

休憩後、心のこもった神崎君のボーカルと、
ワタルくんの1947年型マーチンから出る心地良いリード・ギターからは
イーグルス、ドゥビー・ブラザース、ソウルフルな「ナチュラル・ウーマン」
「ジェラス・ガイ」などが奏でられました。

2008年5月 5日

The Cocksucker Blues Band 2008 5/5(月)

ジャンル:ロック/ブルース

THE VODKAのアコースティック・バージョンともいえる、
辻さんとTakeちゃんのブルース、ロックを堪能できます。

前回は満員御礼!今回も「子供の日」で連休の真っ最中なので
良い席をお望みのファンの方は、お早めにご来店ください。


【マスターの感想】
THE VODKAファンや、新しくファンに加わった若い人達で大賑わい!
「プリティ・ウーマン」「タイト・ロープ」とお馴染みの曲を披露。

今日の一番の聴き所はTHE VODKAの新曲、
「ウォーキン・バイ・ザ・リバー」でした。この曲は、今までの彼らが
別世界にスッテプ・アップ!若返ったような、リラックスな感覚を味わいました。
こんな感じの曲が増えると、幅が広がってくるので、さらに楽しみです。

次回は10/26(日)を予定しています。

2008年5月 6日

松田 浩之 2008 5/6(火)

ジャンル:カントリー

大雪で延期になっていたライブが単独で復活

スライド・ギタリストの松田君は、いつもはフィドルのAKIKOさんとのコンビですが、
今回は久しぶりにソロで奥様抜き。ひとり自由奔放に演奏していただけるのでは
ないでしょうか

彼は「リアリーミュージック」という楽器屋さんもやっているので、
ギターに興味がある方は様々なアドバイスを受けられます。
初めての方もお気軽にいらしてください。

松田浩之 Official Website

【マスターの感想】
今日の(も?)松田君は本当に格好良かったです!
いつもはAKIKOさんのフィドルとのコンビですが、
本人も「今日は御目付役がいないので、 気軽にやります!」と一言。

久しぶりのソロで良い音を出しまくり、
2部では、バンジョーの「スーマー君」がサポートに入り、益々楽しくなりました。

そんな雰囲気に誘われ、道往く人も足を止めて聴いていたり、
勢いで来場してくれたり。

次回は11/9(日)の予定です。

2008年5月11日

リッケン、トリヤ & チキンハート、Wasted Crew (Solo) 2008 5/11(日)

今回は、豪華3組によるセッション形式です。

リッケン
ジャンル:ポップス/ロック
BBCで活躍しているリッケンが、今回はエレキ・ギターで弾き語りをします。

リッケン Official Website リッケン伝


トリヤ & チキンハート
ジャンル:ブルース/ロック
ギターのオサム君と、ジャニス・ジョプリン大好き大尊敬の
女性ボーカル、ミキちゃんとのコンビで今回初登場


Wasted Crew (Solo)
ジャンル:フォーク
先日の有馬しのぶさんのライブでゲスト出演していただき、
少し激し気味のボーカルでの弾き語りを聴かせてもらいました。

Wasted Crew (Solo) NextMusic Official Website


【マスターの感想】
リッケン
ショー・アップされた、リッケンのコミカルな歌、
アニマルズの「悲しき願い」や、インストの「朝日のあたる家」では、
リード・ギターが冴えていました。

トリヤ & チキンハート
浅川マキの「If I'm On The Late」で始まり
ライブハウスの歌「聞いていや」と、お馴染み
Janisの「ベンツが欲しい」や「バイ、バイ、ベイビー」など
ミキさんの聴きやすい歌声が響く。

Wasted Crew (Solo)
The Bandの「オフェリア」、Jerry Jeff Walkerの
「ミスター・ボージャングル」など、私の好きな曲が多く、
テクニカルなギターで満員のお客様を楽しませていました。

2008年5月18日

内海 利勝 2008 5/18(日)

ジャンル:ロック/ブルース

伝説の元キャロルのリード・ギタリスト内海利勝さんの
アコースティック弾き語りで、キャロル時代の曲はもちろん、
新曲も沢山披露していただけるだろうと、楽しみにしています。

しっとり聞き惚れたり、皆で合唱したり。内海さんと一緒に遊びましょう。

内海利勝 Official Website 内海利勝ステーション


【マスターの感想】
春爛漫、満月の宵・・・
「街」「Shining Road」「月の無い夜」
「ファンキー・モンキー・ベイビー」とお馴染みの曲を演奏

本日は珍しく多弁の内海さん!
「僕はエリック・クラプトンよりも早く、この曲をやっていたのだ!」と
Bob Dylanの「天国の扉」を演奏

その後もファンの方との談笑に花が咲いていました。

次回は7/20(日)に決定です

2008年5月25日

鬼頭 つぐる 2008 5/25(日)

ジャンル:フォーク/ロック

新譜『I SING MY SOUL』発表後、2度目のJohn Johnライブです。

前回は楽しみにしていた「撫子の花」を聴かせていただきましたが、
アンコールでJohn Lennonの「Starting Over」のように
ライブならではの、「撫子の花」新バージョンや、
再び皆で合唱、手拍子で楽しめる時間が持てることを期待しています。


【マスターの感想】
いつも元気な、つぐるちゃん。

「午前6時のラグタイム」「川を越えて行こうよ」
昨年、出した新譜からは「六辻水辺公園」「撫子の花」「I SING MY SOUL」などを
披露していただき、今日もまた、元気を分けてもらいました。

次回は10/19(日)なので、皆様お楽しみに。