2010年10月 3日

taikan 2010年 10/3(日)

taikanサムネイル画像

ジャンル:J-POP

毎回、楽しい一時を構成してくれる
taikan君&minoru君のデュオ。

店内に響き渡るtaikan君の声と、
実力派ギターのminoru君の演奏には、
女性ファンだけでなく外国の方々にも大受けです。

【マスターの感想】
開演前、店内にかかっている音楽に合わせながら、
ギターのチューニングを始めたminoru君。

みのる君 チューニング&演奏シーン

(夢見心地に弾く、minoru君)

「Here Come the Sun」、料理を作りながら
マスターの気持ちは、すでにライブが始っています!

taikan君 演奏シーン

(大声でも聞きやすいtaikan君のボーカル)

さて、お客様も揃い、taikan君「しゃくしゃくと始めます!」
「オレンジ色と闇の空」、「パラダイス」、夢見心地に弾くminoru君、
揺り起こすように大声で歌うtaikan君、2人の息が合っています。

taikan君、みのる君の2ショット

(2人の息はピッタリ、気持ち良いライブです)

2部も秋らしく、シットリとした曲が続き、satoshi君がタンバリンでゲスト参加。

中年サラリーマンのリクエスト「A Place in the Sun」、
大分豊後生まれのtaikan君、「Sugar」を相変わらず
聴きやすく、ハッキリした声で歌ってくれました。

satoshi君のタンバリン

(ドラムを演奏しているsatoshi君、タンバリンで参加)

次回は、2011年4/10(日)に決定!

2010年10月10日

AMI & TAME 2010年 10/10(日)

AMI & TAME サムネイル画像

ジャンル:フォーク/ポップス

外国からのミュージシャンを含む、
多くのバンドからギター演奏を頼まれる
実力の持ち主のTAMEさんと奥さんのAMIさん。

AMIさんのお客様に接する時、必ず楽しませるという姿勢は、
John John投げ銭ライブをおこなう、他のアマチュア・ミュージシャンの
お手本の一部としてよく話しをしています。

そんな2人の楽しい演奏をお楽しみに~

AMI & TAME Official Website

【マスターの感想】
AMIさんのボニー・レイト、「エンジェル・フロム・モンゴメリー」で
しっとりとした秋の夜は始まりました。

お客さんの様子を見ながら、徐々にAMI & TAMEの世界へ導いてゆきます。

AMI & TAME 演奏シーン

(AMI & TAMEの世界へ皆様をお連れします)

「ラ~ラ~ララ」と簡単なフレーズから、
店内一杯の合唱へと繋がりました。 いつもながらの楽しさです!

TAMEさんのジョン・フォガティの反戦歌「Who Stop the Rain」
軽快なギターソロが、各曲でお客様の拍手を集めました。

TAMEさんのギター

(TAMEさんのギター)

2部では、CD「Our Love」より「Dawn of the Light」、
「Our Love」とが続きます。 やはりオリジナルは良いですね!

AMI & TAME 熱演シーン

(AMIさんのリードで店内、手拍子に合唱と楽しんでいます)

「いまだ争いの絶えない この世界に向けて」
日本語で解りやすく歌の気持ちが通じます。

ラストは、AMIさんが好きなミュージシャン、グラディス・ナイトの
「さよならは悲しい言葉」で、TAMEさんのバック・コーラスも気持ち良かったです。

TAMEさん演奏シーン

(真剣に歌う「Who Stop the Rain」)

次回は、2011年4/17(日)の予定です!

2010年10月17日

Broken Arrow 2010年 10/17(日)

Broken Arrow サムネイル

ジャンル:フォーク

長年の友人でもあり
僕もファンであるBroken Arrowは、Oshiと
ドノバンとの、ちょっとお洒落なフォークデュオで、
老若男女にもお馴染みの懐かしの曲から新曲まで
幅広く楽しませてくれます。

年を重ね、静かに落ち着いたフォークソングを
ライブで聞ける機会が無くなって来た昨今、そんな一時を十分に再現してくれます。

【マスターの感想】
「サークル・ゲーム」、「Four Strong Winds」と懐かしのフォークソングが、
オシのマーチン・スティーブ・ミラー・モデル
ドノバンのテーラー12弦の音色にのって気持ち良く店内に響きます。

マーチン・スティーブ・ミラー・モデル、テーラーの12弦

(マーチン・スティーブ・ミラー・モデルとテーラーの12弦)

昨年亡くなったKENZOを追悼し、「It's All Over Now Baby Blue」が
ヒッピー風のお客様が多い中、しんみりと歌われました。

Broken Arrow 演奏シーン

(Broken Arrowはフォークソングがお得意)

この曲は、昨年のKENZO NIGITで披露された曲でもあります。

Broken Arrowを照らす譜面台

(譜面台のライトが重宝されています)

「レイニー・ナイト・ジョージア」での、オシのソロはとても良かったです。

Broken Arrow オシのハープ

(ディラン風のオシのハープ)

次回は2011年5/1(日)の予定です。

2010年10月24日

The Cocksucker Blues Band 2010年 10/24(日)

The Cocksucker Blues Band サムネイル画像02

ジャンル:ロック/ブルース

横浜を代表するロックンロール・バンド
THE VODKAのリードギタリスト2人が、
アコースティック・ギターに持ち替え、
内に秘めた情熱を炸裂させる激しいライブです!

月に1度は、John Johnでもお馴染みの金尾さんの番組(FM川崎)に
ライブ出演もしており、3曲入りCD「MONKEY ACTION」(1,050円)は、
好調の売り上げ! 当日は、是非サイン入りでどうぞ!

【マスターの感想】
The Cocksucker Blues Bandのファンは、
The VODKAと同じように、黒色の服の若い方が多いです!

バンドのメンバーが革ジャンや黒服が多いからでしょうね!

「やせっぽちの犬」、「タイトロープ・ダンサー」と
辻君の絶唱が、気持ち良く店内に響き渡りました。

The Cocksucker Blues Band 演奏シーン

(抜群のコンビネーションの2人)

「プリティ・ウーマン」では、タケちゃんのギターソロが光っていました。

タケちゃんのギターソロ

(タケちゃんのギターソロは、気持ち良い!!)

「モーニング・トレイン」から、お客様の合唱が始まり、大盛り上がり。

気持ちを唄に込めて!

(心の奥そこにある街人の気持ちを唄に込めて!)

アンコールでは、The VODKAの新曲「サンライズ&サンセット」が
初めて披露され、ファンは大喜びでした。

店内は黒服だらけ!

(黒服が目立つ店内の雰囲気)

次回は、2011年4/24(日)の予定です!

2010年10月31日

VICKY & TOSHIKO 2010年 10/31(日)

ジャンル:ロック

長年、横浜を中心に活躍しているVICKY&COBRASの
強力女性ギター&ボーカルのVICKYさんが、今回はVICKY & TOHIKOで登場します。

最近は、このセットでも活動しているそうで、
私も初めてなので楽しみです。 ワクワク!!

【マスターの感想】
足の痛みにもめげず、笑顔でやって来てくれたVICKYさん、ベースのTOSHIKOさん。

SGギターのSHIROUさんを従え、アルバート・キングの「プリティ・ウーマン」、
「ボーン・アンダー・ザ・バッド・サイン」と、
エピポンのフライングVをかき鳴らし溌剌と歌ってくれました。

VICKY & TOSHIKO

(笑顔爆発!VICKYさんとシンプル・ベースのTOSHIKOさん)

スティーブ・レイ・ボーンの写真の前で、
「Sky Is Crying」を演奏するVICKYさんは、活き活きとしていました!

スティーヴィー・レイ・ヴォーンとVICKY

(スティーブ・レイ・ボーンに見守れながら「Sky Is Crying」)

ジョン・リー・フッカーの「Boom Boom」と続き、ロックな店として大盛況でした。

VICKYとSHIROUさん

(SGを渋い音色で弾くSHIROUさんとVICKY)

2部でも「Sweet Home Chicago」、「フーチー・クーチー・マン」、
「Bring It Home to Me」と、ブルージーな曲をシンプル・ベースのTOSHIKOさん、
様々なギター・テクを渋い音色でリードを弾いてくれたSHIROUさんが
盛り上げてくれました。

TOSHIKOさん

(女性ベーシストが少ない中、タルちゃんバックにTOSHIKOさん)

次回の予定はVICKYさんの体調を見て、来年の春以降になります!