2010年5月 2日

故倉 ヤスヒロ 2010年 5/2(日)

ジャンル:デルタブルース

長年のお付き合いの、孤高のブルースマン故倉ヤスヒロ!

John John 投げ銭ライブの推進者、久しぶりに演奏していただけます。
彼のオリジナルの新曲が楽しみでなりません!

感受性が豊かでナイーブなミュージシャンですが、不良性も持ち合わせ、
僕にもズケズケ、意見を聞かせてくれます。
そんな彼の演奏が、ジョンジョンの多様性を高めてくれています。

【マスターの感想】
久しぶりにJohn Johnで演奏してくれたKOKURA君

ブルージーな故倉ヤスヒロ

(ハンチングも、ブルージーに見える故倉君)

ギターも歌もバランス良く、さらに聴きやすくなっていました!

故倉ヤスヒロ 「投げ銭ヨロシク!」

(投げ銭よろしく! 「シェイキング マネー メーカー」)

スライド・ギターがたまらない「ギター ラグ」、
図太い声で歌唱する「シェイキング マネー メーカー」も、お客様からの大拍手!

故倉ヤスヒロ しっとり演奏画像

(しっとりとしたブルースは、お得意ですね!)

2010年5月 9日

李世福 & 神田 真人 2010年 5/9(日)

李世福 & 神田 真人 サムネイル画像

ジャンル:チャイニーズ フォークロック

音楽活動40年以上、
李世福コネクションのリードギターで、
横浜ロック・シーンに多大な影響を与えた李世福

彼が育てたギタリストの1人、神田真人を
サポートに加えてのアコースティック・ライブです。

李世福CONNECTION Official Website

【マスターの感想】
いつもの大陸風インストから始めた李世福!

このイントロを聴くと、大体その日の福ちゃんの方向性が感じられます。
「今日は、シットリとしているぞ!」

サポートの神田君も入り、「灰色の街」など横浜を感じさせる曲が続き、
「夢の旅」では、神田君のスライドと生弾きを交えた演奏がとても良かったです。

神田真人 演奏シーン

(スライドと生弾きを交える、神田真人)

李世福&神田真人 セッション風景

(息の合った2人の演奏に、お客様もウットリ)

李世福 演奏シーン

(人生や昔話を交えながらの、福ちゃんの講義も楽しみの1つです)

次回は、2010年10/31(日)に決定!

2010年5月16日

トリヤ & チキンハート 2010年 5/16(日)

ジャンル:ブルース/ロック

東京都内では、様々なイベントに参加しているギターのオサムちゃんと、
Janis Joplin (ジャニス・ジョプリン)や、浅川マキのことが好きな
女性ボーカル、ミキちゃんとのデュオ。

試作のCDを持参し、今回はソロライブで登場します!

【マスターの感想】
すっかり、浅川マキに惚れ込んで、ジャニスから変身したミキちゃん!

「ふしあわせという名の猫」を聴いて、その心意気が解りました。
リクエストでシオンの「遊ぼうよ」なども披露。
さらに、オサムちゃんのギターが格段と上達、とても気持ち良いです!

トリヤ & チキンハート

(歌う姿もどこか、マキさんに似てきたかな?)

ゲストの弾き語り、Ito Junya君は、マービン・ゲイや
ダニー・ハサウェイが好きで、聴きやすい声で熱唱してくれました。
もちろん、ギター・ワークもたいしたものです!

Ito Junya

(「What's Going On」を歌う、Ito Junya)

「朝日のあたる家」、「かもめ」、「ガソリンアレー」と歌いまくり、
頑張るミキちゃんでした。

トリヤ & チキンハート 熱唱

(ミキちゃんを優しく引き立てるように、ギターを弾くオサムちゃん、
これからも楽しみな2人です)

2010年5月23日

amiIrie (アミアイリ) 2010年 5/23(日)

amiIrie (アミアイリ) サムネイル画像

ジャンル:J-POP

2/18(木)のJohn John 投げ銭ライブの様子が、
BS日テレ『MIT3G 出没!
どこでもミュージシャン!』で
何度も放映されたamiIreさん!

春の日を、彼女の心温まる歌とギターでお楽しみください。

彼女との最初のライブからの因縁で、伊勢佐木町4丁目にある「青江三奈像」の前に
イベントスペース「クロスストリート」が建設されました。

まだオープン前ですが、「アクセスしてみたら?」 と連絡したところ、
2010年 6/27(日)に出演が決まりました。 嬉しい限りです!

Ami's Wind amiIrie (アミアイリ) Official Website

amiIrieのBLOG Official Blog

【マスターの感想】
続々と詰めかけるファンに、ライブスペースが狭くなり、
「え~い! 今夜は歌に専念するぞ!」と、張り切るamiIrieさん。

「ジャングル・ジム」から始り、ギターの翔くん、ハープの夏樹くんとの絡みが最高!

amiIrie (アミアイリ)演奏スタート!

(ジャングルジムに飛び乗ってぇ~ ライブの始り!)

マイク片手に、ノリノリの「ルート66」、皆で合唱 「おそうじおばちゃん」

狭くて、すみません!

(狭くてもギターを弾きたいamiさん! 狭くてホントすみません!)

後半、新曲を何曲も披露。
「家へ帰ろう」では、夏樹君のクロマティク・ハープが、哀愁を誘いました。
時折、翔君がギターをパーカッション代わりに使うところも印象的でした。

皆を誘うアミアイリさん

(自由奔放、ノリノリで皆を誘うamiさんです)

最後は、「サンキュー、感謝、ありがとう」を何十回も大合唱!
John Johnからも、amiIrieさんに「サンキュー、感謝、ありがとう」

終盤のamiIrieさん

(そらそら、あなたも一緒に楽しみましょう!ハイ!)

次回は、2010年11/7(日)に決定。 ゲストに、岡本主任さんが来るかも!?

2010年5月30日

TSUKASA & SAKURADA 2010年 5/30(日)

TSUKASA & SAKURADA サムネイル画像

ジャンル:ブルース

三途の川の笛吹きTSUKASAさん。
クレイジー・ハープとしての別名は有名ですが、
マスターが三途の川を渡ろうとした時、
「お客さん!渡し賃が足りないよ!」と、見た事ある
ような顔だったのは、TSUKASAさんだったのかな?

まあ、パパジョンもママジョンも健在なので、賽の河原で石を積んでる毎日です!
三途の川の笛吹きとギタリストに会うのが楽しみです。

CRAZY HARP TSUKASA Official Website

T_Sakurada's Website

【マスターの感想】
三途の川ならず、鶴見川の笛吹きTSUKASAさん。
爽やかなムードで開演し、爽やかでメロディアスな始まりから一転、
誰にでもありそうな持病に苦しむブルース。 彼は痛風で親指が痛むとか!

TSUKASA & SAKURADA カメラ目線

(TSUKASAさんのカメラ目線に微笑む、ギターのSAKURADAさん)

巧みなハープさばきで、京急やJRの効果音を醸し出す「ミステリー トレイン」
クロマチック・ハープではお馴染みの「ヨコハマ ホンキー トンク ブルース」
「上を向いて歩こう」「I'm Here」

女性客も大喜び

(John Johnのホームページを見て、来ていただいた女性も最後まで大喜び!)

SAKURADAさんのソロギターが光っていた「家へ帰ろう」などなど、
後から来たお客様のために3部まで、元気一杯で演奏していただきました。

TSUKASA & SAKURADA ノリノリ

(お客様のノリに、本人達はもっとノリノリ!)

次回は、2010年11/14(日)の予定!