2011年7月 3日

Stumble Bum 2011年 7/3(日)

スタンブル・バム サムネイル 02

ジャンル:フォーク/ロック

最近は、活動範囲を広げ、さらに
知名度が高まっているStumble Bum。

オリジナルの曲を創り、
ギター&ボーカルの井上民雄と、
マスターが大好きなシンプル・ベース

例えば、ディレク&ドミノスの「カール・ラドル」、バニラ・ファッジ、
BBAの「ティム・ボガード」、最近では去年の「クロスロード・フェスティバル」に
出ていた、Derek Tracks & Susan Tedeschi Bandのベーシスト。

そんなベースを弾くToshiちゃんとの気持ち良いライブです。

Stumble Bum Official Website FOLK ROCKERS.com

DEEP ORANGE 椎野恭一が立ち上げた新レーベル 第一弾はスタンブル・バム!

【マスターの感想】
ゆったりとした曲から始まった演奏、2曲目は初めて聴いた曲でした。

「Sunny Road」の次には、早くも、アルバム「FORK ROCKERS」で1番好きな
「はなたれた」がっ! 夢見るような民雄ちゃんの歌い方に、Toshiちゃんの優しく
気持ちの良いベースが絡まっていました!

民雄ちゃんの新しいギター「Gibson LG-2」は、お客様からも「良い音だねぇ~!」と
声がかかる程の、しっかりした綺麗な音が出ています。

ギブソン Gibson LG-2

(新しいギター「Gibson LG-2」の音合わせをするStumble Bum)

満席になった2部は、「All I Know」でスタート
「僕は魂を売った・・・」という歌詞がある「魂」は、以前にも聴いたことがありますが、
ちょっと過去の何かを思い出させるような、意味ありげな歌で、僕は好きです。

Stumble Bum 演奏シーン

(前を見つめ、どっしりと構える民雄ちゃん:写真右側)

「ひざまづいて」、「旅の果て」
今夜は、淡々と、でもしっかり何かを確信しているように、
どっしりと構えた大人のような民雄ちゃんでした。

スタンブル・バム Toshiちゃん

(いつも気持ち良いシンプル・ベースで、僕等を乗せてくれるToshiちゃん)

アンコール、「クレイジー・ラブ」日本語バージョンでお開き!

Stumble Bum&スーマー 演奏後の1シーン

(演奏終了後、途中から来たスーマー達と1杯~2杯・・・と、
少年の顔に戻ってゆく民雄ちゃん!?) ※写真掲載許可済みです

次回は、2012年1/9(月・祝)に決定!

2011年7月10日

坂田かつゆき & CHERRY江沢 2011年 7/10(日)

坂田かつゆき & CHERRY江沢 サムネイル01

ジャンル:ブルース

John Johnライブでは、様々な
ブルース・ハーピストが出演しますが、
マスターは坂田君のことを「ドランカー・
ハーピスト」と呼んで、忠告気味に!?
彼に釘を刺しています!

でも、凄いところは、どんなにベロベロになっても、ハープの音色だけは、
しっかりしているところです。
ハープの方が、彼を操っているのでは? と思ってしまいます。

そんな彼をしっかり支える、女房役の優しいCHERRYの
歌声とキーボードがなければ・・・?

一緒にドランカーになって、楽しみましょう!

坂田かつゆき (Harmonica Player) Official Blog BLOW THE BLUES AWAY!

チェリー江沢 Official Website

【マスターの感想】
ドランカー・ハープ坂田かつゆき!

坂田かつゆき機材ケースの中身

(坂田君のケース。 写真は、ウイリアム・クラークと、ロッド・ピアッツアだそうです。
自慢のNewマイクは、BLUEXLAB イタリア製で高価だそうです!)

セッティングが終わると「生ビール!」、「ダニーボーイ」など、
のどかな旋律から始まった演奏、CHERRYのボーカル、エルビスの
「ザッツ・オーライ・ママ」で、ちょっとロック色が出てきました。

坂田かつゆき ギター演奏

(最近は、ギター演奏が多くなっている坂田君)

CHERRYが歌っている最中に、ドランカーは「生ビール!」
その後の「Little Wing」は意外でしたが、良かったです!

今回もベース・ギターは、ONOJIさん
「Sweet Home Chicago」、ノリの良い「グッド・タイム・チャーリ」で前半終了。

ベース・ギター ONOJI 演奏シーン

(シンプルなベースプレイで全体を支えているONOJI
車で来ているので、キリンのFreeで辛抱?)

今回は坂田君、ギターでの演奏が多かったです。

2部も、坂田君のギター・ハープ・ボーカルの三刀使いを、
しっかりベースのONOJIさんが支え、軽快なCHERRYのキーボードの演奏と
ボーカルの連続でした。

CHERRY江沢のキーボード

(軽快なキーボードを楽しませてくれるCHERRY!
長い付き合いですが、今でも元気ハツラツです!)

「ジョージア・オン・マイ・マインド」、「ルート6」、
「オーバー・ザ・レインボー、最後は、Janis Joplin
(ジャニス・ジョプリン)を描いた映画の主題歌「Rose」で終了。

ブルースハープ 坂田かつゆき

(ドランカー・ハーピスト! いつでも、手の届くところに生ビール!
でも、演奏は酔っぱらっていないですよ~)

次回は、2012年2/26(日)に決定!

2011年7月17日

髷詩鼓 2011年 7/17(日)

髷詩鼓 サムネイル

ジャンル:フォーク/ポップス

典型的ファミリー・バンドの髷詩鼓。
長年のファンも初めての方にも、優しく歌いかける
敏子さんのボーカルにギター、ベース、
パーカッションやスペシャルゲストも毎回出演。

元Guppyのマスター・塩屋君の反原発の
テーマソング、「Power」が楽しみだな!!

髷詩鼓 Official Website

【マスターの感想】
前回の髷詩鼓ライブの感動を再び!
スペシャルゲストにGUPPYのマスター、塩屋君に歌ってもらう約束をしていました。

忌野清志郎バージョン「Daydream Beleiver」。 念願だった、
原発反対のテーマソング「Power」と楽しく宴会状態で続きます!

塩屋君。パーカッションShinnちゃん、中倉君のギター

(楽しくてしょうがない塩屋君。
パーカッションShinnちゃん、気持ち良い中倉君のギター)

髷詩鼓にタッチ、「風の中へ」、「手のひらいっぱいの愛」
敏子さんの歌う「格好つけるなよ」。そこに入る中倉君のギターが、
心地良さをどんどん増してきます。

髷詩鼓  敏子さん

(「手のひらいっぱいの愛を」・・・
「人間の都合で、取り残されたペット達にも、愛を」)

ブルースの「おどけ笑い」では、ギター炸裂!店内、大歓声がわき上がりました。
「風車」を歌い終えた敏子さんから、大震災で取り残されたペットの悲しい話が
ありました。今回のライブの投げ銭の一部からペット救済の為に
寄付を決めたそうです!

ベース、Booちゃん

(いつも隅で、皆を支えるベース、Booちゃん!Good なショット!)

アンコールはお馴染み「生きているだけで、丸儲け」
一息入れて、サプライズゲスト、ギターTakeさん、トロンボーンYuuさん
「レレレトレス」が気持ち良くボサノバで数曲。

ギターTakeさん、トロンボーンYuuさん

(ボサノバが、初夏の雰囲気を運んできました!
Yuuさんは、オリコンで上位にランクされているトランぺッターだそうです!)

特に「Close to You」最高です!
セッションは果てしなく、塩屋君「ミー・アンド・ボビーマギー」
まるで60年代のフォーク喫茶の様相の店内。

「流れを越えて」の大合唱が裏町の路地に響き渡りました。
次回は、12/25(日)クリスマス髷詩鼓に決定!

塩谷君 お互い、生きているだけで、丸儲け!

(「なぁ~~?! お互い、生きているだけで、丸儲けだな、本当に~!」)
※写真掲載許可済みです

2011年7月18日

山鉄 2011年 7/18(月・祝)

ジャンル:ロック

長年の付き合いで、GUPPYでのライブ「BAD INFLUENCE」の
強力ボーカルと格好良さが、思い出にあります。

まだ、John Johnライブを始めていない、何十年も前から友達同士で、
ギター片手にお店で歌ってくれたものです。

何度も予定を組んだのですが、都合で流れてしまっていました・・・
やっと実現です!!

【マスターの感想】
18時過ぎに早々とやって来たギターのタカさん、
気持ち良いスパニッシュな音が聞こえてきて、
店内の音楽を止め、しばし聴き入りました。

登場した山鉄に、「何年、歌い続けているんだい?」と質問したところ
「え~~と?う~ん?....36年になります!」との返事。

本当に長い経歴ですね、やっと念願が叶い山鉄、John Johnライブ、
個人名のライブも初めてです。

歌唱する前の山鉄

(精神統一.......宇宙の彼方を目指して、歌唱する前の山鉄)

スティビー・ワンダーの日本未公開の植物の映画からだと思いますが?
「Send One Your Love」、山鉄も「知っている人は居ないかも?」
と言っていましたけど、多分合っていると思います。

山鉄、タカさんのギター

(眼を閉じ、心を込めて歌い始める山鉄!それを支えるタカさんのギター!)

浅川マキの「ふしあわせという名の猫」、
懐かしかった「スピニング・ホイール」などなど、山鉄の大声が続いた後、
まゆみさんとタカさんでボサノバ・タイム!
優しい女性の歌声に、心和む店内でした。

まゆみさん ボサノバ

(まゆみさんが、軽くボサノバで一息入れさせてくれました)

2部はタカさんのソロから始まり、
山鉄「Doors」、「Light My Fire」を「ホセ・フェリシアーノ」バージョンで、
火の点いたように超絶唱! 歌い揚げることに集中し、
自らも翔びたって行くようで、格好良かったです。

山鉄 絶唱シーン

(絶唱...絶唱....絶唱.......絶唱!.....泣いてる訳でも?)

「朝日のあたる家」はしっとりムードに挑戦!
最後にまゆみさんも加わり、皆で楽しく「ジャンバライヤ」
1部で聴きそれた方へ「ふしあわせという名の猫」をサービス。
山鉄絶唱の夏の夜は更けました!

三者三様! ボサノバ・フラメンコ!

(三者三様!アットホームな一瞬 絶唱・ボサノバ・フラメンコ!)

次回は、2012年3/25(日)に絶唱・再開!

2011年7月24日

やぎたこ 2011年 7/24(日)

ジャンル:フォーク

「美女と野獣」で、何回もJohn John投げ銭ライブに出演した、
美女Taka-chanが、最近デュオを組んでいる、やぎたこ。

CDをいただいたので聴いて、出演をお願いしました。
爽やかなフォークソングが、夏の一夜を楽しませてくれることと期待しております!

やぎたこ Official Website

【マスターの感想】
初夏の清々しい風のように、アメリカの古いフォークソングの
演奏が始まりました。 2曲目は「ディポティズ」、柳さんの
アコースティックギターからは、心地良い調べが聴こえてきます!

やぎたこ 演奏スタート

(落ち着いた雰囲気にさせてくれる、フォークソングの始まりです)

たかちゃんはギター、柳さんはフラット・マンドリンにチェンジ
(ちなみに2人が持参した楽器は、8種類もありました)。

やぎたこ 楽器

(2人の楽器。 ここに見えるのはギターX3、アコーディオン、
フラット・マンドリン、バンジョー、フィドルですが、オートハープもあります)

プロテスタントの曲や、南北戦争当時の北軍の軍歌も
フォークソングです。 柳さんが曲について色々説明してくださって、
有名な「ドレミの歌」のドレミは、スラングでお金の事だそうです。

柳さんは、Bob Dylan(ボブ・ディラン)が好きで、
最初に手に入れたのは「Disire」だそうで、その中から「Oh! Sister」、
続いてはロギンス&メッシーナの名曲「プー横町」

やぎたこ 夢見心地で演奏

(夢見心地に演奏する「やぎたこ」)

フィドルに持ち替えた柳さんから
「フィドルとは、カントリーやフォークソングで使用されますが、
スラングでインチキの意味があります。
童話(アリとキリギリス)のコウロギさんは、いつもフィドルで遊び人なんですね?」

これまた、皆で「へ~!」と感心。
たかちゃんが持つのは、オートハープ。 100年程前に制作されたもので、
アメリカからネットで取り寄せ、復元したそうで、弦は36本あります。

やぎたこ演奏と楽器

(100年前のオートハープが、フィドルをバックに蘇る)

「Don't Think Twice,It's All Right」、「This Land Is Your Land」、
アンコールでは、「ケンタッキーの我が家」、日本語版「Goodnight Irene」で
グリニッジ・ビレッジに居たような、フォーク・デュオの演奏会は幕引きになりました。

やぎたこ 熱演

(「ローリング・サンダー・レビュー」でDylanとBaezに
感動した柳さん。 こんな感じでしたね!)

次回は、2012年3/18(日)に決定!

2011年7月31日

生活便利Goods 2011年 7/31(日)

生活便利Goods サムネイル01

ジャンル:ロック/J-POP/コミック

マスターが一発でファンになってしまった
生活便利Goods。楽しいこと受け合いです。

音楽をGoodsとして捕え、デパートの
実演販売員のように展示してゆく、
ベース・ボーカル「大王」、ギター・ボーカル
「代表」がエプロン姿で登場!

愉快なGoodsがつぎつぎ出てきます。 貴方ならどれがお好みですか?

生活便利Goodsの出島ブログ

【マスターの感想】
コミックバンド、生活便利Goodsの実演演奏!?の始りです。

最初の売り物は、John Johnの壁にかかっている絵を指差しながら、
「Imagin~One Love」と「ジョン・レノン~ボブ・マーリー」のお徳用セット。

生活便利Goods 演奏スタート!

(飛び出す、生活便利Goodsの店頭実演の始り)

大王オススメの「荒野のやせガマンMAN」では、
ベースをかき鳴らし大声の連続、マイクは要りません。
「マーフィー岡田」一派の実演販売の話しもしながら、歌が続きます。
シングル(カラオケバージョン付き)発売もアリ。

演歌!? 「ぽつり酒」を代表がしっとり歌い上げます。

生活便利Goods 代表のシットリ場面

(いつもは激しいギタープレイの代表も、「ぽつり酒」ではシットリと)

2部では猫好きが発覚!
「マンジュウ・ボンジュール」の「マンジュウ」は、
以前一緒だった元野良猫の名前だそうで、CDのジャケットも猫です。

生活便利Goods CDジャケット

(CDも中ジャケも猫だらけ! お2人とも好きなんですね~!
私も以前、猫に飼われていた事がありましたが・・・)

途中から楽しい雰囲気に誘われて入店した外国人2名様に、
ちょっと戸惑った大王!? カンツォーネで、なんとか持ちこたえようと努力!

息のあった 生活便利Goods

(息の合った演奏を続ける、生活便利Goods
仲の良さと優しさがにじみ出ていますね!)

「生え際瀬戸際」、「すっぽんぽん」と大声の大王、
甲高い声の代表、元気いっぱい頑張りました!
段々音程が高くなる「ちょっとだけ」をたっぷり演って閉店。

生活便利Goods ラストスパート

(「ジャック・ブルース」のように、ベースをかき鳴らしながら、大声で歌う大王)

次回は2012年3/4(日) 「ひな祭り売れ残りバーゲン」をおこないます!