2010年11月 7日

amiIrie (アミアイリ) 2010年 11/7(日)

amiIrie (アミアイリ) サムネイル2

ジャンル:J-POP

癒し系女性シンガー
ソングライターのamiIrieさん。

John John閉店間際にCD「寝子neko」を
よくかけています。

必ず、ラストの「家へ帰ろう」を聴いてから帰宅です。
いつも楽しいライブが待ち遠しいです!

Ami's Wind amiIrie (アミアイリ) Official Website

amiIrieのBLOG Official Blog

【マスターの感想】
本日のamiIrieさんの投げ銭ライブは、1部・2部とも
ギター弾き語りの岡本主任さんのスターティングで始まりました。

amiIrie リハーサル風景

(髪形も可愛いアップでリハーサルのamiさん、中村翔君、夏樹君)

自作の唄も、行く先々の皆の街の名に変え歌っているそうで、
もちろん、John Johnでは伊勢佐木、演奏前、本人は
「オーディションのつもりです!」と、力強く語っていました。

活動再開の岡本主任

(2007年より活動を再開し、前向きな姿勢の岡本主任)

amiさん、1曲目は驚きのBob Marley、「Turn Your Lights Down Low」

いや~、良かったなんてものじゃなかったですよ! 感動! 
他にも演ってもらいたい曲があります。
マスターの秘蔵LP、Black WomanのJudy Mowattが演っている
「Concrete Jungle」や「Who The Cap Fit」amiさんバージョンが聴きたいです!

amiIrie、ハープの夏樹君 セッション

(しっとりと優しい音色のハープ夏樹君。 本当に感じの良い青年です!)

2曲目は軽快な「ジャングルジム」、
ここでなんと! 山形から駆け付けてくれた女性ファンより、花束の贈り物です。

そして、輪島よりお越しの安本さんがamiさんとセッション開始。
「ルート66」「おそうじオバチャン」「Me & Bobby McGee」など、
ナイーブで素敵なリードギターを披露してくれました。

amiIrie、安本さんとのギターセッション

(輪島からのギター名手、安本さんとおそうじオバチャン)

2部の岡本主任には、夏樹君がクロマチック・ハープで参加、
駄目人間の心の奥底を絶叫していました。

amiさんのCD「寝子neko」より
自由はあるが、自由である事は楽な事ではない! との歌詞「猫nekoの夜会」。

アミアイリ 演奏シーン

(レディ・ギタリスト、amiIrie)

メリーさんの映画を観たそうで、「Mariko's Blues」とブルースも披露。

最後は、もちろん「家に帰ろう」でエンディング。

アミアイリ、中村翔君とのギターバトル

(中村翔君とのギターバトル! ギンギンだぜ~!)

次回は、2011年5/22(日)の予定です!

尚、岡本主任も合格。 2011年5/8(日)に決定しました。

2010年11月14日

TSUKASA & SAKURADA 2010年 11/14(日)

TSUKASA & SAKURADA サムネイル2

ジャンル:ブルース

「鬼ころしブルースバンド」のハーピスト
TSUKASAさんと、いつも笑顔で素敵な
ギター・プレイを聴かせてくださる
SAKURADAさんとがお贈りする、
激しさも切なさもあるライブです。

TSUKASAさんは、有名ミュージシャンとの共演も多く、
多忙の中、John Johnの投げ銭ライブに出演していただいています。

CRAZY HARP TSUKASA Official Website

T_Sakurada's Website

【マスターの感想】
John Johnへ来るなり、「また、新しいアンプ、買っちゃいましたよ!
ランチボックス!」 と、ニコニコ顔のTSUKASAさん。

「凄いんです! こんなに小さくても、バンドでも使えます!
200Wあるんです!」と、本当に小さくズッシリ重い銀色の箱。

ランチボックスこと、ZT Lunch Box

(ZT Lunch Box、185x250x112、6.5インチ・スピーカーと専用ケース。
先週のamiIrieさんのハープ、夏樹君も、「ランチボックス」の事を話していました。
今注目の一品ですね!)

TSUKASAさんの知人で、結婚式帰りのご両親達の前で、
まずはオリジナル「May Be I Love You」

「僕はブルースばかりなので、結婚式のように、お目出度い席に
ふさわしい曲はあまりないのですが、唯一歌えた曲を演ります」と「My Baby」

ご両親達は手拍子足拍子で大変満足そうでした。

TSUKASA & SAKURADA セッションシーン

(お目出度い席では、持ち歌が少ないブルースマン)

SAKURADAさんのギターとハープで、列車や踏切の効果音を
出しながらの「Mystery Train」、
クロマチック・ハープでの 「ヨコハマ・ホンキートンク・ブルース」と
早速、ランチボックス大活躍です。

ギターソロ

(ギターソロの最中のつぶらな瞳。 もう一杯、ご所望かな?)

2部の後半からは、入りきれない程の団体さんご到着で大盛況!

サービスに3部まで演奏、「Shake Your Moneymaker」、「I'm Here」と
団体さんも大喜びでした。

3部にまで突入したTSUKASA & SAKURADA

(お客様のノリで、ミュージシャンも、ノッてくるものです!)

最後は、「家へ帰ろう」で締めくくりの、長い秋の夜は更けました。
次回は、2011年5/29(日)の予定です!

2010年11月21日

金尾 よしろう 2010年 11/21(日)

金尾よしろう

ジャンル:ロック

FM川崎の音楽番組のパーソナリティを
精力的に展開している金尾さんによる、
ファッショナブルなライブです。

前回披露していただいた「ダイナマイト」が、
また聴きたいですね!

金尾よしろうのブログ

【マスターの感想】
いつものテンガロンハット、ウエスタンスタイルの金尾さん、
リードギターに梅村仁さんを迎え、新作「On Your Side」を披露。
大岡川近辺の情景を描く「ダイナマイト」、この曲は、リクエストしたくなる名曲です。

金尾よしろうさん 愛用のギター

(金尾さんの愛用ギター)

ギターの中村君も特別参加で、「風の中で立て」、「ルート66」を
嬉しそうに弾いていました。

2部でもオリジナルの「インスピレーション」、「少年の街」などを次々披露。
ギターの梅村さんは、作曲も得意で、伊勢佐木町のインフォメーションの
バックで演奏されている曲は、彼の作品だそうです。

金尾さんと梅村さんのセッション

(金尾さんと梅村さんで「On Your Side」)

中村君も再度参加、「スタンド・バイ・ミー」で不良中年達は大盛り上がり!
金尾さんもリクエストに応え「イマジン」を、Johnの写真の前で歌い上げました。

ジョン・レノンの前で、「イマジン」を熱唱

(Johnの前で「イマジン」を熱唱)

中村君と金尾さんのセッション

(中村君と金尾さんのセッション)

次回は、2011年6/5(日)の予定です!

2010年11月23日

Mooney 2010年 11/23(火・祝)

Mooney サムネイル02

ジャンル:ケイジャン/ロック

横浜というより、日本のジャグバンドのリーダー、
Mooneyさんの楽しい楽しいライブです。

一番の楽しみは、みんなで合唱し、
溜まった憂さを発散出来る事です。
老若男女、お待ちしております!

Mooney's House Mooney Official Website

【マスターの感想】
本日のアンクルMooneyの授業は、「ミシガン・ウォーター・ブルース」より開講、
口ラッパもたっぷり入っていて、いつもながらに感心しきりです。

Mooneyさんの音楽授業スタート!

(アンクルMooneyの授業の始まりで~す、全員着席!)

色々な楽器の音を、Mooneyさんは口から出せるんですね!
「Your Feet Too Big」、「イエロードッグ・ブルース」、「ガンバルンバ」など
軽快な曲を皆で合唱。

Mooneyさん 演奏シーン

(テーブルを前に演奏するところが、学校の授業っぽいですね)

ホーギー・カーマイケルの曲を2曲程で、少し落ち着きを取り戻した店内は、
「猫は屋根」でまた大騒ぎ!

落ち着きを取り戻した演奏のMooneyさん

(皆でバカになろう! う~~! うぇ~~! ブルブル!)

「朝までワイワイ!」かと思いきや、「Wonderful World」で
しっとりとエンディングを迎えました。

Mooneyさん フルアコ

(Mooneyさんの大切なフルアコ)

次回は、2011年6/26(日)仮予定です!

2010年11月28日

Rantin TAXI 2010年 11/28(日)

ランキン・タクシー サムネイル

ジャンル:レゲエ/ラップ

Rantin TAXIは、長年の友人でもある
ランキン・タクシーが、夫婦デュオ、ウンチャカ
ギター、Nodachinとのコンビで出演する時の
バンド名です。

ランキンの事なので姿が見えた時から、ライブの始まりです!

全く、相変わらず、パワーと優しさを振り撒き、日本を良くしていこうと頑張っています。

【マスターの感想】
開演前から、ぞくぞく来店してくれるお客様、飲み物、フード作りに
アタフタしていると、既に17時30分? あれ? なんか変だな・・・?
まさかっ!?と思って、電話してみると・・・
「やっぱし!」ランキン、家にいました!

「そーだ28日だ~ 今日は!
ノダチンは、ツアーに出ていて、それを伝えようとしていたんだ!」
「OK! 1時間半で来れるかい?」 「カラオケCD、持って行きます!!」

ランキタクシー 遅刻してもこの笑顔!

(「は~い!お待たせっ!」と、この笑顔)

そんな訳でお客様には、遅れる旨をお伝えし、
ランキンのDVDを鑑賞しながら待っていました。

20時半過ぎに到着! レゲエだよ!全員集合!のTシャツに画用紙の王冠。
「実の娘をナンパ」、ランキンは14年ぶりだったそうですが、
僕はランキンが彼女を連れて来た時は、それ以上年月が経っていたので
「また、こんな若い子と付き合って?」  なんて思っちゃいました! 

ランキンタクシーと、ロバート君の制作者、Nao君

(休憩タイムにまずビール! ロバート君の下は、制作者のNao君)

「スレンセン」、「ソンマン」などの同じ曲のカラオケで、
「I Shall Be Released」、「I Don't Talk About It」、
「ひとかけらのチョコレート」など、様々な唄が歌える事を披露!

ランキンタクシーと弘明寺仲間のS夫妻

(旧友、弘明寺仲間のS夫妻と)

さすが天才? 「メンタルスレーバリー」、「人身事故」と
社会風刺も忘れずに、皆をパワーアップ。

ノダチンもランキンも、ギャラはハイチの援助に寄付をするそうです。

ランキンを囲んで、皆でパシャり

(ライブの後も、酔っぱらい達の楽しい歓談が続きました)

次回は、来年11月、最終日曜日、2011年11/27(日)の予定です。
今回来れなかったノダチンは、5月頃に予定を組めるかもしれません。