2010年12月 5日

東 裕二 2010年 12/5(日)

東 裕二 サムネイル

ジャンル:薩摩フォークロック/ブルース/レゲエ

酉の市が終わるとやってくる!

毎年恒例、南国鹿児島鹿屋より、
楽しいトリオの時間です。

歳を取ると、本当に1年はあっと言う間です。
その間隔が益々短くなって来ています。  さあ、楽しいパーティ! 参加者募集中!

東 裕二 Official Website

【マスターの感想】
1年が過ぎるのは、アッと言う間になってきました。
南国鹿児島鹿屋より、参勤交代のバンドが、爽やかな風と供にやってきました。

B・Bの「It's Not My Business」からスタート。
「おい!おい!なんでしょぱなに大作を持って来るんだ!
自分にプレッシャーをかけるのが好きなのか!? 東は!」

大体皆がそう感じたと思います。 そして鹿児島風?東風?な
ボブ・マーリーの「Lively Up Yourself」、忌野清志郎の曲も披露。

いきなり大作からおっ始める 東 裕二

(B・B KINGの大作からスタートするかい?)

清志郎の曲は、最近John John投げ銭ライブでも、よく歌われています!
彼は日本の音楽シーンにガッツを入れた、素敵なミュージシャンでしたよね!

ギターの了徳寺君、ボーカル東君、ベースの木場ちゃん

(大盛況の店内では撮影できず、休憩タイムにシャター!
左から、素晴しいギターテクの了徳寺君。 人生を楽しく生きる東君。
2人を支えるシンプル・ベースの木場ちゃん。 良い写真でしょ!)

2部は、「ローハイド」でスタート。 東君の「ローハイド」、好きだな!

「アイ・ガット・ア・モジョ・ウォーキン」では、
格段の進歩を遂げたブルース・ハープの演奏が光っていました。

ブルース・ハープも光る、東 裕二

(今回はいろいろな曲でハープを吹きましたが、本当に上手になりました)

名曲「かのやんレディ」、「時計を投げ捨てた、イジー・ライダー」、
酒のブルース「ウーロンちゅう」など、満席の友人達に囲まれた、
素晴しく楽しい夜でした。

東 裕二 恍惚の演奏シーン

(恍惚の表情で何を思うか? 東!)

恒例の年貢米を2袋もいただき、ありがとうございます!
来年は、カルガモもバンドメンバーとして参加していただきたいです!
次回は、来年12月第1日曜日、2011年12/4(日)に決定!

かのやんレディに囲まれて! 最高!

(鹿屋の中学の7歳下の? 同級生「かのやんレディ」を囲んで!
このような人が来てくれるから、ライブは楽しい! ね~、東君!)

2010年12月12日

坂田かつゆき & CHERRY江沢 2010年 12/12(日)

坂田かつゆき & CHERRY江沢 & 竹崎健司郎 サムネイル

ジャンル:ブルース

ドランカー・ブルースハープ坂田かつゆき。
前回も多彩なゲストで盛り上がりましたが、
当日までどんな形態で演奏するか
いつも決まっていない坂田君!?
それを楽しみにしているお客様も多数います。
どんな感じになるかは、当日のお楽しみ!

坂田かつゆき (Harmonica Player) Official Blog BLOW THE BLUES AWAY!

チェリー江沢 Official Website

【2010年 12/13(月) 追記】
店舗側の都合により、12/12(日)のライブは、急遽中止とさせていただきました。
出演者ならびに関係者の皆様、楽しみにしていたお客様には、
大変ご迷惑をおかけいたします。

2010年12月19日

風鈴 & Tacasy 2010年 12/19(日)

Tacasy & Takeboo サムネイル

ジャンル:フォーク

優しい人柄でナイーブなギターを演奏する
Tacasy。 久しぶりにJohn Johnに復帰!

逆に、激しいギター演奏と大声のTakeboo。
松田浩之君とのセッションも多いので、
John John投げ銭ライブの出演回数は、
年間1位の状態です。

【2010年 12/13(月) 追記】
今回のtakebooステージは、John John投げ銭ライブ初登場の、
アコースティック・ユニット「風鈴」(Vo.楼茶 G.Takeboo)も出演です!

【マスターの感想】
Takebooの新しいアコースティック・ユニット「風鈴」 John Johnデビュー!

「風鈴」(Vo.楼茶 G.Takeboo)

(Vo.楼茶 G.Takeboo 「風鈴」 John John初ライブ!)

まずは、ブギブキな「男と女のヒステリー・アワー」、
ちょっとセクシーな「二人の世界」、共作だそうです。

「ピエロの憂鬱」は、Takebooがマスターをイメージして創ってくれた曲です!

Takeboo演奏シーン

(Mama Johnの追悼の為か、いつもの激しさとは違い?
終止、神妙に演奏してくれていたTakeboo)

J-POP風の「夕映えの向こうに」では、楼茶の純真な
少女の気持ちが良く表されていました。

高い澄み渡る声で歌う、楼茶の声はJoan Baezを思い起こしました。

楼茶のボーカルシーン

(清らかな声で、真剣に愛を歌う楼茶)

「風鈴」の2ショット

(嬉しそうに、風鈴を持つ「風鈴」)

2部に入りTacacyのソロ。
久しぶりに聴くギターは、一段と良くなっています!
伊勢佐木・野毛・本牧の情景を歌った「横浜 娼婦物語」は、特に印象的でした。

Tacacy 演奏シーン

(Tacacyの優しい気持ちが表れるギターの響き! 好きだな~!)

Takebooも加わり、くしくも12/8(水)John Lennonの命日に、
永久の旅立ちをした、Mama Johnと呼ばれ、皆様に愛された、
私の母に、「千の風になって」を追悼で演奏していただきました。

最後は、ボギー・和尚も加わって、本当に供養になりました!
皆様、ありがとうございました。

ボギー・和尚 Takeboo Tacasy セッションシーン

(最後は、ボギー・和尚も、得意のボーカルで参加!
ママジョンへの最高の追悼でした。 ありがとうございます)

次回は、2011年6/12(日)の予定です!

2010年12月23日

髷詩鼓 2010年 12/23(木・祝)

髷詩鼓 サムネイル

ジャンル:フォーク/ポップス

昨年は、サンタの衣装で楽しませて
いただいた、ファミリーバンド「髷詩鼓」
淑子さんのボーカルをメインに、ポップス、ロック、
ブルース、フォーク、プロテスト・ソングと多彩に
演奏してくれます。

クリスマス前の一時を、アットホームな雰囲気でお楽しみいただけます。

髷詩鼓 Official Website

【マスターの感想】
今夜の髷詩鼓ライブは、マスターも当日まで知らなかった、
超驚きのスペシャル・ゲスト!

元Guppyのマスター、小学校、高校の同級生、塩屋君です!

元Guppyのマスター、塩屋君の登場!

(いつもニコニコ、横浜のロックシーンをリードしてきた、Guppyの塩屋君!
横浜野音のラスト・コンサートを思い出します!)

「ワイルド・ホース」、「デイドリーム・ビリーバー」、「アイ・シャル・ビー・リリースド」

「この曲を歌いたくて、ず~っとGuppyを続けた!」
と、「流れにそって」を皆と、本当に楽しそうに歌ってくれました。

塩屋君の演奏を見つめる髷詩鼓

(髷詩鼓のメンバーは、しゃがみ込み、神棚で歌う塩屋君を崇め、演奏!?)

いよいよ、サンタ姿の髷詩鼓の登場! 新曲「しんちゃんのバラッド」、
平和を訴える「狂気と破壊という名の弁当箱を持った、腹ぺこ青虫の唄」
なんと長い曲名でしょうかっ!?

サンタ姿の髷詩鼓登場!

(サンタ姿でクリスマス・イブ・イブに、楽しい雰囲気を盛り上げてくれる
髷詩鼓パーカッションの、しんちゃん。 狭く、目立たないところで、御免なさい!)

普段、たまに思い出すフレーズの「生きているだけで丸儲け」、
本当にそう思うこと、ありますよね!

髷詩鼓のベース、ブ~チャン

(狭い店内、一番奥でベースを演奏する、ブ~チャン。
しっかり髷詩鼓の音楽を支えています)

最後は、塩屋君に山鉄も加わり、「What's Going On」、
「Like A Hurricane」、店内大盛り上がり! 大合唱! 「夢をいつまでも」

髷詩鼓 ボーカルの淑子さん ギター・ボーカルの中倉君

(世界平和の追求や愛の歌を多く自作する、髷詩鼓ボーカルの淑子さん。
笑顔が絶えないギター・ボーカル、中倉君)

山鉄と塩屋君のセッションシーン

(山鉄も加わり、楽しさ絶頂! 「What's Going On」を歌う塩屋君!)

尚、髷詩鼓」さんよりGreenへ、投げ銭の一部、3000円の寄付をお預かりしました。

次回の髷詩鼓は、2011年7/17(日)、山鉄は、2011年6/19(日)に決定です!