2009年4月 5日

内海 利勝 2009 4/5(日)

ジャンル:ロック/ブルース

皆様もご存知、伝説のロックンロール・バンド、元キャロルの
リード・ギタリスト、内海利勝さんを間近で聴けるアコースティック・ライブです。

内海さんの温かい人柄を皆様と供に!

U-WEB 内海利勝 Official Website

内海利勝ステーション

【マスターの感想】
桜の花、真っ盛り。 春到来の暖かさ。

蒔田公園から大岡川沿いにJohn Johnへ向かう中、
大勢の明るい酔っぱらいと露天からの匂い!

特に音楽がある所は盛り上がりが!
John Johnライブでも出演している中村君達、店内から響くコージの声。

店に着きしばらくすると、内海さん到着!
いつものニコニコ顔でしたが、内海さんも普段と違い、
ご機嫌にお酒が入っている様子?

ハープのTELL-Chanのサポートもあり、
内海さんの家に招待されたようなアットホームなライブでした。

2009年4月12日

ROIKI 2009 4/12(日)

ジャンル:ブルース

古くからのデルタブルースの弾き語りで、
彼の大声に乗せたソウルフルな演奏が楽しめます。

【マスターの感想】
「赤線ブルース」昭和30年代の小学生時代、
僕は日ノ出町に住んでいました。

この界隈は、向かい側の黄金町と供に
売春・ジャンキーの巣窟で「赤線」と呼ばれていました!

僕等は駄菓子屋の隣の路地で、シミーズ一枚大股を拡げて
イスに腰掛け、暑そうに団扇をあおぐ女の人や、
プレスリーっぽい髪型・服装の兄ちゃんが、
腕に注射していても、何の違和感も無く
日常の景色として遊んでいたものです。

ROIKI君の高知では、「はりまや橋」界隈も赤線地帯だったそうで、
高校生が初めての経験で女性に手を引かれ、
手は汗だく! 膝はガクガク!
ってな状況を、落語話のようなスロー・ブルースで披露! 聞物ですぜ~!

ちなみに、3年前から黄金町界隈、夢と無法の赤線街は"市"により
ディズニーランドならぬ、"ゴースト・タウン"というアトラクションになり、
市民はもちろん観光客もいません・・・

2009年4月19日

John Coast Band 2009 4/19(日)

ジャンル:レゲエ

昨年、ランキン・タクシーの前座でデビューした彼等が、
John Coast Bandとしてソロ・デビューの運びとなりました。

元気な彼等の楽しいライブを、期待と共に楽しみにしております。

【マスターの感想】
春爛漫!  爽やかな初夏の香りさえする、穏やかな今夜!
John Coast Bandの華々しいデビュー

はじまる前から、三々五々若い男女が詰めかけ、大盛況!
だって、今日はリーダー ヨッシーの愛娘"未来さん"の、
7歳誕生パーティーだ~

First Setは、

  • ギター・ボーカル ヨッシー
  • テクニカル・ギター よしお君
  • ニコニコ・ジャンベ ようじろ~君

自作のメッセージ・ソングのオンパレード
「父は、大地のように♬~母は海の様に♪」の詩が印象的な
社会派・反虐待ソング

Second Setは、ガラリと変わって(トラック)に載ってのメッセージ!
まるで竜宮城の大パーティ!

観客のお魚さん達、代わる代わるにマイクを取っての自己主張!
楽しいライブの再会を待ってます。

2009年4月26日

Be-B (和泉容) 2009 4/26(日)

ジャンル:80年代ロック/ポップス

溌剌(はつらつ)な弾き語り女性ボーカリスト。
オリジナルやカバー曲で皆様と供に楽しめます!

Be-B (和泉容) Official Website

【マスターの感想】
今夜のBe-Bさんは、開演前から元気溌剌!
なんと、今朝、沖縄から飛行機でJohn John 投げ銭ライブのために
帰って来てくれました。

Be-Bさんは、政府の経済的理由で打ち切られた 、
「沖縄北部におけるヘリコプター利用医療」を復活させるべく
立ち上がった医師のグループ「NPOメッシュ・サポート」の
ボランティア活動でのライブに出演していたのです。

Be-Bさんみたいに、ミュージシャンや一般の誰でも
"自分の出来る"ことで"誰かのために"の活動の輪を広げたいものですね!

満席のファンに囲まれたBe-Bさんは、ライブでもPower爆発!

全開熱唱の「It's All Right」では、
宇宙に向かって何かを叫んでいるような、
ワン・ステップ、アップした彼女の姿を見ました。

「島とうがらし 柿の種」「シークヮーサー マーブル・フーセンガム」の
お土産をいただきました、ありがとう!