2011年11月 3日

内村 世志木 2011年 11/3(木・祝)

内村 世志木 サムネイル03

ジャンル:フォーク

九州男児の
横浜ディラン

ボブ・ディラン大好き!
鹿児島出身シンガー・ソングライター内村世志木も、横浜に定着してから
20年余りになるのではないのでしょうか?

美しい故郷の歌と、殺伐とした横浜の街の歌との狭間で出てくる
今回の叫びは!?

男祭りで、
どこまでいけるか?

【マスターの感想】
内村世志木男祭り!のスタート。
反戦歌(真実は隠れている!)の「ニュース」は、ハープが凄く良かったです。

内村 世志木

(PEACEのロゴのTーシャツと、ピース・マークのネックレスがお洒落)

失恋の歌「空」、そこにカップルが登場!
男祭りもここまでかっ!?

内村 世志木

(ブルース・ハープがとても良かった、今回のライブ!)

「It's All Over Now! Baby Blue」と、得意の「Dylan」、
近所の丘で作ったと言う「綺麗だった一日」、「Can't Help Falling In Love 」、
「ニューグランド・ホテル」が舞台の「What Is Love」、
そして皆が、聴きたくて叫びたくて待っていた「ヘラヘラ」で大盛り上がり!

内村 世志木 ライブ

(「来年もよろしくっ!」)

次回は未定!!

2011年11月 6日

ちんたきんた 2011年 11/6(日)

ジャンル:ロック/ブルース

ギター&ブルースハープ

ギタリスト大場ちんたと、鎌倉にあった「ティピティーナ」のボスで
ブルースハーピストのきんたさんとでお贈りする、John Johnでは初ライブ!

お2人とは70年代から、様々なロック・シーンでお会いしています。
「ちんたきんた」では、ここ5~6年活動しているそうです。

金もいらない!
髪もいらない!

【マスターの感想】
ちんたきんた、John John初ライブ! 最初から笑い声の連続。
「金も髪の毛もいらねい! 8ビートに身を任せ、踊ろうぜ!」
2人でライブをやるようになって5~6年経つそうです。

ちんたきんた

(最初から全力疾走の「ちんたきんた」)

ちんたさんは55才になったそうで「ライフ」、「新しい靴」
きんたさんは「ラッキー・オールド・サン」、「愛しのマリー」と
ボーカル、ハープに大活躍!

ちんたきんた

(楽しい歌を沢山披露してくれた、ギターリストのちんたさん!)

2部になっても2人のパワーは衰えず、ちんたさんCCRの「ミッドナイト・スペシャル」を
日本語バージョンで。 「愛しいあの子」を大絶唱!

ちんたきんた

(2人が並んでいるだけで、何か、和んできます!)

きんたさんも「Knock'in Of Heaven's Door」、「クレイジー・ラブ」を日本語で。
「ディーラーズ ブルース」(おいら、ジャンキー、おまけにアル中)
「穴」(人間は穴だらけ)と、あらゆる人間の穴に迫った「コミック・ソング」は
楽しく大ウケでした。

ちんたきんた

(鋭いハープ演奏で厚みのある音楽を堪能させてくれた、きんたさん!)

次回は未定です!!

2011年11月13日

Broken Arrow 2011年 11/13(日)

Broken Arrow サムネイル03

ジャンル:フォーク

フォーク
ムーブメント

古き良き、60年代ニューヨーク・グリニッジ・ビレッジで始まった
反戦・反差別と愛を押し出したフォークムーブメントを踏襲し、
優しく心温まる音楽を奏でるBroken Arrow!

真面目で聴きやすい2人の演奏で心を癒してください。
マスターも心待ちにしているデュオです。

ギターの年齢は57歳

【マスターの感想】
John Johnのホームページを御覧になって、静岡からいらっしゃったお客様が、
お待ちかねです。 今回からドノバンが歌い始める前に、
曲の説明やバックグラウンドを紹介
してくれて、若い方やマスターのような年寄りも
「ああ~、そうだったのか!」と感心させられました。

Broken Arrow

(57歳のおばさんマーチンを抱き、心休まるフォークソングを奏でる54歳のOshi)

「My Back Page」、「プー横町」など、「Up On The Roof」では
Oshiとドノバンとの絶妙なハーモニーに、心癒されました!

Broken Arrow

(ドノバンのMCのおかげで、楽しさ倍増でした)

OshiのMCは「おいら、明日54歳になります。
ギターは57歳です」
自分より歳上のマーチンだったんですね!

2部では「You're Big Girl Now」での、切ないOshiのハープに身震いしました。

Broken Arrow

(Oshiのハープには感動しました!)

「Tell Me Why」、「風に吹かれて」とドノバンはフラット・マンドリンに持ち替え演奏、
2人で5つも楽器を持って来ています。
「Forever Young」のイントロでも鳥肌が立ちました。

Broken Arrow

(フラット・マンドリンを演奏するドノバン)

次回は、2012年7/29(日)に決定!

2011年11月20日

HELL 2011年 11/20(日)

HELL サムネイル01

ジャンル:ロック

荒々しさと
ナイーブさ

ロック・トリオ「HELL & HAMMER」のリード・ギタリストであるHELL君の
John Johnライブ初出演が急遽決定しました!

マイクを装着したアコースティックギターで、オリジナルやカバー曲を
演奏してくれるそうです。

「荒々しい中のナイーブな感性が、HELLの特色です」(HAMMER談)

心の底を叫ぶ魂

【マスターの感想】
HELLの初ライブは、山梨から横浜へ移住して来た
ベースのHIKARU君とのコンビ演奏。

HELL

(最初は、若干緊張気味?の2人でした)

まずは、大声・爆発的に「Eve Of Destruction」、
急遽練習したという「ファンキー・モンキー・ベイビー」
そこに、昨年「GUPPY」を新たに「SENSEITION」として、MICHIAKIと共にオープンした、
TENSAW、GURICOが営業中にも関わらず、タンバリンで参加してくれ、大盛り上がり!

HELL

(GURICOの参加に嬉しそうなメンバー、大盛り上がりのスタートシーン!)

大合唱の始まりです。「Knock'in On Heavens Door」で、
淡々と心の底を叫ぶHELL
HIKARU君も皆の声援を受け、ベースソロ頑張っていました。

HELL

(心の内を絶唱するHELL)

オリジナル「Rain」、「光」もなかなかのものでした。
最後は「人間のクズ」で大絶唱・大喝采の夜でした。

HELL

(ベースのHIKARU君、なかなか良い感じで、立派にサポート!)

2011年11月23日

TSUKASA & SAKURADA 2011年 11/23(水・祝)

TSUKASA & SAKURADA サムネイル04

ジャンル:ブルース

攻撃的ハープ
優しい調べ

数多くのミュージシャンから引く手あまたで大活躍、
横浜一の攻撃的・ハープTSUKASAさんと、優しい人柄から出て来る
これまた、優しい調べのギターソロを聴かせてくれるSAKURADAさんのコンビです。

もしかしたら、サプライズなゲストが来るかも!?

CRAZY HARP TSUKASA Official Website

T_Sakurada's Website

攻撃的ハープ
攻撃的歌唱力 炸裂

【マスターの感想】
満席の店内に、最初に攻撃的ハープが炸裂したのは「ワークソング」

来年John Johnライブに出演が決まっている和田静夫さんの同級生達へ、
和田さんとはよく共演しているTSUKASAさんから、あまり知られていない曲の
「ならず者」をサービスし喜ばれました。

TSUKASA & SAKURADA

(「さ~~ぁ!今夜もバッチシ決めるぞ!」)

オリジナル「雨上がり」、「エンプティ・ブルース」、「上を向いて歩こう」
「痛風ブルース」、「待ちぼうけのブルース」、「I'm Here」、「家へ帰ろう」と
攻撃的ハープとSAKURADAさんの「3人分、演った!?」
と言う程、大活躍のギター!

TSUKASA & SAKURADA

(優しい音から激しい音まで、様々なハープを使い分けるTSUKASAさん)

TSUKASA & SAKURADA

(曲によっては、ハープだけでなく、歌も腹の底から響かせる、攻撃的歌唱力)

大合唱が終わらず、3部までの長い演奏を、楽しませていただきました。
次回は、2012年7/1(日)に決定!

TSUKASA & SAKURADA

(大盛り上がりのお客様へ3部まで「3人分」の演奏をしていただいた
SAKURADAさん! お疲れ様でしたっ!)

2011年11月27日

Rantin TAXI 2011年 11/27(日)

ランキン・タクシー サムネイル02

ジャンル:レゲエ/ラップ

レゲエだよ!
全員集合!

原発事故以来、数々の反原発集会で歌い続けているランキン!

多くの方から「あそこで見た! どこそこで歌っていた!」
と聞いております。 スリーマイル・アイランド事故より、
「反原発」を叫び続けてまいりました。

今回のJohn Johnライブでは、ノダチンが反原発運動の手助けを
沖縄でおこなっているため、ランキンの独り舞台になります!
楽し~~み、ですね!

イカしたブース発信!

【マスターの感想】
1年ぶりのRanchin-Taxiは、ノダチンが原発反対のイベントで
沖縄に行っているので(放射能から非難)、正真正銘のRankin-Taxi

ランキンタクシー

(登場した時から、ライブ状態のランキン!
後ろに居るのはゲストのGAMELA-B)

オーディオ・ブースからの
発信となり、最高にイカしていました!

ランキンタクシー

(John John初のオーディオ・ブースからの発信!)

「実の娘をナンパ」、
原子力反対を30年間叫び
続けている「誰にも見えない、匂いも無い」、「チンチンピンピン」、
「メンタル・スレイバリー」、「非暴力でいけるかい?」、「職質246」、
「マリファナ・サンバ」と立て続けに熱唱!

ランキンタクシー

(満席のお客様へ、次から次へと思いを告げるランキン!)

途中には、GAMERA-Bの飛び入り参加もあり、
外国からの古い友人と娘も駆け付けていてくれて、ランキンもニコニコ!

ランキンタクシー

(GAMELA-Bの熱い参加を優しく見守る「校長先生」)

「実の娘をナンパ」では、
大笑い!

会場の皆も始まる前からランキンと打ち解け、大喜びのハピー・ナイトでした。
ランキンには、いつもPowerをもらっています!

ランキンタクシー

(ランキンやマスターから「生きているうちに、若者達に伝えたい事は、
これからも続きます! イェ~イ!」)

次回は、2012年11/25(日)の予定です!